また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 511214 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走富士・御坂

富士山〜吉田口弾丸〜 靴慣らしその2

日程 2014年09月12日(金) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候曇り 8合目でー3℃ 風8m〜10mくらい
アクセス
利用交通機関
車・バイク
富士スバルライン経由
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち68%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
今回は同行者有りの為、超スロー登山です。
動いているより休憩時間が長いような(笑)
コース状況/
危険箇所等
危険箇所無し
その他周辺情報ふじやま温泉
www.fujiyamaonsen.jp/
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ヘッドランプ(1) 予備電池(1) ガイド地図(1) 保険証(1) 飲料(3) ティッシュ(1) バンドエイド(1) タオル(2) 携帯電話(1) 雨具(1) 防寒着(1) ストック(1) 非常食(2) ストーブ(1)
共同装備 カメラ(1) 車(1)

写真

弾丸登山の行列
2014年09月13日 03:23撮影 by SH-04F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弾丸登山の行列
日本一高いところからのご来光
2014年09月13日 05:22撮影 by SH-04F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本一高いところからのご来光
1
ご来光を見てる人を見る
2014年09月13日 05:24撮影 by SH-04F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ご来光を見てる人を見る
雲海が遥か下にある
3000mとはやはり高さが違う
2014年09月13日 05:27撮影 by SH-04F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海が遥か下にある
3000mとはやはり高さが違う
雲が晴れれば房総まで見えるとか
2014年09月13日 05:39撮影 by SH-04F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が晴れれば房総まで見えるとか
やっと日が照ってきました
体温上昇中!
2014年09月13日 05:49撮影 by SH-04F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと日が照ってきました
体温上昇中!
あれにみえるは剣が峰
すぐそこです
2014年09月13日 05:57撮影 by SH-04F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれにみえるは剣が峰
すぐそこです
お鉢を時計回りすることにします
2014年09月13日 05:58撮影 by SH-04F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お鉢を時計回りすることにします
火口には万年雪が...
2014年09月13日 06:04撮影 by SH-04F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
火口には万年雪が...
剣が峰への坂
2014年09月13日 06:21撮影 by SH-04F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣が峰への坂
ここも渋滞かよ
2014年09月13日 06:29撮影 by SH-04F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも渋滞かよ
2
最高点到達
2014年09月13日 06:41撮影 by SH-04F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高点到達
2
寒すぎて頂上では飲む気が起きなかったワイン。
下山途中、下りに飽きたし、同行者を待つ間に飲酒。
2014年09月13日 08:15撮影 by SH-04F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寒すぎて頂上では飲む気が起きなかったワイン。
下山途中、下りに飽きたし、同行者を待つ間に飲酒。
ブルに揺られて、物資とおばさんも
2014年09月13日 08:32撮影 by SH-04F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブルに揺られて、物資とおばさんも
ひたすらブル路を下るのみ
2014年09月13日 09:15撮影 by SH-04F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひたすらブル路を下るのみ
登山者も馬に乗るわけだ
2014年09月13日 10:00撮影 by SH-04F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山者も馬に乗るわけだ
空いているほうです...
2014年09月13日 10:49撮影 by SH-04F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空いているほうです...

感想/記録
by chamao

せっかくの連休の中日に予定があるため、今回も日帰り企画で山梨方面を計画していたところ、富士山弾丸のお誘いが...。

正直、
混んでいる山は苦手だし、
登山者らしくないのも登っているし、
美味しい天然水もないし、
高山植物も少ないし、
稜線の景色もないし、
テント張れないし、

そんな理由で、自発的には登ろうとは思わない山だったので、いい機会にお誘いを受けたと思って、迷った末に行ってきました。

スバルラインの5合目に21時半。
意外と人が少ない模様。ラッキー♪

7合目くらいまでは林道のように歩き易い道。
たくさん山小屋ありますね〜。こんなに弾丸登山者がいたら、うるさくてろくに寝れないだろうに。山小屋も24時間大変そうです。
白人の外人さん、
「こんなに早く登ったら楽しくないヨ〜。気持ち悪いし、30プン休みたい〜。室内で30プン休みたいヨー!」
気持ちはわかります。初めての山がここだとそうなるわな(笑)

7〜8合目あたりは山小屋が多くて、山間のひなびた温泉街の裏道の坂を歩いているようでした。

9合目あたりから寒さが厳しくなってきます。
8合目の山小屋の気温計がー3℃。ほんとに?
傾斜もそれなりですが、よく整備された広い道で歩き易い。

それに9合目あたりから、空気がかなり薄くなったのが感じられて、めまいのようなフワーっとした気持ちいい感じ。足元がおぼつかない感じ。
高山病の脱落者も出ておりました。

頂上まで上がると風もいっそう強く、体温が半端なく奪われていきます。
皆さん、山頂までは口数も少なく、くちびる真っ青です。
同行者もそうでしたが、言葉のろれつがまわらなく、滑舌悪くなってます。
これは、低体温症の初期症状だ...
雪雨が降らなくて良かったです。秋装備をフルに着込んでも寒い。
山頂で、ラーメン食べて、ワイン飲んでなんて考えていましたが、そんな余裕無し。
手足はかじかんでボタン留めるのも危ういし、山小屋の行列に並んで休憩。

ご来光が見られた後は、気温も上昇。
雲海は晴れませんでしたが、快適なお鉢周りでした。

吉田口の帰路は、林道のような広いブル道を下ります。
けっこう長い。単調なつづら折で飽きがきます。

初の富士山でしたが、
やはり高い日本一の山です。
普段見る雲海が遥か下にみえて、遠くまで見渡せるので迫力がありました。
標高が高いので、空気の薄さをとても感じました。高山病にはならなかったのは良かったです。

ただ、登ってみて感じたのは、
登る人たちはあくまで、富士山登山者で、登山者ではないんだなと思いました。
良くも悪くも世界遺産になるといろんな人が来ますよ。
今回は、低体温症についての良い経験でした。
どんな山も舐めたらいけませんね。
これからも天候をチェックしてしっかり装備を準備したいと思います。
靴慣らしは順調に終了。テカテカにWAX済み。光ってる☆(笑
これで安心してともに歩けます♪

10月後半までは日曜の予定が付かないために日帰り山行となりますが、その期間を利用してテントの補修&改造!
エスパースさんは、機能的には問題ないのですが、個人的に気になる箇所があったので問い合わせてみると、防風性能は問題なく軽量化のために省略してあるとのこと。
しかも、希望なら無料でそこの部分を改造してくれるというではないか!
この間、三伏小屋で穴を開けてしまった箇所も一緒に修理してもらって、強風でグネグネになったポールも一緒に見てもらって、今現在ドックに入っています。
晩秋は、パワーアップしたエスパースさんと寒空星空のテン泊行きますよ!
山登りと同じかそれ以上に、山でのテン泊が大好きです。
山岳テントは高価なので、欲しいテントはたくさんありますが、いくつもは買えません。
そんな中、色々迷って、エスパースさん。
なんでさん付けなのか?とりあえず、ユーザーはさん付けしていたりするので...。
選んだ基準を書きますと、
・天井高が高い
・長辺に入口がある。しかも入口が広い。
・耐風性能が強い
・シームコート済み
・しわしわでなくキレイに張れる
・換気性能がよい
・長辺、短辺の長さが良い
中でも、天井高が高いのはポイント高いです。
オールスリーブなので、フライトの間のデッドスペースが無く、壁の立ち上がりが良いので実際広いです。
強いていうと、オールスリーブは設営時にポールを奥までしっかり入れないといけないし、ポール立ち上げ時にはちょっと力が要りますので、女性はコツがいるかもしれません。撤収時のポール引抜が少しめんどくさい。また、フライとインナーのクリアランスが吊り下げ式に比べて狭いため、フライの4隅がインナーに接触し易く、ゴムと張り綱は必須です。それでも少し接触するかも。とはいえ、ほんの数センチの結露スペース発生が発生するかどうかなのでまったく問題ないです。
総じて、他メーカーとの比較してみてもメリット箇所が多いと思います。
唯一、ガイラインが本体から直接取れないところが気になっていましたが、(ダブルウォールのソロ〜デュオのみ)メーカーに解決していただきました。
快適なテント泊を優先する自分には最適テントとなりました。
色々なテントを見ましたが、次もまたエスパースさんで、ソロのシングルがほしいな〜と思ってます。
あとは軍資金の問題です。
訪問者数:324人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ