また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 508284 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

ガスの切れ間より雄大な眺め 赤岳〜横岳〜硫黄岳(美濃戸より周回)

日程 2014年09月13日(土) [日帰り]
メンバー
 tentomori(CL)
, その他メンバー2人
天候晴れのちガス(稜線)、下ると晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
美濃戸のやまのこ村駐車場利用、1000円。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間55分
休憩
2時間5分
合計
10時間0分
Sやまのこ村駐車場06:1008:05行者小屋08:1808:18分岐08:18阿弥陀岳分岐(文三郎尾根へ)08:2609:01分岐(赤岳方面へ)09:0709:15キレット分岐09:27竜頭峰分岐09:33赤岳09:3509:37赤岳頂上山荘09:4109:51県界尾根分岐(横岳方面へ)10:14赤岳展望荘10:1510:21地蔵の頭11:04三叉峰11:16奥の院12:0012:31硫黄岳山荘12:4613:00硫黄岳山頂13:1513:27分岐(赤岳鉱泉方面へ)13:29分岐(赤岳鉱泉方面へ)14:23赤岳鉱泉14:4015:27堰堤広場16:10やまのこ村駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
終盤、堰堤広場より先は、林道で道が固いため、ゆっくり無理せず歩きました。
コース状況/
危険箇所等
基本的なことですが、鎖場は三点確保で。ストック使用の方は、事前にザックに入れて手を空けると、より安全かと(私は両手にぶら下げたまま進みましたが、はしごの昇降時に少し気になる程度でした。)
赤岳山頂〜展望荘:一気に下る道。足元があまり良くない為、不安な方は鎖使用が良いと思います。
硫黄岳山頂〜赤岩の頭〜赤岳鉱泉:小石で足を滑らせないよう注意。疲れた足にはそこそこきます。
北沢沿いの道:沢を横切る木道でそこそこ揺れるものがあり、渡り切った所の金属の階段(2〜3段)で同行者の一人が足を踏み外し転落しました(とっさに掴める所を掴んでゆっくり落ちたため大きなケガはなし)。たとえ木道でも気を引き締めて。
その他周辺情報温泉は「もみの湯」、夕食はレストラン「ペチカ」で。
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

苔いっぱい。
2014年09月13日 07:37撮影 by Canon PowerShot A2400 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔いっぱい。
1
かっこいい。
2014年09月13日 08:40撮影 by Canon PowerShot A2400 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かっこいい。
4
雲の上に、槍の穂先。
2014年09月13日 09:03撮影 by Canon PowerShot A2400 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲の上に、槍の穂先。
3
たくさん咲いていました。
2014年09月13日 09:08撮影 by Canon PowerShot A2400 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たくさん咲いていました。
1
中岳・阿弥陀岳。目を見張る美しさ。
2014年09月13日 09:11撮影 by Canon PowerShot A2400 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳・阿弥陀岳。目を見張る美しさ。
7
ナデシコ。
2014年09月13日 09:15撮影 by Canon PowerShot A2400 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナデシコ。
混雑する赤岳山頂。
2014年09月13日 09:38撮影 by Canon PowerShot A2400 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
混雑する赤岳山頂。
2
これから歩く稜線。
2014年09月13日 09:41撮影 by Canon PowerShot A2400 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから歩く稜線。
振り返れば
2014年09月13日 10:19撮影 by Canon PowerShot A2400 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返れば
1
秋の準備。
2014年09月13日 10:26撮影 by Canon PowerShot A2400 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秋の準備。
3
昨年はここで雨宿りし、カッパでおにぎりを食べました。
2014年09月13日 11:13撮影 by Canon PowerShot A2400 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨年はここで雨宿りし、カッパでおにぎりを食べました。
硫黄岳と大同心。
2014年09月13日 11:47撮影 by Canon PowerShot A2400 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳と大同心。
ガスでも雄大な稜線です。
2014年09月13日 11:55撮影 by Canon PowerShot A2400 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスでも雄大な稜線です。
硫黄岳方面。
2014年09月13日 12:19撮影 by Canon PowerShot A2400 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳方面。
咲き残りのコマクサ。
2014年09月13日 12:46撮影 by Canon PowerShot A2400 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
咲き残りのコマクサ。
3
天狗岳と蓼科山、硫黄岳山頂より。
2014年09月13日 13:14撮影 by Canon PowerShot A2400 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岳と蓼科山、硫黄岳山頂より。
この眺め!赤岳鉱泉でもテント泊してみたい!
2014年09月13日 14:41撮影 by Canon PowerShot A2400 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この眺め!赤岳鉱泉でもテント泊してみたい!
1
黄色いオダマキ。
2014年09月13日 15:33撮影 by Canon PowerShot A2400 IS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄色いオダマキ。
2

感想/記録

美濃戸より南沢経由、文三郎尾根で赤岳→横岳→硫黄岳より北沢経由で美濃戸へ。
去年の同じ頃にも本コースを歩いています。その時は、稜線はガスと雨で眺望ゼロ。
今回は先頭を務めたため緊張感がありましたが、鎖場にも臆せず歩けました。
咲き残ったお花たちに励まされ、ガスの切れ間から雄大な風景を垣間見つつ。
文三郎尾根の階段が効いたか、下山後は腿の張りを久し振りに感じました。
3連休一日目とあって、下りに使った北沢コースでは、登って来られる方の多いこと多いこと。赤岳鉱泉は小屋もテント場も大盛況だったことでしょう。
次の山行へ弾みがついた気がします。
今日は左腕が筋肉痛、上半身も鍛えていかないと。
訪問者数:453人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ