また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 543296 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走丹沢

東丹沢縦走 三峰山〜ネクタイ尾根〜大山

日程 2014年11月06日(木) [日帰り]
メンバー
 stk
天候曇り時々雨
アクセス
利用交通機関
電車バス
往き
 自宅〜海老名駅〜小田急〜本厚木駅〜バス(神奈中)〜煤ヶ谷停留所
 ※本厚木は北口出てすぐバス停あるが、20宮ヶ瀬行きは道路渡って向かい側
帰り
 才戸入口停留所〜バス(神奈中)〜秦野駅〜小田急〜海老名駅〜自宅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち55%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間23分
休憩
27分
合計
5時間50分
S煤ヶ谷10:2311:25物見峠11:2712:22大山三峰山12:2412:31七沢山13:04唐沢峠13:0513:37ネクタイ尾根(通称)13:4114:23大山14:3615:12蓑毛越15:33千畳敷山15:3415:41不動越(イヨリ峠)15:4516:13才戸入口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
三峰山周辺はクサリ場多いです。
ネクタイ尾根は通行自粛要請ありのようです。危険はないですが自己責任で。
ヒルの巣窟といわれる一帯を通過しましたが、さすがに11月とあり被害はゼロでした。
紅葉は意外と早いのかも?上の方は終わってましたね。800mくらいが見頃でしょうか。

以下写真
Nikon D600 TAMRON SP24-70mm F2.8 Di VC USD
過去天気図(気象庁) 2014年11月の天気図 [pdf]

写真

煤ヶ谷バス停を降り、ここを左にいくと登山道
2014年11月06日 10:21撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
煤ヶ谷バス停を降り、ここを左にいくと登山道
2
このあたりは紅葉はじまりってとこ
2014年11月06日 11:07撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたりは紅葉はじまりってとこ
1
このころは晴れを少し予感させた。
2014年11月06日 11:11撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このころは晴れを少し予感させた。
2
谷越しにみるやま
2014年11月06日 11:19撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷越しにみるやま
3
物見峠。今年の春に辺室山きたときにここまできた。
2014年11月06日 11:24撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
物見峠。今年の春に辺室山きたときにここまできた。
2
下界を見る
2014年11月06日 11:26撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下界を見る
2
ちょっと紅葉。快晴で見たかった
2014年11月06日 11:57撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと紅葉。快晴で見たかった
2
クサリ場多し
2014年11月06日 12:10撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クサリ場多し
2
三峰山とうちゃく〜〜 ここまでは早かった。
2014年11月06日 12:18撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三峰山とうちゃく〜〜 ここまでは早かった。
1
2012年に鳥屋待沢を遡行したときこのあたりに詰めあげた記憶が。。
2014年11月06日 12:27撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2012年に鳥屋待沢を遡行したときこのあたりに詰めあげた記憶が。。
2
曇天でさえない紅葉
2014年11月06日 12:50撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曇天でさえない紅葉
1
こういう雰囲気は好きだ
2014年11月06日 12:58撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こういう雰囲気は好きだ
4
時間に余裕がありそうだったので、ネクタイ尾根に向かうべく石尊沢へ降りる。堰堤あり。
2014年11月06日 13:10撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時間に余裕がありそうだったので、ネクタイ尾根に向かうべく石尊沢へ降りる。堰堤あり。
1
この沢から見る紅葉は晴れてればよさそうだ。
2014年11月06日 13:11撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この沢から見る紅葉は晴れてればよさそうだ。
4
ネクタイ尾根。20本以上はゆうにあった。
2014年11月06日 13:22撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ネクタイ尾根。20本以上はゆうにあった。
2
ネクタイ総集編〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ネクタイ総集編〜
5
大山北尾根がとなりに見える
2014年11月06日 13:30撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大山北尾根がとなりに見える
3
雰囲気のいい森だ
2014年11月06日 13:31撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雰囲気のいい森だ
2
林業用モノレールだ。ここで大山北尾根と合流
2014年11月06日 14:04撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林業用モノレールだ。ここで大山北尾根と合流
1
モノレールをアップで
2014年11月06日 14:05撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モノレールをアップで
1
大山山頂にある電波塔
2014年11月06日 14:18撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大山山頂にある電波塔
1
山頂到着〜〜
2014年11月06日 14:23撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂到着〜〜
4
雨は一時的にやんだがガスが濃い
2014年11月06日 14:23撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨は一時的にやんだがガスが濃い
2
下山路で見た紅葉
2014年11月06日 15:01撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山路で見た紅葉
2
下山路の電波塔
2014年11月06日 15:19撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山路の電波塔
1
秦野の街並み
2014年11月06日 15:36撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
秦野の街並み
3
最後は里山チックです
2014年11月06日 16:11撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後は里山チックです
2
才戸入口バス停。ここで終わりにした。
2014年11月06日 16:12撮影 by NIKON D600, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
才戸入口バス停。ここで終わりにした。
2
撮影機材:

感想/記録
by stk

体力維持と紅葉を見にいきがてら東丹沢へ。ヤマテン予報だけ晴れで、普通の天気予報は曇りだった。結果、ほぼずっと曇りか雨。紅葉も映えず。まぁ全体を通してほぼ初ルートなんで、そっちを楽しもうと切り替え。

本厚木からバスで煤ヶ谷へ。2年前に鳥屋待沢遡行後にこのあたりでヒルにこっぴどくやられた記憶がよぎったが今回は大丈夫だった。スタートするとしょっぱなから割と調子よく、三峰山までは3h15mのところを2hで行けた上に息も切れてない。いよいよ体調上向きなのかな?と思い、時間に余裕がありそうだった場合のアディショナルプラン「ネクタイ尾根」ルートを選択した。その名の通り、テープ替わりにネクタイが枝に巻いてあるというユニークな尾根だ。石尊沢沿いから大山北尾根に対し400m詰め上げて合流している。ただ、、ここでやられた。。序盤は楽だが中盤から踏み跡は登山道というほどになっておらず落ち葉だらけ。雨と落ち葉でズルズルの斜面をウォーキングシューズで登ったらふくらはぎパンパンに(笑) さらに靴もいよいよダメになりかけてなんか一気に疲れてしまってペースダウン。林業用のモノレールが見えてようやく登山道で一息つけた。

そこからしばらく行くと大山だ。2度来た事あったがいずれもヤビツ峠から。こちら側からは初めてだ。電波塔を超えると見慣れた山頂だ。ここまで三峰山手前で中高年パーティーの3人にあったきりだったが、ここで4人パーティーに出会う。さらに山ガール4人パーティーも登ってきた。平日だがさすがに人気の山である。

山頂は少し風も吹いていて寒いので、おにぎり2個食べてさっさと下山にかかる。南へ下るがすぐにヤビツ方面と別れ浅間山方面へ。その後鶴巻温泉駅まで歩くプランであったが、あまり面白くない道である上に雨もふってるので、蓑毛の少し南にある才戸入口というバス停へ向かいそこから秦野駅に向かうルートに変更。
最後の最後に西の方に太陽が見えかけたが、雨にたたられ単なるトレーニングになった一日であった。が、心地よい疲れもありゆっくり起きた割には充実した山行となった。
訪問者数:887人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2009/5/8
投稿数: 1432
2014/11/7 21:50
 ワンダーランド
ネクタイ尾根・・? 不思議なところですね。
こんな記録もありますし
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-115441.html
丹沢にはいろいろなものがぶら下がっているのですね(笑)
ワンダーランドです

体調が復調気配とのこと。良かったですね。来シーズンの笹穴沢の実現の可能性が高まってきましたね。
でも、その前に赤岳主稜ってのはどうでしょうか
stk
登録日: 2010/5/30
投稿数: 980
2014/11/7 23:41
 丹沢珍名所ですね
yoshiさん、こんばんは〜〜
えっ!? そんなものまでぶら下がってるんですか〜〜 さすがに色あせたと書いてましたね〜 丹沢はホント奥が深いワンダーランドですね(笑)
体調はいいときイマイチな時を繰り返してる感じですが、やっぱアルパインもやりたいものです。
赤岳主稜も前々から話してましたもんね。まずはまともな冬山を再開出来たらですが、そのときはぜひよろしくお願いします^
ゲスト
登録日:
投稿数: 0
2014/11/10 12:01
 ネクタイ尾根??
そんなとこがあるんですね(笑)
丹沢は古いものもあれば奇天烈なものまであって、深い場所ですね。
体調も復調のようで、これから雪がついたらたのしみですね。
yoshiさんと赤岳主稜ですか?いいですねー。自分にとっての憧れの場所でもあります。山行記録楽しみに待ってます
stk
登録日: 2010/5/30
投稿数: 980
2014/11/10 21:01
 Re: ネクタイ尾根??
metaさん、こんばんは〜〜
ネクタイ尾根も変わってますが、yoshiさんのリンク先は爆笑でした。
深いですね(笑) 丹沢は
昨シーズン雪山ロクに行けてないので行きたい思いは強いです。
体力どうにか回復させて、今年は上越とか行きたいな〜〜

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ