また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 604948 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 大峰山脈

今年の冬山登り納め 弥山・八経ヶ岳

情報量の目安: S
-拍手
日程 2015年03月21日(土) ~ 2015年03月22日(日)
メンバー , その他メンバー3人
天候3/21 曇のち晴れ
3/22 晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
熊渡へ駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.5~1.6(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち52%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間27分
休憩
1時間27分
合計
9時間54分
S熊渡09:4510:30金引橋10:3113:15カナビキ尾根分岐13:5715:00ナベの耳15:2015:53高崎横手16:0416:26狼平避難小屋16:3919:33弥山19:39弥山小屋
2日目
山行
7時間48分
休憩
36分
合計
8時間24分
弥山小屋09:0109:07国見八方覗09:1209:54大峰山10:0810:32明星ヶ岳10:3312:06日裏山12:1912:49高崎横手12:5013:58ナベの耳13:5916:45金引橋16:4617:25熊渡G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【カナビキ尾根】
尾根取り付きから尾根筋直登しました。
分岐直下の雪面は気温の上昇により緩んでいたのと、思い思いにトレースがついてる状況でした。これから登られる方は夏道が浮かび上がりますので、テープを追いながらつづらで登ると楽です。

【カナビキ出合からナメリ坂〜ナベの耳】
これからの時期は夏道が出てくるので登山道通りでOKです。
北側斜面は先日積もった雪がこれからクラストしていくので、安定面と踏抜きの境目に注意。
週半ばの気温上昇で頂仙岳のトラバースはズルズルになると思います。

【高崎横手から狼平】
北側斜面なのでクラストしたら数日は安定しそう。

【狼平から弥山山頂まで】
夏道の木道沿いにトレースがついていました。
トレースに沿って雪融けも進むと思います。
大黒岩次のピーク周辺は吹き溜まり箇所ですので、腰まで抜ける箇所多し。

【弥山〜八経ヶ岳】
冬道をトレースしました。
鞍部の雪庇もハングするほど着いていないので、際まで寄らなければ大丈夫です。
山頂は錫杖の先端4~50cmが出るくらいの積雪。
気温が上がって急速に融け始めると夏道を使えますが、雪融けは多少ゴロつくので気がついた方は養生しながら進んで下さい。
防鹿柵に入ってオオヤマレンゲ自生辺りは根雪の踏抜き箇所が増えてくるので、これから登られる方は特に注意。

【八経ヶ岳〜弥山辻〜高崎横手】
稜線は急速に雪が腐ると思います。
防鹿柵を跨げるうちは冬道でもいいと思いますが、防鹿柵が出てきたら素直に夏道のほうがいいでしょう。
弥山辻からは樹間の踏み抜きがこれからピークを迎えるので、周回するにしても下りで使うほうが良いです。
過去天気図(気象庁) 2015年03月の天気図 [pdf]

写真

弥山小屋前からオリオン座
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥山小屋前からオリオン座
3
弥山小屋前からオリオン座
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥山小屋前からオリオン座
1
弥山小屋前から八経ヶ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥山小屋前から八経ヶ岳
3
2時頃にカメラ回収に外へ出たら薄雲
こんな感じでもだいたい朝には晴れるんですけどね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2時頃にカメラ回収に外へ出たら薄雲
こんな感じでもだいたい朝には晴れるんですけどね
1
東に雲なし
若干低層の大気が濃い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東に雲なし
若干低層の大気が濃い
7
東に雲なし
若干低層の大気が濃い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東に雲なし
若干低層の大気が濃い
1
霧氷が落ちてしまっているので
心ばかりのモルゲンに期待
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷が落ちてしまっているので
心ばかりのモルゲンに期待
5
4月半ばにはくぐれます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4月半ばにはくぐれます
1
日出ヶ岳の上から御来光予定
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日出ヶ岳の上から御来光予定
2
国見八方覗からの御来光
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国見八方覗からの御来光
3
気持ちモルゲンロート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちモルゲンロート
4
気持ちモルゲンロート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ちモルゲンロート
御来光
この時期にここから拝める御来光は格別です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御来光
この時期にここから拝める御来光は格別です
6
御来光
この時期にここから拝める御来光は格別です
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御来光
この時期にここから拝める御来光は格別です
3
奥駈の稜線
大普賢界隈も雪融けが進んでます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥駈の稜線
大普賢界隈も雪融けが進んでます
5
多くは望みません
これだけでも素晴らしいですから
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多くは望みません
これだけでも素晴らしいですから
10
小屋開け頃も若干残るかな〜って感じです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋開け頃も若干残るかな〜って感じです
1
山頂奥宮もまだまだ残ってます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂奥宮もまだまだ残ってます
山頂奥宮もまだまだ残ってます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂奥宮もまだまだ残ってます
山頂奥宮もまだまだ残ってます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂奥宮もまだまだ残ってます
行者堂周辺もこんな感じです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者堂周辺もこんな感じです
修復山にかけてはまだ雪残りそうです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
修復山にかけてはまだ雪残りそうです
2
ついに左目も落下…
今年こそは両眼とも入れ替えます。
両方入れ替えるほうが楽ですわ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついに左目も落下…
今年こそは両眼とも入れ替えます。
両方入れ替えるほうが楽ですわ。
5
八経ヶ岳の向こう、仏生ヶ岳と釈迦ヶ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八経ヶ岳の向こう、仏生ヶ岳と釈迦ヶ岳
5
夏道にもトレース見えたけど、GPSログ当てて夏道突撃してる人いるのかな(汗)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏道にもトレース見えたけど、GPSログ当てて夏道突撃してる人いるのかな(汗)
夏道より冬道のほうが好きです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏道より冬道のほうが好きです
4
夏道より冬道のほうが好きです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏道より冬道のほうが好きです
八経ヶ岳山頂直下
日の当たりやすい面なので、急速に雪が腐ってきてます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八経ヶ岳山頂直下
日の当たりやすい面なので、急速に雪が腐ってきてます
3
釈迦も古田の森から下の稜線は雪なさそうです。
ただ、八経から先は五鈷峰周辺の崩落地これから危険ですよ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釈迦も古田の森から下の稜線は雪なさそうです。
ただ、八経から先は五鈷峰周辺の崩落地これから危険ですよ
3
釈迦ヶ岳山頂遠望
お釈迦さんわかります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釈迦ヶ岳山頂遠望
お釈迦さんわかります
2
八経山頂から奥駈
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八経山頂から奥駈
4
八経ヶ岳から弥山振り返り
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八経ヶ岳から弥山振り返り
八経から明星へ向かう稜線はトラップだらけです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八経から明星へ向かう稜線はトラップだらけです
1
八経から明星へ向かう稜線はトラップだらけです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八経から明星へ向かう稜線はトラップだらけです
1
八経から明星へ向かう稜線はトラップだらけです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八経から明星へ向かう稜線はトラップだらけです
八経ヶ岳振り返り
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八経ヶ岳振り返り
明星のピークから仏生ヶ岳〜釈迦ヶ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明星のピークから仏生ヶ岳〜釈迦ヶ岳
1
高崎横手へ下りましたが、極悪すぎました(笑)
日照も増えて腐る腐る…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高崎横手へ下りましたが、極悪すぎました(笑)
日照も増えて腐る腐る…
2
弥山辻下から弥山小屋
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥山辻下から弥山小屋
1
大黒岩周辺から弥山かけてはあんな感じです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大黒岩周辺から弥山かけてはあんな感じです
2

感想/記録

昨年のこの週末は嘘みたいに2日間だけ厳冬期が復活。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-420675.html

今年は…この時期いつもの雪融け進む弥山・八経でした。
登る前日までにそこそこ雨も降ったので急速に雪が腐ってることは明白だったのですが、それがどこから腐り始めてるか思案しながら天川へ。
ワカン履くにも、ピッケル持っていくのにも中途半端な時期でギリギリまで悩みましたが車へ置いときました。

さてさて、熊渡へ着くと車停めるところありません。
アマゴの放流後なので渓流釣りの車も多いのでしょうが…。
2 ,300m上って邪魔にならないスペースへ駐車。

林道を上る始めると汗だくのおじさまとすれ違ったので、上の状況を聞くと…まぁ笑っちゃう感じ(笑)
双門分岐で一息ついてカナビキ尾根に入ると、十辺坂へ周らず直登。
多少雪が残ってるとアイゼン履いてサクサク登れるんですが、地肌の落ち葉が見えてる状態ですので、ゆっくり登りました。
まぁ急いでも結果が伴わない急登なので、カナビキ出合まではのんびり登ろうかと。

ナメリ坂へは直登。
夏道をなぞるよりトレースが多かったのと、時間的なもので直登。
この辺りから下ってくる方が多かったので、雪質を伺うとみんな声を揃えて『良くない』と(笑)
『どないなっとんねん(笑)』とワクワク進むも頂仙岳のトラバースは最高に順調。
夏の時間と同じくらいで抜けれました。

スルスルとトラバースして高崎横手へ。
少し太陽も傾いたので、狼平までは影の中下る。

16時半に狼平へ到着すると狼平には多数の登山者。
避難小屋もほぼ満杯だったので、弥山へ向かう。
登り始めには『今日は狼でもいいか』と思ってたけど、やっぱり上へ。

暗くなっても勝手知ったる山なので、歩いてりゃ山頂。
多少吹き溜まりで腰まで捕まりましたが、これもこの時期ならでは。

最後の鞍部に出ると真っ暗なのでヘッデンを用意。
山頂奥宮まではピークを目指せば直登で奥宮の裏へ
『やっぱりこの時間か(笑)』と真っ暗な中、寒風に吹きさらされてようやく着いた冬期小屋に先客いたらどないしよ…と考えながら向かう(笑)

行者さんと奥宮に感謝の参拝をして冬期小屋へ。
恐る恐る冬期小屋へ近づくと…アカン、ワカン立てかけてある…。
時間的に寝てはるかなと思ったものの、先客4名まだ起きてらっしゃいました。
こんな時間に来るなんて思ってなかったでしょうから、多少面食らってはりましたけど(笑)
冬期小屋を使う時はほぼ一人が多いので、あんなに人の居る暖かい冬期小屋はじめてでした^^

翌朝は5時過ぎに起床。
外気温-5℃
東の空に雲はないものの、下層大気が濃いので富士山は見えず。
周辺山域に霧氷もないので、劇的なモルゲンは期待できず。

御来光を見終わった後は八経ヶ岳。
綺麗な雪面の国見を抜けて冬道へ。
金沢から来られていたお父さんが落としたというメガネを探すも見つからず!
そして写真を撮りながら景色を十二分に満喫してピークへ向かう。

八経ヶ岳からは稜線の雪に誘われるかのように明星ヶ岳へ。
明星までの稜線は陽射しを遮るものがないので、踏抜きまくりです。
明星ピーク最後の直登でもがいてもがいて、埋まりハマり…やっとこさ明星のピークをなぞり弥山辻へ。
弥山辻から高崎横手へは笑っちゃうくらいのツボ足で、高崎横手から登り周回した人も難儀だったと思います。

高崎横手からカナビキ出合へはドカドカ下りました。
下りはナメリ坂からカナビキ出合へ。
小休憩して15時にカナビキ尾根を下山開始。
下りは急斜面な上に水分の浮いた雪がこねくられて予想通り荒れ気味。
カナビキ尾根も融けて安定するまではズルズルになるでしょう。


昨年はこのタイミングでのドカ雪のおかげで雪融けが遅く、オオヤマレンゲの開花も遅れた原因になりました。
この時期の雪の加減でオオヤマレンゲの開花時期も多少読めるので、今年は例年通り6月末には開花するんじゃないでしょうか。

順調にいけば弥山小屋の小屋開けは4/25の土曜日からです。

お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:1770人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/10/27
投稿数: 138
2015/3/25 12:31
 ご来光…
小屋で一緒だったものです(*^^*)到着されたときは、みんな酔っ払ってました(笑)
本当にガイドさんやったんですね!真っ暗な中さすがです。
写真も素晴らしいです!私は八経ヶ岳に向かう途中で日が上りました。
登録日: 2010/9/28
投稿数: 34
2015/3/25 16:43
 Re: ご来光…
先日は突然の訪問すみませんでした(汗)
まさかあんな出来上がった空気感の中へ飛び込むことになるとは微塵も思ってなかったので、めちゃくちゃ申し訳ない気持ちでした^^;
良い方ばかりで本当によかったです。

ガイドっぽくないでしょ?それ玉に瑕なんです(笑)
またあの辺で会ったら声掛けてくださいね^^

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ