また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3938088 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 丹沢

蛭ヶ岳(ガータゴヤの滝を眺める山旅!黍殻山登山口駐車場から周回)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2022年01月22日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々曇り
気温は手元の温度計で以下の通り
AM5:00 黍殻山登山口駐車場 −4℃位
AM7:00 姫次 −8℃位
AM9:00 ガータゴヤの滝 −6℃位
AM11:00 蛭ヶ岳 −4℃位(微風でゆっくりランチ休憩)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
黍殻山登山口駐車場
AM4:45頃到着時ゲート右奥の駐車スペース(詰めて停めれば5台)は蛭ヶ岳山荘小屋番さんの車1台のみ。その後すぐに1台いらっしゃいました(下山時には5台で満車!)
その他周辺にはゲート手前に1台と少し下った所に詰めれば5台位停められそうなスペースと1〜2台停められそうなスペースが所々にありますがなるべく早い到着が良さそうです。
少し遠くなりますが青根「みはらしの丘」先に5〜6台・青根小学校(廃校)の前にも10台位の駐車スペースあり
尚、駐車スペース周辺にトイレ・自販機はありません(自分は東野バス停近くにある諏訪神社さまの「青根公衆便所」をお借りいたしましたm(__)m尚、男子トイレの(大)は使用停止でした)
経路を調べる(Google Transit)
GPS
09:01
距離
19.1 km
登り
1,728 m
下り
1,717 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち61%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
道の状況は2022年1月22日(土)の状況です。
●黍殻山登山口駐車場〜「八丁坂コース」経由〜姫次
一般登山道の為、危険個所・道迷いの心配はありません(積雪なし)
●姫次〜ガータゴヤの滝
道標のないバリエーションルートです!(「東丹沢登山詳細図」に記載のないルート)踏み跡は皆無に近いです(-_-;)たまに薄い踏み跡や人が通った痕跡が僅かに残っている程度の道です!GPS・詳細図・コンパスをこまめに確認して進みました。標高1320mあたりからは徐々に傾斜がキツクなりますのでチェーンスパイクの装着を推奨します。ガータゴヤの滝に降り立つ標高差50m位の急斜面がこのコースの核心部になるでしょうか?ガレ・ザレ・落ち葉で非常に滑りやすく細心の注意を払いながら下降しました(通行の支障になる積雪なし)
●ガータゴヤの滝〜市原新道合流点〜蛭ヶ岳
ガータゴヤの滝からはいきなりの急登です(^^ゞ標高差で100m位はガレ・ザレ・落ち葉の蓄積する道(?)を転落に注意しながら進みます。その後もそこそこの急斜面を登り詰めると市原新道に合流です。合流後しばらくは比較的平和な道が続きますが標高1500mを超えるあたりからはキツイ急登になります!(標高1450m位からは完全な雪道になり雪質はウインドクラスト。基本くるぶし程度の深さですが吹き溜まりでは膝下位)
●蛭ヶ岳〜姫次〜「釜立沢コース」経由〜黍殻山登山口駐車場
一般登山道の為、道迷いの心配はありませんが「釜立沢コース」は浮石の上に落ち葉が堆積している所が多いのでスリップに注意。終盤崩落箇所を通過しますがロープが設置されているので適宜利用して通過すれば大丈夫だと思います(蛭ヶ岳直下の木階段には凍結箇所がありましたのでスリップ注意!その後地蔵平周辺まで所々積雪有りますが避けて通れば問題ないと思います)
その他周辺情報昨今の情勢により寄り道は一切せず直行直帰を徹底
過去天気図(気象庁) 2022年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ゲイター 毛帽子 着替え 予備靴ひも ザック ザックカバー チェーンスパイク ダブルストック 昼ご飯 行動食 飲料 水筒(保温性) ライター 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 GPS コンパス ファーストエイドキット 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル カメラ ヘルメット

Myアイテム  

hajime1106 重量:-kg

写真

お初となるガータゴヤの滝を目指して暗闇スタート!
2022年01月22日 05:02撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お初となるガータゴヤの滝を目指して暗闇スタート!
5
八丁坂ノ頭付近でちょっと待っていたら出てきました(^^♪
2022年01月22日 06:38撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八丁坂ノ頭付近でちょっと待っていたら出てきました(^^♪
5
すばらしい夜明け!
2022年01月22日 06:40撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すばらしい夜明け!
13
なんか歪な形の太陽だったw
2022年01月22日 06:41撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんか歪な形の太陽だったw
14
蛭ヶ岳をアップで!
(この後急登に喘ぐ市原新道上部も確認できますね)
2022年01月22日 06:51撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳をアップで!
(この後急登に喘ぐ市原新道上部も確認できますね)
9
染まる山肌を堪能して♪
2022年01月22日 06:57撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
染まる山肌を堪能して♪
5
東海自然歩道最高地点に鎮座するブナの巨木
2022年01月22日 07:05撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東海自然歩道最高地点に鎮座するブナの巨木
10
朝の斜光に輝く蛭ヶ岳から檜洞丸の美しい山並み
2022年01月22日 07:10撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝の斜光に輝く蛭ヶ岳から檜洞丸の美しい山並み
6
同角・檜洞・御正体・大室山を従えた富士山クッキリ(^^♪
2022年01月22日 07:10撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同角・檜洞・御正体・大室山を従えた富士山クッキリ(^^♪
8
富士山アップで!
2022年01月22日 07:11撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山アップで!
17
それではガータゴヤの滝目指して姫次をハリキッて出発〜
2022年01月22日 07:22撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それではガータゴヤの滝目指して姫次をハリキッて出発〜
3
しかし、いきなりフトノノ尾根方面に進んでしまい軌道修正してこちらから西側斜面沿いを進みます(GPS軌跡参照w)
2022年01月22日 07:30撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかし、いきなりフトノノ尾根方面に進んでしまい軌道修正してこちらから西側斜面沿いを進みます(GPS軌跡参照w)
3
途中開けた所から檜洞丸と富士山
(なんか怪しい雲が湧いてきたねぇ〜(^^;))
2022年01月22日 07:44撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中開けた所から檜洞丸と富士山
(なんか怪しい雲が湧いてきたねぇ〜(^^;))
6
途中少しだけピンクテープもあり
2022年01月22日 08:02撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中少しだけピンクテープもあり
2
馬酔木の枝攻撃や支尾根の誘いに惑わされながらなんとか原小屋沢の流れが近づいてきた(゜o゜)
2022年01月22日 08:32撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬酔木の枝攻撃や支尾根の誘いに惑わされながらなんとか原小屋沢の流れが近づいてきた(゜o゜)
6
ここにもピンクテープあり!
写真右方向に進まず左鋭角(道型あり)に進みました
2022年01月22日 08:34撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにもピンクテープあり!
写真右方向に進まず左鋭角(道型あり)に進みました
2
滝の方向を意識して足元を確保できそうな所を探しながら高度を下げて行きます
(仮に落ちたとしても木の幹などに引っかかって止まる可能性が高い所を選んで下降(汗))
2022年01月22日 08:34撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝の方向を意識して足元を確保できそうな所を探しながら高度を下げて行きます
(仮に落ちたとしても木の幹などに引っかかって止まる可能性が高い所を選んで下降(汗))
3
薄い踏み跡を辿り倒木の左側を通過
2022年01月22日 08:41撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薄い踏み跡を辿り倒木の左側を通過
2
写真中央右の倒木の左側を通過して滝のたもとに無事着陸!
2022年01月22日 08:48撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真中央右の倒木の左側を通過して滝のたもとに無事着陸!
4
やっと着いたよ〜!
秘境 ガータゴヤの滝
2022年01月22日 08:53撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと着いたよ〜!
秘境 ガータゴヤの滝
27
寒々しい景観を堪能
2022年01月22日 08:53撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寒々しい景観を堪能
11
水しぶきがスゴク冷たい!
2022年01月22日 08:55撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水しぶきがスゴク冷たい!
8
すばらしい氷の芸術
2022年01月22日 08:56撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すばらしい氷の芸術
11
広角レンズに換装して滝全景を!
2022年01月22日 09:00撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広角レンズに換装して滝全景を!
15
しばし堪能中w
2022年01月22日 09:10撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばし堪能中w
13
一段上によじ登ってみた
2022年01月22日 09:18撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一段上によじ登ってみた
9
滝の落口
2022年01月22日 09:18撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝の落口
4
いずれ全面氷結するのだろうか?
2022年01月22日 09:19撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いずれ全面氷結するのだろうか?
8
こちらの小滝は見事に氷結
2022年01月22日 09:20撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらの小滝は見事に氷結
6
完全に氷結した姿も見てみたいですね
2022年01月22日 09:27撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
完全に氷結した姿も見てみたいですね
9
滝を見物後は市原新道を目指して急登をガンバリます(^^;)
2022年01月22日 09:42撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝を見物後は市原新道を目指して急登をガンバリます(^^;)
3
こちらもお初の市原新道
なかなかの美尾根だ
2022年01月22日 10:00撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらもお初の市原新道
なかなかの美尾根だ
7
標高1500mを超えたあたりから急登と積雪でなかなか前に進まなくなり。。。
2022年01月22日 10:22撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1500mを超えたあたりから急登と積雪でなかなか前に進まなくなり。。。
4
少しでも歩き安そうな所を探しながら高度を稼ぎます
2022年01月22日 10:28撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しでも歩き安そうな所を探しながら高度を稼ぎます
3
八ヶ岳と金峰山が見えてきた!
編笠山の左裾には遠く奥穂高岳が♪
2022年01月22日 10:35撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳と金峰山が見えてきた!
編笠山の左裾には遠く奥穂高岳が♪
8
頭上を見上げると今日は期待していなかった霧氷が付いてる〜(^○^)
2022年01月22日 10:36撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頭上を見上げると今日は期待していなかった霧氷が付いてる〜(^○^)
11
美しい〜!
急登をガンバってきたご褒美
2022年01月22日 10:36撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美しい〜!
急登をガンバってきたご褒美
10
そろそろ蛭ヶ岳の山頂も近い
2022年01月22日 10:38撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そろそろ蛭ヶ岳の山頂も近い
6
繊細な霧氷に青く輝く宮ケ瀬湖
2022年01月22日 10:40撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
繊細な霧氷に青く輝く宮ケ瀬湖
18
だんだんと山頂でくつろぐ登山者さんの声が聞こえてきた!
2022年01月22日 10:47撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だんだんと山頂でくつろぐ登山者さんの声が聞こえてきた!
3
出発から6時間近く掛かってようやく蛭ヶ岳山頂に到着(^^♪
2022年01月22日 10:49撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出発から6時間近く掛かってようやく蛭ヶ岳山頂に到着(^^♪
14
霧氷を眺めながらベンチをお借りしてエネルギー補給
2022年01月22日 11:12撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷を眺めながらベンチをお借りしてエネルギー補給
8
富士山と南アルプスはガスってたけどなかなか見れない奥穂高岳は見えました(^^)v
2022年01月22日 11:18撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山と南アルプスはガスってたけどなかなか見れない奥穂高岳は見えました(^^)v
5
それでは下山開始
(霧氷越しに雲取山方面)
2022年01月22日 11:29撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それでは下山開始
(霧氷越しに雲取山方面)
5
やっとガスが晴れて南アルプスが見えてきた(^^)
仙丈ケ岳・鳳凰三山・甲斐駒ヶ岳・鋸岳
2022年01月22日 11:29撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっとガスが晴れて南アルプスが見えてきた(^^)
仙丈ケ岳・鳳凰三山・甲斐駒ヶ岳・鋸岳
6
農鳥岳・間ノ岳・北岳
2022年01月22日 11:37撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
農鳥岳・間ノ岳・北岳
8
聖岳・赤石岳・荒川三山
2022年01月22日 11:37撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聖岳・赤石岳・荒川三山
8
最後は富士山と檜洞丸にお見送りいただきこの地を後にしました〜(^o^)/
2022年01月22日 11:44撮影 by Canon EOS R, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後は富士山と檜洞丸にお見送りいただきこの地を後にしました〜(^o^)/
11
撮影機材:

感想/記録

丹沢バリエーションルートの達人の方々が度々訪れるガータゴヤの滝!
冷え込み厳しいこの時期氷結した姿を期待して道なき道を進みました(^○^)
姫次から滝までは詳細図にも記載されていない完全なるバリエーションルートでしかも支尾根多数!
詳細図に記載されているバリエーションルートをたまに歩く事はありますが自分史上最難関となる今回のコースは一層の緊張感を持って臨みます。
姫次出発直後にフトノノ尾根方向に進んでしまいいきなりのポカ。。。前途多難のスタートになりました(^^;)
馬酔木の枝攻撃を交わし途中何か所か違う尾根に引きずり込まれそうになりながらもGPS・詳細図・コンパスを小まめに確認しながらなんとか目的のガータゴヤの滝に到着(^^)v
始めて見る景色に写真撮りまくりで1時間近く丹沢の秘境を味わう事ができた!
蛭ヶ岳までの道のりもお初のルートで普段とは違った角度で見える景色についつい足が止まり休憩がてらまたまた写真撮影(^^ゞ
山頂でのエネルギー補給後は歩きなれた平和な道で無事下山完了。
未踏バリエーションルートの情報を提供してくださった先人の方々に感謝m(__)m


お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:418人

コメント

初めての沢登が原小屋沢でした30年前は蛭もいなかったしガータゴヤの滝を見たときは『え、丹沢にこんなところあるんだ』と思ったのを覚えてます。氷結するとこんなにきれいなんですね。素敵な写真ありがとうございました。
2022/2/5 19:35
h321さん コメントいただきありがとうございますm(__)m
姫次からは詳細図に記載の無いルートを進みこの時期にしか見れない氷結状態のガータゴヤの滝を堪能することが出来ました。非常に美しく優雅に落ちる滝で次回はルートを変えて紅葉の時期にでも訪れてみたいと思っています!
それでは〜dash
2022/2/6 22:19
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ