また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4165742 全員に公開 山滑走 甲信越

守門岳(袴岳〜大岳) 遠足だな

情報量の目安: S
-拍手
日程 2022年04月10日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)
GPS
10:17
距離
18.0 km
登り
1,368 m
下り
1,361 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.2~1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち39%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間23分
休憩
2時間52分
合計
10時間15分
S冬期除雪終了点05:4307:33大池山08:0309:21藤平山09:2509:59E127010:3211:35守門岳12:3712:44青雲岳12:4713:11網張り13:2113:58大岳14:2514:51保久礼小屋14:5415:58冬期除雪終了点15:58ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【除雪終了点〜藤平山】
・大池山取付きの尾根はグサグサ雪の急登。ツリーホールも多くジグるスペースは限りあり。今回クトーは一度も使わず。
・大池山から先の下り細尾根で雪切れあり。左は急斜面、右はクラック、正面は藪。シールのまま藪突破。

【藤平山〜守門岳(袴岳)】
・E1348過ぎから稜線が狭まり南東側に雪庇。1〜2列のクラックもあるので近寄らない。隠れクラック(落とし穴)もありそう。
・山頂直下は藪。左は急斜面、右はクラック、正面は藪(急登)。シールのまま藪突破。

【守門岳(袴岳)〜大岳】
・袴岳からシールのまま滑走し青雲岳へ登る。
・青雲岳からコル(網張)までシール滑走。最後は藪の急斜面なのでツボでもよかった。
・コルからアイゼンで1360まで登り、大岳までの残りはシールで登った。

【滑走】
・母川左岸(南面)斜面はシワ、クラック多数。雪崩跡、雪玉も無い。今日時点は一応安定している様子。今後の昇温で落ちるでしょう。
・母川底部も雪量豊富だが、E1000m付近で小滝、その後も数ヶ所の穴があり水流が見えている。
・保久礼小屋からの登り返しはスキーを手持ちでツボ。
・長峰付近から先で何となく南に誘い込まれそうな地形。
過去天気図(気象庁) 2022年04月の天気図 [pdf]

写真

おはようございます。
今日はのんびり遠足です。
2022年04月10日 05:38撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おはようございます。
今日はのんびり遠足です。
1
早々におはようSUN。
2022年04月10日 06:28撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早々におはようSUN。
大岳、青雲岳。
2022年04月10日 06:46撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岳、青雲岳。
奥に袴岳。
遠いな〜。
2022年04月10日 07:24撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥に袴岳。
遠いな〜。
大池山でおやつタイム。
先の細尾根。
2022年04月10日 07:34撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大池山でおやつタイム。
先の細尾根。
越後駒ヶ岳しか判らん。
2022年04月10日 07:34撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
越後駒ヶ岳しか判らん。
八海山とか巻機山かな?
2022年04月10日 07:34撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八海山とか巻機山かな?
弥彦山だね。
2022年04月10日 07:34撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥彦山だね。
シールのまま突破する。
2022年04月10日 08:10撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シールのまま突破する。
1
P1027ポコを過ぎるとひらける。
2022年04月10日 08:45撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P1027ポコを過ぎるとひらける。
既にガス欠の人。
2022年04月10日 09:07撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
既にガス欠の人。
とても標高1500mクラスとは思えない。
2022年04月10日 09:18撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とても標高1500mクラスとは思えない。
1
大岳の雪庇が見えた。
2022年04月10日 09:33撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岳の雪庇が見えた。
1
がんばれ。
2022年04月10日 09:35撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
がんばれ。
1
袴岳は見えてからが長いな。
2022年04月10日 09:51撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
袴岳は見えてからが長いな。
1
トレースを振り返る。
2022年04月10日 09:55撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレースを振り返る。
山頂直下の藪のすぐ右にクラックが見える。
2022年04月10日 10:42撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下の藪のすぐ右にクラックが見える。
1
雪庇のクラック。
2022年04月10日 10:55撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇のクラック。
振り返っても、まこっちゃんの姿は見えず。
2022年04月10日 10:59撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返っても、まこっちゃんの姿は見えず。
藪突破。結構難儀した。
2022年04月10日 11:30撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藪突破。結構難儀した。
守門岳(袴岳)登頂〜。
2022年04月10日 11:33撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
守門岳(袴岳)登頂〜。
2
大岳方面の雪庇。
2022年04月10日 11:40撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岳方面の雪庇。
今度は大きく発達した雪庇を見たい。
2022年04月10日 11:41撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今度は大きく発達した雪庇を見たい。
右の尖がりは袴腰。
奥の山々は判らん。方角的には磐梯山とかか?
2022年04月10日 11:41撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右の尖がりは袴腰。
奥の山々は判らん。方角的には磐梯山とかか?
登山者さんに撮ってもらいました。
ありがとうございます。
2022年04月10日 11:44撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山者さんに撮ってもらいました。
ありがとうございます。
2
がんばれ。がんばれ。
2022年04月10日 12:15撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
がんばれ。がんばれ。
1
山頂に一時間以上いたので寒い。。。
2022年04月10日 12:38撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に一時間以上いたので寒い。。。
青雲岳から大岳は目の前に見えるが。。。この先130m下り130m登る。
2022年04月10日 12:50撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青雲岳から大岳は目の前に見えるが。。。この先130m下り130m登る。
雪庇崩落。
2022年04月10日 13:47撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇崩落。
大岳登頂〜。
誰も居ない。
2022年04月10日 13:56撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岳登頂〜。
誰も居ない。
3
雪庇と粟ヶ岳。
2022年04月10日 14:22撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇と粟ヶ岳。
バイバイ。
2022年04月10日 14:23撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バイバイ。
さいこ〜です。
2022年04月10日 14:25撮影 by PENTAX K-3 Mark III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さいこ〜です。
たまらんね〜。
2022年04月10日 14:25撮影 by PENTAX K-3 Mark III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たまらんね〜。
まこっちゃんも。
2022年04月10日 14:29撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まこっちゃんも。
下部はハーフパイプ。
2022年04月10日 14:31撮影 by PENTAX K-3 Mark III , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下部はハーフパイプ。
下は滝。
そこはやめなさい。。。
2022年04月10日 14:41撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下は滝。
そこはやめなさい。。。
安全にね。
2022年04月10日 14:41撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
安全にね。
保久礼小屋。
ここからツボで登り返し。
2022年04月10日 14:52撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
保久礼小屋。
ここからツボで登り返し。
まこっちゃん足売り切れで倒木へ向かう。。。
2022年04月10日 15:29撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まこっちゃん足売り切れで倒木へ向かう。。。
橋を渡って。
2022年04月10日 15:53撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋を渡って。
無事下山。
2022年04月10日 15:58撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事下山。
1
お疲れ様でした。
2022年04月10日 16:15撮影 by TG-6 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お疲れ様でした。

感想/記録

まこっちゃんと今シーズン初山行は守門岳。袴岳から大岳への周回とした。
駐車の事を考えて車は一台で行く事とし、2時に自宅に迎えに来てもらい出発。5時前に除雪終了点に到着したが、想像していたよりも駐車車輌は少なかった。
腹ごしらえをして5時40分に元気よく遠足スタート。

のんびりお喋りしながら進む。暖かく無風なので歩いていると汗ばむ感じ。
杉林の中をなだらかに登って行き大池山の尾根に取り付く。杉花粉爆弾が大量にぶら下がっている。恐ろしい。。。風が無くて良かった。
尾根の急登は雪がグサグサで登りにくい。まこっちゃんはツボ、自分はシールのまま登る。

大池山で景色が開けパシャパシャしながら早くもおやつタイム。
天気&景色良しとなれば、カメラ好きのまこっちゃんにとっては絶好の撮影日和なので長い遠足となりそうだ。
先の細尾根で雪切れするがシールのまま藪を突破。まこっちゃん1027の小ピーク手前で既にガス欠。相変わらずの燃費の悪さだね。途中何度か待ちながら進んで行くが1280付近で姿が見えなくなり、待つ事20分。腹減り過ぎて足が出なくなりカレーパンを補給していたらしい。

稜線はだだっ広く、袴岳も眼前に見えているので先に行くからパシャパシャしながらのんびり追ってきてね。
尾根の南東側のクラックを右に見るように進んで行くと山頂直下で藪になる。最初は藪をかわすように南西を進んでいたが最後は強引に藪を突破。

守門岳(袴岳)登頂〜。
少し風が出てきて寒くなりシェルを着込んでパシャパシャ。居合わせた登山者さんに写真を撮ってもらった。ありがとうございます。
エネ補給をしてまこっちゃんを待つ。30分以上待ち無事登頂。これからパシャパシャと休憩だね。充分休憩をしたら大岳に行くよ。

自分はシールのまま袴岳と青雲岳のコルまで滑走し、青雲岳を登ったら再びシール滑走で青雲岳と大岳のコルまで行きツボで大岳を目指す。
まこっちゃんは袴岳でシールオフ。滑走とツボで大岳を目指す事となった。
青雲岳の降りは藪もありシール滑走に難儀した。大岳への登り返しがあるのだからツボで降りればよかった。

コルでは今日何度目か判らないぐらいの休憩タイムとアイゼンに換装。
まこっちゃん大岳には行かずここから滑ろうと。。。いや、ここからだと中の高地沢で滝が出るからやめようと説得し大岳へ登る。

守門大岳登頂〜。
標柱も何も無いし誰もいない。まぁ時間も時間だしね。でも静かな山頂を二人占めできてラッキー。景色をパシャパシャしたら滑走モードに換装する。
当初は中津又岳へトラバースして行き尾根伝いに滑走して保久礼小屋を目指す予定としていたが、母川源頭から保久礼小屋まで滑れるじゃないかとなり予定変更。
中津又岳へトラバースして母川源頭へ。左岸の斜面にはシワが多いので右岸側からGO〜。

雪は緩み過ぎているが斜度があるのでスピードが出る。大回りターンですこぶる快適。1130位で沢床に降りる。シュプールは左岸をトラバースするように伸びていたが雪量豊富なので自分たちは沢芯を使いハーフパイプの様に滑って行く。上部程の斜度は無いがデブリも全く無く板も走るので楽しい。途中から所々で沢芯に穴が開いていたり、小滝が出たり、右岸左岸共にシワがクラックになっていたりと気は抜けない。

保久礼小屋からは一旦スキーを脱ぎ手持ちで登り返し、樹林の尾根を滑走して平坦地に出る。沢の左岸に沿って下っているとまこっちゃん足が売り切れて休憩の要請。
大平橋が見えたら最後は少し藪っぽい急斜面を降り、橋を渡ると登りルートと合流してスタート地点へ戻り無事下山。

春スキーはゴール時間が多少遅くなっても日没が迫るプレッシャーも少なく、悲壮感も無いのでのんびり遠足が出来る。しかし昇温による雪崩と低温による斜面の氷化のリスクをしっかり管理して行動しなければいけない。

まこっちゃん同行ありがとう。
スキーシーズは残り2ヶ月を切った。。。

お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:275人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ