また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 619918 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走四国剣山

剣山(1955)〜三嶺(1893)

日程 2015年04月25日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
■『ぐるっと剣山登山バス』
http://www.pref.tokushima.jp/docs/2013040800033/

■四国交通
http://www.yonkoh.co.jp/

■三好市営バス
http://www.city-miyoshi.jp/docs/2013091900072/

■美馬市営バス
http://www.city.mima.lg.jp/gyousei/kurashi/bus/turugisannsenn-bus-start.html

■香美市営バス
http://www.city.kami.kochi.jp/soshiki/11/shiei-bus.html

■土佐山田 大栃 ジェイアール四国バス
http://www.jr-shikoku.co.jp/bus/businfo/rosen_tosa/tosa-ototi.htm

■平成27年度 バス時刻表
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/77/12/130394f245c8c8e7fa60b6a6eb320a52.png

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち84%の区間で比較) [注意事項]

コースタイム [注]

【記録】

見ノ越 発 1:44 --剣神社 1:46 --西島リフト駅 2:30 -- 剣山 (3:11-3:20)---次郎笈(4:09-4:23) ---スーパ−林道下降点 5:03 ---丸石 (5:19-5:39) ---丸石避難小屋 6:00--奥祖谷かずら橋下降点 6:03 ---荒廃した小屋跡 6:23---高ノ瀬 (6:48-7:04)--石立山分岐 7:21---1732m標高点 (7:45-7:51) ---1700m三角点 8:11 --白髪避難小屋 ( 8:28-8:31 ) ---白髪山分岐(8:39-8:47) --カヤハゲ 9:16--三嶺( 10:12-10:40 )---三嶺ヒュッテ 10:54---菅生下山道分岐標識11:00 ---林業用作業小屋跡 (12:03-12:11) -- いやしの温泉郷 (12:54-12:59)---菅生バス停 着 13:20

菅生バス停 13:31======(バス乗車)======見ノ越 14:08着
その他周辺情報■いやしの温泉郷 営業中 宿泊・入浴
http://iyashino-onsenkyo.com/

■つるぎの宿 岩戸 (電話 0883-67-2826 )宿泊・入浴
http://ww81.tiki.ne.jp/~iwado/index.html

■剣山木綿麻温泉 (電話 0883-62-5500)入浴のみ
http://www.town.tokushima-tsurugi.lg.jp/yuumaspa.html

■ラ・フォーレつるぎ山 (TEL 0883-67-5555) 宿泊・入浴
http://www.laforet-t.com/
過去天気図(気象庁) 2015年04月の天気図 [pdf]

写真

旧 丸石避難小屋 跡
2015年04月25日 06:23撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧 丸石避難小屋 跡
旧 丸石避難小屋 跡
2015年04月25日 06:23撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧 丸石避難小屋 跡
平成14年撮影 旧 丸石避難小屋
平成14年の旧丸石小屋の写真をみると まだ健在で使えそうな感じだったが 13年後は 残骸となってしまった。やがて跡形もなくなくなってしまうだろう。

旧丸石避難小屋のまえの ---「旧 旧 丸石小屋」 は 丸石山頂の傍らに 辛うじて ほんの少し残滓が残っている。

古い国土地理院の地図には この小屋は 丸石山頂に 表記されていた。

山稜の 山小屋は 自然条件が厳しいため 痛みも激しい。
真新しい 山の標識も いつのまにか 貫禄ができ やがて 色あせ 朽ちていくが 山小屋も同じく 長い間には どんどん変遷していく。 

自然のつくった造形物は ながいあいだ しっかり形を 保持し続けるが 人間のつくったものは 自然に比較すると なんともはやく はかなくどんどん 朽ちていくものだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平成14年撮影 旧 丸石避難小屋
平成14年の旧丸石小屋の写真をみると まだ健在で使えそうな感じだったが 13年後は 残骸となってしまった。やがて跡形もなくなくなってしまうだろう。

旧丸石避難小屋のまえの ---「旧 旧 丸石小屋」 は 丸石山頂の傍らに 辛うじて ほんの少し残滓が残っている。

古い国土地理院の地図には この小屋は 丸石山頂に 表記されていた。

山稜の 山小屋は 自然条件が厳しいため 痛みも激しい。
真新しい 山の標識も いつのまにか 貫禄ができ やがて 色あせ 朽ちていくが 山小屋も同じく 長い間には どんどん変遷していく。 

自然のつくった造形物は ながいあいだ しっかり形を 保持し続けるが 人間のつくったものは 自然に比較すると なんともはやく はかなくどんどん 朽ちていくものだ。
伊勢の岩屋への分岐標識も倒れている 

(何度か建てなおされたが)
2015年04月25日 06:32撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊勢の岩屋への分岐標識も倒れている 

(何度か建てなおされたが)

感想/記録

【山頂】

■剣山 「+4.3度 西 6m 満天」(累計登頂回数99回目)

■次郎笈 「+4.1度 北西 6m 満天星 まだ暗いが  東の空がすこし しらじらとしてきた」(累計登頂回数86回目)

次郎笈下りで 明るくなる。

■丸石 「+5.0度 北 4m 晴れ 日の出 剣山 次郎笈のあいだが あかくなってきた」(累計81回目)

■高ノ瀬 「+6.8度 北 1-2m 晴れ 強い風は弱まったが 気温があがる。すこしもやがかかっているが 剣山・次郎笈 三嶺見える」(累計76回目)

■三嶺 「+13.5度 北西 2m 晴れ 剣山 次郎笈 天狗塚 見える 遠くはすこしもやがかかっている」(累計登頂回数 450回)

剣山 三嶺 間 縦走 72回目。


【写真】
http://www.flickr.com/photos/shumiyama/sets/72157649837357914/

【動画】
http://youtu.be/--s0urFXaYg




http://youtu.be/3GI4-3142L8



GoPro


【趣深山WEB】


■shumiyama.com 平成27年4月25日
http://shumiyama.com/mt/shumiyama_web/2015/04/27425-1955-1930-1683-1740-1893.html

■趣深山Jimdo 平成27年4月25日
http://shumiyama.jimdo.com/2015-1/20150425/

■平成27年4月25日 fc2
http://shumiyama.web.fc2.com/2015/20150425turugi-mimune.html

■平成27年4月25日 digi2
http://shumiyama.digi2.jp/2015/20150425turugi-mimune.html

■趣深山ブログgoo 平成27年4月25日
http://blog.goo.ne.jp/shumiyama/e/6cae8a2c8665a828ba809d530a24c6ed

■趣深山ブログfc2 平成27年4月25日
http://shumiyama2.blog.fc2.com/blog-entry-1012.html

■剣山 〜 三嶺 縦走記録
http://shumiyama.jimdo.com/%E5%89%A3%E5%B1%B1-%E4%B8%89%E5%B6%BA%E7%B8%A6%E8%B5%B0/
訪問者数:756人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

避難小屋 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ