また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 508754 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

白馬岳〜蓮華鉱山道 とても静かな山道 

日程 2014年09月09日(火) 〜 2014年09月10日(水)
メンバー
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
蓮華温泉駐車場
無料、60台くらいは大丈夫?
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間26分
休憩
1時間14分
合計
7時間40分
S蓮華温泉05:5007:20天狗ノ庭07:2508:50白馬大池山荘09:0509:50船越ノ頭10:34小蓮華山11:29三国境12:15白馬岳12:3512:46白馬山荘13:2013:30白馬岳頂上宿舎
2日目
山行
6時間44分
休憩
10分
合計
6時間54分
白馬岳頂上宿舎04:5905:17白馬山荘05:40白馬岳06:40鉱山道分岐06:4507:33鉱山道水場07:41塩谷精練所跡07:4208:53鉱山事務所跡10:58滝見尾根分岐11:36蓮華温泉キャンプ場11:3711:47蓮華温泉11:5011:53ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
今回は、蓮華温泉から白馬大池経由で白馬へ。
翌日、三国境から雪倉方面へ少し行き、途中から蓮華鉱山道を通って蓮華温泉へ下山。

【蓮華〜白馬大池〜白馬】
特に問題個所はない。
蓮華温泉ロッジ横の登山口から、最初は樹林をひたすら登り。
天狗の庭少し手前くらいから視界が開けて遠望が効くところがちらほら。
急登が終わりひょっこり台地に出たところが白馬大池。
広々としたところです。
大池からは樹林限界を抜けた稜線を、周囲の眺望を楽しみながら小蓮華山経由で白馬頂上へ。
途中、明日通る予定の鉱山道を探しながら歩いたが、今一つよくわからない。
頂上を過ぎ少し下って村営白馬山荘、更に下って頂上宿舎に今日のテントサイトがある。

【三国境〜鉱山道〜蓮華温泉】
当初の下調べでは、鉱山道ルートには「迷」印がパラパラ。
そして経験者向きと・・・
今回歩いた結果は、よく整備された静かなルートで「迷」の心配は杞憂、とてもよい道だった(シーズン後半で手入れが行き届いていたから?)。
雪倉ルートから分岐する点は開けた稜線上でもあり迷う箇所ではないと思うが、数10mほど手前で下り始めてしまい少し這松を漕いでしまった(ドジ!)。
分岐して始めの10分程度は開けた黒ズリの斜面を下るが、石ころに適所ペンキ印があり有視界歩行できれば問題なし。
その後は低木、樹林に入りきちんとした道が付いている。
何か所も渡渉するため、大雨直後などは渡れないところもある。
登山者の少ないルートにもかかわらず、下草もよく払われており、テープ、ペンキ印も充実しており大変グッド。
ただ、熊の糞(多分?)が登山路に多数見られた。
おそらく10ヶ所はあったのでは(私なら熊鈴必携)。
それと最後の渡渉点にシーズン中のみ設置されるパイプ製仮設橋があり、事前に問題なく通過できることを確認しておく必要がある(蓮華温泉ロッジで確認可)。
その他周辺情報駐車場にトイレあり。
蓮華温泉ロッジ受付で登山届提出(ポストなし)。
下山後は蓮華温泉ロッジで入浴。
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

蓮華温泉駐車場。
かなり広いです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓮華温泉駐車場。
かなり広いです。
今日もお天気はよさそう。
テンションが上がります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日もお天気はよさそう。
テンションが上がります。
2
白い看板の右が登山口です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白い看板の右が登山口です
天狗の庭。
視界が開け休憩適所です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗の庭。
視界が開け休憩適所です。
白馬大池に到着。
栂池方面からのルートと合流します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬大池に到着。
栂池方面からのルートと合流します。
ここからは、眺望を楽しみながら登れます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは、眺望を楽しみながら登れます。
白馬大池、綺麗ですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬大池、綺麗ですね
稜線伝いのルートが続きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線伝いのルートが続きます
5
ようやく、白馬岳頂上に着きました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく、白馬岳頂上に着きました
1
白馬山荘(旧館)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬山荘(旧館)
3000m近い山の上に何でこんな素敵なお店があるのか不思議!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3000m近い山の上に何でこんな素敵なお店があるのか不思議!
1
天場はまだ先ですが、スィーツでちょっと一息
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天場はまだ先ですが、スィーツでちょっと一息
1
今日の寝床はマイテント
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の寝床はマイテント
3
天場全景。
平日なので、こんなものでしょうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天場全景。
平日なので、こんなものでしょうか。
1
ぼちぼち夕陽に染まり始めます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぼちぼち夕陽に染まり始めます
1
これを見るために登ってきたようなものですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これを見るために登ってきたようなものですね。
2
雲の色付きが素晴らしい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲の色付きが素晴らしい
4
反対側からは満月が・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
反対側からは満月が・・
5
二日目。
三国境から雪倉方面を。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二日目。
三国境から雪倉方面を。
1
この辺り、マツムシソウが多いそうです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺り、マツムシソウが多いそうです
2
白馬方面を振り返ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬方面を振り返ります
鉱山道への分岐直後は、この黒ザレを下ります。
適所の石ころにはペンキマークがありますが、視界が悪いとちょっと具合が悪い場所です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉱山道への分岐直後は、この黒ザレを下ります。
適所の石ころにはペンキマークがありますが、視界が悪いとちょっと具合が悪い場所です。
黒ザレを過ぎると、こんな感じで踏み跡ははっきりとしています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒ザレを過ぎると、こんな感じで踏み跡ははっきりとしています。
つまみ食いしながら・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
つまみ食いしながら・・・
渡渉点。
丁寧にマーキングされています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉点。
丁寧にマーキングされています。
ストックと比較して、これはやはり大きい。
色も黒いから(?)、多分黒いおおきなヤツだろうと思うが...
登山路に多分10ヶ所はあったと思う。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ストックと比較して、これはやはり大きい。
色も黒いから(?)、多分黒いおおきなヤツだろうと思うが...
登山路に多分10ヶ所はあったと思う。
1
これが最後のパイプ仮設橋。
事前確認が必要です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが最後のパイプ仮設橋。
事前確認が必要です。
大岩の上で一休み
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岩の上で一休み
蓮華鉱山道の標識
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓮華鉱山道の標識
2
最後は苔むした木道。
あまり人が通らないから綺麗な苔が残る?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後は苔むした木道。
あまり人が通らないから綺麗な苔が残る?
朝日岳への分岐点
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日岳への分岐点
温泉ロッジまで、もう一息です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
温泉ロッジまで、もう一息です
1

感想/記録

表銀座の餓鬼岳へ行こうと思っていたが、北ア南部のお天気がちょっと「?」だったため、天候待ちとして北部の白馬に行ってきた。
足が車であったこと、また雪渓側からは何度か登っていたこともあり、今回は蓮華温泉を起点として白馬大池側から登り、蓮華鉱山道から下山する周回ルートを選定した。
先週の中村新道、焼岳に引き続き北ア三連チャン。
時間を持て余した暇人の特権ですね。
せっかく足代を掛けるなら、ついでにあちらこちらと周り登山単価を安く上げようというケチな魂胆です。
ただ、一つ大きな問題点があり、気は逸るが還暦を過ぎた足腰がそれについてゆけるかどうか・・・
50代に膝を痛めいつも両膝にサポーターを、また今回はお盆登山で膝痛が再発し消炎鎮痛シップ持参と情けない登山旅行でしたが。
歳と体力相応のコースタイム、時々写真を撮ったり景色を見ながらのぶらぶらマイペース登山。
最近は、お天気のよい時しか登らないグウタラ中高年登山者ですが、ホント山はいいものですね。
今回も楽しませていただきました。
訪問者数:564人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/9/17
投稿数: 534
2014/9/14 22:06
 お疲れ様です。
mas811061さん、こんばんわ
山は逃げないので天候優先で正解だと思います。
でも還暦を過ぎて幕営って元気ですね。
登録日: 2013/10/2
投稿数: 227
2014/9/15 12:31
 Re: お疲れ様です。
masutyann さん、こんにちは。
歳とると、時間が許せば天候優先ですね。
やはり、山は気持ち良く楽しく歩きたいものです。
これからは紅葉の散歩道、お互いに楽しみましょう。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ