また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 619614 全員に公開 沢登り丹沢

中川川水系 権現沢(中ワナバ沢)

日程 2015年04月25日(土) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
天候晴れのち曇り(一時雷小雨)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
西丹沢自然教室
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
■中川川水系 権現沢

 西丹沢自然教室から公園橋を渡って東沢沿いへ歩き、標高665mで左から
 伏流涸れゴーロで合わさる東沢の支流。
 資料によっては中ワナバ(罠場)沢とも。
 中盤にとっても美形な2条15m滝と、3段15m苔滝があり、その高巻きは
 砂状で脆く結構悪い。
 遡行グレード:2級下(高巻きの内容は2級としてよいかもね)

\消安自然教室から東海自然歩道を善六ノタワ方面に進み、標高665m
 辺りで左からゴーロの涸れ沢で権現沢が合わさる。
 (一本手前の標高650mで合わさる涸れ沢は下ノ権現沢(前罠場沢)
 なので間違わないよう注意。
 (ってこんなマイナーな沢に入る人はほとんどいないかな)
 出合は涸れているが、少し入れば水も現れてくる。
 少しでL3mナメ、2段5×8m滝、2×5m滝が続いているが右から
 容易に上がれる。
 標高715mで左から涸れゴーロの支流を合わせ沢は西向きになる。
 L5mナメ、3段3×8m小滝群、右が2条2mの大岩と容易に越えて
 いくと右側は壁状になり、緑茶苔状2×5m小滝となる。

標高775mで左側からサラサラ〜と流れ落ちる2条15m滝が現れる。
 上に行くほど斜度が立ったスラブ滝なので直登はほぼ不可能であろう。
 水量は少ないが、西丹沢ではイデイリ沢の大滝に似た清楚な滝だ。
 二俣右俣の5段10×20m階段状を登り、界尾根末端を右から回り込む
 ように脆い尾根に取り付く。
 途中一本砂ザレ小ルンゼを左へトラバースし左の尾根状に乗って
 さらにえぐれの3m上部を巻いて15m滝の10m上流に下りる。
 この界尾根はボロボロ崩れ気味なので崩れ側に触らないようにするが
 なかなか悪い。
 もしこの滝を見る目的ならここで引き返した方がよいであろう。

すぐに2条の流れとなるが、この2条の流れはそのまま標高800m二俣
 の流れだ。
 水量比は1:5で右の支流の方が多い。
 (湧き水か?)
 本流の左沢は苔状3段15mの棚で、水量はボタボタ程度。
 中央の砂ザレを少し登って左へグズグズの砂状をトラバースして
 木をつなぐライン取りで棚の落ち口上を目指して巻く。
 この巻きも砂崩れ状なのでやはりなかなか悪い。
 15m棚のすぐ上は2m棚で、ここで水は涸れてしまう。

そ跳燭竜雋笋魃Δ妨ていくと少々ゴルジュとなり、標高850m二俣。
 左はルーフ状6mCS棚、本流の右は2つのCSで構成される5m棚。
 左を卦蕁歡度で越えていく。
 沢はガレゴーロとなり標高890mは三俣状。
 中央を登っていくと標高950mで何となく二俣状。
 右の三ツ岩CS棚へ向かって登る。
 CSに遮られたら右壁を登って越していく。(卦蕁CS直下まで行って
 右岩にトラバースするルートを取ると少々バランシーなトラバースを
 強いられ卦蕁椶箸覆襦)

ド弦990m二俣を右へ取ると、左斜め上は2本の砂ザレルンゼで登れない
 のでそれらの右側植林帯を詰めていけば、標高1040mで権現山北西側の
 尾根に出て遡行終了。
 ここはマスキ嵐沢の一般的遡行終了点である。

Σ嫉海論沼沿いの東海自然歩道へ向け旧登山道(今は登山道としては
 廃道で、森林作業径路となっている)を下降する。

■丹沢限定沢登り記録集↓
 http://mt-farm.info/tanzawakiroku.html
■沢登り、クライミング、読図等講習↓
 http://mt-farm.info/
過去天気図(気象庁) 2015年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ 長袖インナー タイツ ズボン 靴下 雨具 ザック 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト カメラ ロープ ハーネス ヘルメット 確保機 ロックカラビナ クイックドロー スリング ロープスリング セルフビレイランヤード タイブロック ハンマーバイル ナイフブレード

写真

西丹沢自然教室から公園橋を渡る
2015年04月25日 08:09撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西丹沢自然教室から公園橋を渡る
堰堤を越えて
2015年04月25日 08:22撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堰堤を越えて
権現沢出合は水が一旦伏流している
2015年04月25日 08:31撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権現沢出合は水が一旦伏流している
最初の小滝が出てきたぞ
2015年04月25日 08:35撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の小滝が出てきたぞ
2段5×8mといったところ
2015年04月25日 08:37撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2段5×8mといったところ
2
ガレが続く
2015年04月25日 08:43撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガレが続く
ルーフ状岩と2条2m小滝
2015年04月25日 08:50撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルーフ状岩と2条2m小滝
茶苔2×5m小滝
2015年04月25日 08:55撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶苔2×5m小滝
お・・・何か見えてきたぞ
2015年04月25日 09:02撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お・・・何か見えてきたぞ
おぉ・・・
2015年04月25日 09:03撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おぉ・・・
水がさらさら〜と流れる素晴らしい2条15m滝
2015年04月25日 09:04撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水がさらさら〜と流れる素晴らしい2条15m滝
2
こちらは右沢
2015年04月25日 09:05撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは右沢
高巻き途中から
2015年04月25日 09:20撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高巻き途中から
1
いやぁ美人さんです
2015年04月25日 09:23撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いやぁ美人さんです
しかし高巻きは
2015年04月25日 09:23撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかし高巻きは
なかなか悪いぞ
2015年04月25日 09:35撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなか悪いぞ
巻き中
えぐれてるし
2015年04月25日 09:37撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻き中
えぐれてるし
2条15m美人の滝の落ち口上流へ何とか出た
2015年04月25日 09:44撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2条15m美人の滝の落ち口上流へ何とか出た
落ち口と巻き下りた箇所
2015年04月25日 09:45撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ち口と巻き下りた箇所
歩を進めると
2015年04月25日 09:45撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩を進めると
標高800m二俣の右沢は地形図見る限りではすぐに終わってしまうけど水量は圧倒的にこっちの方が多い
2015年04月25日 09:51撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高800m二俣の右沢は地形図見る限りではすぐに終わってしまうけど水量は圧倒的にこっちの方が多い
本流と思われる左沢にはちょっと取り付く暇もない3段15m苔滝だ
2015年04月25日 09:56撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本流と思われる左沢にはちょっと取り付く暇もない3段15m苔滝だ
真ん中の砂ザレ上がり、脆い砂岩状2m棚の手前で左にトラバースするが、砂状なので悪い
2015年04月25日 10:02撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真ん中の砂ザレ上がり、脆い砂岩状2m棚の手前で左にトラバースするが、砂状なので悪い
3段15m滝を途中から
2015年04月25日 10:02撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3段15m滝を途中から
ふぃぃ何とか木をつないで登ってきたぞ
2015年04月25日 10:08撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふぃぃ何とか木をつないで登ってきたぞ
高巻きは木のつながりを確認して
2015年04月25日 10:09撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高巻きは木のつながりを確認して
ここも何とか滝の落ち口上に戻れました
ここでほぼ水涸れでした
2015年04月25日 10:13撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも何とか滝の落ち口上に戻れました
ここでほぼ水涸れでした
縦に立った巨岩帯
2015年04月25日 10:17撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦に立った巨岩帯
左は支流のCS、右は巨岩の本流
2015年04月25日 10:24撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左は支流のCS、右は巨岩の本流
標高950m二俣
2015年04月25日 10:57撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高950m二俣
右沢には10m3つ岩CS棚だ
2015年04月25日 11:02撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右沢には10m3つ岩CS棚だ
中央の岩を突破しちゃったけど、右壁を登った方が楽
2015年04月25日 11:03撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央の岩を突破しちゃったけど、右壁を登った方が楽
もうちょい
2015年04月25日 11:16撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうちょい
こちらはマスキ嵐沢
2015年04月25日 11:17撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらはマスキ嵐沢
標高1040mコルに出ました〜
そう、マスキ嵐沢の一般的な詰め所です
2015年04月25日 11:17撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1040mコルに出ました〜
そう、マスキ嵐沢の一般的な詰め所です
今登ってきた権現沢を眼下に見る
2015年04月25日 11:20撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今登ってきた権現沢を眼下に見る
今は廃道となった箒沢権現山への登山道跡の分岐点
2015年04月25日 11:27撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今は廃道となった箒沢権現山への登山道跡の分岐点
ちょっとお節介心が働いてしまいました
下から登ってくると矢印の方向が権現山で、×方向は畦ケ丸へのバリエーションルートです
2015年04月25日 11:37撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとお節介心が働いてしまいました
下から登ってくると矢印の方向が権現山で、×方向は畦ケ丸へのバリエーションルートです
雷会うの嫌だからさっさと下山しよ
2015年04月25日 11:37撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷会うの嫌だからさっさと下山しよ
ツツジ見頃
2015年04月25日 11:39撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツツジ見頃
東沢沿いの東海自然歩道に出ました
2015年04月25日 12:19撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東沢沿いの東海自然歩道に出ました
カムバック
2015年04月25日 12:42撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カムバック
西丹沢自然教室のクラちゃん館長としばしの間談話。
コーヒーごちそうさまでした。
2015年04月25日 13:24撮影 by PENTAX Optio WG-2, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西丹沢自然教室のクラちゃん館長としばしの間談話。
コーヒーごちそうさまでした。

感想/記録
by kamog

dnさんのHPにあった2条の美人滝にようやく出会えました。
ほれぼれしました。
訪問者数:671人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2007/4/17
投稿数: 14
2015/4/26 21:45
 御無沙汰しています
kamogさん
権現沢の2条の滑滝は、1条の時もありました。
前権現には興味ある沢が多いです。
全部下降ですが、下ノ権現沢<権現沢<上ノ権現沢の順に悪いです。
塩地窪沢ノ頭東面の「中貉作沢」は右俣、左俣ともにお薦めです。
クラさん、宮ケ瀬から帰って来たのですね。
HPは放置してありますが、今日は富士宮口から剣ヶ峰を往復していました。
登録日: 2005/11/15
投稿数: 536
2015/4/26 22:06
 Re: 御無沙汰しています
dobunezumiさん、こちらこそご無沙汰です。
上権現は下山中に注視していましたがやはり悪そうですね。
気が向いたら行ってみます。
中貉作も今度機会見て行ってきますね。
ありがとうございました。
登録日: 2005/11/15
投稿数: 536
2015/5/4 0:50
 Re[2]: 御無沙汰しています
中貉作沢へ5/3行ってきました。
なかなか悪いですね

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ