また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4268264 全員に公開 雪山ハイキング 白山

白山 観光新道〜エコーライン〜砂防新道

情報量の目安: B
-拍手
日程 2022年05月07日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
市ノ瀬より徒歩
経路を調べる(Google Transit)
GPS
12:37
距離
26.2 km
登り
2,105 m
下り
2,100 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.0~1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち69%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間53分
休憩
1時間43分
合計
12時間36分
S市ノ瀬ビジターセンター04:4706:10別当出合06:1008:01別当坂分岐08:1409:57殿ヶ池避難小屋10:0311:03黒ボコ岩11:1311:20弥陀ヶ原・エコーライン分岐11:2111:41白山室堂11:5512:34白山13:0013:21白山室堂13:2213:54南竜道・エコーライン分岐14:22南竜分岐14:2214:27甚之助避難小屋14:4114:56別当覗14:5815:14中飯場15:2815:58別当出合15:5817:15市ノ瀬17:1917:23市ノ瀬ビジターセンター17:2417:24ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
観光新道は今はオススメできない感じです

ルーファイ必須
アイゼンピッケル必須
崩壊あり

別当坂分岐までがなかなか厳しい
直下の雪壁は滑落できません、緊張

仙人窟はくぐり抜けて唖然
雪壁で塞がれて
登攀にはリスキー
右側の岩へ降り藪漕ぎして突破しました

その先は基本、別山を横目に
素晴らしい景観の雪上歩き
ひたすら体力勝負

殿ヶ池避難小屋の鍵が回らず入れませんでした
室堂ビジターセンターの職員さんに伝えました
観光新道の状況も

黒ボコ岩でようやく人に会いました
そこまでのソロは
大変タメになりました


その後は快適で安心の雪山ハイク
ザクザク雪を踏んで降りるだけ

失敗したのは、安心から気を抜いて
人のトレースを行きエコーラインを降り過ぎ
行きたい方向は崖なので、登り返し…
久しぶりにやってしまいました



観光新道の貸し切りは初

夏道の歩きやすさを思うと
登山道整備される方への感謝の気持ちでいっぱいになりました

登山道はどこも感謝して歩きたいと思います
過去天気図(気象庁) 2022年05月の天気図 [pdf]

写真

市ノ瀬手前の林道より
2022年05月07日 04:13撮影 by J9260, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
市ノ瀬手前の林道より
2
市ノ瀬
2022年05月07日 04:43撮影 by J9260, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
市ノ瀬
1
別当出合
2022年05月07日 06:08撮影 by J9260, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別当出合
スキーヤーの方々に多い?
2022年05月07日 06:08撮影 by J9260, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキーヤーの方々に多い?
雪崩でしょうか、鳥居の上の一本が喪失してました
2022年05月07日 06:10撮影 by J9260, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪崩でしょうか、鳥居の上の一本が喪失してました
見事な
2022年05月07日 06:48撮影 by J9260, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見事な
1
大きな落石があちこちに
2022年05月07日 07:02撮影 by J9260, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな落石があちこちに
雪に埋もれる急登の石階段
朝なのでガチガチ
2022年05月07日 07:39撮影 by J9260, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪に埋もれる急登の石階段
朝なのでガチガチ
2
崩壊で登山道が埋もれていました
2022年05月07日 07:43撮影 by J9260, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩壊で登山道が埋もれていました
2
別当坂分岐直下の雪壁
アイゼンピッケル必須
2022年05月07日 07:50撮影 by J9260, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別当坂分岐直下の雪壁
アイゼンピッケル必須
2
アイゼンの前爪ないと登れない雪壁でした
2022年05月07日 07:49撮影 by J9260, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイゼンの前爪ないと登れない雪壁でした
2
別当坂分岐から上の尾根の途中に出ました。
2022年05月07日 08:09撮影 by J9260, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別当坂分岐から上の尾根の途中に出ました。
1
崩落。雪面上に時々ぽっかり穴も。要注意。
2022年05月07日 08:29撮影 by J9260, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩落。雪面上に時々ぽっかり穴も。要注意。
仙人窟
2022年05月07日 08:45撮影 by J9260, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙人窟
1
仙人窟を出たら…唖然
2022年05月07日 08:46撮影 by J9260, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙人窟を出たら…唖然
2
殿ヶ池避難小屋まで、ベッタリの広大な雪面
2022年05月07日 09:39撮影 by J9260, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
殿ヶ池避難小屋まで、ベッタリの広大な雪面
殿ヶ池避難小屋
2022年05月07日 09:46撮影 by J9260, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
殿ヶ池避難小屋
1
そこそこ急登
2022年05月07日 10:25撮影 by J9260, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこそこ急登
黒ボコ岩
2022年05月07日 11:02撮影 by J9260, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒ボコ岩
1
弥陀ヶ原
2022年05月07日 11:12撮影 by J9260, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥陀ヶ原
1
ビジターセンター
2022年05月07日 11:41撮影 by J9260, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビジターセンター
1
ビジターセンターからエコーラインへ向かう
2022年05月07日 13:29撮影 by J9260, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビジターセンターからエコーラインへ向かう
登ってきた観光新道を見ながら
2022年05月07日 14:20撮影 by J9260, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきた観光新道を見ながら
甚之助避難
2022年05月07日 14:38撮影 by J9260, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甚之助避難
砂防新道
2022年05月07日 15:01撮影 by J9260, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂防新道
中飯場
2022年05月07日 15:16撮影 by J9260, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中飯場
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:741人

コメント

私は5/8にほぼ同じルートで行きました。
ところどころ足跡があったのは投稿者様のものでしょうか。
私は登山経験が少なく、正直山を舐めてました。
チェーンスパイクのみでピッケルも持たずに行って、
ヘトヘトになって14時頃室堂に着き、そこから山頂へは行かずに砂防新道で下山しました。
途中、滑落したらそのまま死ぬかもしれないと思いましたが、
降りることもできずに、進んでしまいました。
2022/5/10 2:34
tm_ymrcさん
そうでしたか、大変お疲れ様でした。
無事の下山で何よりでした。

多分、そのトレースは私かと思います。
殿ヶ池から↑は消えかかりそうな?足跡ありましたが、どこもほぼなかったです。
私の後に来られた方は、多分いらっしゃらなかったと思います。時間的に。
あるのは動物の足跡だけでした。また落石跡。

砂防ならノーピッケル、チェーンスパイクでも大丈夫かと思っていますが(時期にもよります)
GWの観光は初だったので、荒れてる春山を想定して行きました。
途中まではチェーンで良かったかなと思いましたが
別当坂分岐直下の雪壁では、12本の前爪でも落ちたらリスキーと。
一般道、雪道、岩・・・
ミックスなのでアイゼンの脱着が面倒に感じ極力アイゼンを装着せず
雪壁をキックステップで行きましたが
別当坂分岐直下でアイゼンを装着しました。ここは慎重になりました。

観光新道は、沢がないので、
スノーブリッジやシュルンドの心配がほぼ無いかとおもいますが
念には念で、メットとロープを持参したら良かったと。
(ただ、ロングコースなので少しでも軽くと…)

こうしたら良かったと、反省点もあれこれありますが、
それを上回る充実の観光新道でした。

長々失礼しました。またコメントありがとうございました。
お互い、気を付けて山を愉しみましょう。
2022/5/10 19:13
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ