ヤマレコ

記録ID: 634063 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走尾瀬・奥利根

景鶴山

日程 2015年05月06日(水) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
鳩待峠駐車場(18時〜6時の間は雪崩規制有り)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち60%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間37分
休憩
1時間16分
合計
10時間53分
S鳩待峠05:4706:44山ノ鼻07:0107:27上ノ大堀橋07:2807:36牛首分岐07:3707:54下ノ大堀橋07:5508:14ヨッピ吊橋08:19ヨシッ堀田代08:29東電小屋08:3908:54笹山08:5510:29与作岳11:12景鶴山11:5112:29与作岳12:3013:25笹山13:2613:40東電小屋13:4114:02ヨシッ堀田代14:0314:08ヨッピ吊橋14:0914:27下ノ大堀橋14:45牛首分岐14:4614:54上ノ大堀橋15:37山ノ鼻16:40鳩待峠G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2015年05月の天気図 [pdf]

写真

鳩待峠駐車場に空きがあった。ラッキー。
2015年05月05日 18:06撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳩待峠駐車場に空きがあった。ラッキー。
1
尾瀬戸倉スキー場分岐からちょっと鳩待峠へ入ったトコに警備員がいてそこが規制ラインだった。
2015年05月05日 18:06撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾瀬戸倉スキー場分岐からちょっと鳩待峠へ入ったトコに警備員がいてそこが規制ラインだった。
夕焼けの至仏山。
2015年05月05日 18:08撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕焼けの至仏山。
1
今日も良い天気。
2015年05月06日 05:53撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日も良い天気。
とりあえずアイゼン付けてみる。
2015年05月06日 05:54撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とりあえずアイゼン付けてみる。
山の鼻は賑やか。
2015年05月06日 07:08撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の鼻は賑やか。
燧ヶ岳に向かい進む。サングラスをしてても眩しくて目を細める。
2015年05月06日 07:17撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燧ヶ岳に向かい進む。サングラスをしてても眩しくて目を細める。
2
振り返り至仏山。
2015年05月06日 07:32撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返り至仏山。
牛首分岐。
2015年05月06日 07:41撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牛首分岐。
牛首分岐まで来ると景鶴山が見える。直接見ると近そうな気がするんだけど・・・
2015年05月06日 07:41撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
牛首分岐まで来ると景鶴山が見える。直接見ると近そうな気がするんだけど・・・
吊り橋は真ん中を踏んで進めばスリルがあって楽しい。ただ女性だと両側のワイヤーに手が届かないかも。
2015年05月06日 08:19撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊り橋は真ん中を踏んで進めばスリルがあって楽しい。ただ女性だと両側のワイヤーに手が届かないかも。
やっと登山口とも言える東電小屋に着く。
2015年05月06日 08:34撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと登山口とも言える東電小屋に着く。
東電小屋裏の尾根に取り付く。ピンクテープがあるので安心。
2015年05月06日 08:44撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東電小屋裏の尾根に取り付く。ピンクテープがあるので安心。
黒い物体が動いてる。
2015年05月06日 09:29撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒い物体が動いてる。
1
この藪へ消えていった。
2015年05月06日 09:34撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この藪へ消えていった。
与作岳近くまで来ると右手に燧ヶ岳が見えるようになった。
2015年05月06日 10:00撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
与作岳近くまで来ると右手に燧ヶ岳が見えるようになった。
1
景鶴山頂も見える。熊の恐怖で後が気になる。
2015年05月06日 10:05撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
景鶴山頂も見える。熊の恐怖で後が気になる。
1
与作岳付近は緩いアップダウン。山に入って初めて人に会う。おじさんが下ってきた。1人じゃないんだと安心した。
2015年05月06日 10:32撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
与作岳付近は緩いアップダウン。山に入って初めて人に会う。おじさんが下ってきた。1人じゃないんだと安心した。
ついにピークが近づいた。
2015年05月06日 10:55撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついにピークが近づいた。
3
山頂付近はザックが背負えないほどの藪と聞いていたがそこまでひどくなかった。
2015年05月06日 11:09撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂付近はザックが背負えないほどの藪と聞いていたがそこまでひどくなかった。
1
ちょっとした藪を抜けるとあっけなく山頂に到着した。
2015年05月06日 11:17撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっとした藪を抜けるとあっけなく山頂に到着した。
1
今日横断してきた尾瀬ヶ原。
2015年05月06日 11:17撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日横断してきた尾瀬ヶ原。
3
至仏山。
2015年05月06日 11:17撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
至仏山。
1
昨年、車や左足爪などにダメージを負いながらも登頂した平ヶ岳がすぐそこに見える。
2015年05月06日 11:18撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨年、車や左足爪などにダメージを負いながらも登頂した平ヶ岳がすぐそこに見える。
2
山頂は狭い。
2015年05月06日 11:49撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は狭い。
4
女性が滑落。
2015年05月06日 11:57撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
女性が滑落。
1
まだ2mくらいの積雪。
2015年05月06日 13:08撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ2mくらいの積雪。
熊と遭遇した場所。
2015年05月06日 13:18撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊と遭遇した場所。
2
東電小屋に戻った。
2015年05月06日 13:39撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東電小屋に戻った。
1
もう安心。
2015年05月06日 13:58撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう安心。
木道の雪が午前中より溶けてる。数回踏み抜いた。
2015年05月06日 14:08撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道の雪が午前中より溶けてる。数回踏み抜いた。
さっきまであの山頂のいたのかと。
2015年05月06日 14:11撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さっきまであの山頂のいたのかと。
帽子を脱ぐと白いリングが。何かと思ったが汗が乾いてできた跡みたい。すごい脱塩できたぞ(笑)
2015年05月06日 14:44撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帽子を脱ぐと白いリングが。何かと思ったが汗が乾いてできた跡みたい。すごい脱塩できたぞ(笑)
至仏山に戻ってきた。溶けてゆるんだザラメ雪で歩きづらい。
2015年05月06日 15:03撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
至仏山に戻ってきた。溶けてゆるんだザラメ雪で歩きづらい。
山の鼻で休憩。コーラ300円。うまい!!
2015年05月06日 15:28撮影 by DSC-TX30, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の鼻で休憩。コーラ300円。うまい!!

感想/記録
by buyu

山ガール率:1%ダメージ率:30% 装備:D-

 4月30日に祖母が亡くなったためGWは山の予定は入れてなかった。葬儀も一段落し5日午前中ふとヤマレコを見ていると景鶴山のレポ発見。そういや残雪期のこの時期しか行けない幻の300名山&群馬100名山だったなと。ちょっと調べる。明日の天気は晴れ。鳩待峠は18時〜6時まで通行規制。なるほど、となると今日中に峠に入った方が無難か。よし、行こう!急遽、景鶴山目指して14時出発。沼田のベイシアで買い出しして規制線を17時45分通過。間に合った。鳩待峠で車中泊。21時就寝。最低気温6℃くらいだった。テン泊に比べれば快適なはずなのに寒くて4時起床。ヒートテックに上下ダウンで寒さ対策ほぼフル装備だったのにな。

 鳩待峠出発時はアイゼン、スパッツ装着のフル装備。峠のすぐ下でスキーはいて転んでるおじさんがいる。溶けて凍ってを繰り返した雪は朝の寒さでカチカチ。スキーは難しいだろうな。山の鼻には沢山のテント。これから至仏山へ登ると思われる団体が準備運動してる。アイゼン、スパッツは外して出発。歩きやすい。
 
 真っ白な尾瀬ヶ原を黙々と歩き東電小屋で休憩。ここから尾根を目安に山頂を目指す。山の鼻を出てから誰にも会ってない。この先、熊とか怖いので時々声出しながら進む。1653峰の手前でふと前方を見上げると黒い物体が動いている。くっ!クッ!熊だ!!!!ドキドキしながら落ち着いて静かに写真と動画を撮影。するとガサガサ藪の中に消えて行った。かなり動揺し撤退も考えるが距離が離れたと判断し声を出してこちらの存在を示す。ここんとこ持ち歩いていなかった熊鈴を持ってくれば良かった。これまで100座以上は山に登ったが熊を見たのは初めてだ。その先で初めて対向してくるおじさんに会うまでビクビクしてた。与作岳はどこが山頂かわからず。鞍部から見上げる山頂は結構急に見えたが一気に登り切りあっけなく山頂到着。天気も良く前周囲素晴らしい景色が広がる。

 下り出すと山頂直下で女性が雪の斜面を滑りながらキャーと落ちていく。やばい!と、急行すると連れの男性が斜面にステップ切りながら助けに向かっている。幸い女性は木に引っかかり止まった。左ほほに多少の擦り傷があるものの元気そうでよかった。気を取り直し下ると単行のおじさんが登ってくる。話をするとどうやら今朝スキーで転がっているトコを抜かした方だった。この時間じゃ通行規制の18時までに下れないのでは?と話すと今夜も鳩待峠に泊まる予定で歩いているみたい。今日会った人は全部で12人だった。熊との遭遇地点では多少緊張しつつ下り東電小屋が見えた時はほっとした。延々と尾瀬ヶ原の腐った歩きづらい雪上を進み山の鼻へ。コーラがうまい!鳩待峠に戻る頃には左足が痛い。靴脱いでみると皮がむけてた。帰りがけに、ささの湯で汗流す。歩行距離25km。良く歩った。
訪問者数:2237人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ