また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3505484 全員に公開 ハイキング 丹沢

鍋割山 (寄BS〜檜岳〜小丸尾根〜大倉BS)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年09月11日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り一時雨、のち曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:新松田駅/07:41着/07:55発(バス)ー>寄BS/08:20着
帰り:大倉BS/17:48発(バス)ー>渋沢駅/18:05頃着/18:10発
新宿方面からのアクセスです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち62%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間7分
休憩
1時間5分
合計
9時間12分
Sみやま運動広場駐車場08:2008:26寄バス停08:2708:31宇津茂公衆トイレ08:3308:56寄大橋08:5709:34H22・H23成長の森案内図09:3809:53中沢橋分岐09:5411:03檜岳11:2611:53雨山11:5412:12雨山峠12:1612:33オツボ沢ノ頭12:53茅ノ木棚沢ノ頭13:16鉄砲沢ノ頭13:21鍋割峠13:2213:42オガラ沢分岐13:49鍋割山13:5014:14鍋割山荘14:18鍋割山14:1914:34鍋割山稜14:41小丸14:49小丸尾根分岐14:5016:11二俣16:3016:33尾関広氏の銅像16:43黒竜の滝16:4817:32大倉バス停17:32ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・檜岳への直登ルートの中沢橋分岐から檜岳手前辺りにヤマビルが大量発生していました。
・寄大橋から檜岳までは山と高原地図にルート記載が無いバリルートですが、登山道は良く整備されていて歩きやすいです。
・茅ノ木棚沢ノ頭前後にある長い鎖場は、注意して進めば難しくは無いと思います。
・小丸尾根はやや道幅が狭い所あり、迷い易い所はテープ等で進入禁止案内があります。
・コース全体を通して道標はしっかりしており、また危険に感じる場所もありません。

写真

寄バス停からスタート
下車したハイカーは5名でした
2021年09月11日 08:27撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寄バス停からスタート
下車したハイカーは5名でした
5
寄大橋
ここまで舗装道路歩きです
2021年09月11日 08:56撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寄大橋
ここまで舗装道路歩きです
6
ゲートを過ぎると檜岳方面の登山道入口
4月には逆コースを歩きここに下山しました
2021年09月11日 08:58撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲートを過ぎると檜岳方面の登山道入口
4月には逆コースを歩きここに下山しました
2
15分程歩きこの道標から作業用経路に進み成長の森に向かいます
この手前でカモシカが目に前を走り抜けてビックリしました
2021年09月11日 09:14撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15分程歩きこの道標から作業用経路に進み成長の森に向かいます
この手前でカモシカが目に前を走り抜けてビックリしました
2
成長の森案内図
天候がすぐれませんが、すでに汗びっしょりです
2021年09月11日 09:22撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
成長の森案内図
天候がすぐれませんが、すでに汗びっしょりです
3
雨が降り出しました
ひたすら急登を登ります
この辺りヤマビルが大量発生していました
2021年09月11日 10:33撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨が降り出しました
ひたすら急登を登ります
この辺りヤマビルが大量発生していました
5
檜岳に到着
ここで初めてお2人のハイカーにお会いしました
鍋割山まではすれ違った方1名を含め合計3名でした
2021年09月11日 11:03撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
檜岳に到着
ここで初めてお2人のハイカーにお会いしました
鍋割山まではすれ違った方1名を含め合計3名でした
5
檜岳山頂からの眺望は予想通り真っ白
2021年09月11日 11:26撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
檜岳山頂からの眺望は予想通り真っ白
3
丹沢名物の階段が出てきました
相変わらずガスっています
2021年09月11日 11:36撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢名物の階段が出てきました
相変わらずガスっています
2
崩落地がありました
登山道は離れているので危険はありません
2021年09月11日 11:42撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落地がありました
登山道は離れているので危険はありません
4
雨山
この辺りの山頂標柱はみな同じですね
2021年09月11日 11:51撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨山
この辺りの山頂標柱はみな同じですね
6
ヤセ尾根を通過
2021年09月11日 12:09撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤセ尾根を通過
4
雨山峠
ここまで一端下り、また登り返しです
2021年09月11日 12:14撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨山峠
ここまで一端下り、また登り返しです
3
窪んだ登山道を進みます
2021年09月11日 12:19撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
窪んだ登山道を進みます
3
鎖場
雨上がりなので足元の岩が滑りやすいです
2021年09月11日 12:48撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場
雨上がりなので足元の岩が滑りやすいです
2
茅ノ木棚沢ノ頭
小さなピークです
2021年09月11日 12:56撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茅ノ木棚沢ノ頭
小さなピークです
3
ルート上で一番気をつけた長い鎖場
足元と鎖のどちらも滑るので注意して登りました
2021年09月11日 13:04撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルート上で一番気をつけた長い鎖場
足元と鎖のどちらも滑るので注意して登りました
5
前の鎖場からさらに続く長い鎖場
2021年09月11日 13:06撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前の鎖場からさらに続く長い鎖場
3
鍋割峠
ここから鍋割山まではさらに登り返しです
2021年09月11日 13:21撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋割峠
ここから鍋割山まではさらに登り返しです
2
この辺りからいろいろな花が目立ってきました
まずは白い花
2021年09月11日 13:25撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りからいろいろな花が目立ってきました
まずは白い花
6
雲がとれ丹沢主稜の眺望が広がってきました
檜洞丸と蛭ヶ岳でしょうか
2021年09月11日 13:26撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲がとれ丹沢主稜の眺望が広がってきました
檜洞丸と蛭ヶ岳でしょうか
6
再び足元
この花はたくさん咲いていました
2021年09月11日 13:27撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び足元
この花はたくさん咲いていました
8
ホトトギスの一種
偶然見つけましたが、見たのはこれ1輪?だけでした
2021年09月11日 13:28撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホトトギスの一種
偶然見つけましたが、見たのはこれ1輪?だけでした
11
鍋割山手前の階段
辛い登りです
2021年09月11日 13:36撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋割山手前の階段
辛い登りです
3
3つ前の写真の花と良く似ていますが微妙に違っている?
2021年09月11日 13:42撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3つ前の写真の花と良く似ていますが微妙に違っている?
4
鍋割山に到着
10人程のハイカーが休憩中でした
2021年09月11日 13:50撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋割山に到着
10人程のハイカーが休憩中でした
7
鍋割山の山頂標柱
2021年09月11日 14:18撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋割山の山頂標柱
11
鍋割山から少し歩いた所から丹沢主稜の山々
山頂は雲が掛かっています
2021年09月11日 14:21撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍋割山から少し歩いた所から丹沢主稜の山々
山頂は雲が掛かっています
6
小丸
ここが本日の最高標高です
2021年09月11日 14:41撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小丸
ここが本日の最高標高です
4
小丸分岐からは小丸尾根で下山します
遭難の注意喚起あり
2021年09月11日 14:49撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小丸分岐からは小丸尾根で下山します
遭難の注意喚起あり
3
最初は狭い登山道が続きます
2021年09月11日 14:55撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は狭い登山道が続きます
3
石積みの人造物
何かの跡か?
2021年09月11日 15:22撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石積みの人造物
何かの跡か?
2
小丸尾根は急下りで疲れた足には非常に長く感じました
2021年09月11日 15:45撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小丸尾根は急下りで疲れた足には非常に長く感じました
2
後沢乗越方面からの登山道と合流
2021年09月11日 16:13撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後沢乗越方面からの登山道と合流
3
二股の沢沿いで休憩
顔を洗い汗を流してサッパリしました
2021年09月11日 16:28撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二股の沢沿いで休憩
顔を洗い汗を流してサッパリしました
4
長い西山林道歩きでしたが大倉バス停に到着
本日のゴールです
最後はバテバテでした
2021年09月11日 17:35撮影 by Canon IXY 650, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い西山林道歩きでしたが大倉バス停に到着
本日のゴールです
最後はバテバテでした
3
撮影機材:

感想/記録

久し振りの丹沢の山は、檜岳から鍋割山までの檜岳山稜歩きが目的です。
檜岳手前で雨が降り出し、またヤマビルの大量発生には悩まされました。
幸いにも最小限の1カ所の被害で済んだのは不幸中の幸いでした。
過去ほとんどヤマビルに遭遇したことは無く、事前準備を怠ったのは反省です。

ややロングコースですが、それほど厳しい歩きは想定していませんでした。
しかし累積標高で1,650mの登りがあり体力消耗し、小丸尾根の急下りや長い西山林道で最後はバテバテでしたが充実した歩きは出来ました。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:298人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ