また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3624657 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 北海道

初冠雪の白雲岳避難小屋泊

情報量の目安: S
-拍手
日程 2021年10月06日(水) ~ 2021年10月07日(木)
メンバー
天候6日曇り雪 強風 高原温泉3℃ 途中7℃ 緑岳裾野2℃ 稜線−2℃風速10m 小屋5〜6℃
7日高曇り 強風〜弱風 小屋3℃ 緑岳稜線−6℃ 8時出発−2℃ 白雲岳0℃ 高原温泉9℃
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大雪高原温泉は11日で冬季通行止め。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
29:48
距離
16.9 km
登り
1,260 m
下り
1,244 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち88%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間58分
休憩
6分
合計
4時間4分
Sスタート地点07:5008:48第二花畑10:57緑岳11:0311:25緑岳分岐11:54白雲岳避難小屋
2日目
山行
5時間17分
休憩
2時間10分
合計
7時間27分
緑岳分岐06:1106:48白雲岳避難小屋08:2008:55白雲分岐08:5609:34白雲岳09:5510:21白雲分岐10:2310:35小泉岳10:3711:06緑岳分岐11:41緑岳11:5312:58第二花畑13:38ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
2日目のログは開始するの忘れてて途中で開始してます。ご来光小屋出発は4時50分です。
コース状況/
危険箇所等
初冠雪でまだ雪が少なかった。氷も少ないのでチェーンスパイクは使わずに済んだ。この時期はまだ岩だらけなのでチェーンスパイクが最適だと思う。
過去天気図(気象庁) 2021年10月の天気図 [pdf]

Myアイテム  

ms090 重量:-kg
プリマロフトがダウンに似せて作った素材「ThermoPlume」に断熱素材エアロゲルを入れた中綿を使用。他の中綿に比べて小さく圧縮出来るのが特徴で断熱性能もプリマロフトの中で2番目に高い。濡れても保温力が落ちないダウン的な中綿を使って、冬山の長期縦走用に開発された商品。街着としても使えるデザインで便利。

写真

層雲峡は紅葉が見頃だった。大雪山初冠雪と紅葉。
2021年10月06日 06:46撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
層雲峡は紅葉が見頃だった。大雪山初冠雪と紅葉。
2
時折雪が降ってくる。
2021年10月06日 08:33撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時折雪が降ってくる。
緑岳は雲の中。
2021年10月06日 08:38撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緑岳は雲の中。
1
予報通りちょっとずつ晴れてきた。ただし12時〜19時まで暴風雨雪予報。
2021年10月06日 08:52撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予報通りちょっとずつ晴れてきた。ただし12時〜19時まで暴風雨雪予報。
2
まだ残っていた紅葉。まだ残っていた紅葉。葉の落ちた白樺が結構好き。
2021年10月06日 08:59撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ残っていた紅葉。まだ残っていた紅葉。葉の落ちた白樺が結構好き。
1
紅葉と緑岳初冠雪。
2021年10月06日 09:07撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉と緑岳初冠雪。
5
思ったより雪が少なくてちょっと残念。
2021年10月06日 10:39撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
思ったより雪が少なくてちょっと残念。
1
強風で視界も悪い緑岳稜線から早々に退避。
2021年10月06日 11:06撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強風で視界も悪い緑岳稜線から早々に退避。
1
ガトーショコラみたいな白雲岳。新築の小屋が楽しみ。
2021年10月06日 11:08撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガトーショコラみたいな白雲岳。新築の小屋が楽しみ。
3
時折晴れ間。
2021年10月06日 11:57撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時折晴れ間。
1
夕焼けは分厚い雲でお預け。
2021年10月06日 16:46撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕焼けは分厚い雲でお預け。
2
冬の天の川と白雲岳避難小屋。
2021年10月06日 20:06撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬の天の川と白雲岳避難小屋。
6
夏の天の川とトムラウシの予定が雲の中。光害が結構ある。
2021年10月06日 20:14撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏の天の川とトムラウシの予定が雲の中。光害が結構ある。
3
時間と共に天の川が良い位置にやってきた。白雲岳と天の川。
2021年10月06日 20:54撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間と共に天の川が良い位置にやってきた。白雲岳と天の川。
6
小屋も入れて。
2021年10月06日 21:08撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋も入れて。
2
雲の隙間がギリギリのご来光は空がよく焼ける。
2021年10月07日 05:24撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲の隙間がギリギリのご来光は空がよく焼ける。
4
ご来光。
2021年10月07日 05:26撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ご来光。
2
分岐でご来光でも良いけど緑岳まで来ないと高根ヶ原が見えない。
2021年10月07日 05:29撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐でご来光でも良いけど緑岳まで来ないと高根ヶ原が見えない。
4
焼ける白雲岳。
2021年10月07日 05:29撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼ける白雲岳。
4
最高です。
2021年10月07日 05:34撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高です。
5
後旭と奥に旭岳山頂。
2021年10月07日 05:35撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後旭と奥に旭岳山頂。
2
朝の澄んだ空気とご来光の光でトムラウシもクッキリ。
2021年10月07日 05:36撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝の澄んだ空気とご来光の光でトムラウシもクッキリ。
7
そこそこ強風で雪煙も舞う。−6℃でした。
2021年10月07日 05:55撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこそこ強風で雪煙も舞う。−6℃でした。
3
雪の稜線から紅葉真っ盛りの裾野を見下ろしその奥には石狩山地とニペソツ山。
2021年10月07日 05:56撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の稜線から紅葉真っ盛りの裾野を見下ろしその奥には石狩山地とニペソツ山。
1
分岐の沢には氷が張っていて歩くのに注意が必要。
2021年10月07日 06:19撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐の沢には氷が張っていて歩くのに注意が必要。
1
スプーンカットの雪渓。
2021年10月07日 06:24撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スプーンカットの雪渓。
ナナカマドの実が真っ赤だった。
2021年10月07日 06:38撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナナカマドの実が真っ赤だった。
4
断熱ドア・断熱サッシ・壁床天井も断熱仕様の小屋。昔と違って雪が積もるまで1階から出入りもできる。
2021年10月07日 08:04撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
断熱ドア・断熱サッシ・壁床天井も断熱仕様の小屋。昔と違って雪が積もるまで1階から出入りもできる。
3
十勝岳。
2021年10月07日 08:18撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十勝岳。
2
緑岳とニペソツ山。真ん中あたりに登山者。
2021年10月07日 08:33撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緑岳とニペソツ山。真ん中あたりに登山者。
3
白雲山頂より雪のグラデーション。
2021年10月07日 09:36撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白雲山頂より雪のグラデーション。
3
真っ白な旭岳。
2021年10月07日 09:41撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っ白な旭岳。
1
こちらも定番ゼブラ。
2021年10月07日 09:44撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらも定番ゼブラ。
3
北鎮方面は雲が。
2021年10月07日 09:46撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北鎮方面は雲が。
1
苔とツララ。
2021年10月07日 09:56撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔とツララ。
1
登山道にシュカブラ。
2021年10月07日 09:59撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道にシュカブラ。
左から凌雲岳・桂月岳・黒岳・鳥帽子岳。
2021年10月07日 10:07撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左から凌雲岳・桂月岳・黒岳・鳥帽子岳。
2
シュカブラと白雲岳。
2021年10月07日 10:34撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シュカブラと白雲岳。
1
緑岳山頂で〆のカップヌードル。スーパー合体シリーズ 味噌&旨辛豚骨は冬山に合う。
2021年10月07日 11:37撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緑岳山頂で〆のカップヌードル。スーパー合体シリーズ 味噌&旨辛豚骨は冬山に合う。
2
三国峠よりニペソツ山。
2021年10月07日 15:37撮影 by Canon EOS RP, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三国峠よりニペソツ山。
1
撮影機材:

感想/記録
by ms090

今週は登山は休もうと思っていたら山に雪が降りそうな天気予報(mountain-forecast)。
新築の白雲岳避難小屋にも泊まってみたかったので行ってしまった。

11日に通行止めとなる大雪高原温泉から緑岳経由で滑り込み。ゲートが閉まる直前のこの時期は雪景色の大雪山が手軽に見れる貴重な時期、7年ぶり2回目なのでワクワクが止まらない。
想定より雪が少なかったけど、雪景色・天の川・ご来光と絶景を楽しめました。

新装備でシュラフなし睡眠が―5℃でどうなるか試したかったのですが、白雲岳避難小屋の断熱性能は凄まじく
外が―5℃強風でも3℃までしか下がらない。快適すぎて雪山に泊まっている感じがしなくてガッカリ。

忘備録)
1,小屋携帯電波 トムラウシ側の窓際でドコモ入る。窓を開けて手を出せばauも入る。
2,小屋の換気口は塞いであるので煮炊きの際は窓を開ける。4名宿泊で夜間窓開けなかったと思うが窒息はしなかった。
3,今回は積雪が少なかったのでチェーンスパイク使わなかったがあと5兮燭積もっていれば必要。
4,水は―6℃でも流れていて採れる。テン場がダメなら緑岳側に10分程度降れば豊富に流れている。
5,室温3℃小屋泊にも関わらず夜中に目が覚めた。衣類内部は暖かかったので原因はカロリー不足による体深部の発熱量不足。夜食と焼酎25度を補給したら快適に寝れた。冬山は夜飯ガッツリ食べないとダメ。

【今回のMVP】
1,ファイントラック アクティブスキンタイツ 55g(現行品ドライレイヤーウォーム)。冬山は凍傷対策でサポートタイツは履かない。ウールタイツにはまだ早いので6年前に買って一度しか使ってなかったこれを使ってみた。軽量なのに思ったより肌触りが良く化繊特有の接触冷感もなく温かく気持ちよく寝れた。

2,ノースフェイス ポラリスインサレーテッドフーディ 665g。冬期の長期山行を想定した製品。中わたには最近話題の熱伝導率の低い素材エアロゲルを練りこんだPRIMALOFT® SILVER ThermoPlume® PROを使用していて断熱性を追求している。ダウンは冬に使うと汗と結露で結構ロフトが落ちる上、眠るときに潰れてコールドスポットが出来るので好きではなかった。その点を解消したのがこの製品、ロフトの張りが強く強風の外でも睡眠時でもコールドスポットが出来ず素晴らしい断熱性能だった。不人気製品みたいで夏に65%offで購入出来た。

3,ミレー アルファ ライト スウェット ジャケット 348g。パタゴニアのR1とR2の中間みたいな製品。熱がこもりにくいので通気性はR2よりあり保温力はR2よりちょっと低いくらいかな。洗濯してテストしたらR2より若干乾きが遅かったのは意外。風がダイレクトに抜けてくる感じなのでドライナミックメッシュよりファイントラックのドライレイヤーウォームの方が合っているかもしれない。これも半額以下だったので買ったが定価だと。。

【天気・気温・行動時間】
6日曇り雪 強風 高原温泉3℃ 途中7℃ 緑岳裾野2℃ 稜線−2℃風速10m 小屋5〜6℃
7日高曇り 強風〜弱風 小屋3℃ 緑岳稜線−6℃ 8時出発−2℃ 白雲岳0℃ 高原温泉9℃

【行動時衣類】
‐緘梢函[亞擔野2〜7℃まで1,2,4でほぼ快適、風が強いと腕寒い。−6℃のご来光登山1〜6で快適。下山最高9℃1〜4だとちょっと暑い。
1,ドライレイヤー:ミレー ドライナミックメッシュ3/4スリーブ
2,モンベル ジオライン L.W. ウエストウォーマー
3,フェニックス ジップネックシャツ 133g。ポーラテック・パワー・グリッドを使ったパタゴニア キャプリーン・サーマルウェイトみたいな製品。
4,ミレー アルファ ライト スウェット ジャケット 348g
5,ノースフェース 薄手フリースジップシャツ200g POLARTEC製製品名不明
6,モンベル バーサライトジャケット 2レイヤーレインウエア130g

下半身 緑岳裾野2〜7℃まで1,2で快適。−6℃のご来光登山1〜4で快適。下山 ー2〜9℃1,2で快適。
1,ファイントラック アクティブスキンタイツ55g(現行品ドライレイヤーウォーム)
2,ティートンブロス スムースパンツ240g(オクタを使用した行動用保温着、リラックスできるパンツ)
3,ナンガ スーパーライトダウンパンツ860FP 280g 
4,モンベル ストームクルーザーパンツ 190g

【今回のザック重量13.3圈
・ベース9.45圈淵競奪1.55圈Εメラ関係2.57圈λ百着着替え1.81圈▲泪奪350ℊ、調理器具450g、雨具500g、その他1.1圈
・水分2.8圈淵疋螢鵐1.2圈水1.5kg・焼酎100g)
・食料1.5
*下山時ドリンク600g余り。

【睡眠時装備】 今回は上半身手足の寒さで2時半くらいに目が覚めた。ポラリスインサレーテッドフーディの中は暖かかったのでカロリー不足による体深部の発熱量不足が原因。夜食と焼酎25度を補給したら快適に寝れた。
‐緘梢函
1,ドライレイヤー:ミレー ドライナミックメッシュ3/4スリーブ
2,モンベル ジオライン L.W. ウエストウォーマー
3,フェニックス ジップネックシャツ 133g。ポーラテック・パワー・グリッドを使ったパタゴニア キャプリーン・サーマルウェイトみたいな製品。
4,ミレー アルファ ライト スウェット ジャケット 348g
5,ノースフェース 薄手フリースジップシャツ 200g
6,ノースフェイス ポラリスインサレーテッドフーディ 665g

下半身 とても暖かかった。
1,ファイントラック アクティブスキンタイツ 55g(現行品ドライレイヤーウォーム)
2,ティートンブロス スムースパンツ 240g(オクタを使用した行動用保温着、リラックスできるパンツ)
3,ナンガ スーパーライトダウンパンツ860FP 280g 流石の保温力。 
4,モンベル ストームクルーザーパンツ 190g(エスケープヴィヴィの結露対策)



1,バフ メリノウール製マルチネックチューブ(捩じって2枚重ねで帽子、要らなければ捩じって手首に付ければ良いメチャクチャ便利な奴。)
2,ノースフェイス ポラリスインサレーテッドフーディのフード

ぢ 5℃位なら1でも良いけど2,3追加するとヌクヌク。
1,モンベル メリノウール アルパイン ソックス 115g(締め付け感の少ないふわっとしたソックス)
2,イスカ ダウンプラスL 208g(ゴアウインドストッパー)
3,マムート マサオライトHSジャケット 184g(ジッパー締めて足を入れる)

チ歓
SOL エスケープヴィヴィライト156g(内側にアルミ蒸着されたシュラフカバーみたいなもの、出入り口の首元にドローコード付けてみた。夜中に目が覚めた時に使用してみたが暖かさが数段上がった。)

δ賣笋対策
1,床マット ダイソー極薄銀マット200×100僉130g
2,サーマレスト ネオエアーXライトスモール 119×51僉R値4.2 230g
 (ニーモ テンサーインシュレーテッドは真冬の空気入れ口の堅さがヤバいので売却。詳細は2021/3/21旭岳テント泊参照)
3,エバニュー expマットUL(50×48僉37g 足元はザックの上にこれを敷く、行動中は座布団としても使える)
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:319人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ