また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3842530 全員に公開 ハイキング 六甲・摩耶・有馬

錨山・市章山・堂徳山・城山

情報量の目安: S
-拍手
日程 2021年12月18日(土) [日帰り]
メンバー
 asakinu(CL)
 kinuasa(SL)
天候
アクセス
利用交通機関
電車
元町駅、新神戸駅
経路を調べる(Google Transit)
GPS
02:34
距離
4.7 km
登り
401 m
下り
340 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち84%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間15分
休憩
30分
合計
2時間45分
Sスタート地点07:4808:13諏訪神社08:2008:21子供の園08:2208:26ヴィーナスブリッジ08:2808:32諏訪山08:3308:55錨山08:5609:03市章山09:0509:14堂徳山09:1709:38城山09:5010:25合の谷10:2610:33新神戸駅10:33ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
よく踏まれた遊歩道と登山道。
その他周辺情報市中に多数あり
過去天気図(気象庁) 2021年12月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ

写真

JR元町駅西口を出て、山側に上がっていく。
2021年12月18日 07:52撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
JR元町駅西口を出て、山側に上がっていく。
諏訪山遊園の石柱。この右手から石段を登る。
2021年12月18日 08:08撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
諏訪山遊園の石柱。この右手から石段を登る。
神戸市街の眺めが得られる。
2021年12月18日 08:19撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神戸市街の眺めが得られる。
大きく弧を描いて登るビーナスブリッジが眼前に現れる。
2021年12月18日 08:25撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きく弧を描いて登るビーナスブリッジが眼前に現れる。
おお、これはすごい眺めだ。
2021年12月18日 08:27撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おお、これはすごい眺めだ。
ますます広がる眺望。東を見る。
2021年12月18日 08:28撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ますます広がる眺望。東を見る。
1
今度は西南西。
2021年12月18日 08:28撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今度は西南西。
1
もっと西に目を向けると、あれは高取山か。
2021年12月18日 08:28撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もっと西に目を向けると、あれは高取山か。
南東方向には六甲アイランド。
2021年12月18日 08:31撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南東方向には六甲アイランド。
恋人たちのレストラン。
2021年12月18日 08:33撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
恋人たちのレストラン。
こちらがレストランの表側。裏側っぽいが。
2021年12月18日 08:34撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらがレストランの表側。裏側っぽいが。
いかりマークの上に出た。
2021年12月18日 08:56撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いかりマークの上に出た。
ここは神戸市章の上。
2021年12月18日 09:02撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは神戸市章の上。
堂徳山三角点。本日の最高標高。
2021年12月18日 09:17撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堂徳山三角点。本日の最高標高。
この道標の「行き止まり」方向に少し行ったところが堂徳山山頂である。
2021年12月18日 09:18撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この道標の「行き止まり」方向に少し行ったところが堂徳山山頂である。
1
モミが目立つ稜線。
2021年12月18日 09:23撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モミが目立つ稜線。
滝山城址の石柱の立つ城山山頂。
2021年12月18日 09:41撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝山城址の石柱の立つ城山山頂。
再び阪神間の眺めを楽しみつつ下る。
2021年12月18日 10:13撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び阪神間の眺めを楽しみつつ下る。
今日も狂い咲きのモチツツジを見る。
2021年12月18日 10:14撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日も狂い咲きのモチツツジを見る。
高層ビルがだんだん高く見えてきた。正面にはハーブ園のゴンドラが。
2021年12月18日 10:17撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高層ビルがだんだん高く見えてきた。正面にはハーブ園のゴンドラが。

感想/記録

左膝のリハビリ登山をなおも継続する。ここ数日、踵を挙げて屈伸ができるところまで改善してきているが、走ると軽い痛みが残っているので、さらに養生が必要なのだ。昨日、低気圧とそれに伴う前線が通過し、強い冬型の気圧配置となる今日は、この瀬戸内の平野でも雪が降るとの見方があった。一番晴れそうな場所、そして天気が悪ければ迷わず山行をやめられるところとなれば、六甲の南のへりの低山が有力である。日々、通勤のJR神戸線の車窓から神戸の背後に臨まれるのが、神戸市のマークと錨のマークが山肌に刻まれた市章山(ししょうやま)と錨山(いかりやま)だ。夜にはライトアップされる神戸のシンボルをまとった二山ながら、地元のハイカー以外にここに登頂したという人はそう多くないだろう。かく言う私も神戸市民ながら、ただ何となく目に入ってくるその姿を日々眺めるだけで、今日まで登っていなかった。あえてそれを目指して登るという対象には中々なりにくい山なわけだが、リハビリ登山という特殊事情のもとでは、手ごろなターゲットと言える。それに、コロナが極小値にまで減っている今なら、電車に乗っていくのも悪くなかろう。
朝、果たして雪は?と雨戸をあけてみる。全く雪はない。そして、どうやらすっきりと晴れている様子だ。しかも、時折吹いていた強風もおさまって、寒いながらも登山日和である。早速支度をして目的地へと向かう。JR神戸線は、冬型の気圧配置で強風が吹く日には決まって遅延が発生する。今日も20分遅れて網干行快速は元町駅に滑り込んだ。初めて西口改札を利用して元町に降り立ち、すぐに山側へとゆるい登りの街路を辿る。左手に県庁、そして相楽園を見てさらに登っていくとT字路となる。ぶち当たった正面の山の斜面に石段があり、その脇には「諏訪山遊園」の石柱が立っている。この石段を登ってゆく。道は九十九に高度を稼ぎ、左手隣には諏訪山神社の参道が登ってきている。葉を落とした木々の合間から海側を覗くと、すでに神戸の市街地が見下ろせるほどの高みに達していた。上方が開けた感じになると金星台の園地に飛び出す。地元の人たちが太極拳の型を演じている。神戸の背山、人と調和した自然がここにある。
ここからさらに遊歩道のようなセメントで覆われた道を登っていく。神戸市街の眺めは一層開けてくる。すると、正面にぐるぐると巻きながら歩道の橋が再度山ドライブウエイの上にかかっているのが見える。ははー、これがビーナスブリッジであるか。橋の上の出れば、なるほど、これは見事な眺め!瀬戸内海に沿って阪神間、そして須磨明石へと延びる市街地と六甲の裾に広がる緑の帯が美しい。この橋を渡ったところに、展望テラスを備えたレストランが建っている。デートスポットにうってつけの、まさに「為にある」レストランだな。
この諏訪山を越えて再度山ドライブウエイを渡り、尾根を進む。その後、再度山ドライブウエイに降り立ったら車道を渡って「いかり山」方面へ、道標に従って進む。急登が続き、この寒気の中でも汗が出てくる。やがて正面が開け、ウバメガシの植え込みがなされた急斜面が視界に飛び込んでくる。これが件の「いかり模様」の本体だ。あいにく、いかりの模様の全体像はここからは捉えられない。いかりマークの縁に沿って一登りすると、いかりの頂部の上の展望台に着く。
ここからさらに道を辿ってさしたる間もなくもう一つの植え込み斜面が眼前に現れる。こちらが神戸市の市章である。ここも、全貌を見渡すことはできない。当然のことながら、いかりも、また市章も、遮るもののない見事な展望を与えてくれる。
市章の先、ドライブウエイに沿って少し登ると、右手に「二本松、城山→」の指導標が現れる。ここから山道に入り、すぐもう一つの指導標があって、右方向を「行き止まり」と表示している。この「行き止まり」方向に登ったところのピークが、今日の最高点、堂徳山の三角点である。とりあえず、三角点を確認に行く。
再び先の指導標のところまで戻って、城山方向へ進路をとる。この辺り、六甲には珍しくモミの大木が何本も生えていて、いい雰囲気である。よく踏まれた道を快適に進む。正面には石楠花山あたりであろうか、六甲本体の西に位置する山々が大きく臨まれる。幾度かアップダウンしながら進むと、間もなく「滝山城址」の大きな石柱の立つ城山に到着だ。ここまで新神戸方向から登ってくる人たちも結構いるようだ。山頂周辺には広く平らな場所が随所にあり、確かに城があったのだなと実感させる。ここからはもっぱら下り基調の道となり、どんどん下ってゆくと、木々の合間から布引ハーブ園が対面に眺められる地点に来る。そしてハーブ園のロープウエイをくぐって下れば、右手に新神戸駅の長細い屋根が唐突に現れ、この山行もフィナーレを迎える。
今日は、いかりのマークと神戸市章の頂を踏み、ようやく神戸市民としてのみそぎを果たした意義ある時となった。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:80人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

急登 三角点 山行 道標 モミ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ