また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4385492 全員に公開 ハイキング 積丹・ニセコ・羊蹄山

羊蹄山 避難小屋の荷揚げ・小屋開き作業に参加

情報量の目安: A
-拍手
日程 2022年06月10日(金) ~ 2022年06月11日(土)
メンバー , その他メンバー6人
天候1日目晴れのち曇り 2日目曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
高速を利用して朝里→毛無峠→樺立トンネルを抜けて倶知安入り。市街地を抜けて5分ほど走ると左手に登山口への大きな看板(倶知安側からですと立木で見づらい)がありますので、そこを左折し2kmほど走った行き止まりが登山口駐車場です。
【お知らせ】
登山口の野営場および駐車場ですが、トイレの再整備工事のため、6/15〜9/30は利用できません。登山は可能ですが、800mほど手前の半月湖畔の駐車場に止めることになります。ご注意ください。
https://www.shiribeshi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/kks/114206.html
また避難小屋は現時点で避難時のみの対応となります。宿泊予約はできないようなのでお気を付け下さい。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
28:06
距離
13.9 km
登り
1,588 m
下り
1,571 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.1~1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち54%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間16分
休憩
3時間18分
合計
7時間34分
S半月湖野営場09:2709:56風穴10:1610:19比羅夫コース2合目10:3610:53比羅夫コース3合目11:0811:18比羅夫コース4合目11:3211:52比羅夫コース5合目12:3712:55比羅夫コース6合目13:1615:23比羅夫コース7合目15:5316:02比羅夫コース8合目16:2616:34比羅夫コース9合目16:4617:01羊蹄山避難小屋
2日目
山行
1時間25分
休憩
1時間11分
合計
2時間36分
羊蹄山避難小屋10:4310:55比羅夫コース9合目11:0811:09比羅夫コース8合目11:1411:23比羅夫コース7合目11:3411:42比羅夫コース6合目11:5212:01比羅夫コース5合目12:0912:17比羅夫コース4合目12:2712:34比羅夫コース3合目12:3512:46比羅夫コース2合目12:4712:51風穴13:0313:19半月湖野営場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
6合目以降の登りはヘロヘロ超スローペースでした。また7合目到着後に一旦6合目近くまで戻っています。
コース状況/
危険箇所等
7合目付近から沢沿いに雪渓が残っています。ツボで行けますが急斜面なので注意ください。また9合目から小屋までの間も雪渓がありトラバースします。こちらもご注意ください。
その他周辺情報温泉は京極温泉など多数あります。買い物は倶知安に行けばセコマはじめ何でもあり、物資は問題なく揃います。

装備

個人装備 長袖シャツ(薄) 半袖シャツ ドライナミックメッシュ ズボン 靴下 キネシオロジーテープ 指だしグローブ 予備グローブ 帽子(アンダーキャップ) タオル 登山靴(夏) ゲイター(薄) サングラス ザック ザックカバー ストック カッパ(上下) ガス コンロ コッヘル 昼ご飯(おにぎり パン カップ麺) 行動食(チョコ・月寒あんぱん・ドリンクゼリー等) 飲料(3リットル) シート 高度計付腕時計 お守り カメラ(SDカード) 地形図 筆記用具 コンパス 温度計 スマホ(GPS) 熊鈴 ヘッドランプ 予備電池 保険証 JRO登録証 ココヘリ ビニール袋数枚 ティッシュ3つ ウェットティッシュ1つ 携帯トイレ マスク ツェルト エマージェンシーシート ファーストエイドキット 痛み止め コムレケア

写真

うひょ〜、素晴らしい〜☀。
2022年06月10日 07:38撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うひょ〜、素晴らしい〜☀。
13
今日は荷揚げのお手伝い。22〜23圓らいかな。
2022年06月10日 09:18撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は荷揚げのお手伝い。22〜23圓らいかな。
20
出発前のご挨拶。さあ出発。
2022年06月10日 09:21撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出発前のご挨拶。さあ出発。
12
クルマバソウがお見送り。
2022年06月10日 09:30撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クルマバソウがお見送り。
6
木漏れ日のズダヤクシュさんがとてもキレイでした。
2022年06月10日 09:30撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木漏れ日のズダヤクシュさんがとてもキレイでした。
7
標高の低い所はニリンソウ天国!
2022年06月10日 10:08撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高の低い所はニリンソウ天国!
8
2合目着。ここではまだ余裕がありました。
2022年06月10日 10:29撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2合目着。ここではまだ余裕がありました。
4
高度が上がって景色が出てきました。
2022年06月10日 10:47撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高度が上がって景色が出てきました。
5
ツクバネソウさん。
2022年06月10日 10:54撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツクバネソウさん。
7
コマガタケスグリさん。教えていただきました(嬉)。
2022年06月10日 11:06撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コマガタケスグリさん。教えていただきました(嬉)。
8
ノウゴウイチゴさん。
2022年06月10日 11:51撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ノウゴウイチゴさん。
9
なんとか五合目。この辺から右太ももに違和感発生。
2022年06月10日 12:24撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとか五合目。この辺から右太ももに違和感発生。
4
登山道が年々痛んできてますね。維持管理はとても難しい。
2022年06月10日 12:42撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道が年々痛んできてますね。維持管理はとても難しい。
6
サクラは終盤ですね。
2022年06月10日 12:51撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サクラは終盤ですね。
5
高度感が出てきましたね〜。
2022年06月10日 12:58撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高度感が出てきましたね〜。
6
んで限界到達💦。6合目過ぎて足が”ぼっこ”に。
2022年06月10日 13:52撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
んで限界到達💦。6合目過ぎて足が”ぼっこ”に。
9
とある理由で荷物が増えました。めっちゃ重たいっ💦
2022年06月10日 15:39撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とある理由で荷物が増えました。めっちゃ重たいっ💦
12
エネチャージにはこれが一番!
2022年06月10日 15:39撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エネチャージにはこれが一番!
9
8合目付近はまだ春のお花です。例年ならサンカヨウ畑ですね。
2022年06月10日 16:06撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8合目付近はまだ春のお花です。例年ならサンカヨウ畑ですね。
7
8合目手前で先遣隊が助けに来てくれました。助かった〜。ここから先は雪渓でしたが、腐れ雪なのでツボで問題なし。
2022年06月10日 16:24撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8合目手前で先遣隊が助けに来てくれました。助かった〜。ここから先は雪渓でしたが、腐れ雪なのでツボで問題なし。
8
9合目到着〜。あと一息ですね。
2022年06月10日 16:48撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9合目到着〜。あと一息ですね。
4
山頂西側の側噴火口の雪渓。一部トラバースしますが、傾斜が緩く問題なしです。
2022年06月10日 16:51撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂西側の側噴火口の雪渓。一部トラバースしますが、傾斜が緩く問題なしです。
5
避難小屋が見えてきました〜(嬉)。
2022年06月10日 16:59撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋が見えてきました〜(嬉)。
8
夕日が当たる避難小屋。いつ見てもいい風景です。
2022年06月10日 17:01撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕日が当たる避難小屋。いつ見てもいい風景です。
8
17:00、やっと避難小屋到着〜。爆裂にヘロヘロ〜。
2022年06月10日 17:05撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
17:00、やっと避難小屋到着〜。爆裂にヘロヘロ〜。
17
初日は到着が遅くなったこともあり、荷ほどき・整理で終了。食事会は大盛り上がりで、その後爆睡zzz。
2022年06月10日 18:14撮影 by SO-41B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初日は到着が遅くなったこともあり、荷ほどき・整理で終了。食事会は大盛り上がりで、その後爆睡zzz。
14
2日目は小屋周りの整備。雨どいの設置(こうなってたのか!)、テーブル・椅子の設置です。
2022年06月11日 09:19撮影 by SO-41B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目は小屋周りの整備。雨どいの設置(こうなってたのか!)、テーブル・椅子の設置です。
9
山頂はガッスガス。気温は6℃でしたが、風が弱く寒くはなかったです。
2022年06月11日 10:34撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂はガッスガス。気温は6℃でしたが、風が弱く寒くはなかったです。
7
下山前に参加者みんなで記念撮影。お世話になりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山前に参加者みんなで記念撮影。お世話になりました。
21
名残惜しくも下山開始。今年は何回来られるかな。
2022年06月11日 10:58撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名残惜しくも下山開始。今年は何回来られるかな。
7
徐々に雲が抜けてきました。正面はワイスホルンかな?
2022年06月11日 11:00撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徐々に雲が抜けてきました。正面はワイスホルンかな?
8
朝露に濡れるイワベンケイさん。
2022年06月11日 11:02撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝露に濡れるイワベンケイさん。
9
グリセードで一気に7合目近くまで落とします。
2022年06月11日 11:12撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グリセードで一気に7合目近くまで落とします。
6
いい眺めです。何度もパシャリ📷。
2022年06月11日 12:09撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい眺めです。何度もパシャリ📷。
5
休憩してたら真横にマイヅルソウさん。
2022年06月11日 12:23撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩してたら真横にマイヅルソウさん。
6
アマドコロさん。
2022年06月11日 12:41撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アマドコロさん。
9
オオバタケシマランかな?マクロレンズが欲しい...
2022年06月11日 12:43撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オオバタケシマランかな?マクロレンズが欲しい...
5
最後の直線。ただの雑林にしか見えませんが、ここ、好きなんですよ〜。
2022年06月11日 13:16撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の直線。ただの雑林にしか見えませんが、ここ、好きなんですよ〜。
9
登山口着。お疲れ様でした〜。
2022年06月11日 13:22撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口着。お疲れ様でした〜。
7
野営場トイレの最後の姿。
2022年06月11日 13:40撮影 by Canon EOS M6, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
野営場トイレの最後の姿。
7
朝里の湯の花に入って帰宅となりました。
2022年06月11日 17:46撮影 by SO-41B, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝里の湯の花に入って帰宅となりました。
8
撮影機材:

感想/記録
by yo-sha

【お山紹介】
今回は羊蹄山(標高1,898m)。皆さまご存じの日本百名山ですね。山頂へは行かず、避難小屋が到達箇所(標高1,670m付近)です。
富士山型の山ですが、よくよく見ると山頂西側が複数の噴火口ででっこぼこ。なので比羅夫ルートは他の3ルートに比べて変化に富んでいて、個人的には一番好きなルートです。山頂には周回コースが複数ありますので様々な組み合わせで楽しんでみてください。

【お知らせ】
アクセスにも記載しましたが、比羅夫登山口の野営場トイレが工事のため、6/15〜9/30の間、駐車場および野営場の利用が禁止となります。登山道は閉鎖されませんので、手前の半月湖畔駐車場をご利用ください。また避難小屋は避難時のみの対応となります。現時点で宿泊予約はしていませんのでご注意ください。

【荷揚げ】
2月くらいかな、小屋の管理人さんから「荷揚げに来ませんか?」の一声があり、即参加を決断。今回の荷揚げに参加してきました。
9時に駐車場に到着。挨拶もそこそこに物資の配布を終え、背負子(管理人さんからお借りしました)に積み込んで、役場の方のあいさつでスタートです。
大好きなズダヤクシュが見送る中、夏山の様相を見せはじめた登山道を進む。序盤は余裕もあって少しはお花の写真を撮ることができましたが、5合目辺りから右太ももが攣り始め、余裕が完全枯渇💦。一気にペースダウンでした。コムレケアを飲んで10分ほどで落ち着いたのは幸いでしたが、皆から大きく遅れることに。鍛え方が足りないなぁ。大きな反省点です。
途中様々なハプニング(つまずいてひっくり帰った時はめちゃ焦った!)を経験しながらも他の方々の助けもあって(先遣隊が荷物を取りに来てくれたのはマジ嬉しかった)、17:00過ぎに避難小屋に到着し安堵でした。
到着が遅れたこともあり、初日は荷ほどき・整理で終了。片付け後の夕食会は盛り上がりましたね。その後は寝袋にくるまってソッコー爆睡モードに💤。
翌日は霧雨交じりのガスの中、小屋周りの整備です。雨どいやテーブル、椅子を二階から運び出し、各々の設置作業でした。雨どいは”なるほど”で、設置・解体がラチェット一つで容易にできるように作られています。勉強になりました。
作業後、管理人さんにお別れの挨拶をして名残惜しくも下山開始。ガッスガスですぐに小屋が見えなくなったのは少し寂しかったですね。
下山は少し余裕があって、9合目からの雪渓でグリセードを楽しみ、その後は景色やお花を楽しむことができました。あとは淡々と下って無事の下山となりました。皆さま、感謝とともに大変大変お疲れさまでした〜。

やっぱ羊蹄山はいいですね〜。何度登っても違った感動が得られます。さてさて、次はいつ登ろうかな〜。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:307人

コメント

小屋開きのための荷揚げに作業とお疲れ様でした!
あのきつい登りをとんでもなく重たい荷物を背負って登るだなんて、、、yo-syaさん凄い!!
その後の足や体は大丈夫でしょうか?
こうして皆さんのご尽力により山が開かれ、登山を楽しむことができること感謝です。
yo-syaさんの行動力に影響を受けて何か少しでもできたら良いなと考えさせられます^^
2022/6/13 13:09
sayacaさん、こんばんは!コメントありがとうございます!
ここまでの標高差で荷揚げするのは初めての経験でした。ペース配分やら給水を考えながらの登山でしたが、正直これは登山とは別物ですね。予想通り、6合目でやられました💦。登りながら「塔ノ岳のチャンプはすごい!」って思てました
足腰ですが、昨日は不思議になんともなかったのですが、本日見事に太ももからふくらはぎの筋肉痛で階段が辛いです。歳ですね〜(笑)。
最近、今の自分があるのもお山のお陰と強く感じるようになりました。少しでも恩を返さねば。これも歳のせいですね〜(笑)。とてもいい経験をさせてもらいました
2022/6/13 20:57
荷揚げ作業、お疲れ様でした。
20キロ以上背負って避難小屋まで!凄いです。
実は翌日の日曜日に登ったのですが、登山道から、小屋開きの準備作業をしている様子が見えました。荷揚げから色々な準備と、このようなご苦労があって避難小屋が成り立っているのですね。ありがとうございます。
私はいつものように下山後は足がガクガク、登るだけで精いっぱいでとても荷揚げのお役には立てそうもありません(^^;
2022/6/13 20:32
waji-bbさん、こんばんは!コメントありがとうございます!翌日登られていたのですね!お会いしたかった!
20圓舛腓い了はまだ何とかペース配分の調整で登れていましたが、7合目で荷物が増え一気に動けなくなり、標高差30m登ごとに10分休憩でした💦。でもとてもいい経験になりました
荷揚げですが、事前に消防の方々も上げてくれていたようで、発電機や燃料等も上げていたようです。もう彼らは超人の世界。脱帽です
waji-bbさんが見られた小屋開きの準備作業ですが、管理人さんが作業を続けていたのかと思います。実は今週入られている管理人さん、急遽ピンチヒッターで26年ぶりに小屋番をやってる方なんです。ホントに頭が上がりません!
最初から重たいものを背負うとペース配分に気を使うので、案外と行けることに気が付きました。waji-bbさんもあれだけキツイ藪漕ぎしてますから行けるのではないでしょうか。でも、やっぱ羊蹄山はキツイっすね
2022/6/13 21:14
yo-shaさん、こんにちは。

山小屋の荷揚げは、ヘリで空輸するものだと
以前は思ってましたが、そんなことができるのは
大規模な山小屋だけで、大半は地道なポッカに
支えられてるのだと思いますと、頭が下がります。
志を共有するお仲間の存在は得難い体験が
できますね。
羊蹄山、何度見ても、形よい山ですね。
2022/6/14 12:40
komakiさん、こんばんは!コメントありがとうございます!
基本的には避難小屋(とても小規模)なので、宿泊できても食事の提供は不可、もちろん飲料の販売もないため登山者は持参となります。宿泊料も二千円と維持管理程度なので、物資のヘリ輸送はかなり厳しいかと。管理人さんたちも交代の都度自分たちで荷揚げしているようで、全く頭があがりません
今回初めて参加しましたが勉強になることだらけでした。管理人さんをはじめ、麓で機材の準備をされている方々、事前に荷揚げされた消防の方々、今回荷揚げしたこの山を心底愛する人たち、彼らによって支えられています。皆に出会えてとていい経験になりました(改心しなきゃ💦)。
羊蹄山、重量感がありますよね〜。富士山は高いな〜、って感じますが、羊蹄山はどっしりしているな〜、って(笑)。私はこの容姿に心底惚れてます
2022/6/15 1:01
今日は

羊蹄山の荷上げお疲れ様でした
20キロ担いであの急登を歩くのは大変だったと思います

自分が楽しむ為の荷物が重いのは当たり前ですが、小屋の為の荷上げとなると、、

今年は数年ぶりに行こうかと思っていたのでそうゆう方々のご苦労に感謝しながら歩きたいと思います!

お疲れ様でした
2022/6/17 10:22
zeropo7さん、こんにちは。コメントありがとうございます!

自分の荷物に無駄なものか多くて重くなったのもあり、これは反省です。あと無駄なぜい肉分、20kg痩せれば、今回の荷物は楽勝でしたね(笑)。

でもとてもいい経験をさせてもらいました。小屋を維持する苦労に、一部でしたが気がつくことができました。

我々が安心して登ることができるのは管理人さん、バックアップされている方々のおかげで、完全に脱帽です。私も今後は感謝しながら登りたいと思います。

ちなみにバッチは私が上げましたので、是非購入を!そういう自分は買ってませんが...\( ̄д ̄;)ォィォィ。
2022/6/17 18:48
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ