また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3632466 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 白馬・鹿島槍・五竜

白馬岳(猿倉荘・大雪渓ピストン)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2021年10月14日(木) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
猿倉壮より、カーナビでは手前で通行止めと言ってましたが、ちゃんと通れました
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間40分
休憩
40分
合計
8時間20分
S猿倉荘06:3007:20白馬尻小屋09:30避難小屋10:50白馬山荘11:00白馬岳11:4011:50白馬山荘14:00白馬尻小屋14:50猿倉荘14:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
意外と斜度がある上にザレが多くて足を取られやすい
雪渓は朝8時通過時点では完全に氷でツルツル、13時過ぎの下りでは表面は緩んでましたが、午前中に下りで使う場合はアイゼンが必要そうです

雪渓抜けた後の道はルートが多数に分岐してます。多分雪渓の量によって取り付きが変わるからだと思います。登りは間違いようがないですが、下りはかなり選択肢が多くなってます

写真

流石に前日雨の平日なので駐車場はガラガラ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
流石に前日雨の平日なので駐車場はガラガラ
バスも今は平日は出てません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バスも今は平日は出てません。
朝は雲ですが、雨雲レーダーは何も映ってないので
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝は雲ですが、雨雲レーダーは何も映ってないので
雲は低いのでは・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲は低いのでは・・・
沢山落ちたようですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢山落ちたようですね
クラックも何か所もできてました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クラックも何か所もできてました
雪渓への取り付き
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓への取り付き
上は快晴なんですが
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上は快晴なんですが
1
下からはガスが上がってきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下からはガスが上がってきます
雲海。下からこの雲見たら登る気にはならないですよね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海。下からこの雲見たら登る気にはならないですよね
白馬三山も行きたいんですが、鑓温泉側が通行止めなのでピストンになるのはきつい・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬三山も行きたいんですが、鑓温泉側が通行止めなのでピストンになるのはきつい・・・
1
珍しくアレが偽のピークじゃないんです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
珍しくアレが偽のピークじゃないんです
宇奈月方面、能登半島もよく見えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宇奈月方面、能登半島もよく見えます
1
左の雲の上からちょっと見えてるのが白山でしょうか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左の雲の上からちょっと見えてるのが白山でしょうか
栂池方面は今日はずっと晴れていたそう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栂池方面は今日はずっと晴れていたそう
1
南アルプスと八ヶ岳と富士山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプスと八ヶ岳と富士山
1
剣に立山、薬師に槍等々
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣に立山、薬師に槍等々
1
紅葉は小屋跡辺りが見ごろでした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉は小屋跡辺りが見ごろでした

感想/記録

中1日〜2日だけ晴れ予報、それは登るしかないということで、まだ未踏の白馬へ
国道19号が夜間通行止めなので小川町のほうからも抜けられず、鬼無里から抜けたので結構運転は面倒です。


車中泊しましたがさすがに夜はかなり冷えるようになりましたね。
耐えられないほどでもないですが。

白馬尻小屋まではよく整備された道、車道っぽかったり岩畳だったり木の階段だったりいろいろですが、歩きづらいことはありません

小屋は解体されており特に見どころも、何かを補充したりトイレに行ったりもできないので猿倉荘から上は頂上直下まで何もありません。

小屋跡から上はまず足場の悪いザレ・そのあとカチカチに凍った雪渓・そしてなかなかの急登なザレと浮石祭り


達成感はありますが、もう一度はあまり行きたくないかなぁといった道。
さらに雪渓の大きさで取り付き・抜ける場所が変わる為か、雪渓を抜けた後の登り方が複数あるのも厄介。ルート選びで歩きやすさが結構変わります。どれも〇マークやピンクテープがついてるので正しいルートではあるようですが。

頂上直下の小屋までは割とこんな感じで続き、そのまま山荘・頂上へ。

頂上は360度の絶景、雲が低かったのでめぼしい山は全部見えてたと思います。


次は蓮華や栂池から登ったほうが楽しそうです。


あと猿倉は今バスが出ていないので、自家用車で猿倉にアクセスした場合は
ピストンがほぼ確定します(タクシーでも使えば別ですが)
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:193人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ