また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 507042 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走剱・立山

剱岳 早月尾根 - 北アルプスデビュー

日程 2014年09月12日(金) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
馬場島荘駐車場(無料、隣にトイレと水場あり)。
4時20分の到着時に1割程度の空きあり。路駐はありませんでした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間40分
休憩
1時間30分
合計
10時間10分
S馬場島04:3007:35早月小屋07:4509:50剱岳10:3011:50早月小屋12:3014:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
迷う箇所はあまり無いと思います。
のっけから急坂。松尾平を除き、殆ど足を休める所が無い、潔い直球一本勝負の道でした。
下りは、整備された道ながら、そのために意図的に設計されたかのごとく、結構足にきます。浮石・木の根。自分は普通のコースでも下りで滑って転ぶのが珍しくありませんが、多分、今日は5回以上尻もちをついたはずです。
標高1,000mから2,800mまでの展望の良い所を選んで、200mごとに標識あるのはありがたいです(=必ずしも正確な標高表示ではない)。
岩場(カニのハサミと呼ぶのでしょうか。標識等には気付きませんでした)に対して、かなり不安感をもってのぞみましたが、結果的に、無難に通り抜けることができました。
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

装備

備考 水を4ℓ用意していましたが、朝の気温が12度と肌寒かったため、3ℓを持参。あまり喉が渇きませんでしたが、荷物を軽くするために頑張って、実消費量は2ℓとなりました。
このルートを登る方はヘルメットをしない方が多いとの事前情報でしたが、備えあれば憂いなし、と防災用パッケージに入っていたヘルメットを持参しました。母集団は少ないながら、ヘルメットを装着されていた方との比率は半々といったところでした。

写真

秋ですね。
ゴゼンタチバナの実が色付いています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋ですね。
ゴゼンタチバナの実が色付いています。
1
オヤマリンドウ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オヤマリンドウ。
1
奥大日岳・大日岳。雄大です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥大日岳・大日岳。雄大です。
2
早月小屋手前から剱岳が姿を現してきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早月小屋手前から剱岳が姿を現してきます。
2
赤谷山、猫又山方面も綺麗に見えています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤谷山、猫又山方面も綺麗に見えています。
4
早月小屋、早月川、遠く富山平野です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早月小屋、早月川、遠く富山平野です。
1
迫力があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迫力があります。
2
風にそよぐチングルマの果穂は本当に綺麗です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風にそよぐチングルマの果穂は本当に綺麗です。
1
室堂と地獄谷です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
室堂と地獄谷です。
トリカブトの群生も見事です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トリカブトの群生も見事です。
2
剱岳山頂が間近に迫ってきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱岳山頂が間近に迫ってきます。
2
霜柱。ここまで来ると冬です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霜柱。ここまで来ると冬です。
3
岩場にさしかかります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場にさしかかります。
1
立山も姿を現してきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山も姿を現してきました。
3
早月尾根 最後のアプローチです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早月尾根 最後のアプローチです。
3
こちらは立山と別山尾根方面です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは立山と別山尾根方面です。
6
09:49 剱岳山頂到着です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
09:49 剱岳山頂到着です。
15
八ッ峰と源次郎尾根。
こういう所を歩くのは No, thank youですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ッ峰と源次郎尾根。
こういう所を歩くのは No, thank youですね。
3
ガスが一瞬晴れ、立山の向うに槍ヶ岳も。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが一瞬晴れ、立山の向うに槍ヶ岳も。
3
熊の糞とのことです。
登山道のど真ん中に落ちていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熊の糞とのことです。
登山道のど真ん中に落ちていました。
1
とても色合いの良い可憐な花ですが、何と言う名前の花だろうか。岩桔梗のようですが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とても色合いの良い可憐な花ですが、何と言う名前の花だろうか。岩桔梗のようですが。
2
立山杉の古木です。
こういう木の洞には熊が住みつくそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山杉の古木です。
こういう木の洞には熊が住みつくそうです。
2
馬場島荘駐車場に帰ってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬場島荘駐車場に帰ってきました。
2
本日の締めは、見事な剱岳に敬意を表し、富山の酒で。
これは初めて飲む酒ですが、自分好み。すーっと喉を落ちて行く、極めて危険な酒です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の締めは、見事な剱岳に敬意を表し、富山の酒で。
これは初めて飲む酒ですが、自分好み。すーっと喉を落ちて行く、極めて危険な酒です。
4

感想/記録

今年5月の会話。
自分「健康のため、服と靴とリュックを買って、マジメに山登りを始めてみよう思うんだけど。4万円くらいかな」。
妻「危ない所には行かないこと。高所恐怖症なんでしょ!」。
自分「この年になって山で怪我してもアホかと言われるだけ。尖った山には行かないから多分大丈夫」との約束をしていましたが、これは槍ヶ岳をイメージしての発言。「劔岳 点の記」という映画を見たことはありますが、つい最近まで、槍ヶ岳の他に剱岳という山があるとは思わず、この映画の舞台は槍ヶ岳と勘違いしていた山レベルでした。
”危険度の高い山”と認識した「剱岳」は、当然、レコ内でクリック対象外でしたが、先週、たまたま開いたところ、早月尾根コースの危険度がやや低いとの情報。色々と調べてみると、確かに自分でもたちくらみ無しで登れそうだと判断し、今回の決行に至りました。

距離が短いながらも、単純標高差で甲斐駒ケ岳黒戸尾根を上回る「北アルプス3大急登」と言われるコースだけに、確かに急坂続きです。
長丁場だけに、息を切らさないことと、足に突発的な負荷を与えないことに注意しながら、800mほど標高を稼いだあたりで、猛追してこられる方に一気に抜かれました。地元ご出身で剱岳をこよなく愛すKさんという方でした。初めて剱岳に来た自分が東京から来たことを知ったKさんは、何と、ご親切にもガイド役を買ってくれました(自殺しそうに見えたのかな)。適度のペースキーピングにより、引っ張り上げられるような感覚で、山頂まであっという間に(ちょっと大げさですか)楽しく到着です。マラソンでペースキーパーがいると良い記録を出し易いというのが実感として良く理解できました。
山頂では、少し前まで見えていたという富士山は見損ねましたが、槍ヶ岳ほかのパノラマビューを楽しむことができました。
それよりも、Kさんという素晴らしいレディーとも知り合える機会が得られ、山って本当に良いですね。

東京を車で前日22時に出発し、翌22時に戻るという充実した24時間でした。
訪問者数:1074人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/12/25
投稿数: 6074
2014/9/13 21:48
 劔岳いいですね
pokepikaさん、今晩は

早月尾根から劔岳いいですね。私も点の記読んで気になっているところですが
見事に登頂されましたね。
しかもいい天気、長時間の運転もお疲れ様でした。
登録日: 2014/5/22
投稿数: 295
2014/9/14 9:53
 劔岳いいですね
higurasiさん。
ありがとうございます。
膝の方もほぼ完治されたようで、何よりです。
大分涼しくなってきて、山歩きには最高の季節かと思います。
山レポートの再開を楽しみにしていますよ。
登録日: 2013/7/7
投稿数: 160
2014/9/18 23:04
 お疲れ様でした
剱岳で会った二人組の片方です!
頂上の三角点で荷物どけて頂きありがとうございます(笑)
自分も登る前はカニのハサミにビビってましたが意外とあっけなかったですね、
気は抜けませんでしたが。
僕等より年齢が上なのに凄く速いペースですね、とてもカッコイイと思います。
登録日: 2014/5/22
投稿数: 295
2014/9/19 6:45
 お疲れ様でした
cotaさん。
その節は失礼しました。
まさかあれが三角点だとは思わず、他の方からも顰蹙を買っていたかと思うと赤面です。
貴レコの黒戸尾根などを読ませて戴きましたが(昨日自分が槍ヶ岳を含め)、速いですね。
ひょっとして山道を走っておられるのかな。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ