また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 507765 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

久々のハイク;本仁田山-川苔山から寄り道しながら赤杭尾根を下り川井へ

日程 2014年09月12日(金) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

自宅5:10−奥多摩駅7:45−9:55本仁田山10:10−11:35川苔山12:00−12:30エビ小屋山12:40−13:15赤杭山−13:50ズマド山14:00−14:15登山道−14:55川井駅15:24−17:25自宅
コース状況/
危険箇所等
・危険個所はありません。
・赤杭尾根等一部ヤブが結構茂っている部分があるので、長袖がおすすめです。
・全ルート粘土質の土壌なので、降雨後などは滑りやすい。
・エビ小屋山への指導標は無い。(下って来て登山道真ん中に大きな木があるので、その先をまっすぐに登れば良い。)
・ズマド山への指導標もない。(古里との分岐のすぐ先に、”川井駅”の小さな手作り指導標が有る所を左に下らず直進すればよい)
 尚、ズマド山からは古里駅へ下れそうだが、トレースは無い。
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

登山道入口
2014年09月12日 08:20撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道入口
1
乳地蔵様
2014年09月12日 08:28撮影 by FinePix S1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乳地蔵様
1
タマアジサイかな?
2014年09月12日 08:13撮影 by FinePix S1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タマアジサイかな?
1
ツリフネソウ
2014年09月12日 08:30撮影 by FinePix S1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツリフネソウ
2
本仁田山頂
(石一つ運動でもあるのでしょうか?白い玉石が沢山)
2014年09月12日 09:57撮影 by FinePix S1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本仁田山頂
(石一つ運動でもあるのでしょうか?白い玉石が沢山)
2
石尾根のような気持ちの良い登山道
2014年09月12日 10:24撮影 by FinePix S1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石尾根のような気持ちの良い登山道
1
舟井戸
一休みしたくなる気持ちの良い場所です
2014年09月12日 11:14撮影 by FinePix S1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舟井戸
一休みしたくなる気持ちの良い場所です
2
稜線直下の水場
2014年09月12日 11:23撮影 by FinePix S1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線直下の水場
1
川苔山山頂
展望は芳しくありません
2014年09月12日 11:36撮影 by FinePix S1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川苔山山頂
展望は芳しくありません
4
山頂には沢山のコガラがいました。
なかなかすばしっこくてS1では追いかけられません
2014年09月12日 11:47撮影 by FinePix S1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂には沢山のコガラがいました。
なかなかすばしっこくてS1では追いかけられません
2
クコに似ている
2014年09月12日 11:51撮影 by FinePix S1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クコに似ている
1
川苔山山頂からは富士山も見えるはずなのですが・・
2014年09月12日 11:51撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川苔山山頂からは富士山も見えるはずなのですが・・
1
もう紅葉が始まった?
2014年09月12日 11:56撮影 by FinePix S1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう紅葉が始まった?
1
こちらも色づき始めました
2014年09月12日 11:59撮影 by FinePix S1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらも色づき始めました
1
御岳山、大岳山、御前山
2014年09月12日 11:59撮影 by FinePix S1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御岳山、大岳山、御前山
2
曲ヶ谷北峰より川苔山を振り返る
2014年09月12日 12:04撮影 by COOLPIX AW120, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曲ヶ谷北峰より川苔山を振り返る
1
曲ヶ谷北峰かな
2014年09月12日 12:09撮影 by FinePix S1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曲ヶ谷北峰かな
1
マルバダケブキが少し残っていました
2014年09月12日 12:15撮影 by FinePix S1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マルバダケブキが少し残っていました
1
ホトトギスがところどころに咲いていました
2014年09月12日 12:20撮影 by FinePix S1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホトトギスがところどころに咲いていました
2
シコクママナコ?
登山道のいたるところに沢山咲いていた
2014年09月12日 12:23撮影 by FinePix S1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シコクママナコ?
登山道のいたるところに沢山咲いていた
1
エビ小屋山頂
展望無
2014年09月12日 12:42撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エビ小屋山頂
展望無
2
コフジウツギ?
2014年09月12日 13:02撮影 by FinePix S1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コフジウツギ?
1
御岳山と大岳山
もう秋の景色ですね
2014年09月12日 13:12撮影 by FinePix S1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御岳山と大岳山
もう秋の景色ですね
2
赤杭山頂
展望無
2014年09月12日 13:15撮影 by FinePix S1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤杭山頂
展望無
2
721mピーク
展望無
2014年09月12日 13:46撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
721mピーク
展望無
1
ズマド山頂
展望無
2014年09月12日 13:56撮影 by FinePix S1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズマド山頂
展望無
2
キノコの大群生
2014年09月12日 14:00撮影 by FinePix S1, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キノコの大群生
1
川井駅の看板には川苔山はありませんでした
2014年09月12日 15:21撮影 by COOLPIX AW120 , NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川井駅の看板には川苔山はありませんでした
1

感想/記録
by tochan

 病院通いが忙しく、またまた再発した原因不明の持病などで1ヶ月半も出かけていないので、気分転換に出かけてみた。
 今日は自重してカメラは軽いFinPix S1と、GPSログのテストの為にAW120にした。

・連休の前だが、奥多摩駅で下車する登山者は少ない。
・一寸ひんやりするくらいの気持ちの良い天気で気分よく出発。
・林道の分岐に、本仁田山の指導標有。
・林道終点の老夫婦がお住まいの家のわきから登山道に入る。
・直ぐに”乳地蔵”の表示があったので、寄り道して今日の無事を祈る。
・植林帯の急傾斜の登りが続くが、今日は意外と歩けそう。
・尾根に出ても、植林帯と雑木林が入り混じり、展望はない。
・思わせぶりな小ピーク4ツ目が本仁田山頂上。西側が少し開けているが、ガスって展望は無。
・下りの途中の、瘤高山はどこかわからない。
・大ダワで今日初めての登山者と遇う。
・昨夜?の集中豪雨で登山道はきれいに洗い流されているので、岩場は歩きやすいが、粘土部分は滑る。
・途中若い男女と、自分より一寸年配の男性を追い越す。
・稜線直前の沢は水が音を立てて流れていた。余りにも水量が多いので、”水場”と言う感じがしない。
・川苔山頂上には、単独男性2人が先着していた。(今日遇った登山者は、皆さん鳩ノ巣往復のようだった)
・ガスが多い生憎の天候で、富士山も見えない。

・ここからは、予定通りに赤杭尾根を下ることにする。
・エビ小屋山とおぼしきトレースが有り、登ってみた。
・頂上からそのまま登山道に下れるかと思ったが、トレースもなく急斜面なので引き返す。

・粘土質の登山道で滑りやすいので、注意しながらスピードを少し上げる。今日は足はよく動く。
・古里、井川の分岐から一寸川井側に入ると直ぐに尾根を直進する薄いトレースがある。
・一寸ズマド山によってみることにする。
・登り初めてすぐに赤テープが2ヶ所あるので、上手くすればそのまま登山道に抜けられるかと期待する。

・わりとしっかりした登りの後、頂上に黄色テープがあったが、”721m峰”と書いてある。地図通りに三角点ピークだった。
・せっかくここまで来たので、その先を下って登り返すとズマド山頂上。
・直進しようかと少し探したが、赤テープもなく、トレースも無い。事前準備してこなかったので、安全を考えて登山道との分岐まで戻る。

・舗装された道路に出たら、川井駅の方向を示すものがない。山と高原地図を見て進んだが、どうも駅の方向ではない。工事中の人に聞いたら、道路を一本間違えて居たことが判明し、戻る。このため電車は一本遅くなってしまった。

展望もなく、鳥も花も今一つだったが、何とか足が動くことを確認できてよかった。

<今日の実歩行時間>6時間(山と高原地図コースタイム;7時間30分+α)
<今日の歩数>   38,000歩
訪問者数:317人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ