また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3163677 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 甲信越

御座山〜弥次ノ平〜赤火岳〜ぶどう峠(長者の森からの周回)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2021年05月08日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
長者の森駐車場(無料/30台程度)
 
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間19分
休憩
1時間9分
合計
10時間28分
S長者の森コース登山口07:1208:02鉄塔08:10白岩コース・長者の森コース合流点08:1108:41見晴台09:05前衛峰09:37御座山10:1012:46弥次ノ平12:4914:09赤火岳14:1515:58船坂山分岐16:0816:32ぶどう峠16:4817:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
●長者の森〜御座山
よく整備された登山道。高低差およそ820m。
林道から沢沿いの登山道に入り1420m付近で沢を離れます。
1450m付近で尾根に乗り、1680のピークに向かって標高をあげていきます。
1680ピークは南側から巻き、鞍部まで下ると大きな鉄塔を通過します。
その後、白岩登山口と合流し、見晴台、P1992の前衛峰を経て山頂に至ります。
山頂直下には避難小屋あり。

●御座山〜弥次ノ平
登山道はありません。
御座山からの東に延びる尾根の直下はぼやけていて乗るのに苦労しました。
たまに白ビニール紐ありますが、ルーファイの必要あり。多少の藪漕ぎあり。
尾根上の岩峰で行き詰まるところが数カ所ありますが、
左右どちらかに巻けば何とかなります。
2000mの岩峰は南から大きく巻きます。1950mで鉄塔を通過。
1920m付近で突如尾根が切れていて、いったん一平沢林道に降りる必要があります。

●弥次ノ平〜ぶどう峠
県境尾根(中央分水嶺)を辿ります。
ぶどう峠まで顕著なピークを8つほど超えながら標高を下げていきます。
弥次ノ平付近は広い原生林となっていて、下り出しの進行方向には注意。
前の区間と同様に尾根上の露岩で行き詰まるところが数カ所ありますが、
左右どちらかに巻きます(長野県側に巻くことが多かったかな)。
ぶどう峠に近づくに連れてマーキングが増え、踏み跡もしっかりしてきます。
特に赤火岳から先は県境標柱も現れ始めます。
石楠花のヤブが数カ所ありましたが長くは続きません。

●ぶどう峠〜長者の森
およそ4.1kmの車道歩き
 
過去天気図(気象庁) 2021年05月の天気図 [pdf]

写真

長者の森駐車場からスタート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長者の森駐車場からスタート
1
久しぶりに吸う山の空気
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久しぶりに吸う山の空気
1
しばらく沢沿いに進んだ後、尾根に乗ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく沢沿いに進んだ後、尾根に乗ります
2
樹林の隙間から山頂が見えました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林の隙間から山頂が見えました
唯一咲いていた石楠花
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唯一咲いていた石楠花
5
1680ピークを南側から巻き緩やかに下ると…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1680ピークを南側から巻き緩やかに下ると…
ほどなく巨大な鉄塔が見えてきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほどなく巨大な鉄塔が見えてきます
2
鉄塔の真下を通過
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔の真下を通過
3
白岩コースと合流するピークから先は尾根筋が明瞭に
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白岩コースと合流するピークから先は尾根筋が明瞭に
スミレ(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スミレ(photo komemame)
2
見晴台に到着。北八ツが見えました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴台に到着。北八ツが見えました
1
見晴台を過ぎると根っこと岩へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴台を過ぎると根っこと岩へ
1992前衛峰より。御座山を望む。右が山頂でしょうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1992前衛峰より。御座山を望む。右が山頂でしょうか。
3
苔むしていい雰囲気
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔むしていい雰囲気
山頂直下には避難小屋がありました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下には避難小屋がありました
1
避難小屋を過ぎると突然に岩場となります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋を過ぎると突然に岩場となります
1
そして南西側の視界が一気に開け、ズドーンと八ヶ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして南西側の視界が一気に開け、ズドーンと八ヶ岳
6
岩場を辿ると山頂はすぐそこ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場を辿ると山頂はすぐそこ
2
御座山山頂に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御座山山頂に到着
8
良い眺めね(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良い眺めね(photo komemame)
3
山頂より。南アルプス。右から鋸〜甲斐駒〜アサヨ〜北岳〜間ノ岳〜鳳凰三山〜塩見。手前の特徴的なとんがりは天狗山と男山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。南アルプス。右から鋸〜甲斐駒〜アサヨ〜北岳〜間ノ岳〜鳳凰三山〜塩見。手前の特徴的なとんがりは天狗山と男山
5
アップで鋸〜甲斐駒〜アサヨ〜北岳〜間ノ岳。甲斐駒とアサヨの間の奥に見える白いのは仙丈(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップで鋸〜甲斐駒〜アサヨ〜北岳〜間ノ岳。甲斐駒とアサヨの間の奥に見える白いのは仙丈(photo komemame)
4
アップで北岳〜間ノ岳〜鳳凰三山〜塩見。塩見の奥は悪沢かな。北岳と間ノ岳を繋ぐ3000m稜線もよく見えてます(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップで北岳〜間ノ岳〜鳳凰三山〜塩見。塩見の奥は悪沢かな。北岳と間ノ岳を繋ぐ3000m稜線もよく見えてます(photo komemame)
4
山頂より。南北八ヶ岳全部見え
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。南北八ヶ岳全部見え
6
アップで南八ツ。左から三ツ頭〜権現〜ギボシ〜赤岳〜阿弥陀〜横岳〜硫黄(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップで南八ツ。左から三ツ頭〜権現〜ギボシ〜赤岳〜阿弥陀〜横岳〜硫黄(photo komemame)
6
アップで硫黄〜南と北を繋ぐ夏沢峠〜根石〜天狗(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップで硫黄〜南と北を繋ぐ夏沢峠〜根石〜天狗(photo komemame)
3
アップで丸山〜茶臼〜縞枯〜北横岳〜蓼科(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップで丸山〜茶臼〜縞枯〜北横岳〜蓼科(photo komemame)
1
北八ツの奥には北ア
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北八ツの奥には北ア
4
アップで北ア。左からギリギリ奥穂〜北穂〜大キレット〜槍〜表銀座〜後立山(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップで北ア。左からギリギリ奥穂〜北穂〜大キレット〜槍〜表銀座〜後立山(photo komemame)
2
山頂より。両神山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。両神山
3
アップで両神山(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップで両神山(photo komemame)
4
山頂より。浅間山〜四阿山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。浅間山〜四阿山
2
アップで左から浅間山〜黒斑山〜四阿山〜湯の丸〜烏帽子(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップで左から浅間山〜黒斑山〜四阿山〜湯の丸〜烏帽子(photo komemame)
1
山頂より。金峰山〜朝日。五丈岩も見えてます。手前は小川山(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂より。金峰山〜朝日。五丈岩も見えてます。手前は小川山(photo komemame)
3
休憩していると続々と登山者がやってくるので、先に進みます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩していると続々と登山者がやってくるので、先に進みます
1
3ヶ月ぶりの山登りでシンドかったらピストンのつもりでしたが、まだ余力がありそうなので予定通り周回することにします
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3ヶ月ぶりの山登りでシンドかったらピストンのつもりでしたが、まだ余力がありそうなので予定通り周回することにします
3
御座山から東に延びる尾根に入りますが、踏み跡&マーキングがほとんどなく思ったよりも苦労しました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御座山から東に延びる尾根に入りますが、踏み跡&マーキングがほとんどなく思ったよりも苦労しました
1
2000mの岩峰は南側を大きく巻きました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2000mの岩峰は南側を大きく巻きました
2
久しぶりの山歩き&バリエーションルートでタイヘンなのはわかるよ。にしてもズボンがずれ落ちすぎじゃあ。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久しぶりの山歩き&バリエーションルートでタイヘンなのはわかるよ。にしてもズボンがずれ落ちすぎじゃあ。。。
4
1950mの鉄塔を通過
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1950mの鉄塔を通過
1
鉄塔があるってことは、ここから歩きやすくなるんじゃあ…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔があるってことは、ここから歩きやすくなるんじゃあ…
1
淡い期待が石楠花によって見事に打ち砕かれました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
淡い期待が石楠花によって見事に打ち砕かれました
2
1920付近で突然尾根が切れ落ちていて、いったん林道に下ろされます。ここでお昼休憩。車道歩きを抜くと距離的にはやっと半分くらいか。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1920付近で突然尾根が切れ落ちていて、いったん林道に下ろされます。ここでお昼休憩。車道歩きを抜くと距離的にはやっと半分くらいか。。。
そのまま林道を歩いてしまいたい誘惑に駆られながらも、尾根に復帰
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのまま林道を歩いてしまいたい誘惑に駆られながらも、尾根に復帰
一個ずつはどうってことないんだけど…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一個ずつはどうってことないんだけど…
1
こういうのの積み重ねがジワジワと体力を削っていくんよな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こういうのの積み重ねがジワジワと体力を削っていくんよな
2
弥次ノ平に近づくに連れて密樹林と苔と倒木が目立ち始めます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥次ノ平に近づくに連れて密樹林と苔と倒木が目立ち始めます
弥次ノ平と書かれたプレートがありました。昭和55年かぁ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥次ノ平と書かれたプレートがありました。昭和55年かぁ
5
弥次ノ平付近は苔と倒木に覆われた平坦な場所
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥次ノ平付近は苔と倒木に覆われた平坦な場所
1
弥次ノ平からは進路を北に変え県境尾根を辿ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥次ノ平からは進路を北に変え県境尾根を辿ります
1
しかし、ここも下り出しがぼんやりしていて分かりづらい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかし、ここも下り出しがぼんやりしていて分かりづらい
1
県境尾根も尾根上の露岩に阻まれます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県境尾根も尾根上の露岩に阻まれます
そのまま登るか、右に巻くか、左に巻くか悩むところが数カ所ありました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのまま登るか、右に巻くか、左に巻くか悩むところが数カ所ありました
弥次ノ平から赤火岳の手前まではリボンやテープ類はほとんどありませんでした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥次ノ平から赤火岳の手前まではリボンやテープ類はほとんどありませんでした
赤火岳(1822)に到着。赤火岳前後は超急斜面。太腿がガクブル
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤火岳(1822)に到着。赤火岳前後は超急斜面。太腿がガクブル
4
赤火岳を過ぎると石楠花の藪漕ぎ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤火岳を過ぎると石楠花の藪漕ぎ
1
赤火岳の激下りを過ぎるとだいぶ歩きやすくなります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤火岳の激下りを過ぎるとだいぶ歩きやすくなります
顕著なピークを8つほど超えながら下っていくので登り返しがシンドくなってきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
顕著なピークを8つほど超えながら下っていくので登り返しがシンドくなってきました
3
1671付近からはアカヤシオがたくさん咲いてました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1671付近からはアカヤシオがたくさん咲いてました
3
こんな感じの道が続きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じの道が続きます
5
疲れが癒やされます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
疲れが癒やされます
2
アップで(photo komemame)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップで(photo komemame)
3
標高を下げると枯笹のところもありますが、藪漕ぎというほどのものではありません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高を下げると枯笹のところもありますが、藪漕ぎというほどのものではありません
1598.6には切丁という看板がありました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1598.6には切丁という看板がありました
あとはぶどう峠まで下るだけ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとはぶどう峠まで下るだけ
1
ぶどう峠に下りました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぶどう峠に下りました
2
久しぶりの山登りで不安もありましたが、ここまで来られてホッとしました。その瞬間お腹が減って最後の休憩
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久しぶりの山登りで不安もありましたが、ここまで来られてホッとしました。その瞬間お腹が減って最後の休憩
台風19号災害でいまだに通行止めが続いています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
台風19号災害でいまだに通行止めが続いています
ぶどう峠からは車道歩き
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぶどう峠からは車道歩き
2
御座山が見えました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御座山が見えました
2
車道には桜がたくさん
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道には桜がたくさん
2
路傍の花は車道まではみ出てました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
路傍の花は車道まではみ出てました
長者の森に到着。お疲れ様でした!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長者の森に到着。お疲れ様でした!
4

感想/記録

3ヶ月ぶりの山登り。
季節はすっかり進んでしまいました。
それにしても、季節が変わるといつもどんな服装がいいのかよくわからない。
毎年同じことで悩んでいて、まったく進歩がない自分に萎えるな。



 

感想/記録

最後に山に行ってから、あっという間に3ヶ月〜。
もはや心も山から離れて何でもない毎日を過ごしてました。
でも暖かくなってきて、むくむく動き出したくなりました。
思いっきり動いて、体はすごい悲鳴をあげていたけど、
やっぱり山の空気、景色は気持ちがよい。

おしまい。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:397人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2009/5/12
投稿数: 7378
2021/5/13 11:44
同じコースを考えていました
こんにちは。

ぶどう峠起点の逆周りですが、まったく同じコースを歩こうと思って
いたので、思わずコメントです
やはり御座山から弥次ノ平の間が核心部でしょうか。
それにしても、こちらでもアカヤシオが見られるのですね。
この時期はヤシオツツジ目的に歩いていることが多いので
ありがたい情報です。
登録日: 2010/8/26
投稿数: 355
2021/5/13 17:32
Re: 同じコースを考えていました
youtaroさん

こんにちは。
なんと!当初はボクたちも時計回りで考えていましたが、
久しぶりの山歩きで周回できるかどうか自信がなくて。。。
まずは御座山に登ってしまってから考えよう、ということで反時計回りにしました。
でも、やっぱりバリエーションルートは登りで使った方が何かと安心ですね。
弥次ノ平〜御座山も登りであれば下りほどストレスはないかと思います。
服を引っ掛けてしまうのは変わりなさそうですが(汗)

来週あたりは、ヤシオに加えて石楠花も一気に咲き始めそうな感じでしたので、
ベストなタイミングかもしれません。

コメントいただきありがとうございます!!!
 

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ