また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 5966097
全員に公開
積雪期ピークハント/縦走
日高山脈

ペテガリ岳

2023年09月22日(金) 〜 2023年09月23日(土)
 - 拍手
MEG2019 その他1人
体力度
8
2〜3泊以上が適当
GPS
19:28
距離
31.7km
上り
2,763m
下り
2,823m
歩くペース
速い
0.70.8
ヤマレコの計画機能「らくルート」の標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率です。

コースタイム

1日目
山行
3:29
休憩
0:42
合計
4:11
2日目
山行
9:45
休憩
1:14
合計
10:59
3:50
95
5:25
5:26
65
6:31
6:32
74
7:46
7:47
11
7:58
7:58
105
9:43
10:35
45
11:20
11:20
13
11:33
11:44
73
12:57
13:02
43
13:45
13:48
61
3日目
山行
2:16
休憩
0:14
合計
2:30
天候 全行程 快晴
過去天気図(気象庁) 2023年09月の天気図
アクセス
利用交通機関:
自家用車
長い元浦林道、まもなく駐車場です。
2023年09月22日 09:36撮影 by  iPhone SE (3rd generation), Apple
9/22 9:36
長い元浦林道、まもなく駐車場です。
駐車場を出発してすぐの渡渉。
2023年09月22日 10:07撮影 by  iPhone SE (3rd generation), Apple
9/22 10:07
駐車場を出発してすぐの渡渉。
材木搬出用(?)の仮橋があった所。大きい石で渡りやすくなっています。関係者の方、ありがとうございます。
2023年09月24日 08:01撮影 by  iPhone SE (3rd generation), Apple
9/24 8:01
材木搬出用(?)の仮橋があった所。大きい石で渡りやすくなっています。関係者の方、ありがとうございます。
しばらく広い造成道路を進みます
2023年09月22日 10:10撮影 by  iPhone SE (3rd generation), Apple
9/22 10:10
しばらく広い造成道路を進みます
2023年09月22日 10:14撮影 by  iPhone SE (3rd generation), Apple
1
9/22 10:14
ここから沢沿いの道
2023年09月22日 10:21撮影 by  iPhone SE (3rd generation), Apple
9/22 10:21
ここから沢沿いの道
2023年09月22日 10:33撮影 by  iPhone SE (3rd generation), Apple
9/22 10:33
滝は右岸(左側)に巻き道あり
2023年09月22日 10:42撮影 by  iPhone SE (3rd generation), Apple
9/22 10:42
滝は右岸(左側)に巻き道あり
この辺から枯れ沢
2023年09月22日 11:12撮影 by  iPhone SE (3rd generation), Apple
9/22 11:12
この辺から枯れ沢
ペッピリガイ乗越のピーク。笹被りは薄いです。
ペッピリガイ乗越のピーク。笹被りは薄いです。
乗越の前後は残置ロープあり。足元は、滑りやすいです。
2023年09月24日 06:36撮影 by  iPhone SE (3rd generation), Apple
9/24 6:36
乗越の前後は残置ロープあり。足元は、滑りやすいです。
2023年09月22日 11:25撮影 by  iPhone SE (3rd generation), Apple
9/22 11:25
ペッピリガイ沢と林道の交差部。この石が目印。
2023年09月22日 11:51撮影 by  iPhone SE (3rd generation), Apple
9/22 11:51
ペッピリガイ沢と林道の交差部。この石が目印。
2023年09月22日 11:52撮影 by  iPhone SE (3rd generation), Apple
9/22 11:52
ここからは、沢沿いの林道歩き
2023年09月22日 12:06撮影 by  iPhone SE (3rd generation), Apple
9/22 12:06
ここからは、沢沿いの林道歩き
鹿が多い。近寄っても逃げない個体も
2023年09月22日 12:11撮影 by  iPhone SE (3rd generation), Apple
9/22 12:11
鹿が多い。近寄っても逃げない個体も
ペテガリ橋
2023年09月22日 13:07撮影 by  iPhone SE (3rd generation), Apple
9/22 13:07
ペテガリ橋
2023年09月22日 13:07撮影 by  iPhone SE (3rd generation), Apple
9/22 13:07
ペテガリ山荘に到着。登り終わった方、明日登る方と15名程と少々混雑気味でした。
ペテガリ山荘に到着。登り終わった方、明日登る方と15名程と少々混雑気味でした。
翌朝の暗い沢遡行に備え、30分程度下見する
2023年09月22日 14:00撮影 by  iPhone SE (3rd generation), Apple
9/22 14:00
翌朝の暗い沢遡行に備え、30分程度下見する
渡渉箇所の不安定な石を少し直した
2023年09月22日 14:04撮影 by  iPhone SE (3rd generation), Apple
9/22 14:04
渡渉箇所の不安定な石を少し直した
ピンテあり。というかあり過ぎかな〜
2023年09月22日 14:06撮影 by  iPhone SE (3rd generation), Apple
9/22 14:06
ピンテあり。というかあり過ぎかな〜
ヘッテン付けてのスタート。前日に下見したので沢部は、迷わず進めた。登山道に入れば、この後不明瞭な所は、ほとんど無い。
2023年09月23日 04:38撮影 by  iPhone SE (3rd generation), Apple
9/23 4:38
ヘッテン付けてのスタート。前日に下見したので沢部は、迷わず進めた。登山道に入れば、この後不明瞭な所は、ほとんど無い。
スタート時は、ガスっていたが雲海のせいだった
2023年09月23日 04:59撮影 by  iPhone SE (3rd generation), Apple
9/23 4:59
スタート時は、ガスっていたが雲海のせいだった
この夜明けにテンションも上がるね
2023年09月23日 05:23撮影 by  iPhone SE (3rd generation), Apple
9/23 5:23
この夜明けにテンションも上がるね
今日も快晴・無風の最高コンディション!
2023年09月23日 05:23撮影 by  iPhone SE (3rd generation), Apple
9/23 5:23
今日も快晴・無風の最高コンディション!
2023年09月23日 05:33撮影 by  iPhone SE (3rd generation), Apple
9/23 5:33
正面の山が眩しい。中ノ岳だろうか
2023年09月23日 07:29撮影 by  iPhone SE (3rd generation), Apple
9/23 7:29
正面の山が眩しい。中ノ岳だろうか
アップ・ダウンを繰り返し、やっとペテガリ山頂が近づいたかと思ったら・・・
2023年09月23日 07:36撮影 by  iPhone SE (3rd generation), Apple
9/23 7:36
アップ・ダウンを繰り返し、やっとペテガリ山頂が近づいたかと思ったら・・・
90mほど下降するので遠くる
2023年09月23日 07:54撮影 by  iPhone SE (3rd generation), Apple
9/23 7:54
90mほど下降するので遠くる
笹刈りは、とても広くされています。登山道整備ありがとうございます。
2023年09月23日 08:13撮影 by  iPhone SE (3rd generation), Apple
9/23 8:13
笹刈りは、とても広くされています。登山道整備ありがとうございます。
もうひと踏ん張りで山頂。最後はハイマツ帯を抜ける
2023年09月23日 09:28撮影 by  iPhone SE (3rd generation), Apple
9/23 9:28
もうひと踏ん張りで山頂。最後はハイマツ帯を抜ける
やっと会えた山頂標識。天気もいいので長居してしまった
2023年09月23日 10:03撮影 by  iPhone SE (3rd generation), Apple
9/23 10:03
やっと会えた山頂標識。天気もいいので長居してしまった
どこを見ても切立った稜線に日高山脈を実感
2023年09月23日 09:54撮影 by  iPhone SE (3rd generation), ARYamaNavi
9/23 9:54
どこを見ても切立った稜線に日高山脈を実感
南方向。見ない山も表示されてますがご勘弁を
2023年09月23日 09:54撮影 by  iPhone SE (3rd generation), ARYamaNavi
9/23 9:54
南方向。見ない山も表示されてますがご勘弁を
北方向。見ない山も表示されてますがご勘弁を
2023年09月23日 10:01撮影 by  iPhone SE (3rd generation), ARYamaNavi
9/23 10:01
北方向。見ない山も表示されてますがご勘弁を
直ぐ近くには、憧れの1839峰
2023年09月23日 10:03撮影 by  iPhone SE (3rd generation), Apple
9/23 10:03
直ぐ近くには、憧れの1839峰
振り返って見納め。またいつか登りたい思う
振り返って見納め。またいつか登りたい思う
元浦林道の開放期間は7/15〜9/30
10月からは狩猟期間
2023年09月24日 09:06撮影 by  iPhone SE (3rd generation), Apple
9/24 9:06
元浦林道の開放期間は7/15〜9/30
10月からは狩猟期間
林道途中の芸術的な作品。この木材を運ぶのに道路整備されたのでしょうか。駐車場も広く感謝です。
2023年09月24日 09:02撮影 by  iPhone SE (3rd generation), Apple
9/24 9:02
林道途中の芸術的な作品。この木材を運ぶのに道路整備されたのでしょうか。駐車場も広く感謝です。

感想

【1日目】 天候は全行程快晴。駐車場には既に7台ほどあり、材木関係で砕石が敷かれ広く整備されている。木材運搬道路跡を使ってニシュオマナイ川を渡渉。運搬用の仮橋は撤去されたが、巨礫を敷き詰めてくれているので水量があっても浅い。
 ペッピリガイ乗越の両面急登には残置ロープあり。しかし泥濘化されていて足場は悪い。ペッピリガイ沢川を渡ると単調な林道歩きとなる。この辺から鹿が多い。ペテガリ山荘は、たくさんの登山者で少々混雑気味。翌日に備え登山道沢部の下見をして、川釣りへ。
【2日目】 ヘッテンで暗い中のスタート。前日の沢下見が功をなし、渡渉箇所も難なくクリア。尾根区間に入ると明確な登山道となり、久々にルートファイせず、ひたすら進む。5つほどのポコ(標高点)を登っては下るを繰り返し、最後は90mほど下って520mの登りとなる。山頂は広く先行者5名が、山座同定を楽しんだりしていた。青空広がる最高の展望に40分も長居してしまった。単独の若者は椅子まで持ってきて2時間はいたとの事。
 下山では、登り返しが幾度とあり、これまたキツイが本日の宿泊者9名と日帰り3名の全員が登頂を果たせたようだ。最終下山パーティーは、日も暮れた18:30に山荘に到着し、皆が安堵した。
【3日目】 深夜の2時に出発する方がいた。早く目覚めたので日の出とともに出発する。ペッピリガイ乗越の沢登りでは、踏み後につられてルートミスして少し違う沢を進んでしまい戻る。林道に出たところでまた釣り糸を垂らし、3日も釣りを楽しむ山行ができた。
【ペテガリ山荘について】 トイレ2つあり、寝具用としてマットや毛布あり、薪ストーブ、ソーラーパネル発電でトイレなどの照明も完備。また外で焚火可能、広い芝生では、テント泊者もいた。

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:2347人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

無雪期ピークハント/縦走 日高山脈 [3日]
ペテガリ岳・神威岳
利用交通機関: 車・バイク
技術レベル
5/5
体力レベル
5/5

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら