また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 510540 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 甲斐駒・北岳

夜叉神峠-鳳凰三山-御座石鉱泉 〜たどりついたあとに〜 S2

情報量の目安: S
-拍手
日程 2014年09月14日(日) ~ 2014年09月15日(月)
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
前日 新宿駅19:00(特急あずさ31号、トクだ値2,670円)20:35甲府駅(240円)韮崎駅
第1日 韮崎駅6:08(240円)6:21甲府駅7:00(山梨交通バス、1,420円)8:20夜叉神峠登山口
第2日 御座石鉱泉12:30(山梨中央交通バス、1,700円)13:10韮崎駅13:36(240円)13:48甲府駅14:00(中央高速バス、2,000円)新宿高速バスターミナル
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち86%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間55分
休憩
20分
合計
5時間15分
S夜叉神峠登山口08:2409:20夜叉神峠09:24夜叉神峠小屋09:2510:31杖立峠10:3311:10火事場跡11:1211:50苺平11:5112:15南御室小屋12:2813:32砂払岳13:3313:39薬師岳小屋
2日目
山行
5時間39分
休憩
49分
合計
6時間28分
薬師岳小屋04:2504:45薬師岳05:3005:57鳳凰山(観音岳)06:0106:50アカヌケ沢の頭07:47鳳凰小屋08:59燕頭山10:53御座石鉱泉G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
9/14 夜叉神峠登山口8:25-夜叉神峠9:25-杖立峠10:30-苺平11:50-12:15南御室小屋12:30-砂払岳13:30-13:40薬師岳小屋
9/15 薬師岳小屋4:25-4:45薬師岳5:30-5:55鳳凰山(観音岳)6:00-アカヌケ沢の頭6:50-7:00地蔵ヶ岳7:15-鳳凰小屋7:45-燕頭山9:00-11:00御座石鉱泉
その他周辺情報前泊地 「よろづや旅館」0551-22-0104 素泊り3,800円(ユニットバス付)
宿泊地 「薬師岳小屋」090-5561-1242 1泊夕食付7,000円
温泉  「御座石鉱泉」日帰り入浴1,100円
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

前泊の駅前旅館を出発。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前泊の駅前旅館を出発。
2
韮崎駅前の朝陽。雲ひとつない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
韮崎駅前の朝陽。雲ひとつない。
4
甲府駅7時発のバスを待つ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲府駅7時発のバスを待つ。
2
ほとんどの人が広河原を目指すバスにて夜叉神峠登山口下車。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほとんどの人が広河原を目指すバスにて夜叉神峠登山口下車。
2
夜叉神峠登山口。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜叉神峠登山口。
3
登り始めは急登でなく、少しずつ慣らすことができる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り始めは急登でなく、少しずつ慣らすことができる。
1
朝陽と緑が心地よい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝陽と緑が心地よい。
3
五本松を見上げる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五本松を見上げる。
5
夜叉神峠小屋前。山々はまだ姿を現さない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜叉神峠小屋前。山々はまだ姿を現さない。
11
登り始めて2時間半、不思議と休憩を必要としない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り始めて2時間半、不思議と休憩を必要としない。
2
体調、気分、すこぶる良い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
体調、気分、すこぶる良い。
2
今回もガス多き旅なのだろうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回もガス多き旅なのだろうか。
2
南御室小屋。昼時の賑わい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南御室小屋。昼時の賑わい。
8
何となくのどかな雰囲気に、つい長居をしそうになる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何となくのどかな雰囲気に、つい長居をしそうになる。
6
神々しい岩が現れ始める。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神々しい岩が現れ始める。
3
森林限界を超える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森林限界を超える。
4
砂払岳を越える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂払岳を越える。
2
ハイマツが美しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイマツが美しい。
4
薬師岳小屋に着く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳小屋に着く。
3
小屋付近から砂払岳を望む。このまま晴れてくれ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋付近から砂払岳を望む。このまま晴れてくれ。
9
たまには私を撮ろう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たまには私を撮ろう。
11
標高2700mの風が心地よい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高2700mの風が心地よい。
12
雲が低い、期待しよう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が低い、期待しよう。
4
夕食前の薬師岳小屋。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕食前の薬師岳小屋。
2
小規模でも頼れる存在。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小規模でも頼れる存在。
3
食後の散歩。夏の雲よ、去りたまえ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
食後の散歩。夏の雲よ、去りたまえ。
5
夜明け前の薬師岳山頂。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜明け前の薬師岳山頂。
3
共に夜明けを待つ相棒。(たまには君も撮ってあげないと)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
共に夜明けを待つ相棒。(たまには君も撮ってあげないと)
3
大菩薩方向が明るく白み始める。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大菩薩方向が明るく白み始める。
6
浮かび上がる大きな存在。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浮かび上がる大きな存在。
7
慌ただしく光が増してゆく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
慌ただしく光が増してゆく。
6
八ヶ岳たちも目覚める。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳たちも目覚める。
13
たおやかな姿に惹きつけられる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たおやかな姿に惹きつけられる。
25
ここに居られることに感謝。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここに居られることに感謝。
18
かけがえのない存在に感謝。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かけがえのない存在に感謝。
5
山々を染め上げる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山々を染め上げる。
8
南の北も目覚める。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南の北も目覚める。
2
観音岳と仙丈ヶ岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
観音岳と仙丈ヶ岳。
3
八つよ、また会いましょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八つよ、また会いましょう。
4
薬師岳に別れを告げる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳に別れを告げる。
5
甲斐駒と仙丈、絵になる二人。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒と仙丈、絵になる二人。
4
赤抜沢の頭、地蔵ヶ岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤抜沢の頭、地蔵ヶ岳。
5
赤抜沢の頭からオベリスクを望む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤抜沢の頭からオベリスクを望む。
9
賽の河原にたどり着く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
賽の河原にたどり着く。
2
観音岳を振り返り、ストックを用意して下る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
観音岳を振り返り、ストックを用意して下る。
2
吸い込まれそうだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吸い込まれそうだ。
2
鳳凰小屋が見えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳳凰小屋が見えた。
1
御座石鉱泉への尾根道を選ぶ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御座石鉱泉への尾根道を選ぶ。
1
高度2000m以上を維持しながら緩やかに下りる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高度2000m以上を維持しながら緩やかに下りる。
富士よ、さらば。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士よ、さらば。
9
道の整備は行き届いている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の整備は行き届いている。
心地良い道が続く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
心地良い道が続く。
地蔵ケ岳を振り返る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵ケ岳を振り返る。
1
変化に富み、飽きない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
変化に富み、飽きない。
1
雨の日には鎖に助けられそうだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨の日には鎖に助けられそうだ。
1
広くなだらかな燕頭山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広くなだらかな燕頭山。
1
ところどころ崩落が激しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところどころ崩落が激しい。
1
旭岳。ここから1時間ほど急坂を下る。我慢の時間。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旭岳。ここから1時間ほど急坂を下る。我慢の時間。
2
登山道崩壊のため修復工事中。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道崩壊のため修復工事中。
治山工事進行中。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
治山工事進行中。
1
お、赤い屋根。鳳凰小屋で3時間ルートと言われたとおり、その時間で着いた。後半長かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お、赤い屋根。鳳凰小屋で3時間ルートと言われたとおり、その時間で着いた。後半長かった。
1

感想/記録

 鳳凰三山を夜叉神峠から目指すルートは、高校時代に2度計画し、理由は忘れたがいずれも実行できなかった。当時、緻密な計画を立案することが楽しくて仕方ない自分と、コースタイムの半分で歩くことに喜びを見出す怖いもの知らずのもう一人の自分が、その単独行へ「私」を誘なっていた。そしてその山行は、南アルプスをこよなく愛していた尊敬すべき親友Sに対するオマージュでもあった。
 当初は夜叉神からではなく韮崎からバスで入山しようとしていたため、韮崎駅付近で宿を探した。webで良い駅前旅館を見つけた。登山者に理解があり、遅い到着も早朝の出発にも対応してくれて素泊り3,800円。前泊の予約と共に山小屋の選択も行う。なるべく標高の高い場所からご来光の得られることが可能な小屋を予約した。
 その「よろづや旅館」を5:50に出発、始発列車で甲府に向う。怖いくらい晴天、雲は全くなく、奥秩父の山々がはっきり見える。甲府7:00発の広河原行きバスは1台のみの運行だった。乗務員のコメントによると4時台、9時台は5台の編成だったようだが。途中、車窓から見た路上駐車の無法ぶりに辟易させられ、このことは後の下山ルートの選択に影響を与えることとなった。
 夜叉神峠登山口からは、なだらかな道で始まる。日差しはやわらかく、風もない。徐々にペースを掴み、杖立峠を過ぎる頃には身体が軽くなった。渋滞もなく、前日ゆっくり眠れたせいかすこぶる調子が良い。予定では苺平で取るはずだった昼食休憩も南御室小屋まで延ばすことができた。小屋周辺はのどかで親しみの持てる空間と時間が広がっていた。いつになく食事を楽しみ、長居をしてしまいそうになる。
 後ろ髪を引かれながら小屋を後にする。急登で始まる道に少し戸惑いながら進むと、やがて道端に神々しい石が現れ始めた。期待が高まり、休みたい気持ちを抑えながらなおも進むと森林限界に到達する。ハイマツと岩と砂とそしてお決まりのガス。そろそろ視界無しはやめにしてはどうだろうか、傍らの岩につぶやく。
 諦めながら砂払岳を進むと急に眼前に美しいハイマツ原が開ける。そして煙と人の息吹。薬師岳小屋に着いたのだ。予定よりも2時間早いが、早速手続きをしよう。外観はこれまで写真で見てきたとおりだったが、室内は予想に反して広さを感じた。もっとも小屋番から「今日は二人で1枚の布団になっちゃうけどね」を聞かされたあとは、どんよりと室内の暗さが強まってしまったのだが。
 荷物を置き、着替えたのちは、のんびりと小屋周辺を散策した。相変わらず眺望は得られない。それでも夕景を探して小屋を出たり入ったりしながら夕食の時間を待った。小屋名物のおでんを食べてからいよいよ覚悟を決めて布団に入る。明日も良い日であることを祈り、今を耐えます、、、されど耐え切れず夜中に一度深呼吸をしに外へ出ることになるのだが。
 翌朝は4時起床、ほとんど眠れず。見上げれば満天の星、薬師岳山頂でのご来光を期して小屋を後にする。暗闇の中、ヘッドライトを頼りに1歩ずつ近づいてゆく。気温2度、すでに到着していた20代の好青年に教えられる。朝日はあの方向、大菩薩あたりから上がる、少しは私にも教えられることはある。東南方向に大きな影、たおやかなその姿は徐々に光を帯びて威風堂々と輝き出す。これまで山梨側の美しい富士を追ってきたが、間もなく集大成の瞬間が訪れる予感がしていた。
 雲海に浮かぶその姿を目の当たりにしてこの1年の山行を振り返っていた。友の一言に触発され、自分らしさを取り戻すために何かを始めようと踠いていた時、或る人に山の素晴らしさを語りながらいつしか山上に身を置く自分を思い浮かべるようになっていた。それは遠き日々に思いを馳せながら、苦楽を共にしてきた友や親しき人々との語らいの始まりでもあった。週休1日の「仕事人」にとって月2回の山行など以前では考えられなかったはずなのに、いつしか何の迷いもなく山に向かうようになった。24回の山行は、少しは私を強くしてくれただろうか。
 見るものすべてを謙虚に、そして感謝と慈愛を思い出させてくれる瞬間、美しき景(ひかり)に魅せられ時を忘れていた。朝陽に染まる山々がやがて本来の姿を現し始める頃、ようやく私はその場を離れることができた。観音岳を経て残る地蔵ヶ岳を視野に収める。三山の象徴、オベリスクは確かに不動の存在感を醸し出している。少し景色を楽しみながらゆっくり歩いてはどうか、いやいつもどおり1本早いバスに乗ろう、小さな葛藤をよそに、手足は休むことなく大きな推進力を産み出し続ける。
 賽の河原からオベリスクを見上げていると、さきほどご来光を共に得た青年に出会う。彼はオベリスクに挑んだのちに青木鉱泉へと下るという。私は尾根道を行くことにした。この時点で広河原に下る選択肢は完全に消滅していた。前日の人と車の多さからできるだけ遠ざかりたかった。
 御座石鉱泉へのおだやかな道は最も私に適したルートである、そう思えた前半に比べ、後半の延々と続く単調な急坂は、温泉嫌いの私を入浴へと導いた。バス到着まで1時間半、ようやく電波の通じた画面には呑気なメッセージやスタンプが満ちている。かけがえのない存在が人に必要なことを教えてくれたSを思い、私は静かに目を閉じた。
※この山行記録は以下の投稿キャンペーンに参加しています。
「想い出の山」写真&レポートコンテスト 「山行記録部門」 by モリパーク アウトドアヴィレッジ(MOV)
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1506人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/5/12
投稿数: 3659
2014/9/17 23:13
混雑
多分あの方かな〜という心あたりはあります。
小屋やバスいろんなところで人が沢山でしたね(^^;
私も臨時が出ると思い込んでて座れませんでした(><
でもこの日同じ景色を共有出来て光栄です。
山に行くと自分自身を見つめなおす気持ちになりながら
気分がすがすがしくなりますよね。
登録日: 2013/9/19
投稿数: 113
2014/9/18 8:22
美しい富士でしたね
ikajyuさん、メッセージをありがとうございます。久しぶりにキツイ一晩でしたが、翌朝のご来光や富士の姿で報われました。山ではまだまだ余裕がなくていつも「真剣勝負」なので、愛想悪くてすみません。またどこかでお会いできることを!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ