ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 烏帽子岳

烏帽子岳(えぼしだけ)

基本情報
標高 2628m
場所 北緯36度28分45秒, 東経137度39分02秒
山頂

烏帽子岳の日の出・日の入り時刻

07/26(水) 07/27(木) 07/28(金) 07/29(土) 07/30(日) 07/31(月) 08/01(火)
日の出 4時41分 4時42分 4時43分 4時44分 4時44分 4時45分 4時46分
日の入り 19時11分 19時10分 19時10分 19時9分 19時8分 19時7分 19時6分

烏帽子岳 (標高2628m)付近の気温

7月の気温(推定値)
最高気温
16.7
平均気温
11.3
最低気温
6.8
Loading...

周辺の平年の気象状況

7月の気象
日照時間 4.4 時間/日
降水量 8.2 mm/日
最深積雪 データなし
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

烏帽子岳(えぼしだけ)は、長野県大町市と富山県富山市にまたがる飛騨山脈中部に位置する標高2,628mの山。山域は中部山岳国立公園に指定され、日本二百名山に選定されている。
頂上部にオベリスク(縦長の柱状の岩)がある特徴的な山容を持つ。東側の高瀬ダムからの登路であるブナ立尾根は標準的な速さでも登った場合4時間ほど急登が続き、赤石山脈甲斐駒ヶ岳への黒戸尾根、上越・谷川岳への西黒尾根とあわせて"日本"三大急登といわれる。
日本三大急登とともに、剱岳の早月尾根・燕岳の合戦尾根と同様、北アルプス三大急登のひとつでもある 。
(笠ヶ岳の笠新道に関しては、昭文社・「山と高原地図」に記載なし)
通称裏銀座といわれるコースの起点となる山である。山頂の南側には烏帽子池があり、北側には四十八池と呼ばれる池塘が点在し、ウサギギク、タカネバラなどの高山植物の群生地となっている。

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

「烏帽子岳」 に関連する記録(最新10件)

白馬・鹿島槍・五竜
  169     35  7 
2017年07月15日(3日間)
槍・穂高・乗鞍
  180    17 
2017年07月15日(7日間)
白馬・鹿島槍・五竜
  32     29  2 
2017年07月14日(4日間)
剱・立山
  67    1 
2017年07月12日(日帰り)
甲信越
  59     63 
2017年07月09日(日帰り)
白馬・鹿島槍・五竜
  24    13 
2017年06月17日(日帰り)
白馬・鹿島槍・五竜
  66     22 
2016年11月04日(2日間)
白馬・鹿島槍・五竜
  50    61  8 
2016年10月30日(日帰り)
ページの先頭へ