また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 36640 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥多摩・高尾

七ツ石山から雲取山そして鷹ノ巣山

日程 2009年04月04日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り時々晴、そして雨
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

9:00峰谷→11:28七ツ石山→11:30小雲取山→13:42雲取山→14:50七ツ石山→15:50鷹ノ巣山→17:25峰谷→18:00峰谷橋
過去天気図(気象庁) 2009年04月の天気図 [pdf]

写真

撮影機材:

感想/記録
by ojyo

2009年4月4日(土)


あらかじめ、山行予定で連休を取得して二度目の雲取山を目指した。
前回は、三峰口からのピストンだったが、今回は奥多摩湖畔のPKを利用し、バスに乗り換えて鴨沢から
七ツ石山経由雲取山ピストンし鷹ノ巣山、六ツ石山から奥多摩湖へ戻るコースを予定した。

しかしすぐに予定は未定となり、奥多摩湖発のバス時間から峰谷行きに乗ることにした。
ここからは鷹ノ巣山、七ツ石山への登山口があり、赤指尾根を3時間30分(昭文社高原地図参考タイム)で石尾根に出ることができる。

9時に山行開始する町中から登山道を探していると、ツキノワグマの注意書きが掲示板に張ってある。
その影響なのか、犬を飼っている家が多い、見知らぬ人を見るとアチコチで吠えている。
神社横
を通り少しずつ高度を上げていく。
視界が開けて榧の木山から遠景に石尾根が見える。
ゲートを過ぎて杉の登山道に入ると残雪が増えてくる、
そのうち視界が開けて 
鞍部へとく下っていく
朝早く、朝食抜きだったので食事を採ることにした。幸い杉の倒木があり、汗で蒸れたジャージを脱ぎ半袖Tシャツになり、コンロでお湯を沸かし、スープとおにぎりで空腹を満たす。
冷えたからだにコーヒーを飲み、キツイ勾配の残雪を登る。

予定より1時間早い2時間30分で岩尾根に到着した。右へ鷹ノ巣山左へ目的の七ツ石山だ。

20分後倒れかけた七ツ石神社を右手に
見て、8分後に目的の七ツ石山に到着した。
視界が広がり、北に雲取山までの石尾根がくっきりと見える。
西側が開放されて飛龍山などの連山が・・・。
広々した尾根道がまるで天空の道のようだ。
振り返ると、七ツ石山の山容が見える。
ヘリポートを過ぎ、
小雲取山への登りにうんざりだ・・。
雲取山の山頂避難小屋が見えてくる、あとひとふん張りだ。

午後1時42分、約5時間で山頂到着。


時間が押してるので、すぐに戻る。
七ツ石山を過ぎて雨が降り出した。急ぐが長い下りが足を痛める、どこか痛いが構っていられない。
2時間後の3時50分、鷹ノ巣山避難小屋で合羽を着込む。避難小屋には1名が泊まり予定らしい。
ツエルトはあるが、食料が少ないので、泊まるか迷ったが急いで下ることにした。

鷹ノ巣から道を間違えたらしく、浅間尾根を下ってしまった。この道は朝の出発口だ。
バスに乗らなくてはならない。心配があたってバスはもうない。国道まで35分歩き峰谷橋に午後6時に着く。
1時間に1本のバスは48分なので、橋のふもとのあずまやで、お湯を沸かしコーヒーとソイジョイを食べてバスを待つ。奥多摩湖のPKに着いたのは真っ暗の午後7時過ぎだ。
登山靴を脱ぐと、足の皮がむけていた。

訪問者数:1528人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ