また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 512027 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

9月の甲武信岳(西沢渓谷〜甲武信小屋泊〜雁坂峠)

日程 2014年09月13日(土) 〜 2014年09月14日(日)
メンバー
 soranoiro(写真)
, その他メンバー3人
天候13日:曇り時々晴
14日:晴後曇り
平地の最高気温27℃・最低気温17℃
山頂の最高気温10℃?・最低気温4℃
日出:5:12 日入:18:18
アクセス
利用交通機関
車・バイク
勝沼インターより、道の駅みとみの隣の駐車場(無料、広大)へ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち71%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間11分
休憩
31分
合計
6時間42分
S西沢渓谷駐車場08:4709:03ねとりインフォメーション09:1109:13近丸新道登山口09:18徳ちゃん新道登山口09:1912:22徳ちゃん新道分岐12:3315:01木賊山まき道分岐15:0415:08木賊山15:1615:29甲武信小屋
2日目
山行
8時間36分
休憩
1時間14分
合計
9時間50分
宿泊地04:4005:00甲武信岳05:2006:31甲武信小屋07:33破風山避難小屋07:4008:34破風山08:4409:14東破風山09:2810:41雁坂嶺10:4212:00井戸ノ沢出合12:0812:33峠沢出合12:3712:53沓切沢出合13:21沓切沢橋13:3013:55雁坂トンネル駐車場13:5614:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・西沢渓谷〜甲武信小屋(徳ちゃん新道):特に危険箇所なし。砂岩で滑りやすいところあり。
・甲武信小屋〜雁坂峠:岩道多く、濡れているときはスリップ転倒注意。
・雁坂峠〜道の駅みとみ:急坂の下山。短いが沢を渡る箇所あり、滑ると危険。途中から林道、終点の国道に出るところ、行き過ぎてしまった。
その他周辺情報<温泉>みとみ笛吹の湯 (510円)
http://www.yamanashishi-kankou.com/iyashi/3onsen.html
リーズナブルだが設備はまずまず。露天風呂はぬるめでいつまでもつかりたい感じ。
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー サブザック 昼ご飯 非常食 ガスカートリッジ コンロ ライター 地図(地形図) ヘッドランプ GPS ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト カメラ
共同装備 コーヒーセット

写真

今回のハイライトは甲武信岳山頂から望む、夜明け前の富士山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回のハイライトは甲武信岳山頂から望む、夜明け前の富士山。
4
道の駅みとみ隣の広大な無料駐車場からすぐ、なんて立派な公衆トイレ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の駅みとみ隣の広大な無料駐車場からすぐ、なんて立派な公衆トイレ!
西沢渓谷駐車場登山口の案内板。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西沢渓谷駐車場登山口の案内板。
西沢渓谷駐車のゲート。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西沢渓谷駐車のゲート。
ねとりインフォメーションの案内板。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ねとりインフォメーションの案内板。
ねとりインフォメーション。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ねとりインフォメーション。
徳ちゃん新道登山口。いよいよ登山道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徳ちゃん新道登山口。いよいよ登山道。
とにかく、きのこきのこ、きのこの山でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とにかく、きのこきのこ、きのこの山でした。
1
下は岩、木の根は浅そう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下は岩、木の根は浅そう。
徳ちゃん新道分岐。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徳ちゃん新道分岐。
しばらくこんな道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくこんな道。
いたるところに、様々なきのこ。でも食べられるのはすくないんだろうな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いたるところに、様々なきのこ。でも食べられるのはすくないんだろうな。
岩を敷き詰めたような道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩を敷き詰めたような道。
1
岩、砂岩、木の根の道が続きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩、砂岩、木の根の道が続きます。
展望は少なく、樹林帯の道が続く中、展望が開けるのは、山の斜面が崩れたところ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望は少なく、樹林帯の道が続く中、展望が開けるのは、山の斜面が崩れたところ。
シャクナゲがえんえんと続く登山道。やはり混んでてもシャクナゲの咲く頃に来ねば。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャクナゲがえんえんと続く登山道。やはり混んでてもシャクナゲの咲く頃に来ねば。
ちょっとかわった植物。なんだろう?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとかわった植物。なんだろう?
1
甲武信小屋に到着。なんとセルフレジ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲武信小屋に到着。なんとセルフレジ。
雑然としているが、いい雰囲気の山小屋。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雑然としているが、いい雰囲気の山小屋。
今日はお布団一枚に二人です・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はお布団一枚に二人です・・・
テントサイトはまだ空きがある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テントサイトはまだ空きがある。
天気、日の出・日の入りなどは、こちらをご覧ください。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気、日の出・日の入りなどは、こちらをご覧ください。
夕ご飯。おいしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕ご飯。おいしい。
小屋の明かりが暖かい夕暮れ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の明かりが暖かい夕暮れ。
夕食のあとのビデオ上映会。いろいろな花の字幕が出る度に、声に出して読んでいる人、多し。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕食のあとのビデオ上映会。いろいろな花の字幕が出る度に、声に出して読んでいる人、多し。
星を撮るには三脚がいるなぁ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
星を撮るには三脚がいるなぁ。
1
日の出前、甲武信岳の山頂。日の出は木が邪魔しています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日の出前、甲武信岳の山頂。日の出は木が邪魔しています。
日の出は山頂手前にいいスポットがありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日の出は山頂手前にいいスポットがありました。
1
朝日の甲武信小屋。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日の甲武信小屋。
1
午前中、青空に恵まれる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午前中、青空に恵まれる。
尾根は白骨化した樹木多し。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根は白骨化した樹木多し。
なんという花でしょう?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんという花でしょう?
ハイマツのマツボックリ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイマツのマツボックリ。
破風山、西破風山、破不山、三通りの呼び名が書かれている・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
破風山、西破風山、破不山、三通りの呼び名が書かれている・・・
こんなアスレチックのような道。雨に濡れたら、岩が滑りそう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなアスレチックのような道。雨に濡れたら、岩が滑りそう。
雁坂峠。広々とした風景が美しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雁坂峠。広々とした風景が美しい。
下山道にはトリカブトがたくさん。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山道にはトリカブトがたくさん。

感想/記録

シャクナゲの山とは聞いていましたが、徳ちゃん新道、尾根道、とにかくシャクナゲのトンネル、原っぱがえんえんと続きます。次はシャクナゲの季節にやってきます・
訪問者数:368人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ