また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3544525 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 尾瀬・奥利根

燧ヶ岳・至仏山

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年09月21日(火) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.5~0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち52%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
12時間50分
休憩
1時間15分
合計
14時間5分
S大清水04:1304:55一ノ瀬休憩所04:5505:07冬路沢橋05:0705:17岩清水05:1705:48三平峠05:4806:01三平下06:0806:22長蔵小屋06:2206:27燧分岐06:2706:35長英新道分岐06:3508:09ミノブチ岳08:1308:2808:5009:02燧ヶ岳11:44竜宮十字路11:4912:02尾瀬ヶ原12:0212:05下ノ大堀川橋12:0612:15牛首分岐12:1612:22上ノ大堀川橋12:2212:41尾瀬ロッジ12:4113:57高天ヶ原13:5714:11至仏山14:4215:11小至仏山15:1315:25オヤマ沢田代15:2515:38原見岩15:3916:11鳩待峠16:45戸倉(鳩待峠行バス連絡所)18:15ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

朝焼けの赤城山、右隣にうっすらと富士山
2021年09月21日 05:32撮影 by SM-N975C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝焼けの赤城山、右隣にうっすらと富士山
尾瀬沼に映る燧ヶ岳
2021年09月21日 06:03撮影 by SM-N975C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾瀬沼に映る燧ヶ岳
6
尾瀬沼、背後に男体山→日光白根山→皇海山
2021年09月21日 08:10撮影 by SM-N975C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾瀬沼、背後に男体山→日光白根山→皇海山
1
赤城山、背後に秩父連山と富士山
2021年09月21日 08:33撮影 by SM-N975C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤城山、背後に秩父連山と富士山
燧ヶ岳の柴安堯覆靴个笋垢阿蕁
2021年09月21日 08:37撮影 by SM-N975C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燧ヶ岳の柴安堯覆靴个笋垢阿蕁
2
燧ヶ岳の俎(まないたぐら)
2021年09月21日 09:03撮影 by SM-N975C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燧ヶ岳の俎(まないたぐら)
2
会津駒ヶ岳…と思われる
2021年09月21日 09:08撮影 by SM-N975C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
会津駒ヶ岳…と思われる
左の平らな山が平ケ岳、その右の2つの尖った山の右が越後駒ヶ岳…と思われる
2021年09月21日 09:09撮影 by SM-N975C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左の平らな山が平ケ岳、その右の2つの尖った山の右が越後駒ヶ岳…と思われる
中央が巻機山…と思われる
2021年09月21日 09:10撮影 by SM-N975C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央が巻機山…と思われる
ミノブチ岳を上から、尾瀬沼と一緒に
2021年09月21日 09:12撮影 by SM-N975C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミノブチ岳を上から、尾瀬沼と一緒に
2
男体山→日光白根山→皇海山、尾瀬沼と一緒に
2021年09月21日 09:13撮影 by SM-N975C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男体山→日光白根山→皇海山、尾瀬沼と一緒に
1
尾瀬ヶ原と至仏山
2021年09月21日 09:22撮影 by SM-N975C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾瀬ヶ原と至仏山
1
至仏山方向
2021年09月21日 09:35撮影 by SM-N975C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
至仏山方向
2
湿原の池
2021年09月21日 12:09撮影 by SM-N975C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湿原の池
2
湿地の池と燧ヶ岳
2021年09月21日 12:26撮影 by SM-N975C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湿地の池と燧ヶ岳
1
尾瀬ヶ原と燧ヶ岳
2021年09月21日 13:55撮影 by SM-N975C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾瀬ヶ原と燧ヶ岳
1
中央に日光白根山、その左手に男体山の山頂がちょこっと
2021年09月21日 14:15撮影 by SM-N975C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央に日光白根山、その左手に男体山の山頂がちょこっと
中央に皇海山
2021年09月21日 14:15撮影 by SM-N975C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央に皇海山
左側2つの尖った山の右が越後駒ヶ岳、右側の平らな山が平ケ岳…と思われる
2021年09月21日 14:18撮影 by SM-N975C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左側2つの尖った山の右が越後駒ヶ岳、右側の平らな山が平ケ岳…と思われる
中央が巻機山…と思われる
2021年09月21日 14:19撮影 by SM-N975C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央が巻機山…と思われる
谷川岳と苗場山方向なのだけど、どれなのかは判らず
2021年09月21日 14:20撮影 by SM-N975C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷川岳と苗場山方向なのだけど、どれなのかは判らず
北方向、巻機山→越後駒ヶ岳→平ケ岳
2021年09月21日 14:22撮影 by SM-N975C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北方向、巻機山→越後駒ヶ岳→平ケ岳
燧ヶ岳方向
2021年09月21日 14:22撮影 by SM-N975C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燧ヶ岳方向
南東方向、男体山→日光白根山→皇海山→赤城山→武尊山
2021年09月21日 14:23撮影 by SM-N975C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南東方向、男体山→日光白根山→皇海山→赤城山→武尊山
左側が赤城山、右側が武尊山その奥に富士山
2021年09月21日 14:29撮影 by SM-N975C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左側が赤城山、右側が武尊山その奥に富士山
左側に浅間山、右側に四阿山、両者とも雲に霞んで山頂だけ見えている
2021年09月21日 14:40撮影 by SM-N975C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左側に浅間山、右側に四阿山、両者とも雲に霞んで山頂だけ見えている
至仏山山頂
2021年09月21日 14:46撮影 by SM-N975C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
至仏山山頂
小至仏山
2021年09月21日 14:54撮影 by SM-N975C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小至仏山
至仏山山頂
2021年09月21日 15:09撮影 by SM-N975C, samsung
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
至仏山山頂
1

感想/記録

※ルート軌跡について補足。燧ヶ岳(柴安)→竜宮十字路は記録一時停止のまま歩いてしまったためログなし。鳩待峠→戸倉はタクシー移動なので記録一時停止している。

凄く気持ちの良い天気の中での登山だった。
空は雲一つない快晴で気温も適度に涼しくそよ風が気持ちが良かった。

2つの山頂からの眺めは似たような感じで、越後山脈を主とした周辺の山々と尾瀬ヶ原を眺めることができたが、それよりも尾瀬ヶ原の雰囲気と風景のほうが印象に残った。
周囲を山々に囲まれた広々とした草原の所々に池や川があり、鳥の鳴き声すらしない静寂の中そよ風に吹かれながら歩くのは本当に気持ち良かった。
またその山々のなかでも正面の至仏山と背後の燧ヶ岳は際立った存在感があり観ていて飽きなかった。

登山道は、燧ヶ岳の登りは標準的な登山道という感じだが、下りは木の根と湿った土のコンボで滑り易く歩き難かった。
至仏山の登りは崩れ掛けた木製階段と蛇紋岩の岩場が交互に表れる急登といった感じで、下りは木道と木製階段が整備されたなだらかな道で凄く歩き易かった。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:255人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

急登 木道 草原 蛇紋岩 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ