また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 464251 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 塩見・赤石・聖

塩見岳|労働基準法を逸脱した長時間労働に泣きが入るダメ親父

情報量の目安: S
-拍手
日程 2014年06月14日(土) [日帰り]
メンバー 子連れ登山
 makibaou(写真)
 murao3(CL)
天候晴れてたのに、山頂に着いた時だけガスガス、何でやね〜ん?
アクセス
利用交通機関
車・バイク
茅野から国道152号線経由で鳥倉林道を経て越路駐車場へ。
茅野〜越路駐車場まで下道で2時間ちょっとで着きました。
鳥倉林道は舗装されています。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
32:00
距離
23.1 km
登り
2,409 m
下り
2,403 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...

コースタイム [注]

≪往路≫
04:00 越路駐車場
04:30 鳥倉登山口(5分休憩)
05:20 登山口から三伏峠までの3/10標識地点(10分休憩)
05:55 登山口から三伏峠までの5/10標識地点
06:40 豊口山分岐
07:10 三伏峠小屋(荷物デポ・朝食で40分)
08:00 三伏山
08:50 本谷山(10分休憩)
10:00 ゴーロ
10:30 塩見新道分岐(10分休憩)
10:50 塩見小屋(10分休憩)
12:05 塩見岳東峰(昼食20分)

≪復路≫
12:25 塩見岳東峰
13:20 塩見小屋(15分休憩)
13:50 塩見新道分岐
15:00 本谷山(15分休憩)
16:10 三伏峠小屋(荷物撤収・休憩で20分)
17:30 コル[標高 2,250m地点]
18:10 標高1,965m地点(10分休憩)
18:40 鳥倉登山口
19:20 越路駐車場

◎ 全CT:15時間20分(歩行時間:12時間35分 + 休憩:2時間45分)
◎ 標高差:1,422m、累積標高差:±2,582m
◎ 総歩行距離:24.5km
コース状況/
危険箇所等
≪登山ポスト≫ 越路駐車場と鳥倉登山口2か所(用紙・ペンあります)
≪トイレ≫ 越路駐車場、三伏峠
≪積雪個所≫ 三伏峠〜三伏山、権右衛門山の中腹をトラバースする樹林帯。(ピッケル、アイゼン持参しましたが使用せず)
≪危険個所≫ 塩見小屋から山頂にかけて岩場で滑落、落石に注意。
≪コンビニ≫ 松川ICから鳥倉林道に向かう場合は、IC近くにあったと思います。茅野からR152を南下する場合は、茅野市内以降、コンビニありません。
過去天気図(気象庁) 2014年06月の天気図 [pdf]

写真

登山前にヘルスメータにのってシャキーン!!
体重、BMI、体脂肪率、内臓脂肪レベルどれも不満。今回の登山でどれだけダイエットできるか楽しみ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山前にヘルスメータにのってシャキーン!!
体重、BMI、体脂肪率、内臓脂肪レベルどれも不満。今回の登山でどれだけダイエットできるか楽しみ!
10
朝4時から林道を進みます。
まだ、眠たいよね〜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝4時から林道を進みます。
まだ、眠たいよね〜。
9
長男カメラマンは眠たくてもカメラのチェックは忘れませんよ〜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長男カメラマンは眠たくてもカメラのチェックは忘れませんよ〜。
6
≪長男撮影≫
月に照らされる山々。満月だったので結構明るかったです!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪長男撮影≫
月に照らされる山々。満月だったので結構明るかったです!
11
≪長男撮影≫
駐車場から林道を歩くこと約30分で鳥倉登山口に到着です。シーズン中はここまでバスが来るみたいですよ〜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪長男撮影≫
駐車場から林道を歩くこと約30分で鳥倉登山口に到着です。シーズン中はここまでバスが来るみたいですよ〜。
5
≪長男撮影≫
登山ポストは駐車場だけでなく、ここにもあります。おっと裏にはチャリンコが・・・電動だっら楽ネ。駐車場から往復1時間30分節約できますね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪長男撮影≫
登山ポストは駐車場だけでなく、ここにもあります。おっと裏にはチャリンコが・・・電動だっら楽ネ。駐車場から往復1時間30分節約できますね。
4
いきなりきつい坂を登ることに。朝一なのでなんのその。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いきなりきつい坂を登ることに。朝一なのでなんのその。
1
キノコの名前よりも、何かに似ているのが気になるなあ。○ッパイに見えるのはワタシだけ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キノコの名前よりも、何かに似ているのが気になるなあ。○ッパイに見えるのはワタシだけ?
5
君もワタシに似て同じものを撮ってるの?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
君もワタシに似て同じものを撮ってるの?
7
今の時期唯一の水場。細いですがおいしそう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今の時期唯一の水場。細いですがおいしそう。
5
今にも崩れそうな橋ですが、意外としっかりしています。雨に濡れると滑りやすそう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今にも崩れそうな橋ですが、意外としっかりしています。雨に濡れると滑りやすそう。
8
≪長男撮影≫
こう見るとちょっと怖いかもしれません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪長男撮影≫
こう見るとちょっと怖いかもしれません。
4
≪長男撮影≫
駒ヶ根かどっかの街並みでしょうか・・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪長男撮影≫
駒ヶ根かどっかの街並みでしょうか・・・。
8
≪長男撮影≫
駐車場から約3時間で三伏峠に到着。小屋はまだオープンしてませんが、冬季小屋が利用できます。また、キャンプ場も積雪はなくフラットで快適そうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪長男撮影≫
駐車場から約3時間で三伏峠に到着。小屋はまだオープンしてませんが、冬季小屋が利用できます。また、キャンプ場も積雪はなくフラットで快適そうです。
5
≪長男撮影≫
今日宿泊予定の冬季小屋で、シュラフ・食料等、重たい荷物をデポしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪長男撮影≫
今日宿泊予定の冬季小屋で、シュラフ・食料等、重たい荷物をデポしました。
6
三伏峠からところどころ積雪出てきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三伏峠からところどころ積雪出てきました。
3
交互に雪道と夏道がでてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
交互に雪道と夏道がでてきました。
4
長男:くつひもほどけた〜
次男:早くして〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長男:くつひもほどけた〜
次男:早くして〜
5
≪長男撮影≫
三伏峠から約10分で三伏山に到着。
振り返ると三伏峠小屋が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪長男撮影≫
三伏峠から約10分で三伏山に到着。
振り返ると三伏峠小屋が見えます。
7
≪長男撮影≫
少し雲がかかったまだまだ遠くにある塩見岳と、親父をカッコよく撮ってくれたの?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪長男撮影≫
少し雲がかかったまだまだ遠くにある塩見岳と、親父をカッコよく撮ってくれたの?
10
≪長男撮影≫
へっこら登ってくるところを長男が撮影すると、少し怒り気味になる次男。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪長男撮影≫
へっこら登ってくるところを長男が撮影すると、少し怒り気味になる次男。
8
へっこら登ってくるところを撮影しようとすると、恥ずかしいのか隠れようとする長男。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
へっこら登ってくるところを撮影しようとすると、恥ずかしいのか隠れようとする長男。
10
塩見小屋手前までくると、目の前に塩見本峰が・・・カッコいい〜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩見小屋手前までくると、目の前に塩見本峰が・・・カッコいい〜。
8
≪長男撮影≫
ここまでくるのに駐車場から7時間近くもかかりました〜

どんだけ〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪長男撮影≫
ここまでくるのに駐車場から7時間近くもかかりました〜

どんだけ〜
10
≪長男撮影≫
雪に埋もれた塩見小屋を危うく踏みそうになりました。危ない危ない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪長男撮影≫
雪に埋もれた塩見小屋を危うく踏みそうになりました。危ない危ない。
10
≪長男撮影≫
営業に向けて準備をしている塩見小屋のお姉さんも、にっこり挨拶をかわしてくれました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪長男撮影≫
営業に向けて準備をしている塩見小屋のお姉さんも、にっこり挨拶をかわしてくれました。
14
≪長男撮影≫
この山は地質学的にも有名なようですね。赤とか緑の色々な岩が見られました。

そういうことを考えて撮影したかどうかは不明。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪長男撮影≫
この山は地質学的にも有名なようですね。赤とか緑の色々な岩が見られました。

そういうことを考えて撮影したかどうかは不明。
10
山頂直下、岩場の連続。慎重に登っていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下、岩場の連続。慎重に登っていきます。
11
半袖ですが、寒波襲来とともに初夏の暑さも混ざって、寒かったり暑かったり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
半袖ですが、寒波襲来とともに初夏の暑さも混ざって、寒かったり暑かったり。
6
「ふぁいと〜、いっぱあ〜つ」って感じ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「ふぁいと〜、いっぱあ〜つ」って感じ?
20
とりあえず西峰につきましたが、100メートルさきにある東峰を先に行きましょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とりあえず西峰につきましたが、100メートルさきにある東峰を先に行きましょう。
7
駐車場から8時間。次男もへとへと。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場から8時間。次男もへとへと。
7
長男は写真撮影で足が止まり遅れるがまだ元気。
さっき通ってきた主峰である西峰。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長男は写真撮影で足が止まり遅れるがまだ元気。
さっき通ってきた主峰である西峰。
8
な〜んも景色見えないよね〜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
な〜んも景色見えないよね〜。
23
こっちが塩見岳の主峰なんだから忘れずに撮っとかないと。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちが塩見岳の主峰なんだから忘れずに撮っとかないと。
26
この岩場が怖いのなんのって、緊張しましたよ〜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この岩場が怖いのなんのって、緊張しましたよ〜。
9
こんなとこでこけたらたまりません!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなとこでこけたらたまりません!
6
こどもの足では少し届きにくい岩場でした。
実はワタシの足でも少し届きにくい。何、足が短いからだって〜?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こどもの足では少し届きにくい岩場でした。
実はワタシの足でも少し届きにくい。何、足が短いからだって〜?
9
核心は通過しましたが、気が抜けません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
核心は通過しましたが、気が抜けません。
6
塩見小屋を過ぎ、長〜い、長〜い道のりを下っていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塩見小屋を過ぎ、長〜い、長〜い道のりを下っていきます。
6
立ち枯れしている木々の隙間から塩見岳。また来るね〜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立ち枯れしている木々の隙間から塩見岳。また来るね〜。
9
≪長男撮影≫
三伏山まで戻ってきました。
小屋までもう少し。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
≪長男撮影≫
三伏山まで戻ってきました。
小屋までもう少し。
5
テントが3張ほど。
晴天の週末なのに、人気のない山なのかな?ハイシーズンには混み合うんだろうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テントが3張ほど。
晴天の週末なのに、人気のない山なのかな?ハイシーズンには混み合うんだろうか?
8
16時過ぎに小屋に戻ったのですが、明るいうちに下山できるだろうという子供たちの意見で、撤収することに・・。小屋にいたのは他1名だけでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
16時過ぎに小屋に戻ったのですが、明るいうちに下山できるだろうという子供たちの意見で、撤収することに・・。小屋にいたのは他1名だけでした。
4
かなり疲れてますよ〜。朝3時起きだったもんね〜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなり疲れてますよ〜。朝3時起きだったもんね〜。
9
何度も靴ひもがほどけて、そして疲れているのか、ついに・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度も靴ひもがほどけて、そして疲れているのか、ついに・・・
16
最後の休憩です。疲れた中にもいいね、その笑顔。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の休憩です。疲れた中にもいいね、その笑顔。
17
鳥倉登山口に到着。
まだ、ここからの林道があります。へ〜い、タクシー!いないか〜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥倉登山口に到着。
まだ、ここからの林道があります。へ〜い、タクシー!いないか〜。
6
マジで〜!はるか彼方に駐車場!
こんなに歩いてきた〜ん?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マジで〜!はるか彼方に駐車場!
こんなに歩いてきた〜ん?
9
19時過ぎ。もう暗くなり始めていました。
三伏峠でテン泊の人たちの車でしょう。30台止めれる駐車場にはわずか数台。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
19時過ぎ。もう暗くなり始めていました。
三伏峠でテン泊の人たちの車でしょう。30台止めれる駐車場にはわずか数台。
6
下山後、ヘルスメーターにのってシャキーン!!

なんで増えてるの〜(涙)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山後、ヘルスメーターにのってシャキーン!!

なんで増えてるの〜(涙)
29

感想/記録
by 100mt

この週末は土日とも梅雨の中休みで最高の天気が保証されていました。
せっかくの土日、2日かかる山に登ろうということで、まだ未踏の塩見岳に行くことに。

越路駐車場に夜10時前に到着したときには、他に4台ほどとまっていました。
車中泊して3時に起床。

上空にマイナス15度の寒気で冬型の気圧配置とのこと。念のため防寒対策はしっかりしましたが、風や場所によって、冷たい空気と生暖かい空気が混ざっている感じで、衣服の調整が難しく半袖では寒く、着ると暑いということに。

アイゼン・ピッケルは用意しましたが、使うことはありませんでした。
夏道がまだなく、残雪を歩く箇所もあるので、朝の雪が硬い時は軽アイゼン程度のものはあった方がいいかもしれません。

三伏峠の冬季小屋が利用できるということで、小屋泊まりの装備をしていきました。
ダメ親父、小屋でお酒飲んでバッタんきゅ〜のつもりが、明るいうちに下山できそうだから下りてしまおうという子供たちの意見に、シブシブ従うことに。

車に乗り込み5分もしないうちに、子供たちはイビキをかいて熟睡。
何度もパーキングに止まって、顔を洗い、体操をして、眠気を覚ましていた親父をよそに深く寝ている子供たち。
下山しても、親父はまだまだ終わりではない。運転という苦行が残っているのでした〜。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:21344人

コメント

すごスギちゃん!!
100mtさん、こんばんは

やりましたネ、塩見岳(^o^)/
去年、農鳥岳から間近に見た塩見岳に感動し、いつか行ってみたいなぁとおもっていた山ですが、テント泊を覚悟して行かなくちゃなぁって思っていたところ、まさかまさかの日帰りとは(゚ロ゚)
じぇじぇじぇ(‘ jjj ’)
すごスギちゃんです!!

とにかく二人のお子さんのタフネスぶりはりゲインを飲んだ時任三郎のように見えましたよ(^_^;)
24時間闘えますかって、全然闘ってるし(;^_^A

ホントにお疲れ様でした
そしておめでとうございます(⌒^⌒)b

こちらは捻挫の影響もあって大人しくワールドカップを見ていましたが、途中でヤマレコ見ては晴天のレポでため息をつき、ワールドカップでは逆転されてまたため息を着き、ストレスの溜まる週末を過ごしてました(;´д`)
こちらも頑張らねばといい刺激を頂きました(^_-)-☆
2014/6/15 22:45
は〜い!スギちゃんで〜す!!
Tai-keitaさん、おはようございます

ワタシもテント泊覚悟していましたが、冬季小屋も使える今のうちにと思い、荷物の最小化というとで小屋泊装備で行きましたが、日も長く、結局のところそのまま下山しちゃいました

でも、ここはぜひともテント泊するべきところのように思いました。
三伏峠のテント場がとても快適な感じで、ビールを飲みながらゆったり、まったりしたい雰囲気がありました
日帰りするのはもったいなかったといった感想です

早く捻挫を直して、リゲイン飲んで元気に山を登ってください
2014/6/16 8:56
てっきり小屋に19時かと・・・
100mtさん、おはようございます〜

昨日は外食前にレコを拝見したのですが、調子に乗って日本酒の冷やをはしごし 、あっさり撃沈しました

小屋に19時に戻られたのかと思ってたらなんと日帰りだったんですね
折角 担ぎ上げて16時だったら、 親父はいよいよお楽しみタイム なのにね

ピークでガスガスだったのは晴れ男不在だから仕方ないですが 、お兄ちゃん、今回はカメラを忘れてなくてなによりです

お疲れチャンでした〜
2014/6/16 5:18
生中2本と日本酒6合呑んだんでっか〜?
FRE兄さん、おはようございます

せっかく三伏峠で宴会を楽しもうと思ってたのに 残念です!
そして、翌日は駒ヶ根でゆっくり温泉つかって、ソースかつ丼食べて、伊那でローメン食べて・・・と思惑もあったのですが、
まあ、飲み相手がいなかったこともあるので妥協です

しかし、こんな梅雨半ばの好天の土日、山に行かないのはもったいないですよ〜
また、 ラブラブ登山 大作戦を復活させたらどうですか〜?

今度のテカリは晴れ男の実力を発揮してくれるよう、願ってますので〜
2014/6/16 9:06
今度は塩見
100mtさん こんばんは

先週薬師で山スキ−&呑んだくれと思ったら塩見日帰りですか

凄いですね恐れ入りました

次は空木日帰りですか またまた恐れ入りました。

やっぱり100mtさんは健全な人なのですね
2014/6/17 19:35
ここはテント泊すべきだった〜
ten兄さん、またまた、おはようございます

子供たちタフなのはいいのですが、オッサンの体力や趣向も考えてくれ〜って感じです
日帰りが難しい山をあえて日帰りに執着して、子供たちは競うのが好きというか、ある種、登山を競技のように思っているのか、カッコつけたいのか 若いんですね〜きっと

三伏峠のキャンプ場が素敵で、テント持っていけばよかった〜と後悔
塩見から帰ってきて、テント場で至福の乾杯
寝覚めのコーヒーcafe
のんびり、まったりできたものが、もったいなかった〜!
ビールや日本酒、サバ缶にゆでたまごまで担いでいったのに〜
急いで登って、急いで下りるなんて、本当の山の楽しみ方じゃあないなあって、あえて気づかされた部分もあります

下山後の駒ヶ根の温泉
ソースかつ丼に伊那ローメン
登山だけでなく、いろいろ楽しみたかったのですが〜
2014/6/18 9:03
ま・・・まさかの(ToT)/~~~
まさかの日帰り〜(ToT)/~~~
びっくりしました( ̄▽ ̄)
さすがですね!!!

塩見はいつか行ってみたいと思っていますがやっぱり1泊しなきゃ無理だぁ(ToT)/~~~

2人とも・・・3人ともかっこいいです(≧▽≦)

どんどん近づいてきますね(#^.^#)
今一緒に行ったら私は足手まとい間違いなし( ̄▽ ̄)(笑)
息抜き&のんびりしたい時はよろしくお願いします(^.^)/~~~
2014/6/19 0:45
ま・・・まさかの(ToT)/~~~
villaさん、こんばんは〜

かっこいい人、2人ではなく、3人にしていただいてありがとうございます

ホントのホントに息抜き&のんびりしたいです
北八ッあたりでなにも考えずにボーっと!

ガツガツ急いで山に登るより、ボーっと、ボーっとしに山に行くこと、これに尽きます

そん時はよろしくお願いします
2014/6/19 21:02
すごいですね!
いつも百名山のホムペ見させていただいています。
あと20座くらいでしょうか??

それにしてもすごいですねー。
子連れで日帰りですか!!みんな健脚だぁ!!

ずっと塩見に日帰りで行けたらなーって考えていたので参考になりました^^
ありがとうございます。

おれもヤマレコはやってますが、ほとんどブログ更新です^^;
http://ameblo.jp/toshinohitorigoto/
2014/6/19 6:51
ワタシよりひとまわり若いんだから大丈夫ですよ〜
toshi_hijiriさん、こんばんは&初めまして

コメントありがとうございます。
ブログ拝見させていただきました!
焼津、いいところですね

toshi_hijiriさんは、ワタシよりもひとまわり若いですし、タフそうだから塩見の日帰りには十分だと思います
不安でしたら、保険として、最初の3時間のがまんで済むので、三伏峠にテント泊の用意だけ持ってってデポしておくといいかもしれませんね〜

ちょこちょこブログのぞかせてもらいますね〜
2014/6/19 21:09
なつかしい〜
こんにちは。
昨年登った時の事を思い出しました。
私は三伏峠でテント泊だったけどね
塩見小屋が雪に埋れていてすごいですねぇ…。

なんと日帰りとはっ
そりゃ泣きも入るってもんです。
お疲れ様でした。
2014/6/19 9:36
楽しみも奪われて、泣きも入るってもんでしょ〜
kero姉さん、こんばんは〜

三伏峠のテント泊はkeroさんのレコ読んでて、ここで 憧れてました〜
まあ、ひ弱な考えでテント持っていかずに冬季小屋泊りの装備で行ったのですが・・・
小屋が近づいた時、大好きなゆでたまごを食べながらビールを飲んで、アワアワ天国を妄想してたのですが、
しか〜し!子供たちは山で 呑んだくれることの楽しみを知りまちぇ〜ん

あと、塩見小屋ファンもいるくらい、塩見小屋は味があっていいということもネットの中の話題に出てて、ここで月に照らされた塩見岳を見ながらお酒を呑みたいなんて思ってたのですが・・・

また、次は違う意味でのリベンジとして塩見岳に登りたいと思います
2014/6/19 21:18
ゲスト
あの疲労感・・・思い出しました・・・
はじめまして
塩見岳の日帰り・・・つらいですよね〜
私も二年前の八月にやりました〜
もう、最後は足がガクガクでした。
でも、登山口まで自転車を持って行ったので、最後の林道は
“あっ”と言う間でしたよ〜
さすがに自転車3台は車に積めませんよね・・・
しっかし、タフな息子さんですね
頼もしいばかりです
あとは、運転できれば言う事無し!!・・・・ですね
2014/6/23 14:37
早く運転免許とってほしいです!
panda-chanさん、はじめまして
コメントありがとうございます

自転車は最強の武器ですね bicycle
登山ポストの裏に自転車が何台か置いてあって、あ〜自転車があれば〜な〜と思いましたが、3台積むのは大変なことで不可能なことです

出発した時は、たいしたことないような気がしたのですが、疲れ切った帰り道の林道と、はるか遠くに見えてる駐車場は、そこで倍の疲労感が出てきました

下山後の疲れた体での運転は、一歩間違えれば大事故につながるので、ぜひとも交代要員がほしいところです。

panda-chanさんも百名山を目指されているようで、お互いに目標に向かって頑張りましょう!
2014/6/23 16:18
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht
この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する記録※内容が近いものを自動的に表示しています。

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ