また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3074120 全員に公開 ハイキング 比良山系

高島Tr(水坂峠)-比良比叡Tr、96km(4泊5日)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2021年04月08日(木) ~ 2021年04月12日(月)
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路: 近江今津駅ー保坂(バス停)
帰路: 比叡山坂本駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち54%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間35分
休憩
1時間16分
合計
8時間51分
S保坂交差点08:4108:59水坂峠09:0010:20二ノ谷山10:2511:18桜峠11:40行者岳登山口12:0013:35行者岳分岐13:5514:40横谷峠14:5616:30駒ヶ池16:4416:59焼尾東谷道分岐17:20国境尾根出合17:32駒ヶ岳
2日目
山行
11時間2分
休憩
1時間11分
合計
12時間13分
駒ヶ岳05:2806:20与助谷山07:07桜谷山07:0807:30木地山峠07:5609:08百里ヶ岳09:1510:14根来坂峠11:02おにゅう峠13:24ナベクボ峠13:3514:00三国峠14:0214:59地蔵峠15:2317:41岩谷峠
3日目
山行
10時間36分
休憩
2時間12分
合計
12時間48分
岩谷峠04:5605:45桑原分岐05:5006:30丹波越06:5007:21経ヶ岳07:2208:20イチゴ谷山08:3009:00P90909:0511:20思子淵神社11:4013:20坊村13:5914:46RP御殿山114:5215:26RP御殿山215:32846m地点15:54RP御殿山316:0116:09RP御殿山416:2116:38御殿山16:45ワサビ峠16:55西南稜1120m地点16:5717:20武奈ヶ岳17:2517:44コヤマノ分岐
5日目
山行
6時間36分
休憩
1時間34分
合計
8時間10分
伊香立峠05:1006:47梶山06:5307:34小野山07:57仰木峠08:2009:11水井山09:1709:38横高山09:4009:56玉体杉10:37釈迦堂10:5411:08浄土院11:0911:17山王院11:2111:28阿弥陀堂11:3011:40延暦寺根本中堂11:4411:49比叡山本坂下り口11:5012:32比叡山本坂12:4012:45休憩地13:0513:20比叡山坂本駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
1) コース全般を通じテープ表示があり迷うことは皆無。関係者の配慮に感謝(途中トレイル管理者の方々にも遭遇)。
2) 木戸峠から琵琶湖ヴァレーに向かうルートに標識は見当たりませんでした。到着後に、スキー場がルートとなっていることを琵琶湖ヴァレー・スタッフの方から聞き安堵。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー 行動食 調理用食材 調味料 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル ライター コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット ロールペーパー 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト&タープ ストック ナイフ マット モバイルバッテリー 水筒 シャベル ランタン ラジオ 洗面具 マスク

写真

昨夏に途中撤退した箇所(水坂峠から200m程行った所)。さあ! 挽回に向け出発。
2021年04月08日 09:16撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨夏に途中撤退した箇所(水坂峠から200m程行った所)。さあ! 挽回に向け出発。
写真のような道が続きます。数か月経つと美しい新緑が愛でれる登山道が想像されます。
2021年04月08日 11:03撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真のような道が続きます。数か月経つと美しい新緑が愛でれる登山道が想像されます。
所々に巨木があります
2021年04月08日 14:04撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々に巨木があります
横谷峠。西100mに水場があるそうですが通過。
2021年04月08日 14:42撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横谷峠。西100mに水場があるそうですが通過。
先を急ぐ気が、所々に咲く花々をめでる余裕をなくしています。この日唯一撮った写真。
2021年04月08日 15:58撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先を急ぐ気が、所々に咲く花々をめでる余裕をなくしています。この日唯一撮った写真。
標高670m付近にある駒ケ池。この付近からテン泊適地が多く見当たるようになりますが、日没までまだ時間があり進みます。
2021年04月08日 16:29撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高670m付近にある駒ケ池。この付近からテン泊適地が多く見当たるようになりますが、日没までまだ時間があり進みます。
駒ケ池。この付近に住む動物の溜まり場にもなりそうな雰囲気の場所。
2021年04月08日 16:46撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒ケ池。この付近に住む動物の溜まり場にもなりそうな雰囲気の場所。
新緑には未だ早いこの時期、ヤマコブシの白い花が目立ち咲き匂う登山道が続きます。
2021年04月08日 17:02撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新緑には未だ早いこの時期、ヤマコブシの白い花が目立ち咲き匂う登山道が続きます。
目的地のビバーク地・駒ヶ岳山頂(標高780m)
2021年04月08日 17:33撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目的地のビバーク地・駒ヶ岳山頂(標高780m)
【2日目】歩き始めて10分程の所。写真のような稜線伝いに道は続きます。
2021年04月09日 05:36撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【2日目】歩き始めて10分程の所。写真のような稜線伝いに道は続きます。
桜谷山々頂・標高825m。
2021年04月09日 07:06撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桜谷山々頂・標高825m。
木地山峠(標高670m)
2021年04月09日 07:43撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木地山峠(標高670m)
木地山峠から東側谷に3分程下った所にある水場。早いようですが、今夜のビバークに備えここで2L採水します。
2021年04月09日 07:34撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木地山峠から東側谷に3分程下った所にある水場。早いようですが、今夜のビバークに備えここで2L採水します。
百里ケ岳山頂(標高931m)
2021年04月09日 09:07撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
百里ケ岳山頂(標高931m)
百里ケ岳から降りきった根来坂峠(標高850m)。
2021年04月09日 10:15撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
百里ケ岳から降りきった根来坂峠(標高850m)。
根来坂峠にあった「鯖街道」の案内板。いくつかある鯖街道の内、針畑越え(根木坂峠)は最古といわれていと、・・と記載。
2021年04月09日 10:15撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根来坂峠にあった「鯖街道」の案内板。いくつかある鯖街道の内、針畑越え(根木坂峠)は最古といわれていと、・・と記載。
「おにゅう峠」(標高850m)
2021年04月09日 11:00撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「おにゅう峠」(標高850m)
「水場2分」標識。豊富な水場とのことですが、先に採水した水がありますので通過。
2021年04月09日 12:07撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「水場2分」標識。豊富な水場とのことですが、先に採水した水がありますので通過。
13:22「ナベクボ峠」(標高677m)通過。
2021年04月09日 13:22撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:22「ナベクボ峠」(標高677m)通過。
14:00「三国峠」(標高776m)通過。
2021年04月09日 14:00撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:00「三国峠」(標高776m)通過。
「地蔵峠」(標高680m)。峠への降り口に若干迷いました。生杉方面100mの所に水場あるとのことだが通過。
2021年04月09日 15:12撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「地蔵峠」(標高680m)。峠への降り口に若干迷いました。生杉方面100mの所に水場あるとのことだが通過。
風格を思わせる巨木
2021年04月09日 16:47撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風格を思わせる巨木
岩谷峠(標高790m)。2日目のビバーク地。周囲の山が寒風を防いていました。
2021年04月09日 17:28撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩谷峠(標高790m)。2日目のビバーク地。周囲の山が寒風を防いていました。
【3日目】ビバーク地から約100分歩いた所、丹波越の峠(標高857m)。以降の南尾根伝いの思子淵神社(小川集落)への道はバリルート。
2021年04月10日 06:29撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【3日目】ビバーク地から約100分歩いた所、丹波越の峠(標高857m)。以降の南尾根伝いの思子淵神社(小川集落)への道はバリルート。
経ケ岳(標高889m)7:20通過。
2021年04月10日 07:20撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
経ケ岳(標高889m)7:20通過。
ミゴ越(標高744m)7:50通過
2021年04月10日 07:50撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミゴ越(標高744m)7:50通過
イチゴ谷山(標高892m)8:20通過。標識もバッチリでした。
2021年04月10日 08:22撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イチゴ谷山(標高892m)8:20通過。標識もバッチリでした。
カラ滝山・通称 P909 (標高909m)9:00通過。P909から思子淵神社(標高 約350m)迄の下山ルートは黄色テープがあり迷うことはありませんでした。思子淵神社から坊村までの約7kmの車道歩きが待っています。
2021年04月10日 09:01撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カラ滝山・通称 P909 (標高909m)9:00通過。P909から思子淵神社(標高 約350m)迄の下山ルートは黄色テープがあり迷うことはありませんでした。思子淵神社から坊村までの約7kmの車道歩きが待っています。
既に武奈ヶ岳登山を終えた人を多く見かける中、「坊村・茶坊」にてランチ定食で栄養補給を済ませ、「武奈ヶ岳」への急登開始です。
2021年04月10日 14:01撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
既に武奈ヶ岳登山を終えた人を多く見かける中、「坊村・茶坊」にてランチ定食で栄養補給を済ませ、「武奈ヶ岳」への急登開始です。
「ワサビ峠(標高1060m)」手前の高台から見えた武奈ケ岳の山容。
2021年04月10日 16:38撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「ワサビ峠(標高1060m)」手前の高台から見えた武奈ケ岳の山容。
明日向かう左からコヤマノ岳(標高1181m)、遠景右に打見山(標高1108m)と蓬莱山(標高1174m)
2021年04月10日 17:22撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明日向かう左からコヤマノ岳(標高1181m)、遠景右に打見山(標高1108m)と蓬莱山(標高1174m)
武奈ケ岳山頂(標高1214m)。遠景は伊吹山(標高1377m)。今日のビバーク地は800m程行ったコヤマノ分岐付近(標高1140m)に。
2021年04月10日 17:25撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武奈ケ岳山頂(標高1214m)。遠景は伊吹山(標高1377m)。今日のビバーク地は800m程行ったコヤマノ分岐付近(標高1140m)に。
1
【4日目】寒い夜をやっと終え迎えた陽の出。連日好天に恵まれていますが、朝夕の冷え込みは格別でした。
2021年04月11日 05:33撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【4日目】寒い夜をやっと終え迎えた陽の出。連日好天に恵まれていますが、朝夕の冷え込みは格別でした。
2
写真・左遠景の伊吹山と朝陽。
2021年04月11日 05:34撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真・左遠景の伊吹山と朝陽。
1
一瞬、琵琶湖湖水が雲海と見間違う程に。
2021年04月11日 05:36撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一瞬、琵琶湖湖水が雲海と見間違う程に。
1
金糞峠からは「比良山系縦走コース」の案内板があります。又「比良比叡トレイル」の黄色テープが最終の比叡山登山口迄ありました。
2021年04月11日 07:26撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金糞峠からは「比良山系縦走コース」の案内板があります。又「比良比叡トレイル」の黄色テープが最終の比叡山登山口迄ありました。
南比良峠付近(標高915m)の登山道
2021年04月11日 07:23撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南比良峠付近(標高915m)の登山道
鳥谷山々頂(標高1076m)
2021年04月11日 08:17撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥谷山々頂(標高1076m)
木戸峠から標識が見当たらず、且つ「関係者以外立入禁止」の立て板とロープが張ってある中、已む無く潜り抜けスキー場を、先に見える建物(琵琶湖ヴァレー)を目指して着いた所。スタッフの方に恐る恐る確認するとトレイルコースになっているが自己責任で、との話が聞け安堵。
2021年04月11日 10:09撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木戸峠から標識が見当たらず、且つ「関係者以外立入禁止」の立て板とロープが張ってある中、已む無く潜り抜けスキー場を、先に見える建物(琵琶湖ヴァレー)を目指して着いた所。スタッフの方に恐る恐る確認するとトレイルコースになっているが自己責任で、との話が聞け安堵。
蓬莱山々頂(1174m)から左遠景の武奈ケ岳から今日辿ってきた山並。今日の行程はまだまだ長い道のりですが・・。
2021年04月11日 10:57撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓬莱山々頂(1174m)から左遠景の武奈ケ岳から今日辿ってきた山並。今日の行程はまだまだ長い道のりですが・・。
蓬莱山々頂(1174m)
2021年04月11日 10:58撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓬莱山々頂(1174m)
1
これから向かう比叡山方面。これから暫くは素晴らしい眺望が続きます。
2021年04月11日 10:59撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから向かう比叡山方面。これから暫くは素晴らしい眺望が続きます。
大津市の琵琶湖大橋が望めます。
2021年04月11日 11:08撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大津市の琵琶湖大橋が望めます。
小女郎峠(1101m)、とても感じのいいご夫婦の登山者に撮って頂きました。
2021年04月11日 11:25撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小女郎峠(1101m)、とても感じのいいご夫婦の登山者に撮って頂きました。
パノラマ写真ー1(左側)
2021年04月11日 11:35撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パノラマ写真ー1(左側)
パノラマ写真ー2(右側)
2021年04月11日 11:36撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パノラマ写真ー2(右側)
ホッケ山(標高1060m)。辿ってきた道、右の山頂は「蓬莱山(標高1174m)」。ツアーと思しき20名程の登山者とやや混雑していましたが、絶好の登山日和で皆さん楽しそうでした。
2021年04月11日 11:48撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホッケ山(標高1060m)。辿ってきた道、右の山頂は「蓬莱山(標高1174m)」。ツアーと思しき20名程の登山者とやや混雑していましたが、絶好の登山日和で皆さん楽しそうでした。
ホッケ山からこれから向かう比叡山。
2021年04月11日 11:56撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホッケ山からこれから向かう比叡山。
権現山(標高996m)。以降、比叡山迄登山者は極減しました。
2021年04月11日 12:17撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現山(標高996m)。以降、比叡山迄登山者は極減しました。
霊仙山(標高751m)山頂。
2021年04月11日 13:26撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霊仙山(標高751m)山頂。
霊仙山からの下り、バリコース故に覚悟して臨んだにも関わらず「比良比叡トレイル」の黄色テープが要所にあり、1時間半程で「還来神社(もどろぎ)」(標高250m)迄降りることができました。境内には手水舎・隣接してトイレもあり、大休憩しました。
2021年04月11日 14:59撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霊仙山からの下り、バリコース故に覚悟して臨んだにも関わらず「比良比叡トレイル」の黄色テープが要所にあり、1時間半程で「還来神社(もどろぎ)」(標高250m)迄降りることができました。境内には手水舎・隣接してトイレもあり、大休憩しました。
比叡山系への急登の途中、多くが蕾を結んでいる中で他に先んじて咲いていた「石楠花」。
2021年04月11日 16:12撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
比叡山系への急登の途中、多くが蕾を結んでいる中で他に先んじて咲いていた「石楠花」。
1
尾根に辿り着いた所にある「宮メズラ山(標高560m)」。
2021年04月11日 16:23撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に辿り着いた所にある「宮メズラ山(標高560m)」。
「魚の子山(標高552m)」山頂
2021年04月11日 16:34撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「魚の子山(標高552m)」山頂
「伊香立峠(標高430m)」。杉木立が多く林立する中が4回目のビバーク地。
2021年04月11日 17:30撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「伊香立峠(標高430m)」。杉木立が多く林立する中が4回目のビバーク地。
【5日目】ビバーク地から1時間半程の登りが続いて着いた「大尾山(別名・梶山」(標高681m)。
2021年04月12日 06:44撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【5日目】ビバーク地から1時間半程の登りが続いて着いた「大尾山(別名・梶山」(標高681m)。
「仰木峠(標高573m)」。昨秋に3回に分けて歩いた「京都一周トレイル」の時は、この峠から大原に向かいましたが、今回は逆コースで比叡山を目指します。
2021年04月12日 07:57撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「仰木峠(標高573m)」。昨秋に3回に分けて歩いた「京都一周トレイル」の時は、この峠から大原に向かいましたが、今回は逆コースで比叡山を目指します。
仰木峠にあった案内板。大原の里と仰木(滋賀)を結ぶ峠・・・と記載。
2021年04月12日 07:57撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仰木峠にあった案内板。大原の里と仰木(滋賀)を結ぶ峠・・・と記載。
予想以上にしんどかった「水井山(標高794m)」迄の登り。
2021年04月12日 09:09撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予想以上にしんどかった「水井山(標高794m)」迄の登り。
「横高山(標高767m)」山頂
2021年04月12日 09:37撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「横高山(標高767m)」山頂
釈迦堂(標高660m)。境内には手水舎がありました。
2021年04月12日 10:54撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釈迦堂(標高660m)。境内には手水舎がありました。
昨秋の京都一周トレイル踏破の時は、根本中堂周辺を外して歩きましたので、今回はゆっくりと。但し拝観料を要する箇所は外して。
2021年04月12日 11:49撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨秋の京都一周トレイル踏破の時は、根本中堂周辺を外して歩きましたので、今回はゆっくりと。但し拝観料を要する箇所は外して。
階段の先は拝観料を要する箇所
2021年04月12日 11:34撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段の先は拝観料を要する箇所
東塔・阿弥陀堂に通じる登り道の左側にあった案内板。
2021年04月12日 11:38撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東塔・阿弥陀堂に通じる登り道の左側にあった案内板。
案内板−1。「六所の宝塔と伝教大師」について記載。
2021年04月12日 11:35撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
案内板−1。「六所の宝塔と伝教大師」について記載。
案内板−2。「伝教大師の教え、一隅を照らす運動」について記載。
2021年04月12日 11:36撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
案内板−2。「伝教大師の教え、一隅を照らす運動」について記載。
案内板−3。「法華総持院東塔」について記載。
2021年04月12日 11:36撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
案内板−3。「法華総持院東塔」について記載。
案内板−4。「比叡山と平安建都」について記載。
2021年04月12日 11:36撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
案内板−4。「比叡山と平安建都」について記載。
根本中堂。
2021年04月12日 11:41撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根本中堂。
根本中堂。「伝教大師一千二百年大遠忌・令和3年6月4日 御拝当」の案内板。
2021年04月12日 11:46撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根本中堂。「伝教大師一千二百年大遠忌・令和3年6月4日 御拝当」の案内板。
比叡山延暦寺の登り口と隣接してある日吉神社の鳥居
2021年04月12日 12:39撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
比叡山延暦寺の登り口と隣接してある日吉神社の鳥居

感想/記録

1) 昨年夏「国境からの高島Tr-比良比叡Tr」の縦走を試み、猛暑と血中虫により途中撤退。それから本日に至る迄の山行の度に頭から離れなかった今回の挽回行、1ケ月程前からの計画が ”まん延防止等重点措置” 発令の折ながらもやっとこさ実現。山行を終え、当時コロナ禍で鬱積していたとはいえ前回の計画の無謀さに呆れています。

2) 荷物15kgを目標に、テント→ツエルト&タープ(フライシート代り)へ、シュラーフをシュラーフカバーのみに、保温水筒無し等と軽減を図ったものの、水4Lに加え前の山行からの残食材(無洗米など)の携行を強いられ、結局は17kg以上に。

3) 行動時間を朝5時前後から日没直前の17時半頃迄と決め、ビバーク&行動に要する水3.5〜4.0Lを携行。採水は行動時間の制約を避ける為、「木地山峠、坊村(食堂)、打見山(自販機)、還来神社の手水舎」の4箇所に留めた。

4) 今回、昨夏の挽回ができたことの一番は、朝方の厳しい冷え込みにさらされたものの連日好天に恵まれたこと。火曜日(4/13)以降は悪天が予想され停滞日を設けられないこと、及びラッシュ時の公共交通機関を避けての帰宅を念頭におきながらの山行ではあったが。

5) 初日、筋肉への疲労が祟りビバーク地で寝るまでに脚部(長内転筋・大腿四頭筋・ヒラメ筋等)の至る所で”つり”が起こり、辛い思いをしました。筋肉も何時にない初日の疲労感に堪えられなくなり”つり”という悲鳴をあげたものの、翌日以降は筋肉負荷に慣れそれもなくなりました。これも日頃通っているジムの効果か。

6) 中期間のテン泊山行をする場合、毎度のことながら課題がでるのは食事のこと。体調悪くなると食欲減退ともなりメニューの見直しに加え、且つシャリバテ対策も要しなかなか難しい。やはり自身の体調のことにも関わる故、同期間の頻度多い山行を通じて克服するしかないか。

7) 今回のルートは、方向が様々に変わります。特に2日目、「西➪南➪西➪南西➪南東➪」と変わり適時方向の確認を要します。太陽の位置や吹きつける風の向きから知りえますが、一瞬方向音痴になったかと思ったりしました。黄色テープの表示があるもののエスケープする際には注意を要すると思いました。

8) 琵琶湖ヴァレー・自販機のコーラ(500cc)と坊村・茶坊のランチは、自らの食糧計画の不備を代替でき、以降の山行を乗り切ることができました。

9) 山行の帰りは、日帰り温泉に立ち寄ってから(汗臭い匂い消し)公共交通を利用してきたが、今回は已む無く止め早々に帰宅することに心がけました。

10) 登山者・観光客に出会った箇所は、「坊村〜武奈ケ岳、打見山〜権現岳、比叡山周辺」の3カ所に限られました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:236人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ