また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3512972 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 奥多摩・高尾

笹尾根〜生藤山〜陣馬山(新山王橋〜陣馬高原下)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年09月12日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路:黒須田 6:11 - あざみ野 6:19/6:25 田園都市線急行 199円 - 長津田 6:33/6:41 JR横浜線 858円 - 八王子 7:13/7:15 中央線 - 高尾 7:22/7:39 中央線 - 上野原 7:56/8:06 富士急バス 500円 新山王橋 8:30
復路:陣馬高原下 15:22 西東京バス急行増便 567円 - 高尾 15:55/16:01 JR中央線特快 561円 - 八王子 16:08/16:09 横浜線快速 - 長津田 16:37/16:42 田園都市線準急 199円 - あざみ野 16:49/17:00 - 黒須田 17:06
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち76%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間39分
休憩
1時間5分
合計
6時間44分
S新山王橋バス停08:3410:00浅間峠10:1010:17栗坂峠10:1810:35坊主山10:53熊倉山11:0111:08軍荼利山11:0911:13軍刀利神社元社11:1411:24三国山11:3411:39生藤山11:4211:45丸山11:54茅丸12:06連行峰12:1212:32山ノ神12:3312:37大蔵里山12:44大蔵里山(東峰)13:03醍醐峠13:17高岩山13:28和田峠13:4114:01陣馬山14:1214:19陣馬高原下方面分岐14:23南郷山14:33奈良子峠14:37萩の丸14:46底沢峠15:18陣馬高原下バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
カッコ内は山と高原地図標準CT
新山王橋BS - 浅間峠 1:26 (1:30) 途中15分ほど道迷い
 - 熊倉山 0:42 (0:50)
 - 三国山 0:21 (0:25)
 - 連行峰 0:29 (0:40)
 - 山の神 0:20 (0:25)
 - 醍醐峠 0:30 (0:40)
 - 和田峠 0:25 (0:20)
 - 陣馬山 0:20 (0:30)
 - 底沢峠 0:34 (0:50)
 - 陣馬高原下BS 0:32 (0:55)
合計 5時間39分(7時間5分) 標準CT比 80%
コース状況/
危険箇所等
新山王橋から浅間峠の道は案内標識がほとんど無く、登山地図上「登山道入口」となっている林道終点辺りからが分かりづらい。歩いている人も多くないと思われ、お勧めできない。

写真

新山王橋バス停からスタート
2021年09月12日 08:33撮影 by NIKON 1 J5, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新山王橋バス停からスタート
車道がヘアピンカーブする地点で直進。浅間峠入口の標識があります。
2021年09月12日 08:38撮影 by NIKON 1 J5, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道がヘアピンカーブする地点で直進。浅間峠入口の標識があります。
ここは軽自動車が入ってくるのでしょう。暫く林道をたどります。
2021年09月12日 08:43撮影 by NIKON 1 J5, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは軽自動車が入ってくるのでしょう。暫く林道をたどります。
途中に「水源」の標識と沢に降る道がありましたがパス
2021年09月12日 08:51撮影 by NIKON 1 J5, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中に「水源」の標識と沢に降る道がありましたがパス
林道終点で道が消失しGPSで確認し、沢を適当に渡渉して北上しましたが、これがまた行き止まりになっており、道がヘアピンカーブしているここまで戻りました。本来の道は右側を進みます。
2021年09月12日 09:16撮影 by NIKON 1 J5, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道終点で道が消失しGPSで確認し、沢を適当に渡渉して北上しましたが、これがまた行き止まりになっており、道がヘアピンカーブしているここまで戻りました。本来の道は右側を進みます。
木の根元に小さな標識。この先浅間峠までは林業作業用の道が何度も分岐するので、迷い込まないように地図で方向確認が必要。
2021年09月12日 09:30撮影 by NIKON 1 J5, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の根元に小さな標識。この先浅間峠までは林業作業用の道が何度も分岐するので、迷い込まないように地図で方向確認が必要。
浅間峠に到着
2021年09月12日 10:03撮影 by NIKON 1 J5, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅間峠に到着
1
小休止後に笹尾根を和田峠方面へ進みます。
2021年09月12日 10:03撮影 by NIKON 1 J5, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小休止後に笹尾根を和田峠方面へ進みます。
途中細かいアップダウンはあるものの、概ねこういった気持ち良いトレイルが続きます。トレイルランナーが多いです。
2021年09月12日 10:14撮影 by NIKON 1 J5, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中細かいアップダウンはあるものの、概ねこういった気持ち良いトレイルが続きます。トレイルランナーが多いです。
軍刀利神社手前ではブナのある公園のような場所を通過します。
2021年09月12日 11:11撮影 by NIKON 1 J5, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
軍刀利神社手前ではブナのある公園のような場所を通過します。
軍刀利神社元社
2021年09月12日 11:12撮影 by NIKON 1 J5, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
軍刀利神社元社
1
軍刀利神社の説明。日本武尊に由来するそうです。
2021年09月12日 11:12撮影 by NIKON 1 J5, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
軍刀利神社の説明。日本武尊に由来するそうです。
三国山に到着
2021年09月12日 11:23撮影 by NIKON 1 J5, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三国山に到着
1
生藤山。眺望はありません。
2021年09月12日 11:38撮影 by NIKON 1 J5, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
生藤山。眺望はありません。
1
茅丸はパスし巻道へ入ります。
2021年09月12日 11:51撮影 by NIKON 1 J5, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茅丸はパスし巻道へ入ります。
今日は終日こんなガスのかかった一日でした
2021年09月12日 11:55撮影 by NIKON 1 J5, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は終日こんなガスのかかった一日でした
1
連行峰。標識は連行山となっています。
2021年09月12日 12:05撮影 by NIKON 1 J5, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
連行峰。標識は連行山となっています。
1
連行峰の様子。細長い山頂です。
2021年09月12日 12:11撮影 by NIKON 1 J5, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
連行峰の様子。細長い山頂です。
1
山の神。和田への分岐あり。
2021年09月12日 12:32撮影 by NIKON 1 J5, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の神。和田への分岐あり。
大蔵里山(おおぞうりやま)
2021年09月12日 12:36撮影 by NIKON 1 J5, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大蔵里山(おおぞうりやま)
大蔵里山の様子。トレイル上の一通過点に過ぎません。
2021年09月12日 12:36撮影 by NIKON 1 J5, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大蔵里山の様子。トレイル上の一通過点に過ぎません。
醍醐丸もパスし巻道へ
2021年09月12日 12:41撮影 by NIKON 1 J5, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
醍醐丸もパスし巻道へ
ここも巻きます
2021年09月12日 12:48撮影 by NIKON 1 J5, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも巻きます
巻道は細めなのでスリップしないように注意
2021年09月12日 12:56撮影 by NIKON 1 J5, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻道は細めなのでスリップしないように注意
和田峠手前の林道に降り立ちました
2021年09月12日 13:25撮影 by NIKON 1 J5, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
和田峠手前の林道に降り立ちました
和田峠。ここでコーラ休憩(200円)陣馬山近くなので流石にハイカーや家族連れが多いです。
2021年09月12日 13:27撮影 by NIKON 1 J5, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
和田峠。ここでコーラ休憩(200円)陣馬山近くなので流石にハイカーや家族連れが多いです。
1
和田峠から新たに整備された階段道を延々と登って陣馬山山頂へ到着。ちょうど学生?の団体ツアーが居て大混雑でした。
2021年09月12日 13:59撮影 by NIKON 1 J5, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
和田峠から新たに整備された階段道を延々と登って陣馬山山頂へ到着。ちょうど学生?の団体ツアーが居て大混雑でした。
陣馬山といえば白馬像
2021年09月12日 14:00撮影 by NIKON 1 J5, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陣馬山といえば白馬像
明王峠通過
2021年09月12日 14:38撮影 by NIKON 1 J5, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明王峠通過
底沢峠。今日はここから陣馬高原下バス停へ下山します。15:25のバスに飛び乗るべく、ここからバス停までずっと緩いランで降りました。
2021年09月12日 14:44撮影 by NIKON 1 J5, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
底沢峠。今日はここから陣馬高原下バス停へ下山します。15:25のバスに飛び乗るべく、ここからバス停までずっと緩いランで降りました。
ここからは舗装された林道をひたすらバス停まで進みます。
2021年09月12日 15:02撮影 by NIKON 1 J5, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは舗装された林道をひたすらバス停まで進みます。
底沢峠から30分でバス停に到着できました。ちょうど15:25発のバスが停まっていました。
2021年09月12日 15:15撮影 by NIKON 1 J5, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
底沢峠から30分でバス停に到着できました。ちょうど15:25発のバスが停まっていました。
既に多くの乗客の列がありましたが、ギリギリで座れました。
2021年09月12日 15:16撮影 by NIKON 1 J5, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
既に多くの乗客の列がありましたが、ギリギリで座れました。

感想/記録

天気予報では晴れマークも出ていたが、結局終日ガス気味の一日で陣馬山含めて各ピークからの眺望は全くダメだった。笹尾根は以前浅間峠から北側を歩いていたので、今回は南半分を歩いたが、途中アップダウンはあるものの、全般的に歩き易い快適なトレイルだった。そのためかハイカーはほとんどおらず、すれ違った8割以上がトレイルランナーだった。
新山王橋からの浅間峠越えルートは山と高原地図では実線ルートだが、林道終点から登山道への取り付きが分からず、15分ほどウロウロとした。結局は沢を渡渉したが、恐らく以前あった橋が流されたものと思われる。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:147人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ