また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3562865 全員に公開 ハイキング 白馬・鹿島槍・五竜

烏帽子岳、南沢岳(静かな紅葉鑑賞)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年09月24日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
七倉山荘前駐車場まで自家用車
そこに車を停める(無料)
七倉山荘までの道は降雨量が多いとゲートが閉じてしまい
通行止めにもなりますので注意

七倉山荘から高瀬ダムまではタクシーで移動(¥2400/台)
行きは4人でシェア、戻りは3人でシェア
この時期は6:00が始発になります
時間の詳細は以下のリンクを参照

http://www.kanko-omachi.gr.jp/mountain/qa.php#q2

※七倉山荘より先は私有地になるので指定車両以外は入れません
経路を調べる(Google Transit)
GPS
08:37
距離
15.6 km
登り
1,962 m
下り
1,961 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.4~0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち67%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間29分
休憩
3時間4分
合計
8時間33分
S高瀬ダム濁沢登山口06:1206:18高瀬ダム テント場06:30ブナ立尾根取付06:3506:54権太落し06:5507:53三角点07:5508:16烏帽子小屋09:2109:34前烏帽子岳09:3709:40烏帽子岳山頂分岐09:4109:47烏帽子岳10:0510:15烏帽子岳山頂分岐10:32烏帽子田圃10:3310:46南沢岳11:4912:03烏帽子田圃12:0412:23烏帽子岳山頂分岐12:2512:33前烏帽子岳12:44烏帽子小屋13:0213:22三角点14:02権太落し14:0314:19ブナ立尾根取付14:2214:35高瀬ダム テント場14:44高瀬ダム濁沢登山口14:45ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
★濁沢登山口〜烏帽子小屋(ブナ立尾根)
濁沢の橋は雨でしょっちゅう流されます
荒天後の通行は注意が必要です
間違っても増水時渡渉などしないこと、ダムの藻屑と消えます

ブナ立尾根は北ア3大急登の一つでかなり長いです
100m標高が上がるごとにナンバリングしてありますので
数えながら登って楽しんでください
登りはじめは階段がありますが急斜面なので滑落しなこと
それ以外では木の根や痩せ尾根もありますので踏み外しに注意

★烏帽子小屋〜烏帽子岳分岐
迷うことない道
前烏帽子から先はとても眺望の良い風景が広がります

★烏帽子岳分岐〜烏帽子岳
ひたすら登りです
山頂直下は鎖と岩登りとちょっと緊張する区間があります
鎖は新しく頑丈なのでしっかりホールドできますが慣れていないのなら
セルフビレイが必要かと
山頂も岩だらけでホールド性は悪い
雨の日は要注意

★烏帽子岳分岐〜南沢岳
池塘群の中を進む
烏帽子から見ると平坦に見えますが意外と起伏はあります
またハイマツの根っこがうっそうとして意外と歩きづらい
南沢の山頂前はザレ場の直登になる上にルートが不明瞭
荒天時はルートミスに要注意


※烏帽子〜船窪間は悪路なので十分な時間を取る計画を行うこと
その他周辺情報下山後は高瀬渓谷葛温泉高瀬間で汗を流す(¥700)
いいお湯ですよ

http://www.takasekan.com/hot-spring/
過去天気図(気象庁) 2021年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル 防寒着 雨具 日よけ帽子 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ ファーストエイドキット 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル カメラ

写真

シルバーウィーク後半戦
本来なら土日で水晶行こうと思ってましたが悪天でキャンセル
なので急遽南沢まで紅葉狩りしてきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シルバーウィーク後半戦
本来なら土日で水晶行こうと思ってましたが悪天でキャンセル
なので急遽南沢まで紅葉狩りしてきました
5
モルゲン狙いも考えましたがなんせ寝不足
起きたら5時半でした・・・;;
まぁしょうがないと思いつつブナ立をガシガシと登る

いつもの烏帽子は秋色でした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モルゲン狙いも考えましたがなんせ寝不足
起きたら5時半でした・・・;;
まぁしょうがないと思いつつブナ立をガシガシと登る

いつもの烏帽子は秋色でした
5
シャキーン!
烏帽子かっけぇ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャキーン!
烏帽子かっけぇ
1
後方には水晶
今年は行けずでした・・・
日帰りしようかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後方には水晶
今年は行けずでした・・・
日帰りしようかな?
奥には薬師
そして紅葉も綺麗
これはこれでいいか♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥には薬師
そして紅葉も綺麗
これはこれでいいか♪
烏帽子の岩壁が凄いです
登れるのかしら?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子の岩壁が凄いです
登れるのかしら?
後ろには三ツ岳
紅葉はほぼ見頃ですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後ろには三ツ岳
紅葉はほぼ見頃ですね
1
針の木
手前はえげつない稜線
林道閉まる前に周回しようかしら
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針の木
手前はえげつない稜線
林道閉まる前に周回しようかしら
南沢岳が見えます
ここは紅葉がきれいですよね〜
池塘も見えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南沢岳が見えます
ここは紅葉がきれいですよね〜
池塘も見えます
2
雲の平まで行かんでもここで池塘が見られます!
距離は半分以下ですよ、奥さん
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲の平まで行かんでもここで池塘が見られます!
距離は半分以下ですよ、奥さん
5
やー、綺麗です!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やー、綺麗です!
1
蓮華も見えますね
大下りはトラウマです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓮華も見えますね
大下りはトラウマです
さて、あとは手前の急登を登るだけです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、あとは手前の急登を登るだけです
1
やっと紅葉を見られました
ここ本当にきれいですよね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと紅葉を見られました
ここ本当にきれいですよね
1
南沢のピークは砂浜です
なんか燕岳を思い出します
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南沢のピークは砂浜です
なんか燕岳を思い出します
そして水晶丸見え
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして水晶丸見え
2
裏銀座を裏から見る
そんな感じです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏銀座を裏から見る
そんな感じです
1
さて、戻るとしますか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、戻るとしますか
水晶も見納めです
また来年!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水晶も見納めです
また来年!
ガスが上がるのが早いです
思ったよりはやく曇りました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが上がるのが早いです
思ったよりはやく曇りました
本当にきれいです
来年も来よう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本当にきれいです
来年も来よう
1
本当に静かな稜線
すれ違いは一人でした
船窪を4時に出て烏帽子分岐まで6時間で来たそうです
おっちゃんタフですね〜

ちなみにこれは烏帽子から空身で来た二人でした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本当に静かな稜線
すれ違いは一人でした
船窪を4時に出て烏帽子分岐まで6時間で来たそうです
おっちゃんタフですね〜

ちなみにこれは烏帽子から空身で来た二人でした
1
やっぱ裏銀座最高です
私はここが好きですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっぱ裏銀座最高です
私はここが好きですね
5
烏帽子小屋も来週には小屋閉め
そうなりますといよいよ冬ですね

さらに静かな裏銀座が始まります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子小屋も来週には小屋閉め
そうなりますといよいよ冬ですね

さらに静かな裏銀座が始まります

感想/記録

今年はとにかく天気との相性が最悪です
この紅葉の時期も案の定発生し後半に裏銀座回ろうと思いましたらやはり悪天
そして前半は出遅れでどこへも行けず・・・
なんか不条理だと思って腹立ってきた
ってことでこの怒りをぶつけるべくブナ立を鬼のように登りたくなって
烏帽子まで弾丸日帰りしてきました

烏帽子までは無言、とにかく無言で登り小屋へ
見えたのは素晴らしい紅葉!
ちょうど見ごろでした!読み通り!
寝坊でモルゲンは逃しましたがこれでも十分です
ウキウキ気分で南沢まで行くことにしました

今年の夏は本当に雨とコロナに泣かされました
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:318人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ