また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3144333
全員に公開
山滑走
白馬・鹿島槍・五竜

唐松岳:石神井ケルン2210mまで、学生時代の滑走記憶を辿って

2021年05月04日(火) [日帰り]
 - 拍手
体力度
2
日帰りが可能
GPS
03:45
距離
6.2km
上り
447m
下り
893m
歩くペース
速い
0.80.9
ヤマレコの計画機能「らくルート」の標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率です。

コースタイム

日帰り
山行
3:52
休憩
0:00
合計
3:52
10:31
36
11:09
11:10
14
11:24
11:24
8
11:32
11:33
18
11:51
11:51
99
13:30
13:31
13
13:44
13:44
10
13:54
13:54
16
14:10
14:10
18
天候 文句なしの好天気、高温(長野で25度)、風良し、前日までの新雪が深いところで約30cm、ザラメエリアが多かった。
過去天気図(気象庁) 2021年05月の天気図
アクセス
利用交通機関:
自家用車
コース状況/
危険箇所等
八方池山荘からシール登高するが、薮や登山道露出エリアも多く、板を数回外した。八方から上部はアイゼン装着、シートラとした。2210m地点から滑走、雪面の硬いエリアはなく、湿新雪ザラメのミックスから快適ザラメの多いエリアに移行、夏道の左側急斜面から八方池下部まで滑走し、八方池にツボで登り返した。
いつも利用するサンサンパークで車中泊、快晴の朝、水鏡に映る白馬三山を撮影
2021年05月04日 05:47撮影 by  iPhone 8, Apple
5/4 5:47
いつも利用するサンサンパークで車中泊、快晴の朝、水鏡に映る白馬三山を撮影
まず大出公園で撮影散策、始めての見学ですが素晴らしい
2021年05月04日 06:23撮影 by  iPhone 8, Apple
1
5/4 6:23
まず大出公園で撮影散策、始めての見学ですが素晴らしい
8時ゴンドラ運転開始、7時半過ぎに並んで乗車できたのが9時55分頃、想定外の長時間を要し、ザックを担ぎ続けたため、既にかなりの疲労、諦めの境地!!
2021年05月04日 08:15撮影 by  iPhone 8, Apple
5/4 8:15
8時ゴンドラ運転開始、7時半過ぎに並んで乗車できたのが9時55分頃、想定外の長時間を要し、ザックを担ぎ続けたため、既にかなりの疲労、諦めの境地!!
それでも八方山荘からシール登高開始は10時半頃、テンションアップ。BC派はほんの僅か、ハイカーは続々入山
2021年05月04日 10:31撮影 by  iPhone 8, Apple
5/4 10:31
それでも八方山荘からシール登高開始は10時半頃、テンションアップ。BC派はほんの僅か、ハイカーは続々入山
いつものポイントで白馬三山の雄姿を撮影
2021年05月04日 10:48撮影 by  iPhone 8, Apple
1
5/4 10:48
いつものポイントで白馬三山の雄姿を撮影
不帰嶮をバックに記念撮影して頂く
2021年05月04日 11:21撮影 by  iPhone 8, Apple
5/4 11:21
不帰嶮をバックに記念撮影して頂く
第二ケルンと不帰嶮、夏山ではごった返して、こんな静かな写真は撮影できません
2021年05月04日 11:23撮影 by  iPhone 8, Apple
1
5/4 11:23
第二ケルンと不帰嶮、夏山ではごった返して、こんな静かな写真は撮影できません
第三ケルンからアイゼン、シートラで気合を入れます
2021年05月04日 11:47撮影 by  iPhone 8, Apple
5/4 11:47
第三ケルンからアイゼン、シートラで気合を入れます
これから向かう丸山方面、左の急斜面を滑走してくるボーダーが見えました。雪面は安定しているようで、一安心
2021年05月04日 12:15撮影 by  iPhone 8, Apple
5/4 12:15
これから向かう丸山方面、左の急斜面を滑走してくるボーダーが見えました。雪面は安定しているようで、一安心
大迫力の五竜が好きです
2021年05月04日 12:34撮影 by  iPhone 8, Apple
1
5/4 12:34
大迫力の五竜が好きです
急斜面を登りきり、再度五竜・鹿島槍を撮影します
2021年05月04日 12:37撮影 by  iPhone 8, Apple
1
5/4 12:37
急斜面を登りきり、再度五竜・鹿島槍を撮影します
細尾根地形となり、ここからエントリーします。丸山まではまだ大分ありますが老体にとってはここが限界!!
2021年05月04日 12:43撮影 by  iPhone 8, Apple
5/4 12:43
細尾根地形となり、ここからエントリーします。丸山まではまだ大分ありますが老体にとってはここが限界!!
エントリーポイントからの白馬三山です
2021年05月04日 12:43撮影 by  iPhone 8, Apple
1
5/4 12:43
エントリーポイントからの白馬三山です
不安を抱きながら記念撮影してもらいげました。下山中の若者が私の写真を撮って良いですかと言うのでOKしました。下で撮影し合った方の様でした。
2021年05月04日 12:59撮影 by  iPhone 8, Apple
5/4 12:59
不安を抱きながら記念撮影してもらいげました。下山中の若者が私の写真を撮って良いですかと言うのでOKしました。下で撮影し合った方の様でした。
この日は久しぶりにアルペンです。雪質が良く急斜面でも安定したターンが刻めました。
2021年05月04日 13:02撮影 by  iPhone 8, Apple
5/4 13:02
この日は久しぶりにアルペンです。雪質が良く急斜面でも安定したターンが刻めました。
白馬三山をみながら滑走して行きます
2021年05月04日 13:02撮影 by  iPhone 8, Apple
5/4 13:02
白馬三山をみながら滑走して行きます
極上ザラメ、独り占めの快感
2021年05月04日 13:03撮影 by  iPhone 8, Apple
5/4 13:03
極上ザラメ、独り占めの快感
急斜面をトラバースしながら滑走、雪質が良く不安はありません
2021年05月04日 13:06撮影 by  iPhone 8, Apple
5/4 13:06
急斜面をトラバースしながら滑走、雪質が良く不安はありません
少し高度を落とせます。躍動感溢れるアルペンターン、これぞ山岳スキーの醍醐味ですね‼️
2021年05月04日 13:08撮影 by  iPhone 8, Apple
5/4 13:08
少し高度を落とせます。躍動感溢れるアルペンターン、これぞ山岳スキーの醍醐味ですね‼️
エントリーポイントからの滑走ラインを振り返ってほくそ笑みます。ここでファースト滑走終了、ツボで少し登り返します
2021年05月04日 13:10撮影 by  iPhone 8, Apple
5/4 13:10
エントリーポイントからの滑走ラインを振り返ってほくそ笑みます。ここでファースト滑走終了、ツボで少し登り返します
丸山からエントリーポイントの石神井ケルンの稜線から下部の迫力の急斜面です。今回のクライマックスの舞台です
2021年05月04日 13:25撮影 by  iPhone 8, Apple
5/4 13:25
丸山からエントリーポイントの石神井ケルンの稜線から下部の迫力の急斜面です。今回のクライマックスの舞台です
不帰峰も頭が見えます。来てよかったなあ‼️
2021年05月04日 13:25撮影 by  iPhone 8, Apple
5/4 13:25
不帰峰も頭が見えます。来てよかったなあ‼️
八方池に上がってくると、休んでいた二人連れから「もう滑って来たのですか、早いですね、見ていましたよ」と声をかけられ、「雪が安定しているとスキーは早いですよ」と答えました
2021年05月04日 13:28撮影 by  iPhone 8, Apple
1
5/4 13:28
八方池に上がってくると、休んでいた二人連れから「もう滑って来たのですか、早いですね、見ていましたよ」と声をかけられ、「雪が安定しているとスキーは早いですよ」と答えました
中・緩斜面も極上ザラメで気持ち良く滑走できました。学生時代に登頂後、唐松山荘から滑走したのが夢の様に思い出され大満足の1日でした。
2021年05月04日 13:45撮影 by  iPhone 8, Apple
5/4 13:45
中・緩斜面も極上ザラメで気持ち良く滑走できました。学生時代に登頂後、唐松山荘から滑走したのが夢の様に思い出され大満足の1日でした。

感想

昨年の12/29に続いて八方尾根の山スキーを行なった。20歳の頃、八方のゲレンデにはよく来たが春スキーでは、アルペンリフト降り場からシートラで第3ケルンまで担ぎ上げ滑走、GWについに唐松岳までスキー靴のままアイゼンもつけずに登頂、唐松山荘から滑走した経験があり、これが山スキーの原点となりました。怖いもの知らずで体力があったのですね。今回はその時の思い出を辿ってみたいと計画しました。素晴らしい白馬三山や五竜、鹿島槍を眺めながらのショートツアーでしたが満足の一日でした。

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:561人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

積雪期ピークハント/縦走 白馬・鹿島槍・五竜 [日帰り]
唐松岳 白馬八方尾根
利用交通機関: 車・バイク、 電車・バス
技術レベル
2/5
体力レベル
3/5
無雪期ピークハント/縦走 白馬・鹿島槍・五竜 [2日]
八方池⇔唐松岳
利用交通機関: 車・バイク
技術レベル
2/5
体力レベル
4/5
ハイキング 甲信越 [日帰り]
八方尾根コース
利用交通機関: 車・バイク、 電車・バス
技術レベル
1/5
体力レベル
1/5
ハイキング 白馬・鹿島槍・五竜 [日帰り]
八方尾根コース
利用交通機関:
技術レベル
1/5
体力レベル
1/5
ハイキング 白馬・鹿島槍・五竜 [日帰り]
技術レベル
2/5
体力レベル
2/5

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら