また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2968802 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 道東・知床

羅臼岳

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年08月09日(日) ~ 2020年08月10日(月)
メンバー
天候晴れ、時々曇り〜二日とも
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー、 飛行機
羽田空港(飛行機)⇒中標津空港(バス)⇒中標津バスターミナル(バス)⇒羅臼バス営業所
木下小屋(地の涯)(タクシー)⇒知床斜里
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
43分
休憩
0分
合計
43分
S阿寒バス羅臼営業所17:2018:03羅臼温泉
2日目
山行
12時間55分
休憩
1時間5分
合計
14時間0分
羅臼温泉05:3005:35羅臼温泉登山口06:19里見台06:2507:11第一の壁07:1509:11泊場09:1310:17屏風岩10:2011:01お花畑分岐11:0511:55標識11:5912:44羅臼岳直下の岩場12:51羅臼岳13:0013:08羅臼岳直下の岩場13:55岩清水14:15羅臼平14:2014:58大沢15:09銀冷水 天場16:26オホーツク展望台16:3017:20木下小屋17:2817:44ホテル地の涯18:0019:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
渡渉あり、岩場ありのロングコース。十分楽しめたが、やっぱりヒグマが出てこないかビクビクしながらの山行になった。
その他周辺情報最初、中標津バスターミナル近くの「あら陣」で味噌ラーメンを食べた。
知床斜里駅近くの来々軒というラーメン屋で食べたかったが、クリオネキャンプ場
に「食べないで早く来て下さい」と言われ、食べれなかったのが残念。
過去天気図(気象庁) 2020年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 アイゼン グローブ 防寒着 雨具 着替え ザック ザックカバー サブザック 行動食 飲料 食器 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 保険証 携帯 時計 タオル ストック ナイフ カメラ テント テントマット シェラフ ヘルメット 携帯トイレ

写真

17時20分、阿寒バス羅臼営業所に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
17時20分、阿寒バス羅臼営業所に到着。
羅臼温泉野営場に到着。ここの標識の向かいにある鉄橋を渡ると出川哲郎がテレ東『充電させてもらえませんか』のオープニングで入った『熊の湯』があったのだが、キャンプ場の受付に「最近、熊の湯の付近でヒグマが鹿を食べていましたので気を付けてください」と書かれてあったので今回はパス。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
羅臼温泉野営場に到着。ここの標識の向かいにある鉄橋を渡ると出川哲郎がテレ東『充電させてもらえませんか』のオープニングで入った『熊の湯』があったのだが、キャンプ場の受付に「最近、熊の湯の付近でヒグマが鹿を食べていましたので気を付けてください」と書かれてあったので今回はパス。
確か、午後5時で受付が閉まると言われていたが、しっかり開いていたので受付を済ませる。早朝、トイレに行ったら鹿がキャンプ場にいて目が合ってしまった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
確か、午後5時で受付が閉まると言われていたが、しっかり開いていたので受付を済ませる。早朝、トイレに行ったら鹿がキャンプ場にいて目が合ってしまった。
翌朝、5時半にキャンプ場の受付脇にある登山口を出発。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝、5時半にキャンプ場の受付脇にある登山口を出発。
登山届を書いて出す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山届を書いて出す。
最初は、小川が出てきてやさしい雰囲気だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は、小川が出てきてやさしい雰囲気だ。
木隠れの滝を通過。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木隠れの滝を通過。
里見台で外国出身の北海道在住の二人組にあって元気をもらう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
里見台で外国出身の北海道在住の二人組にあって元気をもらう。
ヒグマが出てきそうな雰囲気がいっぱいだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヒグマが出てきそうな雰囲気がいっぱいだ。
第一の壁を通過。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第一の壁を通過。
この辺が壁だな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺が壁だな。
清水沢で渡渉。どこで渡ったらよいのか、迷っていたが、ちょうど父子ペアがやって来たので教えてもらった。

拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清水沢で渡渉。どこで渡ったらよいのか、迷っていたが、ちょうど父子ペアがやって来たので教えてもらった。

湯けむりが立ち込める道を歩いて行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湯けむりが立ち込める道を歩いて行く。
この辺もクマが出てきそうだった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺もクマが出てきそうだった。
これが屏風岩。そびえている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが屏風岩。そびえている。
陽が照ってきて気温が上がったところで急登になった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陽が照ってきて気温が上がったところで急登になった。
きれいな花が…。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きれいな花が…。
そう、ここはお花畑。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そう、ここはお花畑。
清水沢で出会った父子がずっと先に行ってしまった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清水沢で出会った父子がずっと先に行ってしまった。
このザレ場が、このコース最大の難所だったかも知れない。岩手山の山頂手前の道に似ている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このザレ場が、このコース最大の難所だったかも知れない。岩手山の山頂手前の道に似ている。
この坂もきつい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この坂もきつい。
山頂が近づいてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂が近づいてきた。
分岐の標識で会った人に訊くところによると木下小屋方面に雪渓はないとのこと。
2021年03月20日 14:15撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐の標識で会った人に訊くところによると木下小屋方面に雪渓はないとのこと。
里見台で会った外国出身のどさんこ二人に会って疲れが和らぐ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
里見台で会った外国出身のどさんこ二人に会って疲れが和らぐ。
山頂手前の岩場に手こずる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂手前の岩場に手こずる。
ついに羅臼岳に登頂。日本百名山は77座目。
2020年08月09日 13:08撮影 by iPhone 11, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついに羅臼岳に登頂。日本百名山は77座目。
段々と雲に覆われてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
段々と雲に覆われてきた。
下山途中、岩清水はポタポタと水滴が垂れる程度だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山途中、岩清水はポタポタと水滴が垂れる程度だった。
羅臼平へ向かう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
羅臼平へ向かう。
羅臼平のフードロッカー。やっぱりヒグマがいるんだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
羅臼平のフードロッカー。やっぱりヒグマがいるんだ。
大沢入口を通過…。まだまだ先は長い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大沢入口を通過…。まだまだ先は長い。
この岩嶺近辺で足を滑らし、斜面を1メートルくらい転がったが、幸いザックをしょったままで木に引っ掛かり、事なきを得る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この岩嶺近辺で足を滑らし、斜面を1メートルくらい転がったが、幸いザックをしょったままで木に引っ掛かり、事なきを得る。
最終バスに間に合いそうにないのでオホーツク展望台でタクシー会社に連絡する。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最終バスに間に合いそうにないのでオホーツク展望台でタクシー会社に連絡する。
17時20分、木下小屋に到着。中のおやじさんがちょっと元気がないみたいで気になった。コロナ禍でお客さんも少ないんだろうな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
17時20分、木下小屋に到着。中のおやじさんがちょっと元気がないみたいで気になった。コロナ禍でお客さんも少ないんだろうな。
下山届、書き方まちがったかも?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山届、書き方まちがったかも?
木下小屋を後にし、タクシーの待ち合わせ場所である地の涯駐車場を目指す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木下小屋を後にし、タクシーの待ち合わせ場所である地の涯駐車場を目指す。
地の涯駐車場でタクシーを待つ。
2021年03月20日 13:48撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地の涯駐車場でタクシーを待つ。
知床斜里駅前のコンビニ前で降ろしてもらい、クリオネキャンプ場に着いたのが、19時半だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
知床斜里駅前のコンビニ前で降ろしてもらい、クリオネキャンプ場に着いたのが、19時半だった。

感想/記録

テントを担ぎながらの山行でスピードが出せず12時間以上の長丁場になってしまった。おまけに下山途中に斜面を転げ落ちそうになった。怪我はしなかったし、ポケットに入っていたiフォンなども無事だったが、クライミングポールをなくしてしまい、翌日の斜里岳登山が厳しくなってしまった。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:149人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ