また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3898668 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 奥秩父

金峰山(絶景の稜線山歩(さんぽ)を堪能!瑞牆山荘近くの県営無料駐車場から往復)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2022年01月08日(土) [日帰り]
メンバー
天候快晴!
AM 5:00 駐車場−8℃位
AM 6:30 鷹見岩−10℃位
AM 9:15 山頂−5℃位
アクセス
利用交通機関
車・バイク
瑞牆山荘近くの県営無料駐車場を利用(100台位駐車可能)
朝5:00ころ到着時、先行者さんは5台。下山時は25台に増えていました!
黒森側の本谷釜瀬林道からアクセス。標高が上がるにつれて圧雪された雪道に変化(゜_゜)
駐車場手前約100mの緩やかな登り坂はこの日は酷く凍結しておらず当方スタッドレスタイヤ装着のFFミニバンで問題なく到着できました。今後天候により状況が大幅に変わると思われます。
登山ポストは瑞牆山荘と富士見平小屋にありました。
なお瑞牆山荘脇にある屋外トイレは冬季閉鎖中。富士見平小屋のトイレは利用可能でした(協力金 ¥100)
経路を調べる(Google Transit)
GPS
08:11
距離
15.4 km
登り
1,343 m
下り
1,326 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間30分
休憩
2時間40分
合計
8時間10分
S県営無料駐車場05:1405:25富士見平林道交差05:3105:41富士見平林道終点05:4205:44富士見平湧水05:4905:52富士見平小屋05:5406:24鷹見岩分岐06:2506:35鷹見岩07:1307:20鷹見岩分岐07:26大日小屋07:2907:45大日岩07:4907:53トッコ岩07:5408:38砂払いノ頭08:4408:51千代の吹上08:5209:00金峰山小屋分岐09:0309:20五丈石09:24金峰山09:3310:07金峰山10:1410:16五丈石10:5711:11金峰山小屋分岐11:1511:19千代の吹上11:2211:23砂払いノ頭11:3111:54トッコ岩11:59大日岩12:0112:15大日小屋12:2012:27鷹見岩分岐12:52富士見平小屋12:5412:55富士見平湧水12:5813:00富士見平林道終点13:07富士見平林道交差13:1213:24県営無料駐車場13:24ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
道の状況は2022年1月8日(土)の状況です。
●駐車場〜富士見平小屋
所々雪が付いていましたが地面が露出している部分が多くありました。富士見平小屋手前は短い距離ですが完全な雪道になっていました。
●富士見平小屋〜鷹見岩分岐〜鷹見岩
富士見平小屋と鷹見岩分岐の中間位から完全な雪道になります。鷹見岩への道は今回積雪が少ないのでシャクナゲの枝攻撃で難儀する部分が少なく感じました(それでもザックに付けていたピッケルが引っかかって四つん這いで通過せざるを得ない部分がありましたが。。。(-_-;))
●鷹見岩分岐〜砂払ノ頭
圧雪された雪道の上に一昨日(?)降ったと思われるパウダー状の粉雪が乗っていてコンディションは良好。快適な雪上ハイクが楽しめます!やや急な坂道を登ると稜線に乗り上げます(樹林帯でも強い風を感じるようでしたら稜線手前で要防寒対策)
●砂払ノ頭〜金峰山
絶景の稜線歩きが楽しめます!千代ノ吹上周辺は山梨側が鋭く切れ落ちているので風が強い時や濃霧時は転落に要注意!
その他周辺情報今回立ち寄っていませんが増富の湯を利用される方が多いですね。ぬる目のお湯がお好きな方にはおススメ!
中央自動車道 須玉インターの目の前にローソンがあります。
過去天気図(気象庁) 2022年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター ネックウォーマー バラクラバ 毛帽子 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー アイゼン ピッケル 昼ご飯 行動食 飲料 水筒(保温性) 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル カメラ

写真

鷹見岩でのモルゲンを期待して暗闇スタート(^^;)
(看板の左奥の踏み跡へ)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷹見岩でのモルゲンを期待して暗闇スタート(^^;)
(看板の左奥の踏み跡へ)
3
富士見平小屋を通過
ここでチェーンスパイクを装着しましたが少し早かったかな!?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見平小屋を通過
ここでチェーンスパイクを装着しましたが少し早かったかな!?
2
シャクナゲの「枝攻撃」をかわして鷹見岩に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャクナゲの「枝攻撃」をかわして鷹見岩に到着
6
良い感じに空が染まり始めている(^^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良い感じに空が染まり始めている(^^)
15
整然と並ぶ南アルプス
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
整然と並ぶ南アルプス
5
中央アルプスと御嶽山
(ヴィーナスベルトが美しい)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央アルプスと御嶽山
(ヴィーナスベルトが美しい)
5
この後目指す金峰山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この後目指す金峰山
3
モルゲンに染まる上河内岳・聖岳・赤石岳・荒川三山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モルゲンに染まる上河内岳・聖岳・赤石岳・荒川三山
7
農鳥岳・間ノ岳・北岳
(手前に鳳凰三山)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
農鳥岳・間ノ岳・北岳
(手前に鳳凰三山)
8
仙丈ケ岳・甲斐駒ヶ岳・鋸岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙丈ケ岳・甲斐駒ヶ岳・鋸岳
9
遥か遠くに後立山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遥か遠くに後立山
3
すばらしいモルゲンショーでした♪
最後に富士山を眺めて鷹見岩を後にします
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すばらしいモルゲンショーでした♪
最後に富士山を眺めて鷹見岩を後にします
15
かわいらしい鳴き声に視線を向けるとコガラがひっそりと
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かわいらしい鳴き声に視線を向けるとコガラがひっそりと
8
重厚な大日岩を見上げて(゜o゜)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
重厚な大日岩を見上げて(゜o゜)
2
コメツガやシラビソの美しい樹林帯を抜けると!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コメツガやシラビソの美しい樹林帯を抜けると!
1
大絶壁の千代ノ吹上
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大絶壁の千代ノ吹上
3
凍結していると大変な鎖場も今日はラクラク通過
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凍結していると大変な鎖場も今日はラクラク通過
2
風が穏やかでのんびり景色を堪能
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風が穏やかでのんびり景色を堪能
3
四阿山・浅間山・本白根山・志賀高原方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四阿山・浅間山・本白根山・志賀高原方面
5
奥白根山や男体山など遠く日光方面まで見えた!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥白根山や男体山など遠く日光方面まで見えた!
2
風の芸術きれいなシュカブラ(^^♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風の芸術きれいなシュカブラ(^^♪
7
ゆっくりゆっくり景色を眺めて
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゆっくりゆっくり景色を眺めて
2
目指す五丈石が近づいてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指す五丈石が近づいてきた
5
スタートから4時間ほどで金峰山に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタートから4時間ほどで金峰山に到着
6
この時期としては珍しくほぼ無風の山頂!
ゆっくり山座同定も楽しめました(^^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時期としては珍しくほぼ無風の山頂!
ゆっくり山座同定も楽しめました(^^)
2
一段登ってお団子標識から変わって新しい標識
(見た目は木製ですが軽く叩いたら金属製でしたw)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一段登ってお団子標識から変わって新しい標識
(見た目は木製ですが軽く叩いたら金属製でしたw)
5
アニマルトレースに誘われて少し先の賽の河原まで散策
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アニマルトレースに誘われて少し先の賽の河原まで散策
3
まだまだ小さなシュカブラを眺めながらテクテクと
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ小さなシュカブラを眺めながらテクテクと
3
左に小さく両神山から三宝山・甲武信ヶ岳・木賊山、朝日岳を挟んで国師ヶ岳・北奥千丈岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左に小さく両神山から三宝山・甲武信ヶ岳・木賊山、朝日岳を挟んで国師ヶ岳・北奥千丈岳
1
所々踏み抜き(膝上くらい)もあり少し難儀しながら山頂に戻ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々踏み抜き(膝上くらい)もあり少し難儀しながら山頂に戻ります
4
山頂標識の少し上、一番高い(と思われる)岩の上から五丈石と南アルプスの眺望!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂標識の少し上、一番高い(と思われる)岩の上から五丈石と南アルプスの眺望!
4
五丈石の風下側で贅沢な景色を眺めながらランチタイム
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五丈石の風下側で贅沢な景色を眺めながらランチタイム
7
白峰三山
(農鳥岳の左側に塩見岳も)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白峰三山
(農鳥岳の左側に塩見岳も)
4
仙丈・甲斐駒・鋸
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙丈・甲斐駒・鋸
4
中央アルプス 空木岳〜木曽駒ヶ岳方面と御嶽山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央アルプス 空木岳〜木曽駒ヶ岳方面と御嶽山
2
ランチ後は八ヶ岳を眺めて一枚自撮りで!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ランチ後は八ヶ岳を眺めて一枚自撮りで!
11
立山・剱岳・爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳・五竜岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山・剱岳・爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳・五竜岳
2
五丈石様にお願い事をいくつかして下山開始
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五丈石様にお願い事をいくつかして下山開始
4
最後に大日岩から金峰山を眺めてこの地を後にしました(^_^)/
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後に大日岩から金峰山を眺めてこの地を後にしました(^_^)/
2

感想/記録

新年初登りは3年ぶりに金峰山へ!
この3連休の天気予報とニラメッコして風の穏やかそうな連休初日に眠い目を擦っていざ決行(^○^)
今回も安定の(?)鷹見岩で南アルプスなどのモルゲンショーを眺める計画にしましたが出発が遅れたので自分比お急ぎモードで取り戻し無事にモルゲンに染まる山並みを撮影する事が出来ました♪
本当は山頂で御来光とセットで眺めるのがベストなのしょうが今の自分にはこれが精いっぱい。。。
大日岩・砂払ノ頭と順調に歩を進め待望の稜線歩きでは快晴・微風で極上の景色を眺める事ができた!
最後は五丈石様に様々なお願い事をしてこの地を後にしました(^o^)/
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:446人

コメント

hajime1106さん、こんばんわ。night
あけましておめでとうございます。happy02今年もよろしくお願いします。snow
金峰山は名峰が沢山見えて素晴らしい展望の山ですね。
モルゲンの富士山は年賀状の裏面の絵に出てきそうなぐらい綺麗ですlovely
いつか山頂ご来光できると良いですね。
今年も美しい景色を求めて安全第一無理せずお山を楽しみましょうnote
2022/1/9 22:25
ship18さん コメントいただきありがとうございますm(__)m
本年もよろしくお願いいたします
自宅から比較的近く高山気分を味わえるお山で様々な名峰のモルゲンロートにウットリそして快適な稜線歩きを堪能してきました
過去数回同時期に訪れていますがとにかく今回は風が穏やかで風下側の日向では寒さを全く感じない「本当に1月の金峰山?」と思えるほどでついつい景色を眺めながら山頂付近で長居してしまいました
厳冬期装備で臨んだにもかかわらずあまりの寒さで山頂から逃げるように下山した時もあったくらいでしたから今回は天国のようでしたw
まだまだ続く雪山シーズンsign01冬ならではの絶景を求めて無理なく怪我無くで楽しみたいですね
それでは〜dash
2022/1/10 8:57
はじめまして。
投稿拝見しました。
金峰山へ行こうと計画しているのですが、駐車場へはノーマルタイヤでも行けそうでしょうか?
1/8の状況で構いませんので教えていただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。
2022/1/10 11:28
ayatokenminさん こんにちは!
ご質問の件ですがやはりこの時期、ノーマルタイヤのみでは無理があるのではないかと思います(^^;)(タイヤチェーンを装着すれば断言はできませんがおそらく大丈夫ではないかと??)
ayatokenminさんがどのくらい雪道に慣れておられるかわかりませんが黒森側から向かった場合、瑞牆山荘の手前2km位からは完全な圧雪路になっていて当方FFミニバンスタッドレスタイヤ装着でしたが登り坂で少しアクセルを強めに踏むとわずかにタイヤが空転する状態でした。その手前にも沢水が車道を横断している部分が凍結していましたので特に暗い時間帯に通過する際は注意が必要と感じました。
仮に駐車場まで登り詰めたとしても問題は帰りの下り坂になると思われます。一度滑り出してしまうと・・・考えるだけでも恐ろしいですね(・_・;)
ちなみにこの日は通っていませんが増冨温泉側の林道は日影が多く黒森側からの林道よりも条件が悪いのではないかと予想されました。
以前(車の条件は今回と一緒で)増冨温泉側からアクセスした事がありましたが途中凍結した傾斜のあるカーブで進むことができなくなり念のため装備していたチェーンを装着して難を逃れた経験があるのでそれ以来増冨温泉側からはアクセスしなくなっちゃいました(^^ゞ
雪道に不慣れな自分が生意気言ってしまっているかもしれませんがどうぞ安全第一で計画されて下さい(^^)
それでは〜dash
2022/1/10 15:44
hajime1106さん
ご丁寧にお返事ありがとうございます!
やはりノーマルタイヤでは厳しいですか、、、泣
雪道は経験ないのでやめておきます。
山に行きたくてウズウズしているので他の山を検討します。

hajime1106さんもお怪我のないようにお気をつけください!
ありがとうございました😊




2022/1/11 20:32
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ