また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 614372 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走富士・御坂

富士山|日本最高峰の剣ヶ峰へ(プリンスルート) - 親子登山8 (4歳児)

日程 2013年08月21日(水) 〜 2013年08月22日(木)
メンバー 子連れ登山, その他メンバー1人
天候1日目:晴れ、2日目:晴れのち曇、下山後1時間で豪雨
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
御殿場口駐車場(無料)にマイカー駐車
御殿場口-->水ヶ塚公園 は路線バス
水ヶ塚公園-->富士宮口 はシャトルバス
下山は大砂走りで御殿場口へ直接
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間12分
休憩
31分
合計
6時間43分
S富士宮口五合目09:3710:10六合目雲海荘10:1510:33宝永第一火口縁10:48宝永第一火口10:5413:10宝永山13:3014:02下り六号(走り六号)14:34御殿場口六合目16:20わらじ館
2日目
山行
10時間33分
休憩
42分
合計
11時間15分
わらじ館06:0007:23赤岩八合館10:15富士山頂上浅間大社奥宮10:3210:55富士山11:1011:45富士山頂上浅間大社奥宮14:30わらじ館15:00下り六号(走り六号)17:00大石茶屋17:1017:15富士御殿場口駐車場17:15ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
◆御殿場ルート(プリンスルート)の【○】と【×】
【○】空いている
 御殿場ルートを歩く人は少なく、他の登山者のペースを気にせず歩けます。
 今回お世話になった山小屋「わらじ館」は定員40名に15名でゆったり過ごせました。トイレに行列ということもありません。
【○】剣ヶ峰に近い
 御殿場口山頂から日本最高峰の剣ヶ峰までは20分くらい。そこまでもう少しガンバってみようかなと思える近さ。一番人気の吉田口ルートからだと遠いです。
【×】トイレが少ない
 山小屋が3つしかない=トイレが少ないです。 息子は山小屋のなくなる8合目と山頂の間で携帯トイレを2回使いました。登山者が少なく他の人に見られないで用をたせました。
【×】楽なコースではない
http://warazikan.main.jp/route.html
のコース案内には「初心者に最適」とあり「そこは富士山。急な登り坂もある」を見落としがち。 宝永山への登りはキツかったです。

◆富士山頂郵便局
お盆を過ぎ、郵便局もあと数日で営業終了という時期ということもあり、目当ての「オリジナルかもめ〜る」は売り切れでした。 自由に使える直径10センチくらいのスタンプが設置されているので、次回は官製はがき持参にしようかと思います。
その他周辺情報◆プリンスルートとは
皇太子徳仁親王殿下が平成20年(2008年)8月7日から8日にかけて富士登山をされた折にご利用になったルートです。 4つの登山口で最も標高の高い富士宮口をスタートし、宝永山経由で6合目から御殿場ルートに入って山頂へ。下りは御殿場ルートの大砂走りを豪快に下ります。
過去天気図(気象庁) 2013年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 携帯 時計 サングラス タオル ストック ナイフ カメラ ポール

写真

天気は最高
2013年08月20日 07:31撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気は最高
私は不安だけど息子はやる気満々@御殿場口駐車場
2013年08月20日 07:32撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私は不安だけど息子はやる気満々@御殿場口駐車場
水ヶ塚公園へ路線バスで移動。ここでシャトルバスに乗換。
富士山を見る角度が変わり、宝永山が右に移動しました。どこから見るかで富士山の表情が変わるもんだと実感。
2013年08月20日 08:33撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水ヶ塚公園へ路線バスで移動。ここでシャトルバスに乗換。
富士山を見る角度が変わり、宝永山が右に移動しました。どこから見るかで富士山の表情が変わるもんだと実感。
富士宮口、いよいよです。
2013年08月20日 09:37撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士宮口、いよいよです。
6合目までは富士宮ルート。ここから宝永山のほうに分かれ、歩く人も少なくなります。
2013年08月20日 10:08撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6合目までは富士宮ルート。ここから宝永山のほうに分かれ、歩く人も少なくなります。
息子に初めて撮ってもらった写真。構図もまずまず。
2013年08月20日 10:25撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
息子に初めて撮ってもらった写真。構図もまずまず。
いつの間にやら眼下に雲が湧いていましたが、雲の上なので相変わらずいい天気。
2013年08月20日 10:28撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつの間にやら眼下に雲が湧いていましたが、雲の上なので相変わらずいい天気。
ここから宝永火口に降りますが、宝永火口を見てここで引き返す観光客も結構いました。どうりで軽装で歩いていたわけだ。
2013年08月20日 10:32撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから宝永火口に降りますが、宝永火口を見てここで引き返す観光客も結構いました。どうりで軽装で歩いていたわけだ。
向こうに見えるのが宝永山山頂で、うっすら白く見える登山道を登っていきます。
2013年08月20日 10:40撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向こうに見えるのが宝永山山頂で、うっすら白く見える登山道を登っていきます。
宝永山山頂までが一番きつかった。ザレザレで、1歩踏み出すと半歩落ち、見た目の数倍体力消耗。
2013年08月20日 12:25撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝永山山頂までが一番きつかった。ザレザレで、1歩踏み出すと半歩落ち、見た目の数倍体力消耗。
後ろに見える道を歩いてきたんだなぁ。
2013年08月20日 12:48撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後ろに見える道を歩いてきたんだなぁ。
自分のペースでいいのでガンバってもらう。私の腰痛の非常用に持っていったストックを渡してみたら、上手にダブルストックを始めた。
2013年08月20日 12:50撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自分のペースでいいのでガンバってもらう。私の腰痛の非常用に持っていったストックを渡してみたら、上手にダブルストックを始めた。
宝永山火口底から見積×2倍かかって山頂に到着。念のため用意していたバッファーを使い切った。
2013年08月20日 13:24撮影 by iPhone 3GS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宝永山火口底から見積×2倍かかって山頂に到着。念のため用意していたバッファーを使い切った。
コンビニのおにぎりとサンドイッチがうまい。いつもはここから下山だけど、今日はさらに上を目指す。
2013年08月20日 13:23撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コンビニのおにぎりとサンドイッチがうまい。いつもはここから下山だけど、今日はさらに上を目指す。
御殿場ルートへのトラバースが続きます。
2013年08月20日 13:35撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御殿場ルートへのトラバースが続きます。
名前わかりませんが、この一帯にはこういう花がたくさん咲いていました。
2013年08月20日 13:35撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名前わかりませんが、この一帯にはこういう花がたくさん咲いていました。
御殿場ルートに入り3,000m地点。
2013年08月20日 15:44撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御殿場ルートに入り3,000m地点。
息子にカメラマンをお願いした。写真撮るのは嬉しいらしい。
2013年08月20日 15:46撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
息子にカメラマンをお願いした。写真撮るのは嬉しいらしい。
想定時間ギリギリで本日の宿、わらじ館に到着。定員40人のところ15人くらいだったのでゆったり。御殿場ルートは空いてます。
2013年08月20日 18:36撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
想定時間ギリギリで本日の宿、わらじ館に到着。定員40人のところ15人くらいだったのでゆったり。御殿場ルートは空いてます。
朝は無理せず遅発ち@わらじ館前。ご来光は残念ながら、こんな感じで。
2013年08月21日 05:13撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝は無理せず遅発ち@わらじ館前。ご来光は残念ながら、こんな感じで。
登り始めて30分くらい、振り返ると山中湖と、お世話になったわらじ館(右下に小さく)。
2013年08月21日 06:31撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り始めて30分くらい、振り返ると山中湖と、お世話になったわらじ館(右下に小さく)。
駿河湾方面を。
2013年08月21日 07:23撮影 by iPhone 3GS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駿河湾方面を。
長田尾根の石碑。頂上は見えるが、まだまだ時間はかかる。
2013年08月21日 08:12撮影 by iPhone 3GS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長田尾根の石碑。頂上は見えるが、まだまだ時間はかかる。
無事、御殿場ルートの山頂に到着。偶然顔を覆っているのは偶然で、頭痛ではない。
2013年08月21日 10:37撮影 by iPhone 3GS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事、御殿場ルートの山頂に到着。偶然顔を覆っているのは偶然で、頭痛ではない。
火口。想像していたより大きく、深かった。 お鉢巡りが2時間くらいかかるのも納得。
2013年08月21日 10:32撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
火口。想像していたより大きく、深かった。 お鉢巡りが2時間くらいかかるのも納得。
そして、日本一高い場所を目指す。左の斜面が馬の背。
2013年08月21日 10:43撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、日本一高い場所を目指す。左の斜面が馬の背。
富士山レーダードーム跡が目の前に。そこの階段を登った先には。。。
2013年08月21日 10:54撮影 by iPhone 3GS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山レーダードーム跡が目の前に。そこの階段を登った先には。。。
日本最高峰! 初挑戦、5歳0ヶ月で来られてしまった。
2013年08月21日 11:03撮影 by iPhone 3GS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本最高峰! 初挑戦、5歳0ヶ月で来られてしまった。
ピークは過ぎていたので、記念撮影の列もなく。
2013年08月21日 11:02撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピークは過ぎていたので、記念撮影の列もなく。
下山。子供は下山が不得手って知らなかった。。。あの登りに比べ、遅いし、滑るし、気持ちは沈んでいく、、、山では手をつないで歩かないというルールが僕らにはあるので「お助けロープ」を介して一緒に歩くことに。
2013年08月21日 13:11撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山。子供は下山が不得手って知らなかった。。。あの登りに比べ、遅いし、滑るし、気持ちは沈んでいく、、、山では手をつないで歩かないというルールが僕らにはあるので「お助けロープ」を介して一緒に歩くことに。
それでも思うように進まなくなる。気持ちの切替になればと、カメラマンして遊んでもらう。僕からのリクエストは「前を歩くお父さんの後ろ姿」
2013年08月21日 13:55撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それでも思うように進まなくなる。気持ちの切替になればと、カメラマンして遊んでもらう。僕からのリクエストは「前を歩くお父さんの後ろ姿」
これ使えそう。
2013年08月21日 13:55撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これ使えそう。
連写。なんてことをしていたらこのあと電池切れで、大砂走りの写真はなし。
2013年08月21日 13:55撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
連写。なんてことをしていたらこのあと電池切れで、大砂走りの写真はなし。
無事下山@御殿場口。いやぁ、いろいろありましたが、剣ヶ峰まで行けて、無事戻ってこられて本当に良かった。
2013年08月21日 17:22撮影 by Canon EOS Kiss Digital X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事下山@御殿場口。いやぁ、いろいろありましたが、剣ヶ峰まで行けて、無事戻ってこられて本当に良かった。

感想/記録

 4歳児、親子登山8回目、まだ1000mクラスしか行ったことなかったのに、相棒は自分の足で剣ヶ峰まで登り降りてきました。日本一高いところに立てて感激しましたが、終わって振り返ると気象条件、体調、気力など、諸々のことがいい方向に偶然が重なったラッキーに恵まれただけで、1つでも条件が悪くなったら親子だけでは対処できない事態になりかねなかったな、とも反省しています。
ちなみに、翌年は天候に恵まれず、山小屋から上に行かずに撤退しました。(【親子登山 20】富士山|天候不良で撤退 http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-614653.html)

親子で安全な富士登山ができますよう、私の感じた反省をメモします。

◆親のほうがテンパっちゃう
 「親子登山=親が子供を連れて行く」構図ですが、富士山だと親のほうも自分のことで精一杯、体力の限界で行動することになります。高地での標高差1,400m、十数kmの歩程はハードそのもの。だからついついイラついてしまい、子供への寛容さが失われていきます。親がいつもの親でいられるには、体力、努力、忍耐、冷静さが求められます。自覚していれば自制が効いて、ひどいことにはならないと思います。

◆「山は逃げない」とわかっていても、、、
 富士山は「なかなか引き返せない山」だと思いました。休みの調整、費用、期待やあこがれなどが引き返す決心を邪魔するようです。例えば、悪天候だったり、高山病が発生し体調が悪くなっているのに、それでも登ることを中止できなかったり。判断基準はいつもの低山と同じであるべき、むしろ高山な分安全側に判断しなきゃならないのに、逆のことをしがちな場所。親が無理するのはまだしも(子供を危険にさらさない範囲で)、子供に無理強いしすぎないようにしたいもの。「またチャレンジすればいいや」と気持ちを切り替えられる「心のゆとり」を失わないようにしましょう。

◆子供の体調見極めが難しい
 疲れている
 気持ちが折れている
 高度障害(高山病)が発生していて、頭痛/気分がすぐれない
この3つの状態が意外と似ています。さらに、初めて高山病になったり見たりするのが初めてだと「これが高山病」と気づくのが遅れる可能性があります。親が冷静に子供の体調を見極め、異変があればまずは高山病を疑うようにするのがいいと思います。深呼吸で酸素を多くとり込むようにして様子を見て、それでも辛ければ高度を下げる(=下山)ことでしか症状緩和できないので、そこは勇気を持って決断しましょう。
訪問者数:1575人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ