また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4367173 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 御在所・鎌ヶ岳

杠葉尾→イブネ→雨乞岳→綿向山

情報量の目安: S
-拍手
日程 2022年06月04日(土) [日帰り]
メンバー
天候爽やかな晴天
アクセス
利用交通機関
電車バス
入山:東近江市営ちょこっとバス 杠葉尾バス停(1日数本)
下山:近江鉄道バス 北畑口バス停
  (JR近江八幡駅行きが概ね1時間ごと。イコカ使用可)
経路を調べる(Google Transit)
GPS
07:55
距離
26.0 km
登り
1,899 m
下り
1,970 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.5~0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち60%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間34分
休憩
1時間11分
合計
7時間45分
S杠葉尾登山口09:1409:53長尾山10:35銚子ヶ口東峰10:3810:41銚子ヶ口10:4510:50中峰10:5110:59西峰11:0011:03水舟の池分岐11:07水舟の頭11:12大峠11:1311:20大峠の頭(深谷山最高点)11:2111:25舟窪11:33越峠(コスタハ)11:37深谷山11:3912:05クラシ12:0612:12イブネ北端12:1412:21イブネ12:2212:28佐目峠12:33タイジョウ分岐12:3412:37杉峠の頭12:43杉峠12:4513:05雨乞岳13:1113:19南雨乞岳13:2013:39清水頭13:4313:51雨乞・東1014P13:5314:20大峠14:2414:30大峠14:50イハイガ岳(祝ヶ岳)14:5115:20綿向北尾根分岐15:2215:27綿向山15:4215:46八合目分岐15:5115:56七合目行者コバ16:01五合目小屋16:0716:09あざみ小舎16:1116:21ヒミズ谷出合小屋16:2316:31御幸橋駐車場16:34西明寺口バス停16:3516:58北畑口バス停16:59ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
杠葉尾登山口に登山届けポストあり
危険箇所はありませんが、銚子ヶ口→クラシと雨乞岳→綿向山は経験者向きと思います。
その他周辺情報北畑口バス停横の閉店した店舗にジュース類の自動販売機あり
その手前、北畑集落南端(旧道沿い)の酒屋(?)前の自販機にビールあり
過去天気図(気象庁) 2022年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 雨具 行動食 飲料 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 GPS 保険証 携帯 時計

写真

東近江市営ちょこっとバス
本日乗車した政所線の車 座席定員10人です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東近江市営ちょこっとバス
本日乗車した政所線の車 座席定員10人です
こちらは甲津畑線の車
5ナンバーのミニバンです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは甲津畑線の車
5ナンバーのミニバンです
杠葉尾登山口
6台駐車可
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杠葉尾登山口
6台駐車可
杠葉尾登山口
ゲートがあります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杠葉尾登山口
ゲートがあります
まるで遊歩道な歩きやすい道
植林帯ですが鬱陶しさはありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まるで遊歩道な歩きやすい道
植林帯ですが鬱陶しさはありません。
唯一、紛らわしい分岐
直進ではなく左上へ(テープあり)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唯一、紛らわしい分岐
直進ではなく左上へ(テープあり)
自然林となると間も無く稜線
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自然林となると間も無く稜線
稜線に出ると、鈴鹿山脈主稜越しに伊勢湾が見えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に出ると、鈴鹿山脈主稜越しに伊勢湾が見えます
堂々とした山容の釈迦ヶ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堂々とした山容の釈迦ヶ岳
1
銚子ヶ口山頂
狭くて眺望ありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
銚子ヶ口山頂
狭くて眺望ありません。
水舟の頭
数あるピークの一つという感じ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水舟の頭
数あるピークの一つという感じ
大峠
道標にイブネ、クラシは左とありますが薮でムリ。
左手へ回り込んで迂回しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大峠
道標にイブネ、クラシは左とありますが薮でムリ。
左手へ回り込んで迂回しました。
これまでなかった裸地が登場
イブネ・クラシが近い?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これまでなかった裸地が登場
イブネ・クラシが近い?
小さいアップダウンが続きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さいアップダウンが続きます
舟窪付近
崩壊地の脇をそろりと通過
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舟窪付近
崩壊地の脇をそろりと通過
あれが噂のイブネ・クラシか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれが噂のイブネ・クラシか?
苔の平原がお出まし
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔の平原がお出まし
1
クラシ山頂は地味
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クラシ山頂は地味
確かに奇特な風景です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
確かに奇特な風景です
1
御在所、鎌ヶ岳をバックに
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御在所、鎌ヶ岳をバックに
2
イブネ山頂への道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イブネ山頂への道
頂上感は薄いイブネ山頂
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上感は薄いイブネ山頂
これから向かう雨乞岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから向かう雨乞岳
自然林がいい感じ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自然林がいい感じ
杉峠ノ頭付近から雨乞岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉峠ノ頭付近から雨乞岳
雨乞岳への登り
やや岩っぽい箇所も
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨乞岳への登り
やや岩っぽい箇所も
大峠の澤
頂上のすぐ脇です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大峠の澤
頂上のすぐ脇です
向こうに見える東雨乞岳は賑わっている模様
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向こうに見える東雨乞岳は賑わっている模様
胸まである笹を掻き分けて南雨乞岳へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
胸まである笹を掻き分けて南雨乞岳へ
清水頭の草原と綿向山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清水頭の草原と綿向山
1
清水頭へ下る急坂
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
清水頭へ下る急坂
秘境感漂う清水頭の草原
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秘境感漂う清水頭の草原
草原帯を抜けて樹林帯
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草原帯を抜けて樹林帯
シャクナゲの密林地帯
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャクナゲの密林地帯
根っこがたくましい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根っこがたくましい
こういうところが随所に登場
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こういうところが随所に登場
踏み跡は濃いですが木々が覆いかぶさり歩きにくい道が続きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏み跡は濃いですが木々が覆いかぶさり歩きにくい道が続きます
大峠
北(左手)へは下る道がありますが、南(右手)は急斜面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大峠
北(左手)へは下る道がありますが、南(右手)は急斜面
崩壊地裏の穏やかな巻道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩壊地裏の穏やかな巻道
さらに登場した大きな崩壊地
ここは崖のすぐ横をよじ登ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに登場した大きな崩壊地
ここは崖のすぐ横をよじ登ります
2
イハイガ岳山頂
この山の前後は爪先立ちの急坂です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イハイガ岳山頂
この山の前後は爪先立ちの急坂です
イハイガ岳山頂から見た綿向山
ゴールは近い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イハイガ岳山頂から見た綿向山
ゴールは近い
綿向北尾根分岐
湖東平野の眺め良好
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綿向北尾根分岐
湖東平野の眺め良好
ブナの珍変木
この手の屈曲木は、雪の多い若狭では普通です(^_^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナの珍変木
この手の屈曲木は、雪の多い若狭では普通です(^_^)
明るく爽やかな綿向山山頂
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明るく爽やかな綿向山山頂
綿向山山頂から雨乞岳、鎌ヶ岳
意外と近く見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綿向山山頂から雨乞岳、鎌ヶ岳
意外と近く見えます。
1
高度感があって眺望良好
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高度感があって眺望良好
頂上にある青年の塔
11月10日は綿向山の日
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上にある青年の塔
11月10日は綿向山の日
1970年というと大阪万博の頃。
2020年にタイムカプセルを開いた若人の感想は如何に・・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1970年というと大阪万博の頃。
2020年にタイムカプセルを開いた若人の感想は如何に・・・・
金明水
飲めるほどの量は湧いていませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金明水
飲めるほどの量は湧いていませんでした。
綿向山は信仰の山
膝に優しいつづら折れの山道が頂上から麓まで続きました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綿向山は信仰の山
膝に優しいつづら折れの山道が頂上から麓まで続きました。
瀟洒な五合目避難小屋
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
瀟洒な五合目避難小屋
綺麗に使われています。
因みに避難以外の宿泊は禁止との張紙が。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗に使われています。
因みに避難以外の宿泊は禁止との張紙が。
御幸橋の登山者駐車場
十分な広さがありますが、シーズンには混むのでしょうね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御幸橋の登山者駐車場
十分な広さがありますが、シーズンには混むのでしょうね。
北畑口バス停
無事に下山して、まったりとバスを待つのは至福の時間です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北畑口バス停
無事に下山して、まったりとバスを待つのは至福の時間です。
1

感想/記録

前から鈴鹿山系は狙っていたところ、苔の平原があるという情報を得てイブネ・クラシへ行ってみました。綿向山へは若い頃にピストンしていますが、それ以外は全く初めての山域です。

杠葉尾登山口→銚子ヶ口
おそらく昔の生活産業道。地形に逆らわない歩きやすい道です。

銚子ヶ口→イブネ・クラシ
趣が変わって登山道っぽくなります。
しばらくは、起伏は小さいものの地形が複雑で道が屈曲し自然迷路状態。その後は素直なアップダウンが繰り返し現れます。
大峠では、道標で示されたイブネ・クラシ方向が完全に低木で閉ざされていて戸惑いましたが、左手に回り込んで藪を強行突破すると十数メートルで道が現れました。

イブネ・クラシ
確かに奇特な風景ですね。一見の価値ありです。
手持ちの30年前の本「鈴鹿の山と谷」には笹原と書かれていますので、かつて深い笹原だった霊仙山と同様に一斉に枯死したのか?
ただ少々オーバーユース気味で、かなり地肌が現れています。
そろそろ保護が必要かと。

雨乞岳
御池岳に次ぐ高峰ということで楽しみにしていましたが、今回は前後の山が個性的でしたので印象が薄い感じです。頂上から間近に見える東雨乞岳のほうが広くて眺めも良さそうなのでそそられましたが、まだ先が長いのでパスしました。

清水頭
雨乞岳から南雨乞岳へは、胸ほどの高さのある笹を掻き分けて進みます。南雨乞岳から急坂を下ると、一転して草原に。
ここは、東は深い笹、西はシャクナゲの密林に守られた別天地。何もないといえば何もない殺風景な草原ですが、秘境感すら漂う静けさが気に入りました。

清水頭→大峠→イハイガ岳
清水頭の草原が終わると樹林帯、次いでシャクナゲの密林帯が続きます。
変化があって飽きない道ですが、眺望が効かず閉塞感があるので評価が分かれると思います。
大峠の前後とイハイガ岳前後に急坂があります。
要所にテープがあって進路に迷うところはありませんでした。

綿向山
密林帯を抜けて明るい草原を登りつめると眼下に湖東平野が広がり、なかなかドラマチック。低い丘陵帯と平地を見下ろす形となるため、頂上からの眺めは標高値以上の高度感があります。
頂上付近は綺麗に整備されていて、地元民に愛されている山のようです。
久々に去りがたい気持ちを感じました。


鈴鹿山脈は、標高が1000メートルを超えるだけあって、地元の若狭、朽木の山々より少しづつ規模が大きい感じ。ブナ林はありませんが二次林が美しいです。天気にも恵まれて山の気を堪能できた良い山行でした。


お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:169人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ