また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2954477 全員に公開 雪山ハイキング 甲斐駒・北岳

山頂に立てず😖…仙丈ケ岳

情報量の目安: S
-拍手
日程 2021年02月23日(火) ~ 2021年02月24日(水)
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.0~1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち64%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間56分
休憩
7分
合計
7時間3分
S地蔵尾根駐車場05:2807:25地蔵尾根中間水場07:3110:04松峰小屋10:0512:31丸山谷ノ頭
2日目
山行
10時間10分
休憩
17分
合計
10時間27分
丸山谷ノ頭05:1507:48地蔵尾根合流07:5609:29丸山谷ノ頭11:55松峰小屋12:0414:12地蔵尾根中間水場15:42地蔵尾根駐車場15:42ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2021年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ゲイター マフラー ネックウォーマー バラクラバ 毛帽子 着替え ザック ザックカバー アイゼン ピッケル スコップ 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 調味料 飲料 水筒(保温性) ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 針金 常備薬 ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ナイフ カメラ ポール テント テントマット シェラフ

写真

登山口。駐車6台程度。トイレあり。
2021年02月23日 05:22撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口。駐車6台程度。トイレあり。
重量18キロ。もう少し軽くならないものかと😅
2021年02月23日 06:41撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
重量18キロ。もう少し軽くならないものかと😅
林道は行きはカチカチ、帰りはグズグズでした
2021年02月23日 07:21撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道は行きはカチカチ、帰りはグズグズでした
途中からテント場までチェーンスパイク
2021年02月23日 07:28撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中からテント場までチェーンスパイク
マイナス3度
2021年02月23日 07:28撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マイナス3度
トレースあり
2021年02月23日 07:59撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレースあり
ここから5時間とありますが、冬はキツイ
2021年02月23日 09:25撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから5時間とありますが、冬はキツイ
小屋分岐で休憩
2021年02月23日 09:44撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋分岐で休憩
標高2400メートル付近、今日の宿です。幕営地ではありません。
2021年02月23日 13:11撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高2400メートル付近、今日の宿です。幕営地ではありません。
1
〆のラーメン。スープも飲み干す美味さ(笑)
2021年02月23日 15:41撮影 by foodie, Snowcorp
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
〆のラーメン。スープも飲み干す美味さ(笑)
1
モルゲンロート
2021年02月24日 06:29撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モルゲンロート
2
この辺りで写真は最後。爆風のため小屋分岐で引き返す。
2021年02月24日 07:31撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りで写真は最後。爆風のため小屋分岐で引き返す。
3
戻りの写真。綺麗なんですけどね😅
2021年02月24日 08:23撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戻りの写真。綺麗なんですけどね😅
3
テントに戻って残念会(笑)
2021年02月24日 09:43撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テントに戻って残念会(笑)
2
お疲れさまでした
2021年02月24日 15:40撮影 by iPhone 12 Pro, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お疲れさまでした
1
帰りに燃料補給😁
2021年02月24日 19:44撮影 by foodie, Snowcorp
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りに燃料補給😁
2

感想/記録

今季初の、冬期テント泊。
去年は鳳凰山に行きましたが、今回は仙丈ヶ岳🏔

ですが…結果的に山頂に立てませんでした😵

高度を上げるにつれて、風が強くなり、
耐風姿勢、そして少し登る…を、繰り返しましたけど、最後は四つん這い😂

飛ばされる💨🌪‼️と思い、引き返しました。
あと100メートルくらいだったんだけどなぁ😂

結果、標高2400メートル付近で自家製スープで作ったもつ鍋を食すレポとなりました(笑)

🚗アクセス🚗
柏木登山口
小黒川ICから登山口まで雪なし。
コンビニはIC出てすぐ。

⛰登山口⛰
駐車台数6台程度。トイレあり。

🥾登山道🥾
全体的に危険箇所なし。1時間ほど歩くと雪が出てくる。
林道が長くダラダラ登り下り、アップダウンあり。特に帰りの林道は長くて気が滅入る。
想像以上に時間がかかった😵

⛺️装備⛺️
総重量18キロ。飲水1.2リットル。
テント泊、冬装備(ストック、ワカン、ピッケル、12爪)
※ワカン使わず

♨️日帰り温泉♨️
信州高遠温泉さくらの湯 500円

—————✩✩✩✩✩ —————

今季初の冬山テント泊です。
リュックの重さも毎度の18キロ。
少し軽くしたんですが、もつ鍋材料のおかげでプラマイゼロとなりました。

登り始めて1時間ほどで雪。
朝早かったので、締まってましたが、帰りはグズグズで非常に歩きにくく、疲れた脚には堪えました😭

林道を含めて、アップダウンがあり、時間がかかる。予想通りというか、今回予定のテント場まで結構かかりました😅

幕営地と呼ばれる場所にテント設営することが多いんですが、今回は指定地ではない場所。
当然、水はないし整地されているわけでもない。

テント設営中、ポールを2本伸ばして1本を差し込み終わった所、もう1本が行方不明😳

よく見ると、雪の上に1本の筋が…
斜面を滑り落ちていったようです😱

最悪、撤収だなぁ…と考えながら、慎重に斜面を降っていくと5メートルほど下のところに10センチほど頭を出して止まってました。

後から思うと、今回登れないから帰った方が良いよ…との暗示だったのかも😅

さらに、スマホを操作しようとした時、インナーの手袋を落としまして😳斜面をスルスルと😵回収出来ましたけど…普段、落とす事ないんですけどね。

オーバーグローブには腕止めが付いてるんですけど、インナーはウールなんで付けてないんですよね。

これも暗示???

設営途中、山頂に行って戻ってこられる方がおられて、「風は吹いてましたけど立てないほどじゃなく、少しガスってて降りてきたら晴れてきました😅」とのこと。
この方、日帰りだそうです😱こんな所、日帰り無理だわぁ…😅

無事、設営も終えて3時頃早めの夕食。
今回は自家製のもつ鍋スープを持ってきまして、しっかりたっぷり食べました😊〆のラーメンは、スープも飲み干して…家なら娘たちに怒られるところです(笑)

夏は軽さ優先でアルファ米やらインスタントが多いんですけど、冬は食料軽くしてもあまり変わらないもんで😅

雪山では雪を溶かして飲み水にするんで、水を持ってこなくて良い。

しかし、今回の雪…松葉が落ちて綺麗なのがほとんどない😵松葉茶ってのがあるくらいですから、そのままでも良いんですけど。(ザ・ファブル参照)

仕方なく、コーヒーフィルター使って濾しながら水作り。これが地味に時間がかかる。する事ないから良いんですけどね😅

テント内はマイナス10度。
前回、足元冷え冷えだったので、ダウンジャケット、ダウンパンツにダウンソックス…ほぼアヒルの着ぐるみです?または、黒いミシュランマンです😁
さらに、つま先に貼るカイロまで持ってきたから、家で寝てるのと同じくらいの暖かさ😁
夜中は樹林帯にもかかわらず、結構風が吹いてました💨

翌朝は4時起床、5時出発。
朝食はさっとチゲスープにアルファ米を入れた雑炊とコーヒー。

アイゼン付けてピッケル持って出発。気温はマイナス15度🥶登山道に、それほど急な所はありません。

昨夜の風で雪が飛ばされたのか途中からトレースが消えている登り坂があって、そこだけはズボズボ腿まで埋まりながら登りました。それ以外はうっすらトレースが残ってました。

仙丈ヶ岳を眼前にする岩と雪のミックスのところあたりから風が強くなってきて、たまに耐風姿勢をとらないとよろける感じ。顔に当たる吹き上がる細かな雪が痛い。

それでも、この辺りはまだ歩けたんですが、小屋との分岐あたりからさらに風が強くなり、耐風姿勢の合間に少し歩く感じ。

小屋分岐を超えたあたり、風が抜けるようなところがあって、身体が浮きそうになり、思わずしゃがんでピッケル刺して四つん這いに😅

立とうとするとまた浮きそうなので、四つん這いになりながら後退🐒

身の危険を感じて、戻ることにしました。

仙丈小屋で少し待機させてもらおうかなぁ…とも思いましたが、夏に登ったことあるし、まぁいいかぁ…と、下山開始。

少し下ってくると、風が穏やかに。登ってくる時よりも風が弱くなってきてたので、これならば…ともう一度登り直し🏔

でも…またまた、同じところで四つん這い😵

こりゃダメだ…嫌がらせかよ😵…と、呟きながら諦めて下山しました。
あと、100メートルほどなんですけどね。

テント場に戻って、あんぱんと一本満足バーで残念会😊
その後、テント撤収して下山。

帰りのザックは少し軽くなってるはずなんだけど、やっぱり重い。

アップダウンを繰り返して、登山口まで。
ダラダラと疲れます😵

登りはそうでもないんですが、下る時、ザックの重さがかかるのか、肩が痛くなります。
ザックの調整不足なのかなぁ…容量のデカイのは高いから何度も買えるものでは無いし。

たっぷり時間がかかってしまいましたが、無事下山しました。
帰りに、さくらの湯と王将に寄って戻りました。
やっぱり、天津飯、餃子と唐揚げのセット最高やわ‼️

今回も色々問題ありのテン泊登山となりました😅
今度は冬山でツェルト泊出来るものなのか試してみたいなぁ⛺️

ではまた👋
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:261人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ