また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 508047 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走六甲・摩耶・有馬

六甲最後の秘境 城山−ナダレ尾山−屏風谷−古倉山−東鹿見山

日程 2014年09月13日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
青葉台住宅地にバイク駐め入山しました。バイクに鍵さしっぱなしなのを縦走途中で思い出し予定を端折り緊急下山し兵庫カンツリ手前までタクシー呼んで急いでバイクまで戻りました。鍵ささったままのバイクがそこに。よかった〜!!!!!!!日本って本当にいい国だぁ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

7:37青葉台出発−8:22露岩地帯(朝食)8:45−8:48城山北峰(東ノ峰)−8:55南峰−9:34 527mピーク−9:53十字路−9:13柏尾池−10:12ダート道入口−10:44天下辻−11:10ナダレ尾山−11:37屏風川−11:50出合−12:20右股平(昼食)12:44−13:17古倉山−13:59東鹿見山−15:19鯰ノ手池(緊急下山に付きタクシー乗車)
コース状況/
危険箇所等
地形図に踏路が表示されているにも関わらず、ふみ跡すらなし、テープなし、山頂表示なしの箇所がだいぶありました。踏路の表示がない山もあります。雑木が多く展望による地形把握ができませんので自位置のわかるGPS機器・地形図は必携でした。丹生帝釈山系は堰堤が少なく荒れていない谷が多いように感じます。登り直しに遡行した屏風谷は某有名企業の山岳会により支沢に至るまで案内付きのテープ道標、地図が設置されていました。荒れておらず明るい谷で何カ所かのゴルジュ、斜瀑、源頭まで続く昔ながらの清流は堰堤だらけの六甲の谷の中で秘境と呼んでもいい貴重な存在かも知れません。地形図に実線で表示されている道は公認?モトクロスのコースにもなっており今日は1台も出会いませんでしたが通行する際は気を付ける必要があります。エンジン音が聞こえたら速やかに脇の林の中を歩くように。あっと言う間に接近します。泥道なのでお互いにスリップして深い轍の中で鉢合わせします。谷に少しでも入ると携帯は圏外になります。秘境ですから。
その他周辺情報兵庫カンツリークラブ
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

装備

備考 始めてダブルストックで登りました。直登や蜘蛛の巣払いに役立った。シングルよりはダブル!

写真

全体のバードビューです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
全体のバードビューです
2
丸山が見える。低い山ですが一応、三角点あります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸山が見える。低い山ですが一応、三角点あります
1
青葉台のヘリを登っていく。ハラへった!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
青葉台のヘリを登っていく。ハラへった!
住民の方が夕涼みや散歩に使っておられるようです。ここから入ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
住民の方が夕涼みや散歩に使っておられるようです。ここから入ります。
途中までは手入れされた道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中までは手入れされた道
1
ここからが道怪しくなってくる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからが道怪しくなってくる
何に使った軌道でしょうか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何に使った軌道でしょうか
2
まだまだ秘境といえない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ秘境といえない
これから辿る尾根。隣の露岩尾根が気になる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから辿る尾根。隣の露岩尾根が気になる
小さなピークが多い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さなピークが多い
1
丹生帝釈山系は雑木が多い山。昔、大きな山火事があって植生更新したそうです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹生帝釈山系は雑木が多い山。昔、大きな山火事があって植生更新したそうです
1
照葉樹が多いかな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
照葉樹が多いかな
ほぼジャングルです。ダブルストックは歩行ではなく蜘蛛の巣払いに使います
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほぼジャングルです。ダブルストックは歩行ではなく蜘蛛の巣払いに使います
1
城山南峰が見えてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
城山南峰が見えてきた
展望きく場所ではすかさず撮影!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望きく場所ではすかさず撮影!
これは立派な登山道といえます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは立派な登山道といえます
2
鷹取、菊水、鍋蓋山おなじみの山が見えてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷹取、菊水、鍋蓋山おなじみの山が見えてきた
1
途中、展望のきく露岩地帯がありました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、展望のきく露岩地帯がありました
1
この岩の上でぶれっくふぁーすと
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この岩の上でぶれっくふぁーすと
1
帝釈山、丹生山は言うに及ばず遙か四国の山まで見えました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帝釈山、丹生山は言うに及ばず遙か四国の山まで見えました
5
パールブリッジ、淡路島の諭鶴羽山が見えています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パールブリッジ、淡路島の諭鶴羽山が見えています
2
あの山の向こうまで縦走するぞと、この時は意気込んでいたのですが
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの山の向こうまで縦走するぞと、この時は意気込んでいたのですが
2
稚児ケ墓山。悲しい歴史のある山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稚児ケ墓山。悲しい歴史のある山
5
菊水山、鍋蓋山の間から泉南の山々が覗いている。ナベブタ納得!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
菊水山、鍋蓋山の間から泉南の山々が覗いている。ナベブタ納得!
3
城山北峰(地形図では東ノ峰)はすぐそこ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
城山北峰(地形図では東ノ峰)はすぐそこ
2
城山南峰。出城のように見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
城山南峰。出城のように見える
3
丹生、帝釈、稚児ケ墓の三連山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹生、帝釈、稚児ケ墓の三連山
3
案外、雄岡山(おっこさん)と雌岡山(めっこさん)が目立つ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
案外、雄岡山(おっこさん)と雌岡山(めっこさん)が目立つ
3
山田の里。昔は丹生(にう)山田と呼んだらしい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山田の里。昔は丹生(にう)山田と呼んだらしい
1
なぜ岩には松が生えているんだ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なぜ岩には松が生えているんだ?
2
城山(東ノ峰)到着!○×山岳会ではなく探検隊となっているのがキーワード
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
城山(東ノ峰)到着!○×山岳会ではなく探検隊となっているのがキーワード
1
東六甲探検隊さま
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東六甲探検隊さま
ここまではいいのですが
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまではいいのですが
この道(城山から東に向かう道)の向こうの鞍部からは道が途絶えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この道(城山から東に向かう道)の向こうの鞍部からは道が途絶えました。
1
ヤブヤブの中を尾根外さないようGPS頼りに突破しました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤブヤブの中を尾根外さないようGPS頼りに突破しました
527mピークに寄り道し勝手に「ここにピーク決定!」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
527mピークに寄り道し勝手に「ここにピーク決定!」
いい道がしばらく続きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい道がしばらく続きます
結構重要な十字路でした。240°方向の道からきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構重要な十字路でした。240°方向の道からきました
2
15°方向へ行ってみます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15°方向へ行ってみます
1
柏尾池(かしおいけ)出現!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柏尾池(かしおいけ)出現!
7
みなもに空が映ってキレイでした。今回の楽しみのひとつ。引き返します。さっきの十字路の50°方向の道に進みました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みなもに空が映ってキレイでした。今回の楽しみのひとつ。引き返します。さっきの十字路の50°方向の道に進みました
7
この山道から出てきました。兵庫カンツリーに向かう車道はあまり車通りません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この山道から出てきました。兵庫カンツリーに向かう車道はあまり車通りません。
天下辻に向かいます。こっから先は私も昔、走ったことのあるモトクロスのダートコースになっています。通行止めがありがたい!でも横からバイク簡単に入れます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天下辻に向かいます。こっから先は私も昔、走ったことのあるモトクロスのダートコースになっています。通行止めがありがたい!でも横からバイク簡単に入れます
一般ハイカーには関係ないかも
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一般ハイカーには関係ないかも
1
六甲が見えました。六甲山登ってる人たち一杯いるんやろなと。このコースではまだ人に会ってません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六甲が見えました。六甲山登ってる人たち一杯いるんやろなと。このコースではまだ人に会ってません
2
天下辻です。ダート道を歩くハイカーは多いです。この日は4人組のご婦人グループに会いました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天下辻です。ダート道を歩くハイカーは多いです。この日は4人組のご婦人グループに会いました
素晴らしい!地図書くのはタイヘンです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素晴らしい!地図書くのはタイヘンです
3
ダート道からナダレ尾山へ向かう山道に入っていきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダート道からナダレ尾山へ向かう山道に入っていきました
ナダレ尾山三角点にご挨拶。標石はありますが山名書いた札はどこにもありませんでした。この三角点は何日ぶりに人に会ったのでしょうか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナダレ尾山三角点にご挨拶。標石はありますが山名書いた札はどこにもありませんでした。この三角点は何日ぶりに人に会ったのでしょうか
1
ナダレ尾山から尾根を外さないように反対側に下っていきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナダレ尾山から尾根を外さないように反対側に下っていきました
ところどころ刈払いが現れては消えていき・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところどころ刈払いが現れては消えていき・・
筆界標識通りに下っていきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
筆界標識通りに下っていきました
1
ついに道は消えたけどハイテンション!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついに道は消えたけどハイテンション!
名前のない山か?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名前のない山か?
秘境ぽくなってきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秘境ぽくなってきた
1
沢音が聞こえてくるようになって視界が開けました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢音が聞こえてくるようになって視界が開けました
2
街の音が全く聞こえない場所です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
街の音が全く聞こえない場所です
ここを下ってきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを下ってきました
巻道がありました。ダート道を山道上がらず真っ直ぐ進むとここに来る?わかりません。地形図ではそれっぽいですが
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻道がありました。ダート道を山道上がらず真っ直ぐ進むとここに来る?わかりません。地形図ではそれっぽいですが
切り通しから沢に下っていきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
切り通しから沢に下っていきます
台風で少し荒れています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
台風で少し荒れています
太陽と緑の道だそうです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太陽と緑の道だそうです
台風の影響はあまり感じません
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
台風の影響はあまり感じません
少し荒れてますが崩落地は見ませんでした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し荒れてますが崩落地は見ませんでした
太陽と緑の道に別れを告げ左に下りました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太陽と緑の道に別れを告げ左に下りました
少し下流の出合を左に遡行していきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し下流の出合を左に遡行していきました
1
四人の男性が談笑されてました。挨拶して通り過ぎると私の後ろ姿が見えなくなるまで見送ってくれていました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四人の男性が談笑されてました。挨拶して通り過ぎると私の後ろ姿が見えなくなるまで見送ってくれていました
1
ここからが素晴らしい!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからが素晴らしい!
5
どこでもヘツれます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこでもヘツれます
4
なにげに下った谷でこんな素晴らしい場所に巡り会えるとは!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なにげに下った谷でこんな素晴らしい場所に巡り会えるとは!
3
ヘツってヘツって
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘツってヘツって
5
時々立ち止まっては撮影して
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時々立ち止まっては撮影して
1
今日の水量は少ないです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の水量は少ないです
2
ヘツり終わって下流を見る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘツり終わって下流を見る
ヘツってヘツって
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘツってヘツって
2
立ち止まって撮影して
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立ち止まって撮影して
4
かかってこいや〜ですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かかってこいや〜ですね
1
ヘツり終わって下流を見る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘツり終わって下流を見る
3
ソーメン流ししたい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ソーメン流ししたい
2
ここらへんからソーメン投入!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここらへんからソーメン投入!
1
どこでも徒渉できる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこでも徒渉できる
出合ですが右に行きました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出合ですが右に行きました
雑木が多いので谷が明るいです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雑木が多いので谷が明るいです
普通に岩の上歩いて
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
普通に岩の上歩いて
1
草付きですがかなりの高度まで伸びています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
草付きですがかなりの高度まで伸びています
1
ゴルジュっている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴルジュっている
2
岩から岩へピョンピョン飛び移って
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩から岩へピョンピョン飛び移って
3
落としそうなモノないかなと確認してから
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落としそうなモノないかなと確認してから
たまにはドボン!も思い出残るかも
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たまにはドボン!も思い出残るかも
ヘツり終わって下流を見る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘツり終わって下流を見る
1
ゴルジュっています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴルジュっています
3
ここは川床が黒い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは川床が黒い
どっちをヘツったか忘れた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どっちをヘツったか忘れた
2
桃源郷の右股平に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桃源郷の右股平に到着
気持ちのいい場所です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちのいい場所です
1
らんちの後の一杯。好物のダブルエスプレッソが売ってなかった(涙)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
らんちの後の一杯。好物のダブルエスプレッソが売ってなかった(涙)
2
この広場を抱くようにに両側に清流が流れています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この広場を抱くようにに両側に清流が流れています
森林公園のようです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森林公園のようです
2
右股谷(だそうです)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右股谷(だそうです)
1
登山家の良心を感じます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山家の良心を感じます
6
下生えも少なく歩きやすい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下生えも少なく歩きやすい
広場上流の出合。こっちの沢を遡行しました。この上流にヘツれない淵があり少し高巻きしました。源頭まで遡行するのもいいですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広場上流の出合。こっちの沢を遡行しました。この上流にヘツれない淵があり少し高巻きしました。源頭まで遡行するのもいいですね
ここらへんから古倉山への踏路あるはずなんですが探すの面倒なんで向かいの尾根を直登しました。メッチャ急でした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここらへんから古倉山への踏路あるはずなんですが探すの面倒なんで向かいの尾根を直登しました。メッチャ急でした
どこでも歩けるので尾根外さないよう古倉山に向かいます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこでも歩けるので尾根外さないよう古倉山に向かいます
この尾根はヤブや蜘蛛の巣が少なく歩きやすかった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この尾根はヤブや蜘蛛の巣が少なく歩きやすかった
踏路にぶち当たりました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
踏路にぶち当たりました
古倉山です。ここも山名札やテープありません。「ここが古倉山山頂なり!」レキとした山頂
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古倉山です。ここも山名札やテープありません。「ここが古倉山山頂なり!」レキとした山頂
1
下降方向を見定めて突破しました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下降方向を見定めて突破しました
ダート道が見えてきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダート道が見えてきました
轍に水が貯まっているので沢のドボンよりイヤです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
轍に水が貯まっているので沢のドボンよりイヤです。
ダート道から稜線が見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダート道から稜線が見える
こんな泥んこの急坂を登ってくるなんてモトクロバイクはすごい!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな泥んこの急坂を登ってくるなんてモトクロバイクはすごい!
路肩歩いてる時にここ走られたらどうなる?お互いドロンコ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
路肩歩いてる時にここ走られたらどうなる?お互いドロンコ
道はないですが東鹿見山に向かってシャニムニ登りました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道はないですが東鹿見山に向かってシャニムニ登りました
東鹿見山にも札はなかったです。ここもレキとしたポール立てて登頂したことに
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東鹿見山にも札はなかったです。ここもレキとしたポール立てて登頂したことに
1
キー付けたままのバイクが気になって道辿るのがもどかしくショートカットして通った谷で撮った一枚。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キー付けたままのバイクが気になって道辿るのがもどかしくショートカットして通った谷で撮った一枚。
3
兵庫カンツリーへの車道脇にある鯰ノ手池です。この池が澄んでるの見たことない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
兵庫カンツリーへの車道脇にある鯰ノ手池です。この池が澄んでるの見たことない
2

感想/記録

元の場所に戻ってくる30kmの周回縦走コースを組んだのですが昼食時にいつものポケットに鍵がないことに気付き青ざめました。鍵さしっぱなしで出発してしもた〜!!!!!バイクの自賠責証書には自宅住所が記載されており、あろうことか家とクルマの鍵も一緒です。どピーカンで朝から頭がいささかイカれてた結果!最短で下れるルートを探し山こえ谷こえ予約してたタクシーに飛び乗ってバイクの元に急行。遠目からバイクに鍵がぶら下がってるの見えたときは涙が・・・でもタクシーの席には落ち葉や小枝が散乱し。空港タクシーの運転手さん、ゴメンナサイ!

整理してみました。ここのGPSトラック地図にもなかった場所を歩いたようなので、興味もたれて歩かれるメンバーさんの為にも。

「東ノ峰(城山)516m」 青葉台からの尾根道の途中、ジャングル化している箇所がありますが派生尾根がないので迷うことがなく茂みの薄いところを突破すれば踏路が現れます。北峰、南峰とも展望はありません。三角点もなし。すぐ東に東ノ峰より高いピーク(521m)があり北峰南峰鞍部から誘うような道が延びていますが途中で途絶えます。無名ピークには派生尾根があり尾根通しに行くと派生尾根に入ってしまいます。GPSなければコンパス頼りに東進すると明瞭な道が現れます。

「ナダレ尾山527.4m」四等三角点がありますが山頂からの展望はありません。ダート道からの測量道がわかりやすい。入口に札あり。山頂から反対側の屏風川に下るコースは下り初めは不明瞭ですが筆界の刈払いや筆界杭、柱石を目安に下るといいです。沢音が聞こえるようになると急な岩尾根になります。

「古倉山476m」地形図には踏路がたくさん記載されているにも関わらず今までトラックなかったのは道が消滅してしまったのかも知れません。道が出てきたらラッキー!です。マタギになったつもりで越えましょう。

「東鹿見山553m」西から入る無線塔からの道は明瞭に付いています。東からはダート道の最後でゴーロとヤブの急斜面になっています。地形の複雑な山ではないので上に向かってヤブの少ない斜面登ると頂上に着きます。

「屏風川」地形図見る限り麓近くに小さな堰堤があるだけで遡行、下降自由にできそうです。支沢も多く流れが緩やかでここだけで一日過ごすのもいいですね。詳しくはアップ写真の雪稜会ガイドマップを参考になさって下さい。

では、ご安全に!
訪問者数:1473人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/9/30
投稿数: 778
2014/9/15 7:49
 いいですねー。秘境(^^)/
masaike55さん おはうございます。
屏風川は、いつかは行ってみたいと思っておりました。お写真を見る限り、沢靴でピタピタも楽しそうです。貴重なレコ、ありがとうございました(^^♪

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ