また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3622333 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 甲信越

中ノ岳〜兎岳周遊 〜以前見た全山紅葉をもう一度〜

情報量の目安: S
-拍手
日程 2021年10月10日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)
GPS
12:55
距離
20.6 km
登り
2,513 m
下り
2,496 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間54分
休憩
1時間1分
合計
12時間55分
S十字峡登山口05:3005:35林道入口駐車場06:03丹後山登山口06:0509:10丹後山避難小屋09:2509:26丹後山09:2709:55利根川水源碑10:12大水上山10:50兎岳10:5411:31小兎岳13:30池ノ段分岐13:45中ノ岳14:0514:18池ノ段分岐15:32七合目(小天上)15:3716:16日向山16:2717:31二合目18:22十字峡登山口18:2518:25ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2021年10月の天気図 [pdf]

写真

05:30 十字峡登山口スタート。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
05:30 十字峡登山口スタート。
1
丹後山にはこちらの林道を行くのね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹後山にはこちらの林道を行くのね。
しばらくは渓谷沿いの林道を行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくは渓谷沿いの林道を行く。
1
30分強で丹後山登山口。
前を歩いていた2名の登山者は直進していった。
どこの山に行くのだろう?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
30分強で丹後山登山口。
前を歩いていた2名の登山者は直進していった。
どこの山に行くのだろう?
のっけから超急登。
効率よく標高が稼げて、こういうルートは大歓迎だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
のっけから超急登。
効率よく標高が稼げて、こういうルートは大歓迎だ。
1
向かいの尾根を詰めると中ノ岳。
遠いのぉ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向かいの尾根を詰めると中ノ岳。
遠いのぉ。
2
超省力モードで登ると、視界が開けるのが分かる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
超省力モードで登ると、視界が開けるのが分かる。
何合目だか忘れたけれど、松の巨木が迎えてくれた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何合目だか忘れたけれど、松の巨木が迎えてくれた。
3
なかなか見ない大木。
素晴らしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなか見ない大木。
素晴らしい。
4
稜線から日が差し込み始める。
行く稜線は滝雲に襲われている。
第一ピークの丹後山は滝雲の中か。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線から日が差し込み始める。
行く稜線は滝雲に襲われている。
第一ピークの丹後山は滝雲の中か。
6
この尾根の紅葉エリアに突入した。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この尾根の紅葉エリアに突入した。
7
南の山々は滝雲に襲われまくり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南の山々は滝雲に襲われまくり。
2
振り返っての登ってきた尾根。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返っての登ってきた尾根。
9
高気圧のヘリを周って湿った空気が流れ込む天気。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高気圧のヘリを周って湿った空気が流れ込む天気。
7
ちょうど丹後山あたりが天気の境目となっている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょうど丹後山あたりが天気の境目となっている。
5
それより南の山々は、湿った空気を受けて終日雲の中。
エリアを間違えないでよかった。本当に紙一重だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それより南の山々は、湿った空気を受けて終日雲の中。
エリアを間違えないでよかった。本当に紙一重だった。
7
いざ、丹後山へ。
広大な草原を行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いざ、丹後山へ。
広大な草原を行く。
3
巻機山?
見ない角度でイマイチ地理が分からん。
今にも滝雲に襲われる瞬間。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻機山?
見ない角度でイマイチ地理が分からん。
今にも滝雲に襲われる瞬間。
3
09:00 稜線に出た。
まさにポツンと一軒家の丹後山避難小屋。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
09:00 稜線に出た。
まさにポツンと一軒家の丹後山避難小屋。
3
さて、次の大水上山へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、次の大水上山へ。
6
丹後山山頂は、避難小屋の裏にあった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹後山山頂は、避難小屋の裏にあった。
3
稜線の滝雲はとれたが、まだ雲がせめぎ合っている。
曇るなよ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線の滝雲はとれたが、まだ雲がせめぎ合っている。
曇るなよ!
3
歩きやすいフコフコの縦走路。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩きやすいフコフコの縦走路。
4
利根川水源に近づくと、魅力的な斜面が現れた。
いいね、ちょっと盛り上がってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
利根川水源に近づくと、魅力的な斜面が現れた。
いいね、ちょっと盛り上がってきた。
5
兎岳が見えてきた。その奥は中ノ岳と越後駒ヶ岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
兎岳が見えてきた。その奥は中ノ岳と越後駒ヶ岳。
8
まぁ、綺麗な絨毯。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まぁ、綺麗な絨毯。
3
兎岳が近づいてきた。
なかなか雲がとれず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
兎岳が近づいてきた。
なかなか雲がとれず。
5
利根川水源は美しい紅葉地帯。
日が当たってよし。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
利根川水源は美しい紅葉地帯。
日が当たってよし。
4
草か?
草が倒れとる。
www
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草か?
草が倒れとる。
www
2
素晴らしい縦走路ではないか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素晴らしい縦走路ではないか。
5
利根川の最初の一滴が、こんな日本海側にあるなんて。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
利根川の最初の一滴が、こんな日本海側にあるなんて。
3
笹原と紅葉斜面。
う〜ん、今年見てきた紅葉と一味違う。
越後っぽい?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹原と紅葉斜面。
う〜ん、今年見てきた紅葉と一味違う。
越後っぽい?
2
振り返っての丹後山。
後から登ってきた人たちは丹後山か大水上山まで。
自分を追い抜いていく登山者は一人もいなかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返っての丹後山。
後から登ってきた人たちは丹後山か大水上山まで。
自分を追い抜いていく登山者は一人もいなかった。
2
10:10 大水上山着。
雲のせめぎ合いエリアを脱して、完全に晴れ渡った。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:10 大水上山着。
雲のせめぎ合いエリアを脱して、完全に晴れ渡った。
5
ここからは一人旅。
いきなし急坂を下る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは一人旅。
いきなし急坂を下る。
6
兎岳から中ノ岳。
見えてるけど多いね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
兎岳から中ノ岳。
見えてるけど多いね。
6
稜線の紅葉は少し遅いか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線の紅葉は少し遅いか。
4
兎岳、名前はかわいいぞ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
兎岳、名前はかわいいぞ。
4
少しばかりの紅葉を愛でながら。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しばかりの紅葉を愛でながら。
4
振り返ると、平坦な稜線の大水上山〜丹後山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると、平坦な稜線の大水上山〜丹後山。
3
素敵な紅葉の稜線。
飯豊、朝日みたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素敵な紅葉の稜線。
飯豊、朝日みたい。
14
ただただ、だだっ広い草原。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ただただ、だだっ広い草原。
3
今日も当然持ってきた。
紅葉には超望遠。
重いけど、この先もっと活躍するはず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日も当然持ってきた。
紅葉には超望遠。
重いけど、この先もっと活躍するはず。
2
大草原地帯。
馬蹄をやったときもあったな、大草原。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大草原地帯。
馬蹄をやったときもあったな、大草原。
3
10:50 兎岳着。
ここまで来てようやく荒沢岳が雲から顔を出す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:50 兎岳着。
ここまで来てようやく荒沢岳が雲から顔を出す。
2
来し方の大展望。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来し方の大展望。
4
いざ、中ノ岳へ。
荒沢岳方面へ行くと、すぐ分岐。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いざ、中ノ岳へ。
荒沢岳方面へ行くと、すぐ分岐。
5
ドーンっと現れる中ノ岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドーンっと現れる中ノ岳。
4
今までの歩きやすい縦走路かと思いきや、狭い、滑りやすい、外傾してて歩きづらかったり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今までの歩きやすい縦走路かと思いきや、狭い、滑りやすい、外傾してて歩きづらかったり。
2
尖がり荒沢岳が素晴らしい。
これは遠いね...。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尖がり荒沢岳が素晴らしい。
これは遠いね...。
5
手前の紅葉斜面もよい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前の紅葉斜面もよい。
1
大草原の向こうに聳える荒沢岳の要塞。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大草原の向こうに聳える荒沢岳の要塞。
3
兎岳したの笹原を下る道が滑りやすい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
兎岳したの笹原を下る道が滑りやすい。
6
紅葉の斜面を狙ってみる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉の斜面を狙ってみる。
1
紅葉の谷間。
なんか茶色い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉の谷間。
なんか茶色い。
1
一番紅葉している斜面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一番紅葉している斜面。
2
はるか遠くの荒沢岳を遠望。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はるか遠くの荒沢岳を遠望。
6
この縦走路が歩きづらくて仕方がない。
三脚を片手に持ったままだと歩けないので、出したりしまったりで時間がかかる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この縦走路が歩きづらくて仕方がない。
三脚を片手に持ったままだと歩けないので、出したりしまったりで時間がかかる。
5
平坦なところはほとんどなく、細かいアップダウンを繰り返す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平坦なところはほとんどなく、細かいアップダウンを繰り返す。
3
馬蹄もやったし、次は裏越後三山とか考えていたが、考えを改めた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬蹄もやったし、次は裏越後三山とか考えていたが、考えを改めた。
3
こんな歩きにくいルートをロングなんて、やめておこう...。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな歩きにくいルートをロングなんて、やめておこう...。
1
写真撮りながらではとんでもない時間になる(笑)。
まだ雪渓が残っている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真撮りながらではとんでもない時間になる(笑)。
まだ雪渓が残っている。
3
紅葉が薄くて、あまり切り取りがはまらない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉が薄くて、あまり切り取りがはまらない。
1
なんか緑なんだな...。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんか緑なんだな...。
まっ黄っきを見つけた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まっ黄っきを見つけた。
まだ下るとこあるのね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ下るとこあるのね。
5
紅葉を掻き分けながら。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉を掻き分けながら。
3
ようやく最低鞍部か。
アップダウンを繰り返しても結局標高は変わらず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく最低鞍部か。
アップダウンを繰り返しても結局標高は変わらず。
5
紅葉の斜面と雪渓の谷間。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉の斜面と雪渓の谷間。
2
紅葉斜面の切り取り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉斜面の切り取り。
レンズ交換で時間が過ぎる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
レンズ交換で時間が過ぎる。
相変わらず素晴らしい景色の荒沢岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相変わらず素晴らしい景色の荒沢岳。
8
手前に赤が入るとよい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前に赤が入るとよい。
5
振り返って、小兎岳。
ぜんぜんかわいくなかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って、小兎岳。
ぜんぜんかわいくなかった。
4
鞍部から見上げる中ノ岳。
後は登るだけじゃ〜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鞍部から見上げる中ノ岳。
後は登るだけじゃ〜。
5
振り返っての、兎岳〜丹後山の稜線。
完全に一人旅だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返っての、兎岳〜丹後山の稜線。
完全に一人旅だった。
4
13:30 ようやく分岐に辿り着く。
写真撮るのに時間かかって、大失速した。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:30 ようやく分岐に辿り着く。
写真撮るのに時間かかって、大失速した。
2
帰りの斜面。
日向山の紅葉、正午頃の光線で撮りたかったのだが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りの斜面。
日向山の紅葉、正午頃の光線で撮りたかったのだが。
1
しかしこちらはよい光線状態。
堂々たる中ノ岳。素晴らしい!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかしこちらはよい光線状態。
堂々たる中ノ岳。素晴らしい!
7
13:40 ようやく着いたよ、中ノ岳。
長かったなぁ〜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:40 ようやく着いたよ、中ノ岳。
長かったなぁ〜。
4
中ノ岳避難小屋の向こうには越後駒ケ岳。
こっちも遠いなぁ〜。
裏越後三山縦走とか考えたけれど、馬蹄とどっちが大変なのだろう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中ノ岳避難小屋の向こうには越後駒ケ岳。
こっちも遠いなぁ〜。
裏越後三山縦走とか考えたけれど、馬蹄とどっちが大変なのだろう。
3
いわずと知れた八海山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いわずと知れた八海山。
6
意外と長くて険しい山域だと思う。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
意外と長くて険しい山域だと思う。
4
14:00 さぁ、そろそろ帰りましょうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:00 さぁ、そろそろ帰りましょうか。
1
あの日向山の稜線の紅葉がよいはず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの日向山の稜線の紅葉がよいはず。
八海山を見ながら下る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八海山を見ながら下る。
3
紅葉ゾーンを切り取りましょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉ゾーンを切り取りましょう。
ここからしか撮れない景色。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからしか撮れない景色。
5
ここら辺が一番華やか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここら辺が一番華やか。
9
南側には丹後山。
雲がかかったりかからなかったり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南側には丹後山。
雲がかかったりかからなかったり。
2
いまいち紅葉していない。
以前来たときは全山紅葉だったのだが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いまいち紅葉していない。
以前来たときは全山紅葉だったのだが。
2
少し下りてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し下りてきた。
日向山の端に建つ、雨量計測所。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日向山の端に建つ、雨量計測所。
3
もう一回狙ってみましょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一回狙ってみましょう。
2
一番紅葉しているところを。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一番紅葉しているところを。
2
振り返ると、超急坂。
最後の最後でこれだときついね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると、超急坂。
最後の最後でこれだときついね。
2
先ほどの紅葉の中。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ほどの紅葉の中。
2
何たる巨大な山塊。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何たる巨大な山塊。
3
中ノ岳から八海山への縦走路。
険しいね〜。
紅葉がなさそうだから行かない(笑)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中ノ岳から八海山への縦走路。
険しいね〜。
紅葉がなさそうだから行かない(笑)。
6
少し雲がかかり始める。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し雲がかかり始める。
2
これもまたよし。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これもまたよし。
3
日向山まで止まりまくって全く下りれない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日向山まで止まりまくって全く下りれない。
9
紅葉の日向山。
下山が遅すぎて、完全逆光になった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉の日向山。
下山が遅すぎて、完全逆光になった。
1
日向山付近には池塘あり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日向山付近には池塘あり。
5
日向山かの雨量計測所より、今日最後の中ノ岳の雄姿。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日向山かの雨量計測所より、今日最後の中ノ岳の雄姿。
4
でっかい山でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でっかい山でした。
6
あそこを周ってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あそこを周ってきた。
3
まさかの夏日。
暑い。
最後の予備食糧(飲料)に手を出すことに。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まさかの夏日。
暑い。
最後の予備食糧(飲料)に手を出すことに。
1
一人、夕日を斜面を下る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一人、夕日を斜面を下る。
1
日没。まさかここまでいるとは思わなかった。
夕日に向かって下りる山もよい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日没。まさかここまでいるとは思わなかった。
夕日に向かって下りる山もよい。
2
夕焼け。
南の山々は終日雲の中だった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕焼け。
南の山々は終日雲の中だった。
3
18:20 下山。
継続して山に登っているときは、筋肉痛にはあまりならないもの。今回はガッチガチの筋肉痛に。
中ノ岳、兎岳、とってもハードなお山でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
18:20 下山。
継続して山に登っているときは、筋肉痛にはあまりならないもの。今回はガッチガチの筋肉痛に。
中ノ岳、兎岳、とってもハードなお山でした。
4

感想/記録

2014年に登った中ノ岳と八海山の紅葉は、全山紅葉でもの凄かった。
あの紅葉を換えた高画素機で撮り直そうと思っていた。そのチャンスが訪れた。

前回と同じ季節で同じ中ノ岳のピストンのルートで行くのも芸がない。
撮影チャンスを増やすべく、他のルートを調べてみる。
すると考えたこともなかった2つのルートがあることを知る。
裏越後三山縦走(荒沢岳/中ノ岳/越後駒ヶ岳)
越後三山縦走(越後駒ヶ岳/中ノ岳/八海山)
検討したが、先週の捻挫に体調絶不調も加わり、大人しくしておこう。
丹後山からサクっと周遊することにした。

天気はというと、丹後山あたりがちょうど天気の境目。
それより南の山々は、湿った空気を受けて終日雲の中。
エリアを間違えないでよかった。本当に紙一重だった。

兎岳までは快適な縦走路。
兎岳から中ノ岳へと”裏越後三山縦走路”に合流すると、様相が変わる。
道が狭い、泥で滑る、細かいアップダウンばかりで著しくスピードダウンする。
馬蹄もやったし、次は裏越後三山とか考えていたが、考えを改めた。
こんな歩きにくいルートをロングなんて、やめておこう...。
写真撮りながらではとんでもない時間になる(笑)。

目的の紅葉はと言うと、なんかイマイチだった。
紅葉しているエリアが少ない、紅葉しても縮れている、鮮やかでない。
以前見た「越後の山って凄ぇ!」と感動した全山紅葉は今年ではないようだった。
と、山行中は思っていたが、後日写真を整理するとそうでもなかった。

継続して山に登っているときは、筋肉痛にはあまりならないもの。
今回はガッチガチの筋肉痛に。そういえば前回も息絶え絶えだったような。
中ノ岳、兎岳、とってもハードなお山でした。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:673人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ