ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 6592494
全員に公開
山滑走
白山

白山春スキー

2024年03月28日(木) [日帰り]
 - 拍手
体力度
7
1〜2泊以上が適当
GPS
09:40
距離
43.8km
登り
2,398m
下り
2,396m
歩くペース
とても速い
0.50.6
ヤマレコの計画機能「らくルート」の標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率です。

コースタイム

日帰り
山行
8:20
休憩
1:16
合計
9:36
1:56
57
4:26
4:43
83
6:05
6:06
110
7:55
8:05
26
8:31
9:04
11
9:32
9:46
6
9:52
9:52
30
10:22
10:25
44
11:09
11:09
23
11:32
11:32
0
11:33
ゴール地点
天候 曇り
過去天気図(気象庁) 2024年03月の天気図
アクセス
利用交通機関:
自家用車
市ノ瀬までオープンするのはもう直ぐかもしれない
コース状況/
危険箇所等
雪の状況
別当出合から先はまだ雪は多くシール歩行可能
石畳は一部地面が露出していた
甚之助小屋は2階部分が出ていた
室堂付近は積雪豊富で鳥居の一番上が出ていた
山頂付近は氷化気味
風向きや日当たりによって、雨で縦溝ができていた
この先は雪は確実に減っていく
静かな樹林帯。ここを抜ければ、
2024年03月28日 05:23撮影 by  PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
3/28 5:23
静かな樹林帯。ここを抜ければ、
不動滝が見える
2024年03月28日 05:31撮影 by  PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
3/28 5:31
不動滝が見える
春先の白山
2024年03月28日 05:31撮影 by  PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
3/28 5:31
春先の白山
振り返れば赤兎と大長
2024年03月28日 05:32撮影 by  PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
1
3/28 5:32
振り返れば赤兎と大長
曇天につき陰影分からず。積雪豊富でどこでも歩けそうに見える
2024年03月28日 06:14撮影 by  PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
3/28 6:14
曇天につき陰影分からず。積雪豊富でどこでも歩けそうに見える
エコーラインの尾根
2024年03月28日 06:14撮影 by  PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
3/28 6:14
エコーラインの尾根
甚之助
2024年03月28日 06:17撮影 by  PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
1
3/28 6:17
甚之助
別当谷の左股を詰める
2024年03月28日 06:29撮影 by  PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
3/28 6:29
別当谷の左股を詰める
別山の方角から雲が迫ってきている
2024年03月28日 07:16撮影 by  PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
1
3/28 7:16
別山の方角から雲が迫ってきている
弥陀ヶ原に上がると御前峰が現れる。新鮮な出会い方
2024年03月28日 07:18撮影 by  PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
3/28 7:18
弥陀ヶ原に上がると御前峰が現れる。新鮮な出会い方
室堂
2024年03月28日 07:40撮影 by  PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
1
3/28 7:40
室堂
宿泊棟と御嶽
2024年03月28日 07:41撮影 by  PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
3/28 7:41
宿泊棟と御嶽
室堂は屋根しか見えない
2024年03月28日 07:41撮影 by  PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
3/28 7:41
室堂は屋根しか見えない
こっちは吹き溜まり
2024年03月28日 07:42撮影 by  PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
1
3/28 7:42
こっちは吹き溜まり
祈祷殿と鳥居
2024年03月28日 07:43撮影 by  PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
2
3/28 7:43
祈祷殿と鳥居
セルフタイマ
2024年03月28日 07:45撮影 by  PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
2
3/28 7:45
セルフタイマ
山頂から別山方面を望む
2024年03月28日 08:32撮影 by  PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
2
3/28 8:32
山頂から別山方面を望む
爆風につきカメラ設定気にする暇なく白飛び
2024年03月28日 08:33撮影 by  PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
3/28 8:33
爆風につきカメラ設定気にする暇なく白飛び
北アルプス方面も白飛び
2024年03月28日 08:34撮影 by  PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
3/28 8:34
北アルプス方面も白飛び
北縦走路も白飛び
2024年03月28日 08:34撮影 by  PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
3/28 8:34
北縦走路も白飛び
ピーク
2024年03月28日 08:35撮影 by  PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
1
3/28 8:35
ピーク
左から大汝峰、剣ヶ峰
2024年03月28日 08:35撮影 by  PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
3/28 8:35
左から大汝峰、剣ヶ峰
奥社
2024年03月28日 08:36撮影 by  PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
3/28 8:36
奥社
スキー装着。ここから滑走開始。
2024年03月28日 08:50撮影 by  PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
3/28 8:50
スキー装着。ここから滑走開始。
縦溝です。
登りで使った五葉坂側の斜面の方がスベスベでした。そっちが正解。
2024年03月28日 08:59撮影 by  PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
3/28 8:59
縦溝です。
登りで使った五葉坂側の斜面の方がスベスベでした。そっちが正解。
どこまでも気を使う斜面
2024年03月28日 08:59撮影 by  PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
3/28 8:59
どこまでも気を使う斜面
あの雲が刻一刻と迫ってくる。風もどんどん強くなるのでゆっくり休んでられない。
2024年03月28日 09:08撮影 by  PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
3/28 9:08
あの雲が刻一刻と迫ってくる。風もどんどん強くなるのでゆっくり休んでられない。
2345から別当谷へ
2024年03月28日 09:08撮影 by  PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
1
3/28 9:08
2345から別当谷へ
あの稜線から滑ってきた
2024年03月28日 09:17撮影 by  PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
3/28 9:17
あの稜線から滑ってきた
遠くから甚之助。小屋の前に数人分の糞が放置されていた。
ショックだった。
2024年03月28日 09:17撮影 by  PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
3/28 9:17
遠くから甚之助。小屋の前に数人分の糞が放置されていた。
ショックだった。
別当出合
2024年03月28日 10:11撮影 by  PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
3/28 10:11
別当出合
積雪量はこんな感じ
2024年03月28日 10:11撮影 by  PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
3/28 10:11
積雪量はこんな感じ
もう雲の中
2024年03月28日 10:29撮影 by  PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
3/28 10:29
もう雲の中
林道の積雪はここまででした。
2024年03月28日 10:52撮影 by  PENTAX K-70 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
3/28 10:52
林道の積雪はここまででした。

感想

白峰ゲートから自転車でスタート。
市ノ瀬を過ぎて橋を渡った辺りまで行けた。
ありがたい。
そこからシール歩行開始。
別当出合で休暇。5km歩いただけで水膨れとは情けない。足にテーピング施す。
別当から幸いにも雪はたっぷり。
雪質も硬めで歩きやすい。いいペース。
甚之助からは別当谷左股に進んだ。クトーがよく効いた。上部が縦溝で滑りは気を付けなければいけない。地図上2345にダイレクトに上り上げると、御前峰が目の前に現れたのは新鮮でした。
好条件のとき以外はエコーラインの方が無難だろうと思った。
室堂の雪は多く、鳥居の上の部材だけでていた。
休憩は短めで御前峰へ進む。クトーでそのまま山頂付近の巨石まで。稜線に立つと東から風が強くてスキーでは危険と判断。ピークは稜線上20m先、目の前だけど油断は禁物。面倒だけどアイゼンに換装。
奥社にお参りできてよかった。
今日は風が強くなる予報。帰りも急ぐ。
スキーは慎重に。別当谷の上部だけ滑って甚之助の尾根に乗る。広くて斜面も中々いいけど硬い雪でした。緩んで欲しいがそうなると雪崩リスクも高くなる。トレードオフでしたか。
甚之助以下は緩んでいたので滑りやすかった。
予想以上にいいペースで帰還できた。

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:472人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

山滑走 白山 [日帰り]
白峰ゲート〜市ノ瀬〜室堂〜白山
利用交通機関: 車・バイク
技術レベル
5/5
体力レベル
5/5

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら