また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3817051 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 白山

【白山】初冬の楽々新道から御前峰

情報量の目安: S
-拍手
日程 2021年12月04日(土) ~ 2021年12月05日(日)
メンバー
天候12/4 雪(1200mより上は風雪) 12/5 快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
石川県道53号線(岩間一里野線)の冬季閉鎖ゲート前のスペースに駐車。5台程度駐車可能だが,この時期は除雪車も停まっているので邪魔にならないように注意。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
32:00
距離
36.7 km
登り
2,686 m
下り
2,686 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
9時間20分
休憩
0分
合計
9時間20分
S駐車地(県道冬季閉鎖ゲート前)07:4010:10楽々新道登山口17:00小桜平避難小屋
2日目
山行
14時間10分
休憩
0分
合計
14時間10分
小桜平避難小屋05:0007:20七倉山09:50大汝峰10:50白山13:10七倉山14:40小桜平避難小屋17:10楽々新道登山口19:10駐車地(県道冬季閉鎖ゲート前)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【積雪状況(2021.12.4時点)】
・石川県道53号線(冬季閉鎖中)の路上は5cm〜10cmほど,楽々新道登山口で50cm,標高1400m付近で100cm,小桜平付近(標高2000mくらい)で150cm〜200cmほど。1500m付近までは藪が埋まり切っておらず,登山道に雪が載った灌木が倒れ掛かって煩わしい箇所もあるが,同じ時期の加賀禅定道よりはましな程度。
・小桜平までは深いところではスノーシューでヒザ〜モモくらいの重い新雪ラッセルがあり我慢の登りが続くが,それより上部は次第にラッセルがましになり,見返坂(2300m付近)を越えると稜線上の雪面はクラストしてツボ足でも快調に歩けるようになる(ただし,氷化している箇所もあるので,急な下り等では必要に応じアイゼン装着が安全)。

【ルート上の注意点】
・今回,冬季閉鎖後の石川県道53号線(岩間一里野線)を歩いて楽々新道登山口まで行きましたが,現時点では雪が少ないため県道上は問題なく歩けるものの,今後,積雪量が増えると県道は雪崩の巣になるため,ご注意を。雪が多い年は,雪崩デブリで塞がれてロックシェッドに進入できないくらいになります。
・楽々新道は概ね穏やかな尾根が続き悪場はないが,見返坂から清浄ヶ原に登り上げる急登箇所(2270m〜2350mの区間)はかなり急。直登できなくもないが,右手斜面を右上トラバースして登ると楽(ただし,いかにも雪崩れそうな斜面なので,大雪後などは注意)。
・下山時は尾根が広いため,特に視界不良時は読図注意。

【小桜平避難小屋】
・通常の入り口は扉が凍り付いていて開かないので,ハシゴを登って冬季用の入り口から進入のこと。
・トイレ使用可。ただし,土間がツルツルに凍り付いているので,トイレに行くときに滑って転ばないようにご注意を(実際,転んじゃいました…)。
過去天気図(気象庁) 2021年12月の天気図 [pdf]

装備

備考 ・スノーシュー使用。標高2350m以上の稜線上は雪面が氷化している箇所もあるため,アイゼンも携行したほうが良い。このルートはピッケルはなくても登れるが,お好みで。

写真

静かに雪の降る中,冬季閉鎖後の石川県道53号線(岩間一里野線)をぽくぽく歩く。路上の積雪は5cm〜10cmほどで問題なく歩けるが,ここを安全に歩けるのは今の時期だけだ。もっと積雪が増えると,県道は雪崩の巣になり危険が伴うようになる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
静かに雪の降る中,冬季閉鎖後の石川県道53号線(岩間一里野線)をぽくぽく歩く。路上の積雪は5cm〜10cmほどで問題なく歩けるが,ここを安全に歩けるのは今の時期だけだ。もっと積雪が増えると,県道は雪崩の巣になり危険が伴うようになる。
4
ロックシェッド内では,取り外されたガードレールが遠い春を待っている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロックシェッド内では,取り外されたガードレールが遠い春を待っている。
4
雪に埋もれつつある山崎旅館(当然閉鎖中)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪に埋もれつつある山崎旅館(当然閉鎖中)
1
楽々新道登山口に到着。既に積雪は50cmほどで,スノーシューを履く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楽々新道登山口に到着。既に積雪は50cmほどで,スノーシューを履く。
2
まだ藪が埋まり切っておらず,中途半端な積雪で灌木が登山道に倒れ掛かって歩きにくいところもあるが,同じ時期の加賀禅定道よりはまし。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ藪が埋まり切っておらず,中途半端な積雪で灌木が登山道に倒れ掛かって歩きにくいところもあるが,同じ時期の加賀禅定道よりはまし。
4
時折,雪が強まり,視界が真っ白になる中を黙々と登っていく。重い湿雪で,常時膝位のラッセルがあり苦しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時折,雪が強まり,視界が真っ白になる中を黙々と登っていく。重い湿雪で,常時膝位のラッセルがあり苦しい。
3
標高1300m位を越えると,風が強まり始めた。下部の湿った雪で濡れてしまった手袋が早々に凍り付いてしまい,スペアに交換。(夜,寝袋に入れて解凍しないと…。)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1300m位を越えると,風が強まり始めた。下部の湿った雪で濡れてしまった手袋が早々に凍り付いてしまい,スペアに交換。(夜,寝袋に入れて解凍しないと…。)
2
楽々新道は広い尾根が続くため,風雪の中,慎重に読図しながら少しでも効率がいいと思われる方向に向かってラッセルを続けていく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楽々新道は広い尾根が続くため,風雪の中,慎重に読図しながら少しでも効率がいいと思われる方向に向かってラッセルを続けていく。
3
ひたすら続く凍り付いたオオシラビソの森。夏は緑が美しい朗らかな尾根である楽々新道も,今は暗い迷いの森のように見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひたすら続く凍り付いたオオシラビソの森。夏は緑が美しい朗らかな尾根である楽々新道も,今は暗い迷いの森のように見える。
3
小桜平手前のだらだら坂は特に雪が深く,ラッセルが本当にしんどかった…。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小桜平手前のだらだら坂は特に雪が深く,ラッセルが本当にしんどかった…。
3
小桜平避難小屋に着。そそくさと雪を溶かして水を作って食事をし,ちょっとでも乾かすために濡れた手袋やら何やらをありとあらゆるポケットに詰め込んだまま寝袋に入り,就寝。(写真撮り忘れてて暗くなってから撮ったので,すみません…)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小桜平避難小屋に着。そそくさと雪を溶かして水を作って食事をし,ちょっとでも乾かすために濡れた手袋やら何やらをありとあらゆるポケットに詰め込んだまま寝袋に入り,就寝。(写真撮り忘れてて暗くなってから撮ったので,すみません…)
5
翌朝。小屋を出たのは5時ごろ。風雪の昨日とは打って変わって,満天の星空が広がる中,軽い新雪を踏んで尾根に向かって登っていく。(写真を撮る都合上,ヘッデンを付けたが,星明りと雪明りでヘッデンがなくても十分歩けるくらい。)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝。小屋を出たのは5時ごろ。風雪の昨日とは打って変わって,満天の星空が広がる中,軽い新雪を踏んで尾根に向かって登っていく。(写真を撮る都合上,ヘッデンを付けたが,星明りと雪明りでヘッデンがなくても十分歩けるくらい。)
9
東の空が淡いサーモンピンクとコバルトに染まり始めた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東の空が淡いサーモンピンクとコバルトに染まり始めた。
11
眼下に広がる雲海が,朝日に染まる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下に広がる雲海が,朝日に染まる。
11
水平線から打ち寄せる幾重もの波濤のようだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水平線から打ち寄せる幾重もの波濤のようだ。
16
行く手の稜線も,次第に黎明の中で薄紫色の形象を現し始めた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行く手の稜線も,次第に黎明の中で薄紫色の形象を現し始めた。
15
雲海の上に浮かび上がったかのような,真っ白な雪の尾根を行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海の上に浮かび上がったかのような,真っ白な雪の尾根を行く。
5
雲海の水平線に見える山並みは,北アルプス。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海の水平線に見える山並みは,北アルプス。
9
歩いてきた尾根を振り返る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた尾根を振り返る。
8
見返坂の途中から,最後の急登と,その背後の清浄ヶ原の頭(2415m)を望む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見返坂の途中から,最後の急登と,その背後の清浄ヶ原の頭(2415m)を望む。
9
その奥には,七倉山の姿も。もう完全に雪山の姿となっている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その奥には,七倉山の姿も。もう完全に雪山の姿となっている。
9
おっと,ここでブロッケン現象が。(写真によく写ってないのが残念…) ちなみに,手前の陰は雲海に映った白山の山影です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おっと,ここでブロッケン現象が。(写真によく写ってないのが残念…) ちなみに,手前の陰は雲海に映った白山の山影です。
3
ここまでほとんど無風だったが,この高度になるとさすがに風が強まり始め,時折,地吹雪のように雪面の新雪をさらっていく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまでほとんど無風だったが,この高度になるとさすがに風が強まり始め,時折,地吹雪のように雪面の新雪をさらっていく。
6
見返坂から清浄ヶ原の頭に登り上げる急登は,直登を避けて,斜面を右上トラバース。(でも,ここ,雪崩れるかも…雪の状態によっては注意。)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見返坂から清浄ヶ原の頭に登り上げる急登は,直登を避けて,斜面を右上トラバース。(でも,ここ,雪崩れるかも…雪の状態によっては注意。)
7
急登を登り終え,なだらかな稜線に乗った。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登を登り終え,なだらかな稜線に乗った。
7
凍り付いたモンスターなりかけ群。背後は加賀禅定道の稜線。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凍り付いたモンスターなりかけ群。背後は加賀禅定道の稜線。
5
七倉山に向けて,コバルトと白銀の稜線を進む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七倉山に向けて,コバルトと白銀の稜線を進む。
13
振り向くと…氷のモンスターが大挙して追ってきているみたいでちょっとぎょっとする。(凍り付いたオオシラビソです)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り向くと…氷のモンスターが大挙して追ってきているみたいでちょっとぎょっとする。(凍り付いたオオシラビソです)
13
この頃になると,稜線上の雪は硬くクラストしてほとんど沈み込まず,快適に歩けるようになった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この頃になると,稜線上の雪は硬くクラストしてほとんど沈み込まず,快適に歩けるようになった。
11
右手に並走する加賀禅定道の稜線。美しい。誰か登っているだろうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手に並走する加賀禅定道の稜線。美しい。誰か登っているだろうか。
11
左奥に,大汝峰が姿を現した。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左奥に,大汝峰が姿を現した。
7
清浄ヶ原を見下ろす。凍り付いた小さなオオシラビソが無数に散らばる不思議な世界。帰りは夏道通りにあそこを横断してみよう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清浄ヶ原を見下ろす。凍り付いた小さなオオシラビソが無数に散らばる不思議な世界。帰りは夏道通りにあそこを横断してみよう。
5
左手には,地獄尾根(手前)と,中宮道の稜線(奥)。三方崩山と奥三方岳(右奥)も見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手には,地獄尾根(手前)と,中宮道の稜線(奥)。三方崩山と奥三方岳(右奥)も見える。
8
初冬の火の御子峰。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初冬の火の御子峰。
12
七倉山の最後の登り,結構急だが,スノーシューの歯を効かせて登っていく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七倉山の最後の登り,結構急だが,スノーシューの歯を効かせて登っていく。
7
七倉山の山頂に立った。加賀禅定道方面を見渡す。こちらも辿ってみたいが,今日は泊まり装備を小桜平の小屋にデポしてきてしまったので,またの機会に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七倉山の山頂に立った。加賀禅定道方面を見渡す。こちらも辿ってみたいが,今日は泊まり装備を小桜平の小屋にデポしてきてしまったので,またの機会に。
3
一路,大汝峰へ。昨夜までの嵐で氷化した稜線がまぶしいくらいに光り輝いている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一路,大汝峰へ。昨夜までの嵐で氷化した稜線がまぶしいくらいに光り輝いている。
5
純白の七倉山の斜面を,クラストした部分は慎重に,柔らかい部分は大胆に下る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
純白の七倉山の斜面を,クラストした部分は慎重に,柔らかい部分は大胆に下る。
3
白山釈迦岳が見えた。奥には大長山と経ヶ岳(たぶん)も雲から顔を出している。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白山釈迦岳が見えた。奥には大長山と経ヶ岳(たぶん)も雲から顔を出している。
5
現代芸術風の看板。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
現代芸術風の看板。
9
御手水鉢の水は,固く凍り付いていた。来年の春まで溶けることはないだろう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御手水鉢の水は,固く凍り付いていた。来年の春まで溶けることはないだろう。
4
御手水鉢から,七倉山と,四塚山を振り返る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御手水鉢から,七倉山と,四塚山を振り返る。
2
大汝峰への最後の登り。ここも結構急だが,スノーシューの歯がクラストした雪面に痛快に効くので直登していく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大汝峰への最後の登り。ここも結構急だが,スノーシューの歯がクラストした雪面に痛快に効くので直登していく。
4
大汝峰山頂に到着。標柱が3本揃って氷の造形に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大汝峰山頂に到着。標柱が3本揃って氷の造形に。
11
大汝小屋。夏場は緊急時のみ使用可だが,冬場は緊急時でも使用不可なので注意。(理由は見ての通りです。)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大汝小屋。夏場は緊急時のみ使用可だが,冬場は緊急時でも使用不可なので注意。(理由は見ての通りです。)
8
大汝峰のお社に参詣。半分クリスタルパレスと化していた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大汝峰のお社に参詣。半分クリスタルパレスと化していた。
12
大汝峰から見下ろす,南方に打ち続く雲海の世界。手前に白山釈迦岳,中央付近に大長山,赤兎山,経ヶ岳が頭を出している。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大汝峰から見下ろす,南方に打ち続く雲海の世界。手前に白山釈迦岳,中央付近に大長山,赤兎山,経ヶ岳が頭を出している。
5
御前峰方面の眺め。翠ヶ池や紺屋ヶ池は,完全に凍り付いているようだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御前峰方面の眺め。翠ヶ池や紺屋ヶ池は,完全に凍り付いているようだ。
15
さて,御前峰へ。大汝峰から白銀斜面を尻セード。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて,御前峰へ。大汝峰から白銀斜面を尻セード。
3
大汝峰から御前峰への間のコルも,空中に浮かんだような景観が広がる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大汝峰から御前峰への間のコルも,空中に浮かんだような景観が広がる。
3
この区間は巨岩が点在しているのだが,氷が張り付いてアイスナゲット状態に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この区間は巨岩が点在しているのだが,氷が張り付いてアイスナゲット状態に。
7
白亜の現代彫刻が立ち並ぶ中を縫っていく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白亜の現代彫刻が立ち並ぶ中を縫っていく。
5
剣ヶ峰。夏季には何となく印象の薄い(すみません…)岩山だが,冬季はその白い魁偉が目を引く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰。夏季には何となく印象の薄い(すみません…)岩山だが,冬季はその白い魁偉が目を引く。
5
御前峰へは,夏道のあるルートではなく,御宝庫岩の右側を巻くようにして北西尾根を直登していく。(写真は御宝庫岩)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御前峰へは,夏道のあるルートではなく,御宝庫岩の右側を巻くようにして北西尾根を直登していく。(写真は御宝庫岩)
3
御前峰の稜線は,岩がことごとく分厚く凍り付いていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御前峰の稜線は,岩がことごとく分厚く凍り付いていた。
4
爆風が瞬間冷凍されたように見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爆風が瞬間冷凍されたように見える。
7
御前峰山頂に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御前峰山頂に到着。
23
御前峰のお社にもお参り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御前峰のお社にもお参り。
10
雪に埋もれつつある室堂と,その奥の別山を見下ろす。

 御前峰では,先週,痛ましい遭難事故がありました。亡くなられた方のご冥福を衷心よりお祈りいたします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪に埋もれつつある室堂と,その奥の別山を見下ろす。

 御前峰では,先週,痛ましい遭難事故がありました。亡くなられた方のご冥福を衷心よりお祈りいたします。
11
北アルプスの山並み(槍・穂高のあたり)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプスの山並み(槍・穂高のあたり)。
3
南方は相変わらずの雲海。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南方は相変わらずの雲海。
4
さあ,戻りましょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ,戻りましょう。
2
帰りは北側の紺屋ヶ池のほうに降りてみたが,案の定,凍り付いた上に厚く積雪に覆われ,単なる雪の窪地となっていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは北側の紺屋ヶ池のほうに降りてみたが,案の定,凍り付いた上に厚く積雪に覆われ,単なる雪の窪地となっていた。
4
帰りは大汝峰の西斜面をトラバース。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは大汝峰の西斜面をトラバース。
2
大汝峰を振り返る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大汝峰を振り返る。
5
雪化粧した火の御子峰。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪化粧した火の御子峰。
6
帰りは清浄ヶ原の上部を横断してみた(ほぼ夏道に近いルート)。予想していた通り,モンスターたちがずらずらと。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは清浄ヶ原の上部を横断してみた(ほぼ夏道に近いルート)。予想していた通り,モンスターたちがずらずらと。
13
氷のページェント。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷のページェント。
9
紺碧の青空の下,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紺碧の青空の下,
10
白亜の彫像の陳列が続く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白亜の彫像の陳列が続く。
5
雲海を背にした氷の大群。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海を背にした氷の大群。
11
そして,雪原の我が家,小桜平避難小屋が眼下に見えてきた。まるで雲海に浮かんだ純白の庭園のような別天地だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして,雪原の我が家,小桜平避難小屋が眼下に見えてきた。まるで雲海に浮かんだ純白の庭園のような別天地だ。
5
雪の小桜平と,その向こうに浮かび上がる笈ヶ岳・大笠山。笈も,もう雪山になったようだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の小桜平と,その向こうに浮かび上がる笈ヶ岳・大笠山。笈も,もう雪山になったようだ。
4
雪の小桜平は,本当にいいところだ。もう一泊していきたいくらいだが,下山をいそごう。小桜平を名残惜しくゆっくり横断して,いざ下界へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の小桜平は,本当にいいところだ。もう一泊していきたいくらいだが,下山をいそごう。小桜平を名残惜しくゆっくり横断して,いざ下界へ。
3
なんとか暗くなる前に林道に降り立った。昨日,自分が残した足跡がわずかな窪みとなって残っているのを辿りながら,長い雪道を歩いて駐車地へと戻った。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとか暗くなる前に林道に降り立った。昨日,自分が残した足跡がわずかな窪みとなって残っているのを辿りながら,長い雪道を歩いて駐車地へと戻った。
4

感想/記録

 小桜平で一泊して,雪の楽々新道をゆっくり歩いてきた。
 土曜は風雪が吹き荒れたかと思うと,日曜は打って変わって小春日和のようなうららかな晴天にめぐまれ,初冬らしい,目まぐるしく天気の変わる二日間だった。しかし,小春日和とはいっても,山稜を吹き抜ける風はあくまで刺すように冷たく,清浄ヶ原のオオシラビソ群や御前峰の稜線に立ち並ぶ岩々は厳めしい氷雪で分厚く全身を鎧って,ほとんど真冬のような表情をしていた。
 夜の小屋で,雪を溶かして水を作るという雪山では避けられない面倒な作業をしていると,バーナーの燃焼音に聞き入りながら,しみじみと,今年も冬山の季節が来たな,という感慨が湧いてきた。
 御前峰では,先週,痛ましい遭難事故があった。亡くなられた方のご冥福を心よりお祈りいたします。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:1986人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ