また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 585908 全員に公開 ハイキング近畿

生駒山系・「おうとう越〜阪奈線(62号〜66号)〜水呑地蔵尊」

日程 2015年02月07日(土) [日帰り]
メンバー
天候くもり
アクセス
利用交通機関
自転車
心合寺山古墳学習館の駐輪場に自転車をデポしました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間27分
休憩
13分
合計
7時間40分
S心合寺山古墳10:0116:58水呑地蔵尊17:1117:41心合寺山古墳G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
12:10 スカイライン合流(昼食休憩)
コース状況/
危険箇所等
おうとう越の大阪側は、なんとか通行可能です。ヤブこぎ・倒竹・沢歩き・崩落斜面などに注意してください。奈良側はさらにヒドイことになっています。巡視路歩きはマニアの方のみのお楽しみとしてください。
過去天気図(気象庁) 2015年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 山旅ロガーGOLD(超精密モード6秒) 地図ロイド SONY Smartwatch2

写真

久しぶりに心合寺山古墳から出陣です。「逆さ桐」を楽しみながら、出発の準備をしました。
2015年02月07日 10:00撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久しぶりに心合寺山古墳から出陣です。「逆さ桐」を楽しみながら、出発の準備をしました。
2
ここから「おうとう越」の古道となります。天保十五年の銘がある自然石の道標が立っています。「天宝十五年辰三月 願主 大窪村 右おとごへ道 ほうりょうじ」と刻む。
2015年02月07日 10:26撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから「おうとう越」の古道となります。天保十五年の銘がある自然石の道標が立っています。「天宝十五年辰三月 願主 大窪村 右おとごへ道 ほうりょうじ」と刻む。
しばらくは簡易舗装で、両側に花卉栽培の畑が広がっています。
2015年02月07日 10:26撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくは簡易舗装で、両側に花卉栽培の畑が広がっています。
フェンスには通行止めの表示。堰堤工事は昨年の5月頃終了しました。
2015年02月07日 10:32撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
フェンスには通行止めの表示。堰堤工事は昨年の5月頃終了しました。
右手には箕ノ淵池。フェンスの脇を抜けて、小川沿いに進みます。
2015年02月07日 10:33撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手には箕ノ淵池。フェンスの脇を抜けて、小川沿いに進みます。
1
小さな溜池をいくつも越えていきます。写真は振り返りで、左手の斜面から出てきました。下りだとまっすぐ進むかも。テープで印をつけました。
2015年02月07日 10:38撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さな溜池をいくつも越えていきます。写真は振り返りで、左手の斜面から出てきました。下りだとまっすぐ進むかも。テープで印をつけました。
ここも振り返り。手前で右岸側の斜面へ逃げましたが、沢床を歩いても大丈夫です。
2015年02月07日 10:44撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも振り返り。手前で右岸側の斜面へ逃げましたが、沢床を歩いても大丈夫です。
手すり付きの階段から堰堤の土手に上がります。
2015年02月07日 10:46撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手すり付きの階段から堰堤の土手に上がります。
堰堤の手前にも階段があり、左岸側の肩部分に上がります。
2015年02月07日 10:47撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤の手前にも階段があり、左岸側の肩部分に上がります。
見晴らしはイイです。堰堤が出来る前は桜や梅の木などが、竹林の隙間から見え隠れするルートでした。
2015年02月07日 10:47撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見晴らしはイイです。堰堤が出来る前は桜や梅の木などが、竹林の隙間から見え隠れするルートでした。
1
迂回路の入口は、昨年歩いた時よりも不明瞭になっていました。この草むらの向こうに道があります。
2015年02月07日 10:48撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迂回路の入口は、昨年歩いた時よりも不明瞭になっていました。この草むらの向こうに道があります。
雑草をかき分けて進むと、石垣沿いに道があります。恐らく花卉栽培の畑跡でしょう。
2015年02月07日 10:51撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雑草をかき分けて進むと、石垣沿いに道があります。恐らく花卉栽培の畑跡でしょう。
堰堤から沢に降りても歩けるかもしれませんが、鉄階段などが設置されてるこのルートをオススメしておきます。
2015年02月07日 10:52撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤から沢に降りても歩けるかもしれませんが、鉄階段などが設置されてるこのルートをオススメしておきます。
鉄パイプの手すりに捕まって、沢に降り立ちました。対岸に道がありますので、草木を掴んでよじ登ります。
2015年02月07日 10:56撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄パイプの手すりに捕まって、沢に降り立ちました。対岸に道がありますので、草木を掴んでよじ登ります。
よじ登るとかつてのルート跡にでました。下りの場合、カラーコーンを目印にして、沢へ降りて下さい。
2015年02月07日 10:58撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よじ登るとかつてのルート跡にでました。下りの場合、カラーコーンを目印にして、沢へ降りて下さい。
道はまっすぐに斜面を登っていきますが、右手に折り返して沢沿いルートへ合流します。
2015年02月07日 11:00撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道はまっすぐに斜面を登っていきますが、右手に折り返して沢沿いルートへ合流します。
沢沿いに出ました。振り返りで見ています。写真の右手から出てきました。正面の沢上を倒竹が塞いでいるため、迂回するのが吉です。昨年は無理やり倒竹を踏み越えました。
2015年02月07日 11:04撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢沿いに出ました。振り返りで見ています。写真の右手から出てきました。正面の沢上を倒竹が塞いでいるため、迂回するのが吉です。昨年は無理やり倒竹を踏み越えました。
右岸沿いに進みます。沢歩きが好きな方は、適当に沢へ降りて下さい。この辺りは、道幅が狭い。
2015年02月07日 11:05撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右岸沿いに進みます。沢歩きが好きな方は、適当に沢へ降りて下さい。この辺りは、道幅が狭い。
ついに沢歩きになりました。倒竹が笹を押し倒し、道が塞がっています。
2015年02月07日 11:11撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついに沢歩きになりました。倒竹が笹を押し倒し、道が塞がっています。
水量は多くありませんが、浮石などに注意して進みます。
2015年02月07日 11:14撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水量は多くありませんが、浮石などに注意して進みます。
このように、部分的には踏み跡が残っています。以前は渓流沿いの歩きやすいコースでした。
2015年02月07日 11:16撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このように、部分的には踏み跡が残っています。以前は渓流沿いの歩きやすいコースでした。
倒木が行く手を阻みます。前方には谷筋分岐。くぐり抜けて進みました。
2015年02月07日 11:18撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木が行く手を阻みます。前方には谷筋分岐。くぐり抜けて進みました。
谷筋が分岐する地点です。「ハイキング道」の看板に従って、右俣を進みます。
2015年02月07日 11:22撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷筋が分岐する地点です。「ハイキング道」の看板に従って、右俣を進みます。
左岸側に踏み跡が続いていますが、ヤブが酷くて歩きづらい。この区間は沢歩きの方が良さそうです。
2015年02月07日 11:28撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左岸側に踏み跡が続いていますが、ヤブが酷くて歩きづらい。この区間は沢歩きの方が良さそうです。
倒木で塞がれていますが、案外と簡単にくぐり抜けができました。
2015年02月07日 11:31撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木で塞がれていますが、案外と簡単にくぐり抜けができました。
左岸側の迂回ポイントですが、倒木でブッシュがひどくなっていて迂回できません。やはり、沢へ降りて倒木をくぐり抜けるほうが楽です。
2015年02月07日 11:32撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左岸側の迂回ポイントですが、倒木でブッシュがひどくなっていて迂回できません。やはり、沢へ降りて倒木をくぐり抜けるほうが楽です。
抜けると川幅が広くなって障害物もほとんどありません。両岸には巨石がゴロゴロしています。
2015年02月07日 11:35撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
抜けると川幅が広くなって障害物もほとんどありません。両岸には巨石がゴロゴロしています。
1
地元の学校でオリエンテーリングに使われた頃の案内板です。立てておきました。「頑張って行こう」の木札です。
2015年02月07日 11:37撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地元の学校でオリエンテーリングに使われた頃の案内板です。立てておきました。「頑張って行こう」の木札です。
1
岩清水のポイントです。夏場にここで休憩したことを思い出します。
2015年02月07日 11:40撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩清水のポイントです。夏場にここで休憩したことを思い出します。
前方に巨石。いまだに「重箱石」がどれかを特定できません。
2015年02月07日 11:47撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前方に巨石。いまだに「重箱石」がどれかを特定できません。
1
ここも谷筋分岐で、左俣を進みます。案内板が倒れて分かり難くなっていましたので、修正しておきました。
2015年02月07日 11:51撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも谷筋分岐で、左俣を進みます。案内板が倒れて分かり難くなっていましたので、修正しておきました。
門石のプレートです。この手前に重箱石があったはずですが、特定できませんでした。
2015年02月07日 11:54撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
門石のプレートです。この手前に重箱石があったはずですが、特定できませんでした。
どの角度から見ると「門石」にふさわしい姿を見ることができるのでしょうか。
2015年02月07日 11:55撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どの角度から見ると「門石」にふさわしい姿を見ることができるのでしょうか。
1
この辺りは道が広くなっていて、古道の面影が色濃く残っています。
2015年02月07日 12:01撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りは道が広くなっていて、古道の面影が色濃く残っています。
谷のドンツキ(突き上げ)が崩落しています。草木に捕まってよじ登りました。
2015年02月07日 12:06撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷のドンツキ(突き上げ)が崩落しています。草木に捕まってよじ登りました。
尾根に上がると、日当たりがよく雑草が繁茂していました。
2015年02月07日 12:08撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根に上がると、日当たりがよく雑草が繁茂していました。
ようやくヤブこぎでスカイラインに登りきりました。この時期で、これだけのヤブこぎだと夏場はムリですね。
2015年02月07日 12:11撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやくヤブこぎでスカイラインに登りきりました。この時期で、これだけのヤブこぎだと夏場はムリですね。
生駒縦走歩道のベンチで昼食休憩としました。
2015年02月07日 12:11撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
生駒縦走歩道のベンチで昼食休憩としました。
1
ここから「おうとう越」の奈良県側に突入です。人が一人分歩けるほどの幅で、笹を刈ってありました。
2015年02月07日 12:31撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから「おうとう越」の奈良県側に突入です。人が一人分歩けるほどの幅で、笹を刈ってありました。
笹をかき分けます。笹が倒れこんでる箇所もありました。
2015年02月07日 12:32撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹をかき分けます。笹が倒れこんでる箇所もありました。
倒木を乗り越えます。左下には小川と湿地帯が見えてきました。
2015年02月07日 12:37撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木を乗り越えます。左下には小川と湿地帯が見えてきました。
小川の渡河ポイントに出ました。写真は振り返り。笹ヤブをかき分けてるうちに、ちょっとズレたかも。
2015年02月07日 12:39撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小川の渡河ポイントに出ました。写真は振り返り。笹ヤブをかき分けてるうちに、ちょっとズレたかも。
渡河ポイント付近が倒竹や笹ヤブでシッチャカメッチャカに。かなりウロウロしてようやく道にでました。
2015年02月07日 13:02撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡河ポイント付近が倒竹や笹ヤブでシッチャカメッチャカに。かなりウロウロしてようやく道にでました。
道と言っても、写真で見ると「これが道か」という感じ。しかし、ココに出た時は「やった助かった」と思いました。
2015年02月07日 13:02撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道と言っても、写真で見ると「これが道か」という感じ。しかし、ココに出た時は「やった助かった」と思いました。
しばらくヤブこぎですすむと立派な道が出現しました。
2015年02月07日 13:05撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくヤブこぎですすむと立派な道が出現しました。
十三峠からのハイキング道に合流しました。合流手前は雑草で道があるとは思えません。
2015年02月07日 13:06撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十三峠からのハイキング道に合流しました。合流手前は雑草で道があるとは思えません。
阪奈線62号鉄塔が見えてきました。左右に伸びた腕の長さが微妙に異なる典型的な女鉄塔です。ここからは、巡視路歩きとなります。
2015年02月07日 13:16撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阪奈線62号鉄塔が見えてきました。左右に伸びた腕の長さが微妙に異なる典型的な女鉄塔です。ここからは、巡視路歩きとなります。
イノシシの足跡がくっきり。
2015年02月07日 13:18撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イノシシの足跡がくっきり。
イノシシが巡視路を使って、ウロウロしているようです。
2015年02月07日 13:20撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イノシシが巡視路を使って、ウロウロしているようです。
阪奈線63号鉄塔です。左右対称の腕から碍子が垂れ下がっています。この型を男鉄塔と言います。(ナンジャソレ)
2015年02月07日 13:32撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阪奈線63号鉄塔です。左右対称の腕から碍子が垂れ下がっています。この型を男鉄塔と言います。(ナンジャソレ)
鉄塔到着。結界はフェンスで囲まれています。周囲は古い墓地です。西庄墓地は元々ここにあったのかもしれません。
2015年02月07日 13:40撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔到着。結界はフェンスで囲まれています。周囲は古い墓地です。西庄墓地は元々ここにあったのかもしれません。
次の鉄塔を目指します。ここからは、昨年4月に歩いたので、様子は分かっています。ルートは積み上がった倒木の向こうに。
2015年02月07日 13:46撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次の鉄塔を目指します。ここからは、昨年4月に歩いたので、様子は分かっています。ルートは積み上がった倒木の向こうに。
問題の分岐に着きました。昨年4月は、黄色矢印に進みました。たぶん正規の巡視路は赤色方向です。
2015年02月07日 13:47撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
問題の分岐に着きました。昨年4月は、黄色矢印に進みました。たぶん正規の巡視路は赤色方向です。
巡視路の続きであることは間違いないようです。
2015年02月07日 13:48撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巡視路の続きであることは間違いないようです。
進むと獣害よけの柵がありました。乗り越えは不可能なので、開閉可能な場所を探して、柵沿いに竹林の縁を歩きます。
2015年02月07日 13:51撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
進むと獣害よけの柵がありました。乗り越えは不可能なので、開閉可能な場所を探して、柵沿いに竹林の縁を歩きます。
結局、すべて柵で塞がれており、道に出ることは不可能。擁壁の手前で、適当に滑り降りました。昨年同様、分岐を黄色矢印の方向に進むほうが良さそうです。
2015年02月07日 13:59撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結局、すべて柵で塞がれており、道に出ることは不可能。擁壁の手前で、適当に滑り降りました。昨年同様、分岐を黄色矢印の方向に進むほうが良さそうです。
柵の脇をかすめるように、次の鉄塔への巡視路へ侵入しました。イノシシの被害は十分理解できるのですが、巡視路の出入り口は開閉式にして欲しいです。
2015年02月07日 14:07撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柵の脇をかすめるように、次の鉄塔への巡視路へ侵入しました。イノシシの被害は十分理解できるのですが、巡視路の出入り口は開閉式にして欲しいです。
倒木や倒竹エリアを迂回しているうちに、尾根筋を外してしまいました。泉南東大阪線の鉄塔直下に出るはずだったのに。ザンネンです。
2015年02月07日 14:22撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒木や倒竹エリアを迂回しているうちに、尾根筋を外してしまいました。泉南東大阪線の鉄塔直下に出るはずだったのに。ザンネンです。
目指す阪奈線64号は左手、右手下方に泉南東大阪線165号が見えています。目標は右手の165号ですが、体力の消耗が激しく続行する自信がなくなっていました。
2015年02月07日 14:23撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指す阪奈線64号は左手、右手下方に泉南東大阪線165号が見えています。目標は右手の165号ですが、体力の消耗が激しく続行する自信がなくなっていました。
巡視路上の倒竹が処理されて歩きやすくなっています。以前は乗り越えたり、潜りこんだりしていました。
2015年02月07日 14:27撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巡視路上の倒竹が処理されて歩きやすくなっています。以前は乗り越えたり、潜りこんだりしていました。
1
P360の標点付近です。
2015年02月07日 14:28撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P360の標点付近です。
とりあえず泉南東大阪線165号に到着しました。背の低いアングル鉄塔なので、碍子が近くに見えます。
2015年02月07日 14:32撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とりあえず泉南東大阪線165号に到着しました。背の低いアングル鉄塔なので、碍子が近くに見えます。
阪奈線65号への巡視路入口が、ポッカリと口を開けています。大釜川を横断するキツイルートで、まさに魔道への入口です。覚悟を決めて吸い込まれる。
2015年02月07日 14:35撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阪奈線65号への巡視路入口が、ポッカリと口を開けています。大釜川を横断するキツイルートで、まさに魔道への入口です。覚悟を決めて吸い込まれる。
2
急斜面に設置された巡視路のプラ階段が途切れて、ルートが曖昧になった頃、マーキングを発見しました。
2015年02月07日 14:37撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面に設置された巡視路のプラ階段が途切れて、ルートが曖昧になった頃、マーキングを発見しました。
やがてルートを見失い、かなり奥まで進んで戻ってみると、崖下にマーキングを発見。よく見ると巡視路階段が埋まっていました。ラッキーです。最早戻れません。
2015年02月07日 14:49撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やがてルートを見失い、かなり奥まで進んで戻ってみると、崖下にマーキングを発見。よく見ると巡視路階段が埋まっていました。ラッキーです。最早戻れません。
マーキングされた木が倒れてしまったようです。急斜面をジグザグに降りていきます。階段は全く役に立ちません。
2015年02月07日 14:50撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マーキングされた木が倒れてしまったようです。急斜面をジグザグに降りていきます。階段は全く役に立ちません。
橋が腐って落ちています。
2015年02月07日 14:52撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋が腐って落ちています。
やっとこさで、大釜川の川底までたどり着きました。これまで経験した中でも、最大クラスのクソ道です。
2015年02月07日 14:55撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっとこさで、大釜川の川底までたどり着きました。これまで経験した中でも、最大クラスのクソ道です。
左岸に道があることを知っていたので、沢を歩かずに対岸によじ登りました。火の用心を見下ろしています。
2015年02月07日 14:57撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左岸に道があることを知っていたので、沢を歩かずに対岸によじ登りました。火の用心を見下ろしています。
左岸側を進むと火の用心が草に埋まっていました。
2015年02月07日 14:59撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左岸側を進むと火の用心が草に埋まっていました。
ようやく道らしいところへ出ました。しばらくは歩きやすい道になります。
2015年02月07日 15:00撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく道らしいところへ出ました。しばらくは歩きやすい道になります。
再び倒竹エリアです。ここが正念場です。小さな谷筋が分岐するところで、水の流れもあり足場が悪いです。
2015年02月07日 15:02撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び倒竹エリアです。ここが正念場です。小さな谷筋が分岐するところで、水の流れもあり足場が悪いです。
倒竹に倒木が加わって、さらにヒドイことになっていました。このルートは放棄されたのでしょうか。
2015年02月07日 15:04撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒竹に倒木が加わって、さらにヒドイことになっていました。このルートは放棄されたのでしょうか。
倒竹をくぐり抜けると、一転して道が良くなります。
2015年02月07日 15:07撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倒竹をくぐり抜けると、一転して道が良くなります。
阪奈線65号鉄塔に到着。休憩したかったのですが、あいにく工事中でした。ボルトを締める音が遠くまで響いています。
2015年02月07日 15:15撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阪奈線65号鉄塔に到着。休憩したかったのですが、あいにく工事中でした。ボルトを締める音が遠くまで響いています。
仕方なく次の阪奈線66号へ向かいます。
2015年02月07日 15:20撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仕方なく次の阪奈線66号へ向かいます。
再びを谷に降りて登り返します。
2015年02月07日 15:21撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再びを谷に降りて登り返します。
幅広の歩きやすい山道です。66号は山頂に設置されています。
2015年02月07日 15:23撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幅広の歩きやすい山道です。66号は山頂に設置されています。
1
やっとこさで66号に到着。ついに結界の下でへたり込んでしまいました。ズボンはドロッドロッ、格好なんか気にしていられません。
2015年02月07日 15:28撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっとこさで66号に到着。ついに結界の下でへたり込んでしまいました。ズボンはドロッドロッ、格好なんか気にしていられません。
電発の象徴である黒碍子が垂れ下がっています。男鉄塔ですね。
2015年02月07日 15:35撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
電発の象徴である黒碍子が垂れ下がっています。男鉄塔ですね。
良い感じの尾根道です。やっぱり櫟原はイイ。疲れも吹き飛びます。
2015年02月07日 15:36撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
良い感じの尾根道です。やっぱり櫟原はイイ。疲れも吹き飛びます。
1
笹ヤブのトンネルを抜けます。
2015年02月07日 15:39撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹ヤブのトンネルを抜けます。
1
再び谷に降り立ち横断します。谷筋に沿ってルートが伸びていますので、そのうち歩いてみようと思います。
2015年02月07日 15:47撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び谷に降り立ち横断します。谷筋に沿ってルートが伸びていますので、そのうち歩いてみようと思います。
小川に架かる橋が綺麗になっている気がしますね。ここは整備されているのでしょう。
2015年02月07日 15:47撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小川に架かる橋が綺麗になっている気がしますね。ここは整備されているのでしょう。
広い谷筋の対岸に着きました。
2015年02月07日 15:49撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広い谷筋の対岸に着きました。
こちらは阪奈線67号へのルートで、「夫婦岩への道」に一旦合流します。
2015年02月07日 15:49撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは阪奈線67号へのルートで、「夫婦岩への道」に一旦合流します。
今回は谷筋沿いに進んでみたいと思います。
2015年02月07日 15:50撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は谷筋沿いに進んでみたいと思います。
振り返りですが、なかなかいい感じの山道です。広くて歩きやすい。
2015年02月07日 15:51撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返りですが、なかなかいい感じの山道です。広くて歩きやすい。
ほどなく溜池に着きました。かなり大きな溜池です。
2015年02月07日 15:53撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほどなく溜池に着きました。かなり大きな溜池です。
堰堤を過ぎて南西方向に登ります。
2015年02月07日 15:59撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤を過ぎて南西方向に登ります。
立派な尾根道に出ました。東の方向に進めば泉南東大阪線167号鉄塔に通じています。今回は反対側のスカイラインを目指しました。
2015年02月07日 16:03撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派な尾根道に出ました。東の方向に進めば泉南東大阪線167号鉄塔に通じています。今回は反対側のスカイラインを目指しました。
この道を歩くのは初めてですが、なかなかよい感じの尾根道です。ヤブこぎなど一切なし。ただし、イノシシが至る所でほじくり返しています。
2015年02月07日 16:05撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この道を歩くのは初めてですが、なかなかよい感じの尾根道です。ヤブこぎなど一切なし。ただし、イノシシが至る所でほじくり返しています。
小さなピークを巻いて進みます。
2015年02月07日 16:08撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さなピークを巻いて進みます。
突然道が狭くなって、急斜面を下ることになりました。
2015年02月07日 16:11撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
突然道が狭くなって、急斜面を下ることになりました。
広場のようなところを横断するとスカイラインに出ました。
2015年02月07日 16:13撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広場のようなところを横断するとスカイラインに出ました。
もう少し南側でスカイラインに接続していると思うのですが、夕暮れが迫ってきたので、ここから生駒縦走歩道に合流することにしました。
2015年02月07日 16:15撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少し南側でスカイラインに接続していると思うのですが、夕暮れが迫ってきたので、ここから生駒縦走歩道に合流することにしました。
1
十三峠付近はよく泥濘んでいるので、みずのみ園地の管理道から車道を経て水呑地蔵尊を目指します。
2015年02月07日 16:48撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十三峠付近はよく泥濘んでいるので、みずのみ園地の管理道から車道を経て水呑地蔵尊を目指します。
1
ここから車道を離脱します。
2015年02月07日 16:53撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから車道を離脱します。
水呑地蔵尊にやっと到着。日没は17:31分でした。
2015年02月07日 17:06撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水呑地蔵尊にやっと到着。日没は17:31分でした。
1

感想/記録

「おうとう越」に挑戦するのは、昨年3月以来です。堰堤工事が始まる以前の「おうとう越」を知るものとしては、万人に歩いて欲しいコースなんですが、ちょっとムリなようです。今回、スカイラインから平群の合流まで、yaonyaosuke2さんのログを地図ロイドに重ねて活用させていただきました。それでも、渡河ポイントで行きつ戻りつを何度も繰り返し、最後は「エイヤッ」で崖を登ってルートを発見。その間プチ遭難を体験しました。

後半の巡視路歩きで、大釜川を横断する区間はかなり危険度が高いです。挑戦される方は、それなりの覚悟が必要です。

アシックスサポーター・キネシスKJ1の効果で、水呑地蔵尊からの下りが怖くありませんでした。約30分で心合寺山古墳に到着。もしもコレがなかったら、大釜川横断は断念していたと思います。

「おうとう越」の名称に関する考察や歴史的な背景などを知りたい方は、下記のサイトにて「特選コースガイド・おうとう越」を参照してください。きっと歩きたくなると思います。

ものがたり通信(山ものがたり)
http://www5f.biglobe.ne.jp/~tsuushin/
訪問者数:1967人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/9/5
投稿数: 526
2015/2/9 11:50
 おつかれさまでした。
冬でも笹は結構なもののようですね
奈良県側は自分もかなり迷いました

それにしても
素晴らしいページを紹介していただきありがとうございます。
また登ってみたくなりました
登録日: 2013/7/4
投稿数: 226
2015/2/9 18:05
 Re: おつかれさまでした。
笹は冬でも枯れないんですね。
掻き分けても、はじきかえされました。
河内(いちはら)越も今のうちと思うのですが、
手強そうです。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ