また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 510686 全員に公開 トレイルラン甲斐駒・北岳

甲斐駒ヶ嶽 黒戸尾根往復

日程 2014年09月14日(日) [日帰り]
メンバー
天候天気晴朗ナレドモ ガス深シ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち85%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間18分
休憩
54分
合計
9時間12分
S尾白川渓谷駐車場07:2607:31竹宇駒ヶ岳神社07:3808:39笹の平分岐09:22刃渡り09:32刀利天狗09:3410:10五合目小屋跡10:1210:13屏風小屋跡10:1610:51七丈小屋10:5511:38八合目御来迎場12:26甲斐駒ヶ岳12:3613:03八合目御来迎場13:29七丈小屋13:4414:06屏風小屋跡14:1114:14五合目小屋跡14:1614:44刀利天狗14:4615:03刃渡り15:33笹の平分岐16:27竹宇駒ヶ岳神社16:34尾白川渓谷駐車場16:3616:38ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
五合目小屋跡以降 七丈小屋まではハシゴ・鎖の連続で気が抜けない。
八合目以降は岩の間を攀じるような箇所多数。
とはいえ、しっかり整備されているので危険箇所は少ない。
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

竹宇駒ケ岳神社 出発点が神社というのがなんとも清々しい。
しっかりお参りして今日の無事を祈願。
2014年09月14日 07:33撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竹宇駒ケ岳神社 出発点が神社というのがなんとも清々しい。
しっかりお参りして今日の無事を祈願。
しょっぱなの吊橋。
この世とあの世の境界線か。
2014年09月14日 07:34撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しょっぱなの吊橋。
この世とあの世の境界線か。
これでもか、とばかりに連続する急登。
日本三大急登の筆頭と賞賛されるに足る価値はある。
2014年09月14日 08:31撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これでもか、とばかりに連続する急登。
日本三大急登の筆頭と賞賛されるに足る価値はある。
1
八ヶ岳方面は少し晴れ間が覗く。
2014年09月14日 09:21撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳方面は少し晴れ間が覗く。
1
刃渡り。
名前ほどの危険性は無い。
2014年09月14日 09:19撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
刃渡り。
名前ほどの危険性は無い。
刀利天狗(とうりてんぐ)。
地道な急登も一段落。
2014年09月14日 09:35撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
刀利天狗(とうりてんぐ)。
地道な急登も一段落。
1
手のひらよりも大きいキノコ。
2014年09月14日 09:45撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手のひらよりも大きいキノコ。
3
五合目小屋跡を過ぎ、この祠を過ぎるといよいよスリル満点のハシゴパラダイス。
2014年09月14日 10:07撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五合目小屋跡を過ぎ、この祠を過ぎるといよいよスリル満点のハシゴパラダイス。
2
一発目、いきなりの急傾斜。
2014年09月14日 10:09撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一発目、いきなりの急傾斜。
甲斐駒は信仰の山。五合目を過ぎるとこのような石碑・剣があちこちに。
今回現認した中で一番古かったのは天保年間のもの。
2014年09月14日 10:31撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒は信仰の山。五合目を過ぎるとこのような石碑・剣があちこちに。
今回現認した中で一番古かったのは天保年間のもの。
1
クライマックスの桟橋。
2014年09月14日 10:27撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クライマックスの桟橋。
3
七丈小屋。
何がどう、とは言わないが、雁坂とは対極にあるような小屋。
2014年09月14日 10:45撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七丈小屋。
何がどう、とは言わないが、雁坂とは対極にあるような小屋。
1
七丈小屋を過ぎるといよいよクライマックス。
高山の雰囲気になってきます。
2014年09月14日 11:24撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七丈小屋を過ぎるといよいよクライマックス。
高山の雰囲気になってきます。
甲斐駒と言えばこのそそり立つ巨大な剣。
今回、この岩に登ってみようと試みましたが無理でした。
2014年09月14日 11:53撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒と言えばこのそそり立つ巨大な剣。
今回、この岩に登ってみようと試みましたが無理でした。
1
時々晴れ間は覗くけど、
2014年09月14日 12:01撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時々晴れ間は覗くけど、
基本はガス。
頂上には大勢の人が見える。
2014年09月14日 12:16撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
基本はガス。
頂上には大勢の人が見える。
1
登頂!
約1年のご無沙汰でした。
あまりにも人が多く、ガスって景色も見えないのでさっさと撤収。
2014年09月14日 12:26撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登頂!
約1年のご無沙汰でした。
あまりにも人が多く、ガスって景色も見えないのでさっさと撤収。
1
素朴だけど凛々しい不動明王。
2014年09月14日 14:02撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素朴だけど凛々しい不動明王。
3
「フッフッフッフ」という声が聞こえてきそうなキノコ。
2014年09月14日 14:16撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「フッフッフッフ」という声が聞こえてきそうなキノコ。
5
帰路の刃渡り、ようやく展望が開けた。
八ヶ岳がくっきり。
2014年09月14日 14:50撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰路の刃渡り、ようやく展望が開けた。
八ヶ岳がくっきり。
3
右に目を転じれば、我が心のふるさと・奥秩父山脈もくっきり。
2014年09月14日 14:50撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右に目を転じれば、我が心のふるさと・奥秩父山脈もくっきり。
1
記念にパチリ。
2014年09月14日 14:47撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
記念にパチリ。
2
日向山方面。
次回はこっちのほうに下りてきてみたい。
2014年09月14日 14:52撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日向山方面。
次回はこっちのほうに下りてきてみたい。
1
分厚い雲間、ほんの一瞬だけ地蔵岳のオベリスク(地蔵岩)が見えた!
2014年09月14日 14:53撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分厚い雲間、ほんの一瞬だけ地蔵岳のオベリスク(地蔵岩)が見えた!
2
深い深い緑。
2014年09月14日 15:45撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
深い深い緑。
2
甲斐駒ヶ嶽の頂上がようやくほんのちょっと見えた。
2014年09月14日 16:50撮影 by u1030SW,S1030SW , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒ヶ嶽の頂上がようやくほんのちょっと見えた。
1

感想/記録

1年ぶり 2度目の甲斐駒・黒戸尾根。
前回は縦走装備(20kg)でヒイコラ登ったけれど、今回は軽装トレラン装備なので楽勝! と思いきや、やはり「日本三大急登」の筆頭はそれほど甘くは無かった。。

出発地点は竹宇駒ヶ嶽神社の境内から。
南アルプス天然水の採水地・尾白川渓谷を渡ればそこは山岳信仰の聖地。
渓谷にかかる吊橋はさながらこの世とあの世の境界線か。
無事帰ってこれるよう、しっかりお祈りして出発。

のっけから容赦ない急登が延々と続き、刃渡り〜刀利天狗を過ぎると一旦少し斜度が緩み、五合目小屋跡までは結構な下りとなる。
帰路、ここを登り返すのかと思うとちょっと憂鬱になる。。

五合目小屋跡の祠を過ぎると、いよいよ道の両脇に古い石碑・石仏・鉄剣が所狭しと立て並べられ、垂直に近いハシゴがいくつも連なる険しいポイントへ突入。
かなりスリリングだけど、ハシゴも鎖もしっかりしているのでそれほど怖くは無い
。極度の高所恐怖症の私が言うんだから間違いない(笑)。

七合目に立つ七丈小屋を過ぎ、八合目の御来迎場を過ぎると、一気にアルパインな雰囲気に。
鎖場が連続、鎖の無い岩場もちょくちょく現れるけど、手掛かり足掛かりがしっかり切られているので危険箇所は少ない。

そんなこんなでようやく辿りついた頂上は、北沢峠方面からの登山者で大混雑。
ガスって展望も全く無いし、長居は無用と滞在10分弱でさっさと引き返す。
さてここから初めての下りの黒戸尾根。
下るだけだから楽勝だろうと思いきや、登りがキツイ急傾斜は下りもきつい。
ボディーブローのように疲れが溜まってきたところに現れる五合目からの登り返しはストレートパンチのごとく。
そして延々とエンドレスに続く急な下り。
最後は「もう下るの嫌や〜〜」的に泣きが入る。
三大急登の筆頭は「三大急降」でもありました。

なかなかキツい往復でしたが、登山者も少なく、深い森の中を一人静かに歩き、最後はちょっとアルパインな雰囲気を楽しめる、とても素敵な尾根道です。
また来たいな!  でも年に1度でいいや。。。。
訪問者数:525人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/11/11
投稿数: 1235
2014/9/17 18:36
 天気晴朗ナレドモ ガス深シ
namifujiさん、こんにちは!

いつものツボな感覚ありがとうございます
こちらのルート、黒戸尾根!
男子たるもの一度はよじ登ってみたい道って感じですよね!
フフ、女子で良かった
この急登&急降を、ヤイコラ!ヤイコラ!と、
その場その場で口では不平をいいつつ、天邪鬼に楽しんでいる
余裕の雰囲気を感じますよ
突出に続いて、年に1回バリエーションですかね

自分は高いところが好きな頭脳の持ち主なので、いつか黒戸尾根、
行ってみたいですね
でも、なが〜い下りは大嫌いだから、北沢峠へ降りちゃお〜
登録日: 2014/1/18
投稿数: 432
2014/9/18 18:21
 Re:天気晴朗ナレドモ ガス深シ
miouさん こんにちは。コメントありがとうございます!
黒戸尾根、確かに急坂が延々と続くのですが、江戸時代から多くの人が登ってきた道だけに、危険箇所はそれほど無いです。

デカザック背負った女性も大勢登ってましたから、miouさんなら楽勝です。
ぜひぜひ一度行ってみてください。
途中までは、秩父の山をスケールアップしたような深く静かな森の道。コケもキノコも盛り沢山。絶対気に入ると思いますよ!

帰路は北沢峠に降りるのもアリですね。
人が多くてちょっとウンザリするかもしれませんが。。。

ちなみに、「高いところが好きな頭脳」なら私も負けませんよー!
なんなら勝負しますか?(笑)

ではでは。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ガス 急登 鎖場 栗鼠 地蔵 渓谷 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ