また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3429408 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 東北

大滝根山 仙台平から周回、意外にワイルドな沢道歩き

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年08月10日(火) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
仙台平の駐車場、トイレは施錠されていて使用不可だった。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間8分
休憩
2分
合計
2時間10分
S仙台平の駐車場07:0607:12鬼穴登山口07:30旧あぶくま高原ホテル07:3107:45賽の河原の分岐08:20大滝根山08:24梵天岩08:2508:26大滝根山08:48ブナ平09:07鬼穴登山口09:15仙台平の駐車場09:16ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
旧あぶくま高原ホテルの横の林道から沢道を登ったが、意外にも徒渉を何度も繰り返す野趣あふれるコースだった。足場はやや悪いが危険個所はなく道は迷うことはなかった。下山路は大変快適で路面がふわふわしていて脚にやさしい感じがした。
その他周辺情報あぶくま洞。鍾乳洞を見学できる。気温13度で寒いくらいだ。混雑が懸念されたが朝8:30から営業しており、10時前の時点でもかなり空いていてこの時期おすすめかもしれない。
過去天気図(気象庁) 2021年08月の天気図 [pdf]

写真

仙台平から出発。これは何かと思ったが線量計だ。そう、ここは福島県だった。
2021年08月10日 07:06撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙台平から出発。これは何かと思ったが線量計だ。そう、ここは福島県だった。
いきなり予想外の下り。天気予報を見て急遽登ることになった大滝根山。あまりコース検討をしていないのだ。
2021年08月10日 07:08撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いきなり予想外の下り。天気予報を見て急遽登ることになった大滝根山。あまりコース検討をしていないのだ。
林道に出る。ここにある登山口にも2、3台停められそう。
2021年08月10日 07:11撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道に出る。ここにある登山口にも2、3台停められそう。
下ってT字路を右折。
2021年08月10日 07:13撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下ってT字路を右折。
旧あぶくま高原ホテルの廃墟を左に見て林道を入っていく。
2021年08月10日 07:29撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧あぶくま高原ホテルの廃墟を左に見て林道を入っていく。
霧島権現経由で山頂へ。確認できなかったが。
2021年08月10日 07:45撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧島権現経由で山頂へ。確認できなかったが。
意外にも何度も沢を渡る。
2021年08月10日 07:51撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
意外にも何度も沢を渡る。
さほど整備は行き届いていないが、道が分からないということはない。
2021年08月10日 07:58撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さほど整備は行き届いていないが、道が分からないということはない。
最後の登り。
2021年08月10日 08:04撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の登り。
山頂部に出るとディーゼル発電だろうか、かなりのエンジン音と排気ガスが出ていた。
2021年08月10日 08:15撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂部に出るとディーゼル発電だろうか、かなりのエンジン音と排気ガスが出ていた。
神社の裏手に回る。
2021年08月10日 08:15撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神社の裏手に回る。
巨大ドーム。
2021年08月10日 08:16撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巨大ドーム。
金網越しに山頂三角点を望む。
2021年08月10日 08:17撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金網越しに山頂三角点を望む。
梵天岩。登れる。上部はかなりえぐれていた。どうしてこうなった。
2021年08月10日 08:22撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梵天岩。登れる。上部はかなりえぐれていた。どうしてこうなった。
下りだ。右に進む。
2021年08月10日 08:31撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りだ。右に進む。
巨大なヤマユリか。風にふきとばされそうだった。
2021年08月10日 08:32撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巨大なヤマユリか。風にふきとばされそうだった。
下山路は快適で道がフカフカしていて脚への負担が少なかった。
2021年08月10日 08:47撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山路は快適で道がフカフカしていて脚への負担が少なかった。
ハナイカダ。実の柄が葉の主脈と融合しているという。
2021年08月10日 09:09撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハナイカダ。実の柄が葉の主脈と融合しているという。
帰路はすぐ近くのあぶくま洞へ立ち寄る。名前はきいたことあったが、なかなか見ごたえのある鍾乳洞だった。
2021年08月10日 09:28撮影 by iPhone SE (2nd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰路はすぐ近くのあぶくま洞へ立ち寄る。名前はきいたことあったが、なかなか見ごたえのある鍾乳洞だった。

感想/記録

本当なら焼石山や和賀岳へ向かう予定であったが、台風の余波の影響で天気が悪く、晴れている福島県へ行き先を変更した。去年と同じパターンである。幸いにもまだ登っていない大滝根山と八溝山という名山があったのでこれらに狙いをつけて急遽登ることになった。大滝根山は正直かなりマイナーな300名山であるが、とても涼しくお手頃に登ることができた。その後あぶくま洞を見学し、八溝山へ向かった。意外と距離があった。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:191人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ガス 林道 三角点 高原 ヤマユリ 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ