また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3925805 全員に公開 アルパインクライミング 八ヶ岳・蓼科

中山尾根とアイスキャンディー

情報量の目安: S
-拍手
日程 2022年01月15日(土) ~ 2022年01月16日(日)
メンバー , その他メンバー2人
天候1/15 晴れ→高曇り、1/16 晴れ→昼頃から曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
・車は赤岳山荘の駐車場に駐車しました。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
12:52
距離
12.4 km
登り
1,123 m
下り
1,093 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち64%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
10時間21分
休憩
1時間25分
合計
11時間46分
S赤岳山荘04:5505:46堰堤広場06:38赤岳鉱泉07:4708:10中山乗越08:1709:56中山尾根1P目取付到着時刻10:18中山尾根登攀開始時刻12:38中山尾根3P目取付到着時刻14:47中山尾根8P目終了点到着時刻15:15中山尾根9P目終了点到着(一般登山道に合流)時刻15:44地蔵の頭15:4516:14行者小屋16:2116:27中山乗越16:2816:41赤岳鉱泉
2日目
山行
1時間26分
休憩
4時間6分
合計
5時間32分
赤岳鉱泉でアイスキャンディー受付08:3009:00赤岳鉱泉アイスキャンディー13:0013:02赤岳鉱泉出発時刻13:29堰堤広場13:3514:02ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
▶登山ポスト、トイレ、水場、山小屋などの情報はネットにあふれているので省略します。

▶ルート状況(2022年1/15現在のものです。)

◆アプローチ
・赤岳山荘から赤岳鉱泉の道には雪がありましたが氷ってるところは無かったのでアイゼン等は付けずに歩けました。
・赤岳鉱泉で登攀装備に換装して中山尾根へ向かいました。
・中山乗越からは樹林帯を抜けるまでラッセルでした。薄いトレースがあるところは膝ラッセルでしたがトレースが無くなっているところ(吹き溜まって?)は股下から腰上ラッセルでした。
・樹林帯を抜けるとラッセルは終わり正面に下部岩壁が見えるのでそこで休憩&ロープをザックから出しておきリッジを歩いて1P目の取付まで歩きました。

◆中山尾根(2級下 +)(ルートグレードは参考にした最新のトポ図からで、あとは個人的な感想です。)

【全体を通して】
・大同心北西稜や小同心クラック、赤岳西壁主稜と比べると岩はしっかりしている印象でした。
・中山尾根は難しめというレポも見ましたが実際に登ってみた感想としては難しく感じませんでした。

【1P 右の凹状壁 40m +】(リード)
・スタートは右に下がって凹角に入りこれを左上するようですが、右下への下降は急斜面にやわらかい雪が付いて悪かったので壁の正面から取付きました。その後凹角内を登ろうと壁を右へと移動しましたが凹角内は雪が付いて登りにくそうだったのでそのまま凹状左の壁の簡単そうなところを適当に登りました。(フォローの2人は出だしの登りで苦戦してました。)
・凹角を抜けたところにピッチを切れるハンガーが2つありましたがそのまま頭上の凹角も継続して登り上のスリングが巻かれた灌木で終了点を構築しました。
・ハンドジャムが効くところが2箇所ありゆっくり休めて楽できました。

【2P 雪稜 200m】(コンテ)
・吹き溜まりのところはラッセルでした。
・雪と岩のミックス帯は慎重に登りました。
・終了点はハンガー2つ。

【3P 右の凹状壁 40m +】(リード)
【4P ハングの乗越 20m +】(リード)
・3P目と4P目は繋げて登りました。
・今回はハングを乗越したところのハンガー2つでピッチを切りましたがそこまではロープスケルで30mぐらいだったと思います。(ハング乗越の直下にハンガー2つと今回ピッチを切ったその先10〜15m進んだところに終了点にできる残置支点が2つあったので、好きなところでピッチを切ってもいいと思います。)
・3P目は階段状で易しい、4P目のハングの乗越もホールドやスタンスが豊富で問題なく登れました。
・4P目のハングの乗越は残置中間支点が豊富にありました。

【5P 岩混じりの雪稜 40m】(コンテ&リード)
・コンテとリードで登りました。
・コンテで登っていた途中にハンガー1つと残置ハーケン1つの終了点にできるところがあったのでそこが5P目終了点だと思いこみピッチを切りました。フォローの2人と相談すると疲れたし時間もかかっているのでトポ6P目はフェースを登らず草付を巻きたいと言うのでフェースは登らずに左の草付から回り込みピナクル上を目指しました。が、そこはまだ岩混じりの雪稜の区間で少し登るとハンガー2つの終了点がありました。

【6P フェースからピナクルへ 30m 掘曄淵蝓璽鼻
・仕切り直して6P目、フェースも難しそうには見えませんでしたがフォローの2人の意見を聞き入れ岩壁を左から回り込み草付を登りピナクル上に抜けました。
・終了点はピナクル裏側にハンガーが2つ。

【7P リッジからバンドを右へ 40m 供曄淵侫蝓次
・6P目終了点でロープを片付けてフリーで歩き稜線へでました。
・バンドには雪が有りましたが雪は締まっていたので問題なく歩けました。
・三連トサカ(后)か凹角の直上(+)でダイレクトに日ノ岳まで登ってみたかったですが、ここまで時間がかかってましたしフォローの2人はお疲れのようだったのでバンドを右へトラバースして一般登山道に合流しました。

◆下降
・7P終了点から一般登山道に合流して横岳〜赤岳の縦走路を歩いて地蔵の頭から行者小屋まで地蔵尾根を下降し、中山乗越を経由して赤岳鉱泉まで下山しました。

◆アイスキャンディー
・全面登れる状態でした。
・詳しくは赤岳鉱泉のホームページを参照してください。
過去天気図(気象庁) 2022年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 雪山テント泊装備1式 アルパイン用クイックドロー×3 120cmダイニーマソウンスリング×1 アイスアックス×2 その他登攀装備1式
共同装備 ツエルト ファーストエイドキット 50mダブルロープ×2 ハーケン×2 ワートホッグ×1 ボールナッツ×4 240cmダイニーマソウンスリング×1 4〜5人用テント たわし 9.5mm60mシングルロープ×1 トップロープ支点構築用のダイニーマソウンスリング×2とロックカラビナ×2

写真

1/15、赤岳山荘の駐車場を出発
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1/15、赤岳山荘の駐車場を出発
1
北沢を歩いて赤岳鉱泉へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北沢を歩いて赤岳鉱泉へ
テント幕営して登攀装備に換装して中山尾根へ出発
2022年01月15日 07:47撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント幕営して登攀装備に換装して中山尾根へ出発
1
中山乗越に到着
2022年01月15日 08:10撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中山乗越に到着
ここからラッセル
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからラッセル
2
Aさんに先頭を代わってもらいます
2022年01月15日 08:27撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Aさんに先頭を代わってもらいます
再び先頭でラッセル
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び先頭でラッセル
1
樹林帯が終わり下部岩壁が見えました
2022年01月15日 09:40撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯が終わり下部岩壁が見えました
1
中山尾根1P目取付に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中山尾根1P目取付に到着
1
正面から登りますかね?
2022年01月15日 09:56撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面から登りますかね?
1
簡単なところがいいという事で右下へ下りてみますが支点は見えないし足場が悪いのでここからの登攀は却下
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
簡単なところがいいという事で右下へ下りてみますが支点は見えないし足場が悪いのでここからの登攀は却下
1
壁正面から取付いて右上して凹角の方へ登ることにしました
2022年01月15日 10:18撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
壁正面から取付いて右上して凹角の方へ登ることにしました
2
凹角内は雪が付いて登りにくそうなのでそのまま凹角左の簡単なところを適当に登っていきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凹角内は雪が付いて登りにくそうなのでそのまま凹角左の簡単なところを適当に登っていきます
3
凹角を抜けたところにハンガーが2つありピッチを切れますがロープに余裕があったのでそのまま頭上の凹角も繋げて登りました
2022年01月15日 10:36撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凹角を抜けたところにハンガーが2つありピッチを切れますがロープに余裕があったのでそのまま頭上の凹角も繋げて登りました
上の凹角を抜けたところにあるスリングが巻いてある灌木で終了点を構築しました
2022年01月15日 10:51撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上の凹角を抜けたところにあるスリングが巻いてある灌木で終了点を構築しました
2
上の凹角を登ってくるHさん
2022年01月15日 11:12撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上の凹角を登ってくるHさん
2
フォローの2人にはそのまま終了点から上の安定したところまで登ってもらいビレイ解除しました
2022年01月15日 12:07撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フォローの2人にはそのまま終了点から上の安定したところまで登ってもらいビレイ解除しました
上部岩壁まで雪稜を登る
2022年01月15日 12:21撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上部岩壁まで雪稜を登る
雪と岩のミックス帯もコンテで登る
2022年01月15日 12:24撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪と岩のミックス帯もコンテで登る
1
コンテで登ります
2022年01月15日 12:32撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コンテで登ります
3
上部岩壁まで登ってきました
2022年01月15日 12:36撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上部岩壁まで登ってきました
1
凹角を左上する
2022年01月15日 12:38撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凹角を左上する
ハングを乗越したところにあるハンガー2つでピッチを切りました
2022年01月15日 13:12撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハングを乗越したところにあるハンガー2つでピッチを切りました
1
4P目終了点から下を見る
2022年01月15日 13:12撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4P目終了点から下を見る
Aさんが登ってきます
2022年01月15日 13:24撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Aさんが登ってきます
1
Aさんが登ってきます
2022年01月15日 13:25撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Aさんが登ってきます
4P目終了点でビレイ中
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4P目終了点でビレイ中
3
ここでもフォローの2人にはそのまま終了点から上の安定したところまで登ってもらいビレイ解除しました
2022年01月15日 13:51撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでもフォローの2人にはそのまま終了点から上の安定したところまで登ってもらいビレイ解除しました
2
岩混じりの雪稜
2022年01月15日 14:03撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩混じりの雪稜
コンテで登ります
2022年01月15日 14:03撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コンテで登ります
2
ここが5P目の終了点だと思いこみピッチを切りコンテからスタカットに切り替えて登りましたがまだ岩混じりの雪稜の区間でした・・
2022年01月15日 14:17撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが5P目の終了点だと思いこみピッチを切りコンテからスタカットに切り替えて登りましたがまだ岩混じりの雪稜の区間でした・・
上を登らず
2022年01月15日 14:17撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上を登らず
左から巻いて
2022年01月15日 14:17撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左から巻いて
草付を登ると
2022年01月15日 14:18撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草付を登ると
ここが5P目の終了点でした
2022年01月15日 14:24撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが5P目の終了点でした
1
上を登らず
2022年01月15日 14:24撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上を登らず
左から巻いて草付を登ると
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左から巻いて草付を登ると
1
三連トサカに
2022年01月15日 14:46撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三連トサカに
3
右へのトラバース道を確認できました
2022年01月15日 14:47撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右へのトラバース道を確認できました
ピナクル裏に6P目終了点
2022年01月15日 14:47撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピナクル裏に6P目終了点
5
登ってみたかった三連トサカ
2022年01月15日 15:09撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってみたかった三連トサカ
7
登ってみたかった凹角直上
2022年01月15日 15:10撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってみたかった凹角直上
今回は右へトラバースして一般登山道へ
2022年01月15日 15:11撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は右へトラバースして一般登山道へ
1
一般登山道から6P目終了点を見る
2022年01月15日 15:14撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一般登山道から6P目終了点を見る
トラバース中のAさん
2022年01月15日 15:14撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバース中のAさん
1
地蔵の頭を目指して歩く
2022年01月15日 15:43撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵の頭を目指して歩く
2
地蔵の頭から地蔵尾根を下る
2022年01月15日 15:44撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵の頭から地蔵尾根を下る
3
行者小屋まで下山完了
2022年01月15日 16:14撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋まで下山完了
1
中山乗越を通過して
2022年01月15日 16:28撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中山乗越を通過して
赤岳鉱泉まで下山しこの日の登山終了
2022年01月15日 16:41撮影 by COOLPIX W150, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉まで下山しこの日の登山終了
2
1/16はアイスキャンディーでアイスクライミング
2022年01月16日 12:58撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1/16はアイスキャンディーでアイスクライミング
4
アイスは早めに切り上げて赤岳山荘でローストビーフ丼
2022年01月16日 14:38撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイスは早めに切り上げて赤岳山荘でローストビーフ丼
3
2人はユッケ丼
2022年01月16日 14:38撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2人はユッケ丼
3

感想/記録

Hさんから泊りでの山行リクエストがあったので計画を練る。雪稜好きメンバーとなったのでどこかの雪山も考えましたが今年は積雪量が多くまだ雪も締まってないので1泊2日では大きな山は登れず敗退になりそうなので今回は八ヶ岳でアルパインとアイスにしてみました。
Climbing‼

ヾ響

・中山乗越から樹林帯を抜けるまではラッセルで時間がかかりました。久しぶりに腰まで潜りました!!

・中山尾根は初見だったのでピッチを切る場所を間違ったところもありました。途中の雪稜や岩混じりの雪稜はコンテで登るのですがフォローの2人は経験が浅くスタカットにしてビレイした方が安全かな?と思い間違った終了点でピッチを切って時間がかかりすぎました。

・中山尾根は全リードで登ってみましたがそこまで難しくは感じませんでした。フォローの2人も時間はかかりましたが何とか登ってきてました。

・中山尾根7P目は三連トサカか凹角を直上して日ノ岳へダイレクトに登りたかったのですが、そこまでの登攀で時間がかかっていたしフォローの2人はお疲れのようだったので今回は右へトラバースして一般登山道に合流して終了としました。

・アイスキャンディーは賑わってました。朝一に受付していた人たちの中では最後にロープをセットしにいったので登るラインは空いてるところを適当に選びましたが、ロープをセットして下りてみるとHさんとAさんの練習にはちょっと難しいラインになってました。位置をずらすのも面倒なのでそのままそこを登りました(笑)2人の練習に熱が入り結局私は4本しか登りませんでしたがアックスにぶら下がる感覚を思い出せて良かったです。(4本のうち2本を最後に連続で登りましたがこのぐらいの氷ではパンプしませんね(笑))

反省

・特にありません。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:484人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ