また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 509830 全員に公開 ハイキング甲斐駒・北岳

甲斐駒ケ岳 黒戸尾根

日程 2014年09月14日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち88%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間17分
休憩
1時間6分
合計
12時間23分
S尾白川渓谷駐車場04:2004:34竹宇駒ヶ岳神社06:18笹の平分岐07:35刃渡り07:55刀利天狗08:29五合目小屋跡08:31屏風小屋跡09:13七丈小屋09:1910:03八合目御来迎場11:10甲斐駒ヶ岳12:1013:21七丈小屋13:53屏風小屋跡14:25刀利天狗14:36刃渡り15:28笹の平分岐16:32竹宇駒ヶ岳神社16:43尾白川渓谷駐車場16:43ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
梯子、クサリ場はありますが、
難度は高くなく初心者でも問題ありません。
日本三大急登の一つ、
一番きついとも言われていますので体力が要求されます。
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

4時20分、暗い中尾白川渓谷駐車場を出発。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4時20分、暗い中尾白川渓谷駐車場を出発。
登山道入り口からキャンプ場を過ぎて竹宇駒ケ岳神社に到着。登山の安全をお参りします。登山道は神社左奥のつり橋へ。暗くてわからず少々ウロウロしてしまいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道入り口からキャンプ場を過ぎて竹宇駒ケ岳神社に到着。登山の安全をお参りします。登山道は神社左奥のつり橋へ。暗くてわからず少々ウロウロしてしまいました。
定員5名のつり橋。こんな時間でも自分含めて3名で渡ったためか、かなり揺れます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
定員5名のつり橋。こんな時間でも自分含めて3名で渡ったためか、かなり揺れます。
渡り終えると看板が出てきて迷わず進めます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡り終えると看板が出てきて迷わず進めます。
日が昇ってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日が昇ってきました。
登りやすい登山道が続きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りやすい登山道が続きます。
1
木漏れ日が射してきました。至る所に石碑があり、真っ暗な山道は少々不気味なので安心します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木漏れ日が射してきました。至る所に石碑があり、真っ暗な山道は少々不気味なので安心します。
1
笹の平分岐点に到着。何人もの登山者の心を折らせたであろう山頂まで7時間の標識。覚悟していましたが実際見ると結構きますね・・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹の平分岐点に到着。何人もの登山者の心を折らせたであろう山頂まで7時間の標識。覚悟していましたが実際見ると結構きますね・・・。
1
クマザサ生い茂る登山道をただひたすら黙々と登って行きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クマザサ生い茂る登山道をただひたすら黙々と登って行きます。
1
ちょっとした広場に出て小休止。先は長いので焦らず行きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとした広場に出て小休止。先は長いので焦らず行きます。
本日初展望。少し雲がかかってます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日初展望。少し雲がかかってます。
黒戸尾根には多くの霊神碑が設置されています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒戸尾根には多くの霊神碑が設置されています。
1
刃渡りに到着。展望の無い長い樹林帯からここに来てようやく良い景色が見られます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
刃渡りに到着。展望の無い長い樹林帯からここに来てようやく良い景色が見られます。
1
足場は広く、鎖もありますが、切れているので注意。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足場は広く、鎖もありますが、切れているので注意。
梯子状の階段の後に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梯子状の階段の後に。
刀利天狗に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
刀利天狗に到着。
1
刀利天狗を過ぎ、しばらく登った後に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
刀利天狗を過ぎ、しばらく登った後に。
降りが出てきます。登り返しや下山時がきついだろうな・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降りが出てきます。登り返しや下山時がきついだろうな・・・
1
五合目小屋跡に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五合目小屋跡に到着。
さらに少し降り、橋を渡って屏風小屋跡に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに少し降り、橋を渡って屏風小屋跡に到着。
1
祠の脇を通って直ぐに長い梯子が出てきます。よくこんな長い梯子作ったなと感心してしまいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祠の脇を通って直ぐに長い梯子が出てきます。よくこんな長い梯子作ったなと感心してしまいます。
1
登り切った後、方向を変えてさらに続きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り切った後、方向を変えてさらに続きます。
1
急坂が続きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急坂が続きます。
少しスリルのある梯子を通ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しスリルのある梯子を通ります。
2
上の方が少しガスってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上の方が少しガスってきました。
1
不動ガ岩。開山威力不動明王が祀られています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動ガ岩。開山威力不動明王が祀られています。
ほぼ垂直の梯子。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほぼ垂直の梯子。
1
七丈小屋に到着。こちらで水を補給し、小休止。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七丈小屋に到着。こちらで水を補給し、小休止。
1
小屋を後に山頂を目指します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋を後に山頂を目指します。
ガスが晴れたら眺めの良さそうなテント場です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが晴れたら眺めの良さそうなテント場です。
段々と植生が変わってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
段々と植生が変わってきました。
1
森林限界を超え、帽子を装着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森林限界を超え、帽子を装着。
1
八合目御来迎場に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八合目御来迎場に到着。
2
屏風岩から先、鎖場、梯子だらけです。疲労が溜まり集中を切らしやすくなる頃合いなので注意。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屏風岩から先、鎖場、梯子だらけです。疲労が溜まり集中を切らしやすくなる頃合いなので注意。
1
2本の剣が近づいてきました。現時点ではあそこを山頂と思い込んでいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2本の剣が近づいてきました。現時点ではあそこを山頂と思い込んでいました。
1
ここまで頑張って登ってきたのにガスってきて精神的ダメージを負う。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで頑張って登ってきたのにガスってきて精神的ダメージを負う。
とても急な岩場です。落石を起こさないよう注意。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とても急な岩場です。落石を起こさないよう注意。
本来は展望が良さそうな個所ですがガスに覆われてしまいました。山頂や下山時に望みを託します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本来は展望が良さそうな個所ですがガスに覆われてしまいました。山頂や下山時に望みを託します。
2
まだ雲が多いですが、僅かながら展望が得られました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ雲が多いですが、僅かながら展望が得られました。
1
この付近で何やら鳴き声が。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この付近で何やら鳴き声が。
2
ライチョウとの初遭遇!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ライチョウとの初遭遇!
5
こっち向いてくれませんでしたが、ライチョウに会えたので今日は運がいい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっち向いてくれませんでしたが、ライチョウに会えたので今日は運がいい。
9
最後の岩場を越えて。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の岩場を越えて。
駒ヶ岳神社本社に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳神社本社に到着。
本社から山頂を目指します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本社から山頂を目指します。
1
砂浜のような美しい花崗岩。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂浜のような美しい花崗岩。
山頂の祠を横切り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の祠を横切り。
1
甲斐駒ケ岳山頂に到着。本当に疲れましたが達成感もひとしお。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒ケ岳山頂に到着。本当に疲れましたが達成感もひとしお。
3
週末の天候不良が続き、3連休で晴れ予報ということもあって山頂は登山者で大賑わい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
週末の天候不良が続き、3連休で晴れ予報ということもあって山頂は登山者で大賑わい。
2
西側のガスが晴れて展望が得られました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西側のガスが晴れて展望が得られました。
1
他の方向は残念ながらガスに覆われてしまっています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
他の方向は残念ながらガスに覆われてしまっています。
1
疲労の色が濃く、踏み跡が薄そうで、歩行時間が分からないまま八丁尾根の下山は厳しそうなのでピストンルートに変更。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
疲労の色が濃く、踏み跡が薄そうで、歩行時間が分からないまま八丁尾根の下山は厳しそうなのでピストンルートに変更。
食事と休憩をしながら1時間が経ってもガスが晴れず、残念ですが下山を開始。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
食事と休憩をしながら1時間が経ってもガスが晴れず、残念ですが下山を開始。
1
山頂直下の岩場降りは登り以上に神経を使います。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂直下の岩場降りは登り以上に神経を使います。
1
七丈小屋のテント場は、すっかり撤収して無人に。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七丈小屋のテント場は、すっかり撤収して無人に。
登りでは見れませんでしたが良い眺めです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りでは見れませんでしたが良い眺めです。
1
再度水を補給。この水場のおかげで重い荷揚げをしなくて済みます。有難う御座いました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再度水を補給。この水場のおかげで重い荷揚げをしなくて済みます。有難う御座いました。
1
屏風小屋跡に到着。ここから登りに。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屏風小屋跡に到着。ここから登りに。
刀利天狗を過ぎて刃渡りへ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
刀利天狗を過ぎて刃渡りへ。
上はまだガスってるようですが刃渡り上での素晴らしい展望。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上はまだガスってるようですが刃渡り上での素晴らしい展望。
5
黙々と下山を続け。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黙々と下山を続け。
1
笹の平分岐に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹の平分岐に到着。
その後も無心で下ります。今日の為に新しくしたスマートウールの一番厚手靴下&ソフソールインソールのおかげか、足の裏はそれほど痛んでいません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その後も無心で下ります。今日の為に新しくしたスマートウールの一番厚手靴下&ソフソールインソールのおかげか、足の裏はそれほど痛んでいません。
1
帰ってきたと実感できる指導標。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰ってきたと実感できる指導標。
吊り橋を越えて。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊り橋を越えて。
登る際は真っ暗でわかりませんでしたが、とても綺麗な水ですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登る際は真っ暗でわかりませんでしたが、とても綺麗な水ですね。
3
七丈小屋ではバッジが無かったので物色。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七丈小屋ではバッジが無かったので物色。
2
16時43分尾白川渓谷駐車場に到着。あー疲れた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
16時43分尾白川渓谷駐車場に到着。あー疲れた。
1

感想/記録

3連休で一番天気が良さそうな9月14日に甲斐駒ケ岳へ。
ほとんど寝られない寝不足の中、標高差2000mを越える黒戸尾根は、
今まで登ってきた山の中でも群を抜いてきつい登山ルートでした。

そんな急登でもトレランの方がひょいひょい登る様を見て
どれだけ体力お化けなのかと・・・

梯子や鎖は長くきつい登山道の中のスパイスとして
逆に変化があって楽しかったです。

ガスってしまい360度の展望を得ることは出来なかったのですが、
ガスの無かった西側の展望は素晴らしく、
きつい急登を登り切った達成感はひとしおです。

八丁尾根を降るルートを予定しておりましたが、
予想以上に疲労が溜まり、歩行時間もわからないまま
踏み跡が少ないルートは少々危険かもしれないことからピストンルートに変更。
もっと体力をつけてから再チャレンジしたいお山でした。
訪問者数:790人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ