また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3276450 全員に公開 ハイキング 奥秩父

金峰山は雨の中

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年06月13日(日) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
電車バス
塩山〜大弛峠 乗合バスは事前予約制
瑞牆山荘〜韮崎 
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間48分
休憩
11分
合計
3時間59分
S大弛峠08:4509:05朝日峠09:18朝日岳前の展望岩場09:26朝日岳10:09金峰山10:1010:13五丈石10:2010:37金峰山小屋分岐10:43千代の吹上10:51砂払いノ頭11:25大日岩11:2711:46大日小屋11:53鷹見岩分岐12:18富士見平小屋12:1912:22富士見平湧水12:33富士見平林道交差12:43瑞牆山荘12:44ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
山頂付近は岩稜地帯のため荒天時は滑りやすいです。
その他周辺情報甲府に出て草津温泉を利用
(駅から自転車で10分程度)
過去天気図(気象庁) 2021年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) 予備電池 GPS 筆記用具 保険証 携帯 時計 タオル カメラ
備考 グローブ持っていかなくて反省。
2000m以上は必須レベル。

写真

大弛峠より出発。
2021年06月13日 08:41撮影 by SH-01K, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大弛峠より出発。
雲上を進む。
2021年06月13日 09:20撮影 by SH-01K, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲上を進む。
3
山頂到着。
2021年06月13日 10:08撮影 by SH-01K, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂到着。
2
五丈岩は相変わらずよく見えない。
2021年06月13日 10:12撮影 by SH-01K, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五丈岩は相変わらずよく見えない。
1
雲上の瑞牆山。
金峰山の登山記録なのに代表写真が瑞牆山とはこれいかに?
2021年06月13日 10:22撮影 by SH-01K, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲上の瑞牆山。
金峰山の登山記録なのに代表写真が瑞牆山とはこれいかに?
6
大日岩到着。
2021年06月13日 11:28撮影 by SH-01K, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日岩到着。
苔が綺麗だった。
2021年06月13日 11:33撮影 by SH-01K, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔が綺麗だった。
富士見平到着。
あと少し。
2021年06月13日 12:18撮影 by SH-01K, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見平到着。
あと少し。
1
瑞垣山荘にてゴール。
2021年06月13日 12:43撮影 by SH-01K, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
瑞垣山荘にてゴール。
1
山梨と言えばほうとうです。
2021年06月13日 16:53撮影 by SH-01K, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山梨と言えばほうとうです。
2

感想/記録
by U-leaf

前回の日記の通り、金峰山に赴くことに。
しかしいつも通りの雨予想。
雨予定は午後からなのでパッパッと登ってササっと下りれば問題ないかと大弛峠で準備しているとすでにポツポツと降ってきた。
以前の山行でも金峰山含む奥秩父山塊は雨でまともに楽しめなかったので私にとっては良くないところらしい。

そんなわけで雨に急かされつつ進むも頂上付近で本降りレベル。
結局山頂も五丈岩もガス&雨でまともに見れず。
ここで優雅にお食事と行きたいところだが、こんな状況なので即撤退。
瑞牆方面に抜ける。
ここから先は雨が降ったり止んだりと安定しないが晴れることはなく濡れ鼠の山行。
結局最後まで雨が止むこともなく景観もあまりないまま瑞牆山荘到着。
雨のせいで急がされたこともあり4時間弱の短い山行。
時間と天気が良ければ瑞牆も行きたかったが、この雨なので断念。
タイミングよくバスがいたのが唯一の救い。

今回、勢いで前泊しようと宿を予約して取消できなくなり、時間もあるから鈍行でのんびり行ったら乗換で一時間以上時間が空いたり、乗り合いバスの予約が上手くいっておらず危うく乗り損ねたり、下りること優先したせいで足を思ったりより強く捻って痛めたりとひどいことに。
やっぱり思い付きで行動すると良いことはないの見本市になってしまいました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:261人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ガス 撤退 山行 前泊
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ