また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 558493 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 八ヶ岳・蓼科

赤岳(美濃戸口〜赤岳鉱泉〜文三郎尾根)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2014年12月06日(土) ~ 2014年12月07日(日)
メンバー
天候12/6 曇時々雪
12/7 曇のち晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
美濃戸口駐車場 500円/1日
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち88%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間4分
休憩
10分
合計
3時間14分
S美濃戸口10:4611:37赤岳山荘11:43美濃戸山荘11:5314:00赤岳鉱泉
2日目
山行
5時間51分
休憩
1時間6分
合計
6時間57分
赤岳鉱泉07:4608:18行者小屋09:51赤岳09:5910:00竜頭峰10:10赤岳10:1610:19竜頭峰10:2311:20行者小屋11:54赤岳鉱泉12:4014:00美濃戸山荘14:0114:03赤岳山荘14:0414:43美濃戸口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2014年12月の天気図 [pdf]

写真

美濃戸口。まずはバナナで元気一本!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美濃戸口。まずはバナナで元気一本!
25
美濃戸。前歩く方は堰堤広場までご一緒した長野地元の方です。部屋も同じでした。翌日は、文三郎の下りで撮ってる間に追い抜かれていて(地蔵ー文三郎)行者小屋で再会しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美濃戸。前歩く方は堰堤広場までご一緒した長野地元の方です。部屋も同じでした。翌日は、文三郎の下りで撮ってる間に追い抜かれていて(地蔵ー文三郎)行者小屋で再会しました。
5
赤岳鉱泉到着・・・宿泊者の半分くらいはアイスクライミングやバリルートで来た人達みたいです。皆さん道具が本格的ですごい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉到着・・・宿泊者の半分くらいはアイスクライミングやバリルートで来た人達みたいです。皆さん道具が本格的ですごい。
8
こんな寒いのにテント沢山張ってました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな寒いのにテント沢山張ってました
17
今日は素泊まり。とりあえず遅い昼飯カップ麺とつまみでちびちびいっときました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は素泊まり。とりあえず遅い昼飯カップ麺とつまみでちびちびいっときました。
23
翌朝。稜線風が強い&昼は晴れるだろうという情報。冬の赤岳は初めてなので地蔵より比較的ゆるやかという文三郎から行くことに。稜線に出て風がキツければ撤退するかどうするか判断することとして出発。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝。稜線風が強い&昼は晴れるだろうという情報。冬の赤岳は初めてなので地蔵より比較的ゆるやかという文三郎から行くことに。稜線に出て風がキツければ撤退するかどうするか判断することとして出発。
3
行者小屋前。前の歩いて来ているおじさんは阿弥陀岳の途中で雪が多いため引き返してきたそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋前。前の歩いて来ているおじさんは阿弥陀岳の途中で雪が多いため引き返してきたそうです。
3
稜線に出てきました。階段手前でダウンを一枚追加。風は大丈夫そうなので進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に出てきました。階段手前でダウンを一枚追加。風は大丈夫そうなので進みます。
5
この辺でソロの男性、しばらくしてソロの女性が下山してきました。風強く寒すぎて視界悪く赤岳まで行けずに引き返してきたとの事。次に会ったソロの男性は頂上まで行ってました。ただし展望ゼロだったとのこと。・・・進むことにしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺でソロの男性、しばらくしてソロの女性が下山してきました。風強く寒すぎて視界悪く赤岳まで行けずに引き返してきたとの事。次に会ったソロの男性は頂上まで行ってました。ただし展望ゼロだったとのこと。・・・進むことにしました。
14
右手の中岳に光が一瞬差した。ただ雲の流れは早くすぐ見えなくなった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手の中岳に光が一瞬差した。ただ雲の流れは早くすぐ見えなくなった。
11
岩場。強風で雪が吹き飛ばされてます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場。強風で雪が吹き飛ばされてます。
4
もう少ししたら晴れてくるような気配。風は強いも体が飛ばされるほどではなかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少ししたら晴れてくるような気配。風は強いも体が飛ばされるほどではなかった。
5
キレット分岐。ここから上は結構な急登。ピックを刺しながら登りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キレット分岐。ここから上は結構な急登。ピックを刺しながら登りました。
9
頂上直下、下山してきたグループさんと遭遇。人がいてほっとしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上直下、下山してきたグループさんと遭遇。人がいてほっとしました。
30
頂上の祠は雪で真っ白
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上の祠は雪で真っ白
12
頂上山荘も真っ白
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上山荘も真っ白
8
展望無いのですぐ下山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望無いのですぐ下山
5
先ほどのグループに追いつきました。ここが一番注意が必要。滑ったらホント大変。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ほどのグループに追いつきました。ここが一番注意が必要。滑ったらホント大変。
16
核心部を無事下りて見上げてみると青空が・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
核心部を無事下りて見上げてみると青空が・・・
12
雲が去りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が去りました。
19
南アルプスも少し見えました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプスも少し見えました
17
赤岳頂上もすっかり青空。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳頂上もすっかり青空。
19
赤岳展望荘 12/20〜2/23まで冬期営業だそうです。中山分岐にて。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳展望荘 12/20〜2/23まで冬期営業だそうです。中山分岐にて。
10
小腹すいたので軽くポタージュとパン。サーモスのお湯大活躍。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小腹すいたので軽くポタージュとパン。サーモスのお湯大活躍。
9
デポしていた荷物を回収して赤岳鉱泉を後にします。昨日は見えなかった後ろの山々が美しすぎて名残惜しい〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
デポしていた荷物を回収して赤岳鉱泉を後にします。昨日は見えなかった後ろの山々が美しすぎて名残惜しい〜
19
これからは樹林帯。ゆっくり歩けます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これからは樹林帯。ゆっくり歩けます。
6
今日も無事下山できました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日も無事下山できました。
5
諏訪湖SA(下り)では夕日に染まった赤岳を見ることができました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
諏訪湖SA(下り)では夕日に染まった赤岳を見ることができました。
30

感想/記録








雪山シーズン到来です。
今シーズンも無理せず安全に楽しんで行きたいと思います。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:2875人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ