また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 511386 全員に公開 ハイキング八ヶ岳・蓼科

赤岳 子連れでのんびりテント2泊(美濃戸口〜行者小屋〜赤岳)

日程 2014年09月13日(土) 〜 2014年09月15日(月)
メンバー 子連れ登山
 Nicolas(CL)
 Lady-Sako(食事)
天候3日間 晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
茅野駅〜(バス)〜美濃戸口
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間40分
休憩
0分
合計
4時間40分
S美濃戸口10:2015:00行者小屋
2日目
山行
5時間0分
休憩
1時間40分
合計
6時間40分
行者小屋06:0008:20赤岳08:4010:40行者小屋12:0012:40赤岳鉱泉
3日目
山行
3時間20分
休憩
0分
合計
3時間20分
赤岳鉱泉07:0010:20美濃戸口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
林道の通行止め、登山道の崩落などによる危険箇所はありませんでした。
赤岳山頂への登山道は三点支持、鎖を使用して登る個所が多くあります。
また滑落したら命に関わる崖のような所もありますので登山初心者にはお勧めしません。 
頂上まではさまざまなルートで行けますが、技術的に不安な方は
文三郎尾根からの登山、下山をお勧めします。
【三点支持・落石・滑落】これらの意味と技術的な対応ができる人の山レベルです。
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

9/13 朝6時の駅ホーム 
Sakoはモンベル チャチャバック35Lを背負ってもらいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9/13 朝6時の駅ホーム 
Sakoはモンベル チャチャバック35Lを背負ってもらいます。
4
臨時特急なので、なんか古い車両がきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
臨時特急なので、なんか古い車両がきました。
2
立川から特急あずさに乗る。指定は取れなかったので
自由席。最初は混雑してましたが大月から座れました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立川から特急あずさに乗る。指定は取れなかったので
自由席。最初は混雑してましたが大月から座れました。
2
茅野駅に到着。すでにバス停は列ができています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茅野駅に到着。すでにバス停は列ができています。
茅野からバスで美濃戸口へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茅野からバスで美濃戸口へ。
1
ようやく美濃戸口
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく美濃戸口
2
有料トイレはありましたが、無料の水場のような場所は見つけられず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有料トイレはありましたが、無料の水場のような場所は見つけられず。
しばらくは林道歩き
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくは林道歩き
1
今回はテントで2泊3日の山行です。軽量化して45Lザックになんとか荷物を納める。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回はテントで2泊3日の山行です。軽量化して45Lザックになんとか荷物を納める。
1
美濃戸まで1時間の道のり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美濃戸まで1時間の道のり
1
トリカブトがきれいに咲いています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トリカブトがきれいに咲いています
2
赤岳山荘でお昼ご飯。月見うどんには地元のキノコが入ってました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳山荘でお昼ご飯。月見うどんには地元のキノコが入ってました。
2
赤岳山荘のワンコ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳山荘のワンコ
1
行者小屋、赤岳でたくさん見るマムート。マムートって宣伝うまいな〜と思う。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋、赤岳でたくさん見るマムート。マムートって宣伝うまいな〜と思う。
2
良く見る風景。冷たいお水で冷えたジュースが気になる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良く見る風景。冷たいお水で冷えたジュースが気になる。
1
ここから北沢、南沢に分かれます。本日は行者小屋を目指すので南沢ルートで行きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから北沢、南沢に分かれます。本日は行者小屋を目指すので南沢ルートで行きます。
2
何回か橋をわたる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何回か橋をわたる
1
おぉ!すごい景色だ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おぉ!すごい景色だ
またまた沢を渡ります。Sakoさん橋が苦手
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またまた沢を渡ります。Sakoさん橋が苦手
1
南沢ルートはすごい人が通るけど道標はすくない。
道迷いに注意とありますが。
Sakoさんに先頭を任せてたら3回ぐらい道間違えてた。もちろん父が教えてあげるが、ガスが出たら大人でも確かに迷うね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南沢ルートはすごい人が通るけど道標はすくない。
道迷いに注意とありますが。
Sakoさんに先頭を任せてたら3回ぐらい道間違えてた。もちろん父が教えてあげるが、ガスが出たら大人でも確かに迷うね
2
行者小屋につきました。すんげー人
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋につきました。すんげー人
3
テントの数もすんげー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テントの数もすんげー
2
あれに明日のぼるのだ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれに明日のぼるのだ!
1
地蔵尾根アップ
登っておる登っておる。。まるで人がアリのようだ〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵尾根アップ
登っておる登っておる。。まるで人がアリのようだ〜
今日の我が家は小屋の裏側。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の我が家は小屋の裏側。
2
今日のディナーはなんと焼肉
家でもめったに食べない高級肉を担いでまいりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日のディナーはなんと焼肉
家でもめったに食べない高級肉を担いでまいりました。
2
テント場に響く焼肉音。う〜んすばらしい香り。
間違ってもテントの中ではできません。油まみれになります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場に響く焼肉音。う〜んすばらしい香り。
間違ってもテントの中ではできません。油まみれになります。
3
夕方になりさらにテントが増えてゆく
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕方になりさらにテントが増えてゆく
2
小屋前にも後ろにもテント。夕方で110張りはありました。(Sakoさんカウント)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋前にも後ろにもテント。夕方で110張りはありました。(Sakoさんカウント)
1
う〜ん景色よいね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
う〜ん景色よいね
1
さて2日目9/14 6:00に業者小屋を出発。
文三郎道を使って赤岳頂上目指します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて2日目9/14 6:00に業者小屋を出発。
文三郎道を使って赤岳頂上目指します。
放射冷却で寒い。しかも霜まで降りてる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
放射冷却で寒い。しかも霜まで降りてる。
2
まずは樹林帯を登って行く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは樹林帯を登って行く
これが文三郎道で出てくる最初の階段
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが文三郎道で出てくる最初の階段
1
最初は傾斜もほどほど
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は傾斜もほどほど
ここが一番長い階段です。慎重にいきましょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが一番長い階段です。慎重にいきましょう。
2
階段を登り終えるとさらに傾斜はきつくなってきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段を登り終えるとさらに傾斜はきつくなってきます。
1
こんな感じのところを登って行く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じのところを登って行く
向かいには中岳、阿弥陀岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向かいには中岳、阿弥陀岳
1
道が険しくなってきました。三点支持で進むのです
こんなのは序の口です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道が険しくなってきました。三点支持で進むのです
こんなのは序の口です。
3
ようやく中岳と赤岳の分岐が見えてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく中岳と赤岳の分岐が見えてきた。
1
お世話になります。マムート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お世話になります。マムート
2
う〜ん寒すぎる。日が当たらないのでまだ霜が溶けない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
う〜ん寒すぎる。日が当たらないのでまだ霜が溶けない。
ここにもマムート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにもマムート
1
中岳と赤岳の分岐まできて、半分くらいかな。
ここから先が本格的な岩登りになります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中岳と赤岳の分岐まできて、半分くらいかな。
ここから先が本格的な岩登りになります。
1
阿弥陀岳と同じ高さぐらいにきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳と同じ高さぐらいにきました。
険しい登りですが、想像よりも恐怖感は少ない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
険しい登りですが、想像よりも恐怖感は少ない
1
Sakoさん「赤岳っておもしろいね!岩登り楽しい〜」
父「疲れた・・・」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Sakoさん「赤岳っておもしろいね!岩登り楽しい〜」
父「疲れた・・・」
3
我が家以外のお子様もちらほら。
文三郎道の岩登り。もっと高度感があって恐怖を感じながら登るかとおもっていましたが、それほどでもない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
我が家以外のお子様もちらほら。
文三郎道の岩登り。もっと高度感があって恐怖を感じながら登るかとおもっていましたが、それほどでもない。
3
やった!!−山頂です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やった!!−山頂です。
2
赤岳頂上山荘に行くには、両側崖のやせ尾根を歩かないといけません。ここだけ唯一恐怖を感じた。へっぴり腰の黄色いカッパはわたし。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳頂上山荘に行くには、両側崖のやせ尾根を歩かないといけません。ここだけ唯一恐怖を感じた。へっぴり腰の黄色いカッパはわたし。
1
さて降りるぞ!
父は降りるのは得意なのだ!
下山も文三郎道で下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて降りるぞ!
父は降りるのは得意なのだ!
下山も文三郎道で下ります。
1
あらこんなプレートあったのね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あらこんなプレートあったのね。
登りの時は渋滞あまりありませんが、下りはけっこう渋滞発生。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りの時は渋滞あまりありませんが、下りはけっこう渋滞発生。
1
Sakoさん楽しいを連発。普通の山歩きはつまらないそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Sakoさん楽しいを連発。普通の山歩きはつまらないそうです。
1
こんな所を下りてきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな所を下りてきました
1
ここからはザレ場、滑らないように
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからはザレ場、滑らないように
1
慎重におりましょう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
慎重におりましょう
1
行者小屋がみえてきた。ゴールは近い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋がみえてきた。ゴールは近い
1
はい お疲れ様でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はい お疲れ様でした。
3
さらにテントが増えてる感じ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらにテントが増えてる感じ
1
ぷは!うまいね。お疲れ様
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぷは!うまいね。お疲れ様
1
カレー大盛りいただきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カレー大盛りいただきます。
2
Sakoさんはラーメン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Sakoさんはラーメン
1
昼過ぎにはガスが出ていて山頂付近は雲の中
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼過ぎにはガスが出ていて山頂付近は雲の中
さてほとんどの登山者は二日目に美濃戸口まで下山してしまうのでしょうが、私は体力ないので今日は赤岳鉱泉まで下りてテン泊です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さてほとんどの登山者は二日目に美濃戸口まで下山してしまうのでしょうが、私は体力ないので今日は赤岳鉱泉まで下りてテン泊です。
1
赤岳鉱泉までは樹林帯を登ったり降りたり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉までは樹林帯を登ったり降りたり
大同心 (ですよね?)
ん!!なんかいる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大同心 (ですよね?)
ん!!なんかいる
あそこに黄色い点が、、、しかも、、、動いている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あそこに黄色い点が、、、しかも、、、動いている
おおおお!
あんなところ登ってるよ。すげー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おおおお!
あんなところ登ってるよ。すげー
1
はい赤岳鉱泉に到着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はい赤岳鉱泉に到着
2
赤岳鉱泉も人は多いですが行者小屋よりかは少ない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉も人は多いですが行者小屋よりかは少ない。
テント設置完了。お土産に手ぬぐい購入
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント設置完了。お土産に手ぬぐい購入
1
雲が出てきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が出てきました
テントの数は多かったけど、かなり個室な最適地確保できました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テントの数は多かったけど、かなり個室な最適地確保できました。
2
ビール500円
ジュース400円
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビール500円
ジュース400円
1
森も夕焼けに染まっています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森も夕焼けに染まっています
テント場はこんなかんじ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テント場はこんなかんじ
1
赤岳がさらに夕焼けで赤く染まる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳がさらに夕焼けで赤く染まる
3
良く見ると頂上に人たくさん
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良く見ると頂上に人たくさん
2
Sakoさんは就寝時間まで読書。
今日は【ちはやふる】
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Sakoさんは就寝時間まで読書。
今日は【ちはやふる】
1
奥に見えるテントが我が家
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥に見えるテントが我が家
まずはお茶を一服
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずはお茶を一服
1
撤収完了
Sakoさんは、、、、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
撤収完了
Sakoさんは、、、、
1
朝の読書
【ちはやふる】はまったようです。
ポーズが決まっています。

拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝の読書
【ちはやふる】はまったようです。
ポーズが決まっています。

1
北沢ルートで美濃戸まで下ります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北沢ルートで美濃戸まで下ります
1
北沢ルート。素晴らしいです。
沢あり橋ありコケあり。変化に富んで、しかも歩きやすい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北沢ルート。素晴らしいです。
沢あり橋ありコケあり。変化に富んで、しかも歩きやすい。
1
堰堤広場に到着。ここから林道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤広場に到着。ここから林道
1
この林道も奇麗です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この林道も奇麗です
1
キノコ
北沢はキノコ天国です。
キノコ探しながら歩きました。ほんと楽しいよこの道
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キノコ
北沢はキノコ天国です。
キノコ探しながら歩きました。ほんと楽しいよこの道
3
キノコ
※このキノコは折れて転がっていました。
抜いてません。
※毒キノコでも抜いたり、叩いたりだめよ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キノコ
※このキノコは折れて転がっていました。
抜いてません。
※毒キノコでも抜いたり、叩いたりだめよ。
1
キノコ
う〜ん赤いね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キノコ
う〜ん赤いね
キノコ
さらに赤いね。毒?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キノコ
さらに赤いね。毒?
1
はい。美濃戸までつきました。キノコ道もここまで
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はい。美濃戸までつきました。キノコ道もここまで
次回はここまで車で来たいね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次回はここまで車で来たいね
1
なんとクロネコヤマト!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんとクロネコヤマト!
1
美濃戸口が見えてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美濃戸口が見えてきた
1
お!バスがきている。
10:25の1本早いのに乗れそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お!バスがきている。
10:25の1本早いのに乗れそうです。
お疲れ様でした。
無事に下山しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お疲れ様でした。
無事に下山しました。
3
これで茅野駅まで向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これで茅野駅まで向かいます。
1
帰りは席半分くらいしか乗っていませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは席半分くらいしか乗っていませんでした。
1
バス1本早かったので、ゆっくり昼ごはん
バス乗り場のすぐ脇の駅ビル2階のレストラン・モン蓼科
ここ良かったです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バス1本早かったので、ゆっくり昼ごはん
バス乗り場のすぐ脇の駅ビル2階のレストラン・モン蓼科
ここ良かったです。
1
木曽駒ヶ岳で食べる予定だった、人気No1ソースかつ丼と
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木曽駒ヶ岳で食べる予定だった、人気No1ソースかつ丼と
3
えびのドリアとハンバーグandグラタンセットを二人で食べる。
うまい!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
えびのドリアとハンバーグandグラタンセットを二人で食べる。
うまい!
1
ちーん。完食。
ごちそうさまでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちーん。完食。
ごちそうさまでした。
1
帰りは指定席がとれました。特急あずさで立川まで
Sako「う〜ん ちょっとお腹すいた。。」
父「え!!まじっすか?!!」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは指定席がとれました。特急あずさで立川まで
Sako「う〜ん ちょっとお腹すいた。。」
父「え!!まじっすか?!!」
1
最後に茅野駅のプレート前でジャンプ。
楽しかったです。ありがとう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後に茅野駅のプレート前でジャンプ。
楽しかったです。ありがとう
3

感想/記録

お盆のお休みは雨に祟られ、オーレン小屋に雨の中テントを張っただけで終わってしまいました。
今回の3連休どうやら好天とのことで、以前より考えていた赤岳にチャレンジしてきました。
赤岳はいままで自分が経験した中では間違いなく一番難易度の高い登山と考えていたので、ルートはいつも以上に念入りに調べました。

↓これ大変参考になります。
【日本アルプス登山ルートガイド】
http://www.japanesealps.net/yatsugatake/akadake/bunzaburo.html

山頂へのルートとして一般的なのは地蔵尾根と文三郎尾根の2ルート。

地蔵尾根の利点は山頂手前に山小屋があること悪天候の場合避難できる。
でも地蔵尾根は文三郎と比べると階段が少なく高度感が高い岩登りが多いとのこと。
難易度は文三郎のほうが低いと書いてある。

文三郎道は階段が多くてしんどいが、この階段でかなりの高度を稼げるし
階段にはしっかりと鎖がある。
あと日本アルプス登山ルートガイドを見た感じたしかに地蔵尾根よりも難度は低そうだ。

今回結果として登り、下りともに文三郎道を使用しました。
地蔵尾根は歩いて無いのでこれは個人的な思い込みですが、
子連れには文三郎道で正解だったと思います。

岩登りもあります。落石の危険もあるし、三点支持で登らなければならないところも
ありますが、まずは高度感を感じるところが少なかった事と登山道のすぐ下は崖、落ちたら死亡という場所は正直少ないと感じた。
なので私もSakoも予想していた恐怖より純粋に登山を楽しめたというのが正直な感想です。

ただ赤岳の難易度を考えると、高尾山、雲取山などの登山とは全く異なる登山なので
しっかりとした知識と経験が必要だという考えは変わりません。
今回の登山で遭遇はしませんでしたが、落石あっても全然不思議でありません。
ヘルメットはすごい安心感があります。
つまずき、転倒して滑落。するような場所ゴロゴロあります。

でも今までに経験したことのない達成感があったのも間違いありません。
初心者の方、子連れの方はぜひ入念な下調べ、工程、経験をつんでチャレンジしてみてください。

最後に美濃戸から分岐する南沢、北沢の北沢は下山時に歩いたのですが、
北沢ルートは素晴らしすぎます。沢、橋、小さな流れ込み、苔、森、石
本当にすばらしいルートです。そしてキノコです。
あっちにもこっちにもキノコがわんさかキノコ道でした。

こんど同じような時期に北沢をもっとゆっくりキノコ図鑑もって歩きたいと思います。













訪問者数:748人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ