また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 533829 全員に公開 沢登り丹沢

世附川水系 土沢一ノ沢下降〜三ノ沢

日程 2014年10月20日(月) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
三国峠
・10台程度駐車可
・トイレ、登山届ポストなし
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
■丹沢限定kamogの沢登り記録集
 http://mt-farm.info/tanzawakiroku.html

■土沢 一ノ沢

 『丹沢の谷110』にも掲載されてはいるが、滝らしい滝は上流部の一つのみで
 昔、山岳会の祭りのついでに歩いたけれど平凡な沢。
 今回久しぶりに下降に使ってみた。
 遡行グレード:1級

<下降の場合>
仝道730号(山中湖平野と駿河小山方面を結ぶ、静岡県側は急こう配の道路)
 三国峠に10台ほど停められる駐車スペースがある。
 北への登山道は切通峠や菰釣山方面、南への登山道は三国山方面が交差している。
 トイレや登山届ポストはない。
 一ノ沢は駐車スペースから静岡県側に30mほど進み、左手にゲート入口がある
 三国林道の右側から沢筋に下っていく。
 相変わらず不法投棄のゴミやタイヤが散在している。
 倒木や堰堤を左岸から巻くと標高1050m変形三俣となり、ここから水が現れ
 始める。

△気蕕鳳當2つを左岸から巻いて下りると、この沢で唯一滝らしい滝2段7m
 (1.5+5m)が現れる。
 急な崩れ気味の左岸のリッジから下ると、標高1010m二俣となる。
 また堰堤を左岸から下り少し歩くと標高980m二俣。水量比は2:1。
 すぐに広めの標高975m二俣で水量比は1:1。
 右岸から合わさる沢の奥には見える限りで3段10mほどの連瀑があった。
 二俣下流の右岸は砂ザレが広がっている。

I弦950m二俣。右岸からの支沢は涸れ気味。
 すぐの堰堤も左岸から巻く。

ど弦930m二俣。右岸からの支沢は水量比2:3で1.5m小滝が架かっている。
 少し下れば右岸から割と豊富な湧き水あり。
 その先は標高915m二俣で右岸からの支沢は3m小滝あり。水量比1:2。
 すぐに標高910m二俣。水量比2:1で右岸からの沢へ入ると4段連瀑が見えた。
 次の堰堤は割と高く左岸の落ち口はえぐれているので、無理せず5m上に上がって
 から巻き下りた。

ド弦900m二俣状の水量比は5:1で、本流には2m小滝、左岸支沢には5m滝。
 左岸斜面には土留め群が見える。
 この辺の沢筋はナメ床になっている。

小振りなナメが出始め2段2×4m小滝は右岸の岩を容易にクライムダウン可。
 右岸に湧き水あった。
 少し下ると結構な量の面倒な倒木群があり苦労するので、右岸から巻く。
 右岸に褶曲した地層の赤土ザレを見送り、標高830mで水量比1:2の支沢が
 右岸から入る。

Ш鹸濛斜面が広い範囲で大伐採された地帯を左岸側から進むと、明瞭な森林作業
 径路に出て、少しで明神峠から作られている林道に合わさる。
 標高795m壱ノ沢橋のところ。
 右に行けば明神峠で県道730号へ、左に行けば今日の目的である三ノ沢や馬印、
 浅瀬方面だ。
 現在下流方面の林道崩壊工事の車両もこの林道を使っているようで、林道自体は
 一般車両も充分通行できるほどの良い道。
 (もちろん明神峠入口にはゲートがあり一般車両は入れないが)

林道を左に進む。途中の二ノ沢に橋らしい橋はなく堰堤がすぐ上に架かっている。
 そのまま通過ししばらくで三ノ沢橋へ着く。
 壱ノ沢橋から二十数分。

■土沢 三ノ沢

 標高740〜890m区間はほぼずっとナメが続き、丹沢の中では癒し系の代表格に
 なり得る沢であろう。
 堰堤も少な目で詰めもそれ程苦もなく三国峠へ続く三国林道に出られる。
 遡行グレード:1級

〇哀梁橋右側からすぐ沢に下りられる。(標高725m)
 すぐ先の堰堤は右岸(左側)から巻く。

⊂しで標高740m二俣で水量比5:1。右の支沢は2+4mの2段滝で出合う。
 ここからほぼずっと沢床はナメとなり丹沢にしては美しい。
 3段3×15m小釜ナメを越し、標高760mで水量比1:5の支沢が左から出合い
 5段L(長さ)20mほどの小釜ナメとなる。
 5段目の釜は少し深いので、この時期は左を巻いていく。
 すぐ標高765mで右から8m滝で支沢が合わさる。水量比10:1。
 L30mナメを楽しんで越し、逆くの字状2×5m小滝を越えていく。

A佇水のしょぼい支沢が左右から合わさる小さな三俣状の中央へ行き2m小滝を
 越えると2段3m滝。釜が深いので右から巻く。
 次の2×10mナメ滝帯は左からも巻けるが、トロの右側をへつって(卦蕁次
 流芯を行くのが楽しい。

い垢阿防弦795m二俣。水量比は5:1。
 左の本流へ行き1m小滝を越すと、何とも可愛らしい直径1m少々の玉子石が
 沢の真ん中に鎮座している。記念写真でも撮ろう。

ゼ,2m小滝を右からへつって越えると(卦蕁次法標高805m大き目の二俣。
 水量比は1:1。
 1.5×4m、2m(右へつり卦蕁次砲髪曚擦弌△気蕕砲困辰肇淵瓩続いている。
 「いいねぇ〜」連発。
 標高825mで沢(ナメ)は北西から北東へゆるやかに90度右折していく。

2段2m、幅広3条2×6m、2mとグングン越えていけば標高835m二俣。
 水量比は1:5で左の支沢には7×10m滝が架かる。
 少し歩くと沢の水流を二分するように3m岩が中央にある。

2条2×4m小滝を越えて少しで右の支沢が3段5×10mで合わさる。
 その上にはふっくらした幅広の10×15m滝を見える。
 左の本流は4×12mナメ滝で両門状が美しい。標高855m、水量比は10:1。

標高870m二俣は水量比1:2。この辺で長い距離続いたナメ床も終わり
 丹沢らしい平凡な渓相となる。
 1.5m小滝を越えると、ちょっとばかり滝らしい3m滝。左壁卦蕁櫃世
 一部浮岩もあり要チェック。
 しばらく振りに堰堤。左から巻いていくと、河原状となり、右から支沢が入る。
 標高890mで水量比は3:1。沢は北西に左折していく。

標高905m二俣は水量比2:1で右の支沢には5m滝が架かる。
 左の本流には堰堤。右手前から巻いていく。
 標高920m二俣は右の支沢に水は流れているものの、左の本流はガレで水は伏流し
 一旦涸れていた。
 少し歩けば細いながらも復流してくる。
 次の堰堤も右手前から巻き上がるが、落ち口の箇所がザレている。
 木の根の利いたものを使いながらザレをトラバースして抜ける。
 堰堤基部の右コーナーもザレだが登れるようにも見えた。

標高970mは先に左から浅い沢形が合わさり、その上で二俣となる変形三俣状。
 ここで完全に水涸れとなる。
 地形図を見る限り一番右の沢が等高線も穏やかなのでそちらに進む。
 すぐの堰堤は左から巻く。
 標高1045m辺りでよく見れば三俣状となっている。
 一旦西に向いた中央の窪へ入るが、そろそろ笹に覆われ出したので、左側の笹の
 薄い窪を南西方向に追うと、すぐに三国林道で出た。

三国林道は最初やや荒れ気味だが、次第に道幅も広くなってくる。
 途中、沢の横切る辺りが数カ所崩落気味であるが通行に問題なし。
 三国峠500m手前で右側斜面の法面工事が行われていた。
 挨拶をするとユンボを停めてくださり気持ちよく通してもらえた。

三国峠9:46−
土沢一ノ沢下降−
12:02一ノ沢橋12:05−
林道−
12:28三ノ沢橋12:46−
13:37標高805m二俣−
15:17三国林道15:29−
三国林道−
16:13三国峠
過去天気図(気象庁) 2014年10月の天気図 [pdf]

写真

三国峠で遡行準備
2014年10月20日 09:35撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三国峠で遡行準備
1
すぐにある三国林道入口
ここから一ノ沢へ沢筋を下降する
2014年10月20日 09:43撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐにある三国林道入口
ここから一ノ沢へ沢筋を下降する
1
一ノ沢の詰めを見下ろし下降開始
2014年10月20日 09:44撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ沢の詰めを見下ろし下降開始
堰堤は概ね左岸を巻ける
2014年10月20日 09:57撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤は概ね左岸を巻ける
水が出てきた
標高1050m辺りの三俣状だ
2014年10月20日 10:02撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水が出てきた
標高1050m辺りの三俣状だ
一ノ沢で唯一滝らしい滝
2014年10月20日 10:13撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ沢で唯一滝らしい滝
左岸から巻き下る
2014年10月20日 10:15撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左岸から巻き下る
2段6m滝と巻き下った左岸
2014年10月20日 10:16撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2段6m滝と巻き下った左岸
標高970m辺り右岸にある砂ザレ
2014年10月20日 10:32撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高970m辺り右岸にある砂ザレ
沢に願いを・・・
2014年10月20日 10:37撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢に願いを・・・
3
駄目だよぉ〜不法投棄
2014年10月20日 10:41撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駄目だよぉ〜不法投棄
標高930m右岸から溢れる湧き水
2014年10月20日 10:47撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高930m右岸から溢れる湧き水
1
標高920m右岸から合わさる支流の様相
2014年10月20日 10:49撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高920m右岸から合わさる支流の様相
面倒な倒木群
2014年10月20日 11:38撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
面倒な倒木群
標高840m 褶曲した赤土の地層
2014年10月20日 11:42撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高840m 褶曲した赤土の地層
左岸の大伐採帯に来れば一ノ沢橋は近い
2014年10月20日 11:50撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左岸の大伐採帯に来れば一ノ沢橋は近い
伐採のための径路
2014年10月20日 11:57撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伐採のための径路
林道に出ます
2014年10月20日 11:58撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道に出ます
さて三ノ沢に向け林道を進みます
2014年10月20日 12:02撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて三ノ沢に向け林道を進みます
ここは二ノ沢
2014年10月20日 12:12撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは二ノ沢
三ノ沢橋に着きました
2014年10月20日 12:23撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ沢橋に着きました
三ノ沢へ「行くぞ!」
2014年10月20日 12:41撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ沢へ「行くぞ!」
しょっぱなから渓相良さげです
2014年10月20日 12:42撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しょっぱなから渓相良さげです
最初の堰堤
2014年10月20日 12:43撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の堰堤
平穏な沢から
2014年10月20日 12:44撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平穏な沢から
ナメが始まります
2014年10月20日 12:46撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナメが始まります
こちらは標高740mで左岸から合わさる支沢
2014年10月20日 12:47撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは標高740mで左岸から合わさる支沢
おぅいいね〜
2014年10月20日 12:51撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おぅいいね〜
1
小釜連続♪
2014年10月20日 12:59撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小釜連続♪
深そうな釜
2014年10月20日 13:00撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
深そうな釜
ちょっと水面下を覗いてみませふ
2014年10月20日 13:00撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと水面下を覗いてみませふ
1
これも美景
2014年10月20日 13:04撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これも美景
1
ナメの連続です
2014年10月20日 13:10撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナメの連続です
1
玉子石で修行中
2014年10月20日 13:27撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
玉子石で修行中
3
これも美しいでしょ?
2014年10月20日 13:33撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これも美しいでしょ?
2
いやぁ素晴らしい
2014年10月20日 13:35撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いやぁ素晴らしい
1
ひゃっほー!
2014年10月20日 13:44撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひゃっほー!
2
まだまだ続きますよ
2014年10月20日 13:56撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだまだ続きますよ
標高855m二俣
右の支流もナメ滝が・・・
2014年10月20日 14:02撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高855m二俣
右の支流もナメ滝が・・・
左を登ります
2014年10月20日 14:10撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左を登ります
1
久しぶりに堰堤だぁ
2014年10月20日 14:12撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久しぶりに堰堤だぁ
標高920m二俣
2014年10月20日 14:39撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高920m二俣
この堰堤は落ち口がザレていました
2014年10月20日 14:43撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この堰堤は落ち口がザレていました
1
標高1040m変形三俣
中央へ
2014年10月20日 15:04撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1040m変形三俣
中央へ
詰めは丹沢の中では楽な方
2014年10月20日 15:07撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
詰めは丹沢の中では楽な方
三国林道だよ
2014年10月20日 15:12撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三国林道だよ
2
さ、林道を三国峠へ
2014年10月20日 15:28撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さ、林道を三国峠へ
少し寒くなったって可憐な花々は見頃です
2014年10月20日 15:30撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し寒くなったって可憐な花々は見頃です
工事現場出現
ユンボ作業を一旦止めてくださり笑顔で通していただきました
2014年10月20日 15:59撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
工事現場出現
ユンボ作業を一旦止めてくださり笑顔で通していただきました
あれに見えるは三国山
紅葉もかなり進行中
2014年10月20日 16:03撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれに見えるは三国山
紅葉もかなり進行中
三国林道ゲート
2014年10月20日 16:07撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三国林道ゲート
戻ってきたよー
丹沢にしては良い沢だった
2014年10月20日 16:09撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戻ってきたよー
丹沢にしては良い沢だった

感想/記録
by kamog

土沢一ノ沢は十数年振り。
滝は上流部に一つだけだったという記憶から今回下降に使い
他の皆さんがやっているようにナメがきれいという三ノ沢を遡行してきました。
三ノ沢は一ノ沢に毛が生えたようなものだろうと思っていましたが
なかなかどうして、尾瀬のナメ系の沢に匹敵するくらい
きれいな形のナメが上流までずっと続いており
もしかしたら丹沢でも1、2を争うくらいのナメ沢かもしれませんね。
期待を大きく良い方に裏切られて満足満足。
訪問者数:1152人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ