また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 507839 全員に公開 ハイキング日光・那須・筑波

今日の寄り道 二岐山 男岳〜女岳 周回

日程 2014年09月12日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れ ときどき 曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
それぞれの登山口周辺に大小さまざまな駐車場あり
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間0分
休憩
40分
合計
4時間40分
Sスタート地点10:0012:15二岐山12:4513:10二岐山(女岳)13:2014:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険個所はありません
昨日の雨で多少すべりやすい
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

ちょっとかわいい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとかわいい
桔梗ノ姫のかくし清水
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桔梗ノ姫のかくし清水
「森の巨人」大サワラ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「森の巨人」大サワラ
1
男岳が見えてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男岳が見えてきた
女岳と風力発電所
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
女岳と風力発電所
1
ご縁があるかなー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ご縁があるかなー
1
「日本秘湯を守る宿」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「日本秘湯を守る宿」

感想/記録

今日は代休です
地元に帰る途中の今日の寄り道は福島県の二岐山です
なんか渋い選択ですねー

二岐山は男岳と女岳の双耳峰です
別名「乳房山」
男岳 → 女岳の時計回りで周回してきます

御鍋神社入口のスペース(5台くらい可)に駐車して出発

まずは延々と砂利道が続きます
二俣川のせせらぎを聞きながらてくてくと歩きます

瀬音が遠くなってきた頃、御鍋神社に到着です
こんなところになぜ神社が?なぜ御鍋が?
くわしくはWebでってことにしますが
どどーん!と屹立する大サワラは一見の価値ありです

御鍋神社に無事を祈願して男岳登山口へ

八丁坂、あすなろ坂と急登が続きます
登山路がはっきりしていない場所があります
赤テープがかなりの頻度で結ばれていますので
見失わないように登っていきましょう

ブナ平まで登ると一旦、勾配がゆるくなります
そこからは小さな涸沢沿いを登っていきます
ここが今日、一番楽しかったです
小さい頃の裏山探検の気分を味わえました
実はそんな実体験はないのですが。。

最後の急登を過ぎると男岳山頂です

360度のパノラマです
那須連山から磐梯山、飯豊連峰、羽鳥湖と限りなく見渡せます
ちょー気持ちいい(古っ!)です

お昼ごはんを食べて、女岳に向かいます

女岳は男岳より標高が低く
山頂も森に囲まれて眺望はありません
女岳の向こう側には天栄風力発電所があります
たしかに風が強く、森がざわざわと鳴いていました

女岳からの下りは地獄坂と呼ばれる急坂です
ロープもあり、昨日の雨でかなりすべりやすくもなっていますので
慎重に足場を確保して下りていきました

ブナ林を進んでいくと女岳登山口に到着です

ここからは砂利道を再びてくてくと歩いていきます
しばらくすると舗装道路と合流し二岐温泉街に至ります

変化があり、見どころもありなかなか楽しい山行でした

が、ここで誤算が!

二岐山という渋い選択をした理由のひとつが
「日本秘湯を守る宿」大丸あすなろ荘でひとっ風呂浴びることだったのに
入浴利用時間を過ぎちゃいました。。

デオドランドペーパーで体をふいて帰りました
訪問者数:518人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ