また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 507761 全員に公開 ハイキング奥秩父

小楢山〜乙女高原 ガスに邪魔され喝ーっ!連発ハイク

日程 2014年09月12日(金) [日帰り]
メンバー
天候下界は晴れ。山頂はガス時々曇り。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
焼山峠 駐車場利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち61%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間4分
休憩
46分
合計
4時間50分
S焼山峠08:2409:36小楢山09:3809:46小楢峠09:4709:58幕岩10:1510:23タナネイリノ頭10:34小楢山10:5111:40焼山峠11:4312:34乙女高原グリーンロッジ12:4013:13焼山峠13:14ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
幕岩は初級ハイク愛好者には無理。途中で撤退しました。

【焼山峠〜幕岩】
技術力(腕力)..★☆☆☆☆(幕岩の直前まではまったく手はつかいません。が、幕岩上りの垂直近い鎖は★★★★☆(手足がもう一本ほしい)です。)
高度感対応力...★☆☆☆☆(幕岩の直前まではまったく問題有りません。が、幕岩上りの垂直近い鎖は★★★☆☆(下を見たくない)、鎖の上の頂上は★★★★★(巻きます、帰ります)でした。)
道迷危険度....★★★☆☆(標識、ふみ跡はしっかりしていますが、国土地理院地図に載っていない巻き道分岐がありちょっと注意が必要。)
花鳥風月度....★★☆☆☆(今日は天候に恵まれませんでしたが野草ときのこは豊富でした。小楢山、幕岩で眺望があれば多分★★★なのでしょう。)

【焼山峠〜遊歩道〜乙女高原〜車道〜焼山峠】
技術力(腕力)..★☆☆☆☆(まったく手はつかいません。小さなお子様連れ家族向けレベル)
高度感対応力...★☆☆☆☆(同上)
道迷危険度....★★☆☆☆(遊歩道は整備されていますが、「展望台」「四季の森広場」の標示にだまされてはいけません。後述)
花鳥風月度....★★☆☆☆(野草の季節であれば多分★★★なのでしょう。高原といっても湿原に近い野原なので山々の眺望はありません。)
その他周辺情報温泉、ぶどう狩り、その他多数看板あれど直帰しました。
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

今日も不本意ながらきのーこ野草写真が多いので二部構成にしました。
2014年09月13日 09:19撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日も不本意ながらきのーこ野草写真が多いので二部構成にしました。
4
前回眺望期待の茅ヶ岳が空振ったので、リベンジをかねて小楢山にしました。「天気とくらす」では晴れマークが並んでいたんだが、なんとなく怪しい雲行き。
2014年09月12日 08:25撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回眺望期待の茅ヶ岳が空振ったので、リベンジをかねて小楢山にしました。「天気とくらす」では晴れマークが並んでいたんだが、なんとなく怪しい雲行き。
1
駐車場のすぐ南に登山口の看板があります。
2014年09月12日 08:26撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場のすぐ南に登山口の看板があります。
入り口には子授地蔵尊。
2014年09月12日 08:31撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入り口には子授地蔵尊。
1
歩きやすい道ですが、昨日の雨も有ってか草には露が付いていてあっという間にスソがびしょぬれです。面倒なんで大体スパッツなぞはつけません。(車ですしね。)
2014年09月12日 08:32撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩きやすい道ですが、昨日の雨も有ってか草には露が付いていてあっという間にスソがびしょぬれです。面倒なんで大体スパッツなぞはつけません。(車ですしね。)
2
この時点で14度、66%。つい先日まで朝から25度位有ったのがウソのようですね。
2014年09月12日 08:35撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時点で14度、66%。つい先日まで朝から25度位有ったのがウソのようですね。
3
的岩(石)の頭の手前で新道、旧道が分岐しています。
2014年09月12日 09:03撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
的岩(石)の頭の手前で新道、旧道が分岐しています。
行きは新道でいきます。(的岩の頭があるのは旧道のほう)
2014年09月12日 09:03撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行きは新道でいきます。(的岩の頭があるのは旧道のほう)
2
ふり返ると雲の具合が微妙。いやな予感。
2014年09月12日 09:06撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふり返ると雲の具合が微妙。いやな予感。
1
新道は特に標識もなく眺望もなく淡々と進みました。(きのこ、野草はありましたが、写真は第2部に)
2014年09月12日 09:12撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新道は特に標識もなく眺望もなく淡々と進みました。(きのこ、野草はありましたが、写真は第2部に)
2
少し下るとすぐ旧道と合流します。
2014年09月12日 09:16撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し下るとすぐ旧道と合流します。
国土地理院地図ではすぐ小楢山への分岐があるかと思ったんですが廃道のようで、実際は5分ほど先だったのでしばらく悩みながら歩きました。
2014年09月12日 09:21撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国土地理院地図ではすぐ小楢山への分岐があるかと思ったんですが廃道のようで、実際は5分ほど先だったのでしばらく悩みながら歩きました。
3
ここで標識登場。直進が巻き道、左折が小楢山頂上です。
2014年09月12日 09:26撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで標識登場。直進が巻き道、左折が小楢山頂上です。
すぐ上に一杯水の標識。確かに湧いていますが、コップ一杯ためるのに10秒くらいかかりそうな水量です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐ上に一杯水の標識。確かに湧いていますが、コップ一杯ためるのに10秒くらいかかりそうな水量です。
2
9:35 一時間ほどで小楢山山頂到着。ここまで誰にも会いませんでした。多少日がさして妙見山方向の尾根までは見えるのですが、
2014年09月12日 09:35撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:35 一時間ほどで小楢山山頂到着。ここまで誰にも会いませんでした。多少日がさして妙見山方向の尾根までは見えるのですが、
4
期待していた富士山、南アルプス方面は雲々でまったく見えません。 先に今日の最終目的地幕岩を片付けることにしてそのまま進みました。
2014年09月12日 09:38撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
期待していた富士山、南アルプス方面は雲々でまったく見えません。 先に今日の最終目的地幕岩を片付けることにしてそのまま進みました。
少し下ると、先ほどの巻き道と合流します。そのすぐ先はフフ山梨から上がってくる母恋しの分岐のようです。
2014年09月12日 09:46撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し下ると、先ほどの巻き道と合流します。そのすぐ先はフフ山梨から上がってくる母恋しの分岐のようです。
1
幕岩の近くに行くと、右谷側が急な細い道になります。
2014年09月12日 10:00撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幕岩の近くに行くと、右谷側が急な細い道になります。
2
10:00 で、本日の「核心部」幕岩のしたに到着しました。下から見て相当厳しい感じはしましたが、チャレンジしてみることにしました。
2014年09月12日 10:02撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:00 で、本日の「核心部」幕岩のしたに到着しました。下から見て相当厳しい感じはしましたが、チャレンジしてみることにしました。
約垂直の鎖にしがみついて5m位上がって上を見ると、まだ5m位あります。技術レベルは★★★★☆(手と足をもう一本ほしい)
2014年09月12日 10:09撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
約垂直の鎖にしがみついて5m位上がって上を見ると、まだ5m位あります。技術レベルは★★★★☆(手と足をもう一本ほしい)
2
下をのぞくとこんな感じ。
2014年09月12日 10:09撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下をのぞくとこんな感じ。
ようやく鎖の上に到達するとさらに左手があるぢゃないですか。 しかも、ワタクシの一番苦手とする「つるっとしていてつかまるものがない岩場」。高度感対応力レベルが★★★★★(巻きます、帰ります)と判断して、あきらめました。
2014年09月12日 10:06撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく鎖の上に到達するとさらに左手があるぢゃないですか。 しかも、ワタクシの一番苦手とする「つるっとしていてつかまるものがない岩場」。高度感対応力レベルが★★★★★(巻きます、帰ります)と判断して、あきらめました。
6
ここまで一人もお会いしていないので、落ちたら金輪際見つからないかも知れないし、期待していた眺望もほとんどないので、無理することも無いやと「すっぱい葡萄」もーど。 
2014年09月12日 10:05撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで一人もお会いしていないので、落ちたら金輪際見つからないかも知れないし、期待していた眺望もほとんどないので、無理することも無いやと「すっぱい葡萄」もーど。 
3
母恋し分岐まですごすごと戻ってきました。帰りは巻き道の予定だったのですが、眺望無しで帰るのも忍びなく、少し日差しもあるようなので、もう一度小楢山山頂経由にしました。
2014年09月12日 10:25撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
母恋し分岐まですごすごと戻ってきました。帰りは巻き道の予定だったのですが、眺望無しで帰るのも忍びなく、少し日差しもあるようなので、もう一度小楢山山頂経由にしました。
10:40 再び山頂ですが、先よりも悪い。これは喝ーっですね。
2014年09月12日 10:38撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:40 再び山頂ですが、先よりも悪い。これは喝ーっですね。
1
北西方向の木立越しに金峰山(五丈岩)と思しき山影が見えたのがせめてもの慰め。軽食がてら10分ほど粘りましたがあきらめました。
2014年09月12日 10:49撮影 by CX1 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北西方向の木立越しに金峰山(五丈岩)と思しき山影が見えたのがせめてもの慰め。軽食がてら10分ほど粘りましたがあきらめました。
2
帰りは的石の旧道にしました。
2014年09月12日 11:05撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは的石の旧道にしました。
これですかい。確かにスパッと割れた岩が特徴的ですね。
2014年09月12日 11:05撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これですかい。確かにスパッと割れた岩が特徴的ですね。
1
5分ほどで、反対側の新道分岐に到達。
しばらく歩いたところで今日唯一のハイカーグループ7〜8名様と遭遇しました。
2014年09月12日 11:11撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5分ほどで、反対側の新道分岐に到達。
しばらく歩いたところで今日唯一のハイカーグループ7〜8名様と遭遇しました。
大弛峠に向かう車道が見えたところで、車道歩きにしました。車道の向うに金峰山、朝日岳、大弛峠、国師ヶ岳辺りが見えているようです。車道の方が眺望あるやないか。これも喝ーっ
2014年09月12日 11:28撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大弛峠に向かう車道が見えたところで、車道歩きにしました。車道の向うに金峰山、朝日岳、大弛峠、国師ヶ岳辺りが見えているようです。車道の方が眺望あるやないか。これも喝ーっ
3
11:40 焼山峠に戻ってきました。先ほどのグループの方の車が止まっていないところを見ると、前の写真の車道脇に駐車した車だったかな。その手もあったか。
2014年09月12日 11:40撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:40 焼山峠に戻ってきました。先ほどのグループの方の車が止まっていないところを見ると、前の写真の車道脇に駐車した車だったかな。その手もあったか。
1
少し短かったので、今度は乙女高原に向かいます。トイレの左手から遊歩道があります。
2014年09月12日 11:42撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し短かったので、今度は乙女高原に向かいます。トイレの左手から遊歩道があります。
2
入り口はちょっと草ぼうぼうで分かりにくいが、木道など整備されたちゃんとした遊歩道です。
2014年09月12日 11:44撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入り口はちょっと草ぼうぼうで分かりにくいが、木道など整備されたちゃんとした遊歩道です。
3
展望台、とのことでいってみましたが、
2014年09月12日 11:55撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台、とのことでいってみましたが、
これですかい。展望ないやないか。またまた喝ーっ。
clione様, masataro様のレコにものってましたね。
2014年09月12日 11:56撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これですかい。展望ないやないか。またまた喝ーっ。
clione様, masataro様のレコにものってましたね。
2
標識は整備されていますが、あまり歩かれていないようですね。
2014年09月12日 12:02撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標識は整備されていますが、あまり歩かれていないようですね。
30分ほどで車道に出ました。反対側に「湿原」の標示があったので、少し戻って行ってみました。
2014年09月12日 12:17撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
30分ほどで車道に出ました。反対側に「湿原」の標示があったので、少し戻って行ってみました。
んー、確かに小さな湿原ですが、時期がまずいようでめぼしいものは見付かりません。
2014年09月12日 12:19撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
んー、確かに小さな湿原ですが、時期がまずいようでめぼしいものは見付かりません。
4
12:30 乙女高原ロッジ下の駐車場到着。散策路が整備されているようです。こちらには、野草見学に見えられた車が2台入って見えてました。
2014年09月12日 12:31撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:30 乙女高原ロッジ下の駐車場到着。散策路が整備されているようです。こちらには、野草見学に見えられた車が2台入って見えてました。
2
乙女高原ロッジは今日はお休みのようですね。
2014年09月12日 12:35撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乙女高原ロッジは今日はお休みのようですね。
4
先ほどの散歩マップにあった散策路はこんな感じ。ぐるっと一周しても30分くらいの広さです。野草の写真付きポスターなど随所に設置されていましたが、盛りを過ぎているので野草はまばら。(野草は第2部に)
2014年09月12日 12:38撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ほどの散歩マップにあった散策路はこんな感じ。ぐるっと一周しても30分くらいの広さです。野草の写真付きポスターなど随所に設置されていましたが、盛りを過ぎているので野草はまばら。(野草は第2部に)
2
高原から焼き山峠に小路があったのでいってみましたが、湧水、小川で浸水していて引き返しました。(まっすぐ進むと塩平に連れて行かれるようです。)
2014年09月12日 12:47撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高原から焼き山峠に小路があったのでいってみましたが、湧水、小川で浸水していて引き返しました。(まっすぐ進むと塩平に連れて行かれるようです。)
1
帰りは車道歩き。今日は日差しがなくて、気温も高くないので苦になりませんでした。
2014年09月12日 12:55撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは車道歩き。今日は日差しがなくて、気温も高くないので苦になりませんでした。
車道脇に「四季の森広場」。行きの遊歩道にいくつも標識があってどこかと思いましたが、ここですか。これは分からんわな。
2014年09月12日 13:08撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道脇に「四季の森広場」。行きの遊歩道にいくつも標識があってどこかと思いましたが、ここですか。これは分からんわな。
ちなみにこちらが遊歩道マップ。国土地理院地図に遊歩道はのっていないので、参考になるかも知れません。
2014年09月12日 13:08撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちなみにこちらが遊歩道マップ。国土地理院地図に遊歩道はのっていないので、参考になるかも知れません。
13:15 焼き山峠に戻ってきました。この時点でも駐車していたのはウチのポチ号だけ。今日はほんとに静かな(喝連発の)ハイクでした。
2014年09月12日 13:13撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:15 焼き山峠に戻ってきました。この時点でも駐車していたのはウチのポチ号だけ。今日はほんとに静かな(喝連発の)ハイクでした。
2
凡例 
○ そこら中で見かけました。 
△ 時々みかけました。 
× たまたま見かけました。
2014年09月13日 09:21撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凡例 
○ そこら中で見かけました。 
△ 時々みかけました。 
× たまたま見かけました。
4
歩き始めて、すぐ目に入ってきたのがハナイカリ。今日一番の見ものだったかも。
2014年09月12日 08:38撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩き始めて、すぐ目に入ってきたのがハナイカリ。今日一番の見ものだったかも。
3
こちらはキオンですかね。 ○
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらはキオンですかね。 ○
こちらがアキノキリンソウ? (要確認) 区別がつかんな △
2014年09月12日 08:53撮影 by CX1 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらがアキノキリンソウ? (要確認) 区別がつかんな △
1
マルバダケブキは終わりかけ。○
2014年09月12日 08:57撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マルバダケブキは終わりかけ。○
2
ぬるっとしたキノーコ1
2014年09月12日 09:04撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぬるっとしたキノーコ1
ウスユキソウ △
2014年09月12日 09:05撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウスユキソウ △
4
小さなコゴメグサの仲間? △
2014年09月12日 09:11撮影 by CX1 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さなコゴメグサの仲間? △
2
白めのキノーコ2
2014年09月12日 09:24撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白めのキノーコ2
ぬるっとしたキノーコ5、1と同じ?
2014年09月12日 10:30撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぬるっとしたキノーコ5、1と同じ?
1
赤めのキノーコ6
2014年09月12日 10:32撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤めのキノーコ6
赤めのキノーコ7
2014年09月12日 11:01撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤めのキノーコ7
ツートンカラーのキノーコ8
2014年09月12日 11:09撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツートンカラーのキノーコ8
ゲンノショウコ △
2014年09月12日 11:20撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲンノショウコ △
1
シロヨメナ ○
2014年09月12日 11:25撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シロヨメナ ○
3
ちょい赤めのキノーコ9
2014年09月12日 11:26撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょい赤めのキノーコ9
ここから先は小楢山〜焼山峠に向けた車道沿い。
サラシナショウマ △
2014年09月12日 11:30撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから先は小楢山〜焼山峠に向けた車道沿い。
サラシナショウマ △
2
コウゾリナ、かな △
2014年09月12日 11:30撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コウゾリナ、かな △
1
アザミ ○
2014年09月12日 11:30撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アザミ ○
フシグロセンノウ × ピンボケ御免
2014年09月12日 11:31撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フシグロセンノウ × ピンボケ御免
2
ツリフネソウ △
2014年09月12日 11:31撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツリフネソウ △
2
イタドリ △
2014年09月12日 11:32撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イタドリ △
1
ヤマハハコ △
2014年09月12日 11:33撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマハハコ △
3
ソモツケソウ △
2014年09月12日 11:35撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ソモツケソウ △
1
アキノタムラソウ? △
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アキノタムラソウ? △
3
ノコンギク? △
2014年09月12日 11:39撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ノコンギク? △
4
ここから先は乙女峠に向けた遊歩道です。
ポッチのついた灰色キノーコ10
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから先は乙女峠に向けた遊歩道です。
ポッチのついた灰色キノーコ10
3
白めのキノーコ11
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白めのキノーコ11
3
黄色のキノーコ12 何かの根っこに沿って生えているみたいですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄色のキノーコ12 何かの根っこに沿って生えているみたいですね。
1
赤めのキノーコ13 同じ赤でも微妙に違うような。(単なる新鮮さの違い?)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤めのキノーコ13 同じ赤でも微妙に違うような。(単なる新鮮さの違い?)
茶色のキノーコ14 こちらも何かに沿って生えているような。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶色のキノーコ14 こちらも何かに沿って生えているような。
1
ヨメナ ○
2014年09月12日 12:06撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヨメナ ○
1
ここからは乙女高原の散策路
2014年09月12日 12:36撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは乙女高原の散策路
1
これはフジバカマ? △ この付近ではよく見かけました。
2014年09月12日 12:38撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これはフジバカマ? △ この付近ではよく見かけました。
1
ハギ △
2014年09月12日 12:39撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハギ △
1
ナデシコ ×
2014年09月12日 12:42撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナデシコ ×
7
マツムシソウ ×
2014年09月12日 12:43撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マツムシソウ ×
5
ハクサンフウロ △
2014年09月12日 12:44撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンフウロ △
4
ツリガネニンジン △
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツリガネニンジン △
5
キツリフネ ×
2014年09月12日 13:00撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キツリフネ ×
白いキノーコ15の群生
2014年09月12日 13:04撮影 by GXR A16 , RICOH
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白いキノーコ15の群生
最後に茶色いキノーコ16の群生。豊作ぢゃ、豊作じゃ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後に茶色いキノーコ16の群生。豊作ぢゃ、豊作じゃ。
1

感想/記録

先週は茅ヶ岳で眺望に恵まれず、天気予報見ながらリベンジのつもりで小楢山に出かけてきましたが、見事に連敗でした。「天気とくらす」ではお日様が並んでいたのですが、たまたまなのか、日ごろの行いのせいなのか外れました。(tenki.jpでは近くの金峰山が曇り時々晴れ位だったので、こちらの方が近かったような。どこのサイトが当たりそうかという質問箱、日記記事を見たような気もするので調べてみようかと思いました。)
それはさておき、そういったわけでせっかくの眺望は台無しで、今回も野草ときのーこを探したうつむき加減のハイクになりましたが、歩いていても汗びっしょりではなかったは不幸中の幸いでした。ま、前回行った茅ヶ岳の「百の頂に百の喜びあり」に免じて、よいハイクだったことにしませうかね。

それから、下にも書きますが、幕岩は初級ハイク愛好者の方は避けた方が無難です。

【コース全体を通しての個人的総評】身の丈レベルの凡例は「プロフィール」に
スタミナ(体力).★★★☆☆ (EKmr度数=22.0 標高差はあまり無いのでさほどきつくありません。小楢山ピストンだけだとEKmr度数は15位になりそうなので少し楽すぎかも。)
技術力(腕力)..★☆☆☆☆(幕岩の垂直鎖入れると★★★★手と足がもう一本ほしい、になります。腕力の無い方は無理なさらない方が無難です。)
高度感対応力...★☆☆☆☆(幕岩の垂直鎖と上部は★★★★〜★★★★★になります。高いところが苦手な方は無理なさらない方が無難です。)
道迷危険度....★★★☆☆☆(地図に載っていない遊歩道、分岐が多く、目印となりそうな地形が少ないので注意が必要かな。地図コンバスだけでなくGPSもほしいところ。)
花鳥風月度....★★☆☆☆(今日は天候に恵まれませんでしたが眺望があれば多分★★★なのでしょう。野草の季節ならさらに良いかも。)
また行きたい度..★☆☆☆☆(んー、ちょっと特徴がはっきりしないので微妙かも。)
オススメ総合評価.★☆☆☆☆ハイクとしては微妙。乙女高原の花さんぽとしてはまあまあオススメ★★できると思いました。
総評・コメント:小楢山、幕岩の上部は天気がよければ180〜360度ビューが期待できます。また、健康林間ハイクのつもりであれば、(小楢山で折り返して幕岩に近寄らなければ)晩春から初夏にかけては野草の多そうな、歩きやすい良い初級者向けコースだと思います。
訪問者数:585人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/2/18
投稿数: 1927
2014/9/13 19:11
 これはまた!
こんばんわ
レコ、上がりましたね
今回は総距離10kmオーバー&鎖場まであって、なかなかのハード!?な山行だったのでしょうかね
・・・でも、標高差は余りありませんかね(汗)

この時期、夏山という感じでもないし、紅葉目当ての秋山でもなく、どこに行こうかと迷う時期ではないですか?
我が家はこの時期、過去に計画して中止になった山行の「復活戦!?」みたいな感じです

明日は浅間山域に家内と出掛けてきますね
昨日の黒桧山周回のハイペースがたたって少々筋肉痛が出ているんですけど、大丈夫かなぁ(汗)
登録日: 2013/3/9
投稿数: 1305
2014/9/13 19:44
 Re: これはまた!
air_4224さん こんばんは〜。コメントありがとうございます。

> どこに行こうかと迷う時期ではないですか?
いや、まさにその通りですね。新緑、野草は終わってるし、紅葉のきれいなところ、晩秋〜初冬に富士山がすっきり見えるところは取っておきたいし。
ここのところ行った毛無山、茅ヶ岳、小楢山は「行かねばリスト」からどれにも当たらなさそうな(季節性の少なそうな)ところを無理やり選びました。(それぞれ野草、きのこが予想よりあったのは儲けものでしたが)  

> 明日は浅間山域に家内と出掛けてきますね
明日はtenki.jpでも浅間山付近は晴れのち曇りなので気持ちよさそうですね〜。
レコ楽しみにしています。
登録日: 2012/2/16
投稿数: 763
2014/9/13 20:15
 タイムリーなレコ、ありがとうございます!
tatsucaさん こんばんは

明日同じようなコースを歩く予定にしていたので、とっても参考になりました
マツムシソウとアケボノソウに会えるかなと期待していたのですが・・・
マツムシソウは×でしたか
アケボノソウは終わってしまったようですね

今から他のコースを考えるか、とりあえず期待しないで行ってみるか?
ン〜、どうしようかと迷ってしまいました
登録日: 2013/3/9
投稿数: 1305
2014/9/13 20:37
 Re: タイムリーなレコ、ありがとうございます!
mskameさん、こんばんは。

いつもレコ参考にさせていただいております。

マツムシソウは乙女高原の散策路で一株見つけただけでした。アケボノソウは今回は気がつきませんでした。といっても今回は乙女高原のほうはオマケのつもりで行ったので、散策路全長の1/5位しか歩いていません。もしかしたら林の中の散策路に咲いていたのかも知れません。うーん、もっと粘ればよかった。

乙女高原のハナは大分痛んでいましたが、mskameさんの花レーダー感度であれば、過去のレコではワタクシの倍は見つけられていたので、小楢山は短めピストンにして乙女高原下まで車で移動して探索にたっぷり時間をかける手はありそうですよ。

ワタクシの雑なレコが少しでも参考になれば幸いでございます。
今後ともよろしくお願いします。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ